スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治20年夏場所7日目 (毎日新聞/明治20.5.28)

○回向院大相撲
黒縅今泉は左四ツ、ヨリ切りて今泉の勝は感心。
黒雲緑山は立上り突合い跳ね廻り、ヒネリての勝と思いしに、跳ね廻るときに踏越ありとて年寄の関ノ戸が動議を起せしより、溜りの平ノ戸竜門は中々承知せずついにはが出で預りとなりたり。
平ノ戸若湊はいずれも元気よき力士なれば、立上りは例の左を差しヨラんとするを、泉川に極め挑むうち蹴タグりて平ノ戸の勝。
柏戸真力は立上り、は右を差し揉合ううち諸差しとなり、ヨラんとするをは左で防ぎ右をハヅに構い互いに挑み、水入りのち揉合いしが取疲れて引分。
千羽ヶ嶽相生は、ヒネりて相生の勝。
知恵ノ矢嵐山は、釣出しての勝。
剣山高千穂は立上り左を差し挑みしが、離れて巻合い揉合ううち水入り、のち手四ツとなりまた離れて巻合い、勝負つかずして引分、時に怪しむべきは行司が引分けと言う際、の顔を見て笑いながら腕をちょっと叩きしにこれに目礼せしは如何なる訳か、此の相撲中は少しも力が入らざる様なり。
鬼ヶ谷真鶴は今日第一等の相撲なり、さて力士は立上りは左を差しちょっとヒネリしが残して、左四ツとなりて揉合い釣り出しての勝。
伊勢ノ濱綾瀬川は、ヨリ倒して綾瀬の勝はさもあるぺし。
大達鞆ノ平は立上り手四ツとなりしが、は始終笑を含み仁王立ちになりあたかも児童が戯るる如き有様にて、互いに少しも力入れざる様なりしが水入て再び競り合い、否な戯れ引分にて打出したり。
・此の日面白き相撲なりと思いし八幡山上ヶ汐大鳴門友綱鶴ヶ濱常陸山は休みたり。

○高砂の訴訟
・同訴訟は昨日第四回の公判廷を開きしが、同日は原被告より差出したる証拠物につきて審問ありしと、なお来六月一日第五回の公判を開く由。

休場者続出に八百長疑惑と、ロクなことがありません。これも不平病の余波でしょうか。剣山は休場が噂されていましたが、よっぽど力士がやる気を無くしているのでしょうか?こうなってくると本当に見所は十両の新進力士のみとなってきてしまいます。高砂は以前の大達との揉め事のために役員選挙などに出られなくなっており、処分の取り下げを求める訴訟を会所側に起こしています。

明治20年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/01/03 18:29】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治20年夏場所8日目 (毎日新聞/明治20.6.5) | ホーム | 明治20年夏場所6日目 (毎日新聞/明治20.5.27)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/154-faf39a90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。