スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
工芸品共進会閉会式 (毎日新聞/明治20.5.26)

○閉場式
・上野工芸品共進会にては昨日閉場式を挙行せり、其の有様を記さんに、后一時渡辺審査官長以下諸員一同式場に先着、高崎府知事御先導にて総裁有栖川三品親王殿下式場に臨ませられ列員一同敬礼終わりて総裁有栖川殿下の演説、次に高崎府知事の演説、出品人総代清水誠氏の答辞あり、おわりて殿下は知事の先導にて御退場一同敬礼し式全く終りたり、余興には海軍の奏楽あり、それより賞品を授与せられし人々の催しにて同所不忍池畔の馬見場に於て相撲あり。
相生平ノ戸は、前回回向院にてが勝を得たれば贔屓連は再び勝たせんと気を揉みし人もありしなるべし、さて力士は立上りは左を差しヨランとするを、は足クセにてこれを防ぎながらモタレ込まんとせしかば、はナンノと切返しに行きしが掛ケ倒して相生の勝は若々しき相撲なり。
野州山竜門はカタスカセにての勝。
鬼ヶ谷若湊は鉄砲をカマせんと突掛け行くを、ナンノとかえって突出しの勝はまだまだ腕には年を取らせぬとの評あり。
知恵ノ矢伊勢ノ濱は右四ツ、モタレ込んで知恵の勝。
綾瀬川出釈迦山は左四ツ、ヨリての勝は当然。
鶴ヶ濱真鶴は面白き相撲なれば見物人はいづれも片唾を呑んで注目するうち、力士は立上りは右を差したるには泉川にて互に競り合いしが、離れて諸差しとなり攻め行くをは極めて防ぎしがヨリ切りて真鶴の勝はいつもながら御手柄御手柄。
八幡山柏戸は立上りは左を差しに行くを、差させながら蹴カエシて八幡の勝。
綾瀬川真力は右差し、ヨリて綾瀬の勝。
八幡山高千穂はいづれも達者ものなれば勝負如何と思いしに、力士は立上り互いに打ち打たれし末カタスカセ引放しにての勝。
鞆ノ平上ヶ汐は愛嬌のある相撲同士なれば何んとなく人気立ちたり、さて力士は立上り突合ううちより足クセに行きしが同体流れ、無勝負。
梅ノ矢立嵐は、タスキに行かんとするをツブレての勝。
鬼鹿毛九十九山は右四ツ、ヨリての勝。
若湊相生は、立上りカタスカセに行かんとしこれを防がんとする際、の胸部に膝が強く当りコロリとやっての勝は僥倖。
真鶴小錦はツヅレての勝。
白梅常陸山は、下手投にての勝。
八幡山鬼ヶ谷は、立上り八幡は左を引張り蹴返しに行きしが残され、左四ツとなりて攻合ううち再び蹴返して八幡山の勝。
平ノ戸鶴ヶ濱は左四ツ揉合い離れて右四ツとなり、は寄らんとするを足クセにて同体流れ、預り。
大鳴門高千穂はカタスカセにて鳴門の勝。
千羽ヶ嶽友綱は、ヨリての勝。
大鳴門常陸山は左差し、ヨリ切りて鳴門の勝。
剣山大達は立上り左四ツ攻合い離れて競り合い、水入りのち突合い左四ツにて揉合いしが、取り疲れて引分。
・右に付き弓取りは預りとなり目出度く取結びたり、此の日同所の楼上には有栖川三品親王、山県伯爵、佐々木伯爵、徳川公爵、蜂須賀侯爵、高崎男爵、芳川内務次官、渡辺帝国大学総長、其の他貴顕方の来場ありき。

工芸品共進会とは、優れた工業製品や美術品を集めた博覧会のようです。大きなイベントなので、本場所中ではありますが花相撲が開催されました。花相撲なので同じ力士が二番も三番も取ったり、無勝負という判定も出てきています。まだ幕下の小錦が記事に初登場。ツヅレるというのはツブレの誤植かどうか、詳細はよく分かりません。
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/12/29 22:21】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治20年夏場所6日目 (毎日新聞/明治20.5.27) | ホーム | 明治20年夏場所5日目 (毎日新聞/明治20.5.24)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/152-152e51db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。