スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治21年春場所4日目 (毎日新聞/明治21.1.10)

○回向院大相撲
・一昨日は日曜日なれば大景気にて立錘の地をも余さざりき、観客中には徳川公、蜂須賀侯、副島伯、安藤議官その他の貴顕方をも見受けたり。
相生鞆ノ平は、立上り押し切りての勝。
嵐山鬼ヶ谷はいずれも烈しき力士なれば、立上り一二度突合いは進んて突掛け行くを、おいでなさいと引張り込まんとする、引張られてはイヤダと逃げその機を外さず突はなしての勝は、得意の術とは言いながら上手なもの。
綾浪大鳴門は、立上りは左を差さんとするを右にてこれを受け左を預け、押し切りて鳴門の勝。
一ノ矢八幡山は、一前日の敗より少しくカタクなりて容易に立上らず、ほとんど七八度も仕切りようやくに立上り、突合い右四ツとなりて揉み合いしがスクイての勝。
小錦大則戸は、もろ鉄砲にて小錦の勝。
龍門黒縅は左四ツ、ヨリての勝。
勢力緋縅は左四ツ、ヨリ切りて勢力の勝。
泉瀧真力は、二本差しヨリての勝。
伊勢ノ濱知恵ノ矢は、立上りは諸差しとなりて土俵際まで押行きしに、敵はイヤダと諸に絞りながら押返さんとするに、例の内掛けモタレこんで知恵の勝。
千年川千羽ヶ嶽は、千年右差しヨランと攻め行くに、千羽はこれを撓め例の外掛となりて掛け倒れ、千年の勝は毎度ながら愛嬌もの。
高見山高千穂は、立上り突合い手四ツとなり、離れて右差しヨリて高千穂の勝。
西ノ海若湊は、前日を投込みし勇気あれば何となく元気よく、西も中々の元気にてあれど油断ならざる敵なれば力士は容易に立上らず、丁寧に仕切り立上り一二度突合い右四ツにて競い、西は何んのとヨランとするを、揉合ううち左をハヅに構いヨリ切りての勝は満場の喝采暫時鳴り止まざりき。
真鶴剣山は、立上りは左差しにて押切らんとする時、の体は実に危うかりしがイヤダと残し、右をハヅに当て突落さんと競ううち水入り、後再び揉合いは二三度突落しに行きしが、取り疲れ引分にて打出したり。


三役陣対平幕の新鋭がいい勝負を繰り広げています。小錦は得意の速攻相撲。鬼ヶ谷も見事な相撲、この時代の力士は押し引きの駆け引きやタイミングが絶妙ですね。
明治21年春場所星取表

西十両6・小錦八十吉
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/02/12 11:12】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治21年春場所5日目 (毎日新聞/明治21.1.10) | ホーム | 更新再開について>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/162-1b56d9c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。