スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治20年夏場所9日目 (毎日新聞/明治20.6.12)

○回向院大相撲
山ノ音相生は、立上り左をハヅに構い右を当ててヨランとするを、は左を差し互いに競いスクイ投にて相生の勝。
若湊真鶴は念入れて立上り、二三度跳合い突出しての勝。
竜門九十九山は右四ツ、九十九上手投に行きしも残りて揉合い、再び上手投げにて九十九の勝。
鬼ヶ谷柏戸は、立上りは左を差し無二無三に寄らんとするを、は撓めながら首投に行きしがスッポ抜けとなりければ、立て直さんとする時早くも進んで突出しの勝。
知恵ノ矢出釈迦山は、突出して知恵の勝。
千羽ヶ嶽九紋竜は足クセにて珍しく千羽の勝。
綾瀬川高千穂は立上り左を差せしに、綾瀬は敵の差し手を泉川に極めヨランとするを、右にて前袋を取り揉合いヨリての勝。
真力大達は、突出して大達の勝。
黒縅伊勢ノ濱は、ヨリて伊勢の勝。
平ノ戸常陸山は仕切りも充分に立上り、は例の左を差しヨリ行く所を、は土俵際にて撓めウッチャらんとする時、十八番の切返しにて平ノ戸の勝。
八幡山嵐山は本日中の相撲なれば見物人は固唾を呑んで注目せり、さて力士は造作なく立上り八幡左を差し右にて敵の前袋を取り競り合いしうち、八幡差し手を替え首投げに行く様子を見せければはこれを釣らんとせし際、得たりと八幡は例の足クセにて巻き倒さんとせしに同体流れ団扇はに上りたるも、物言い付いて預り。
鞆ノ平友綱は突合い手四ツとなりて競り合ううち、滑りての勝にて打出したり。
・此の日、一ノ矢綾浪千年川は病気全快の由にて土俵だけを勤めたり。

幕内力士にとっては最終日なので、土俵入りだけ出てきた力士もいるようです。大達は7勝目となり土付かずで最優秀成績となりましたが、他にはこれといった成績の力士がなく低調な場所となりました。8日間負け続けてきた知恵ノ矢(ちえのや)がようやく1勝。

明治20年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/01/07 13:47】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治20年夏場所千秋楽 (毎日新聞/明治20.6.14) | ホーム | 明治20年夏場所8日目 (毎日新聞/明治20.6.5)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/156-8a85092e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。