スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治18年夏場所5日目(東京日日新聞/明治18.5.31)

○大相撲
友綱大達の相撲は、立合いながらより焦って突掛けたれど、押し切りての勝。
剣山常陸山は、立ち合い掛けには矢筈を掛け二三合厳しく攻め立て土俵際にて突き落さんとせしが残って入れ違い、またより矢筈にて攻め立つるを常陸は一生懸命に防ぎながら寄り付かんとせしが、遂には突出して勝。
知恵ノ矢嵐山は、始め知恵より右を差しは左を差して負けず劣らず挑み合ううち、いかなる機会のよかりしかは攻め立て攻め立てすでに知恵の危うかりしが、残って揉み合い大相撲となり、は焦って釣出さんとせし時知恵は防ぐに術なく身を捨ててモタレコミ勝を得たるは大出来大出来。
上ヶ汐千羽ヶ嶽は、立合い千羽より汐の左手を泉川に極めこみヂリヂリ土俵際まで攻め寄せたり、は浮き足ながらすきもあらば足クセを巻かんと焦たつうち遂にスクイ投げにて千羽の勝も近頃の大出来。
大鳴門高見山は、始め突き合い右四つにて挑み合ううち、はしきりと左手に前袋を取らんと焦だちしが、鳴門はすかさず寄り切て勝。
柏戸西ノ海は、ヤッと立つやいな西を襷に掛けんとせしかども、力足らで逆に捻られしは残念なるべし。

○外人相撲の弟子入
・一昨日の十二時頃、本所相生町四丁目の力士浦風林右衛門方へ一人の外国人が来て、私は米国の何某と云う者にて体量は四十貫を越え、力も十人並を過ぐれたれば今日より貴殿の弟子となり日本流の相撲を稽古いたしたく、この義御承諾あらば身の大慶何卒頼み入る、との口上に、浦風も名誉の事とて喜びしが、何にしても外人雑居は禁制なればいづれその筋へ伺いのうえ兎角の返答申さんとてひとまずその外国人を帰し、改めてその筋へ伺書をしたため差出したと云う。(時事新報/5.28)

時代を感じさせるニュースです。外国人力士については詳細不明ですが、このときスムーズに入門が認められて関取まで出世していたとしたら・・?大相撲の歴史は変わっていたかも知れません。現代に大勢の外国人関取がいる状況、当時は誰が予想したでしょうか。

明治18年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/10/16 14:31】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明治18年夏場所6日目 (東京横濱毎日新聞/明治18.6.2) | ホーム | 明治18年夏場所4日目 (東京横濱毎日新聞/明治18.5.26)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gans01.blog70.fc2.com/tb.php/110-2db6e23f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。