スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治30年春場所3日目 (東京朝日新聞/明治30.1.12)

○大相撲の取口(三日目)
雷山楯甲は、立上りは逃げ廻るを追いつつ攻入らんとする途端、すべりて腰砕けの勝は児戯に似たり。
梅ヶ崎横車は、左差しにて押すをは一本背負に投を打ちたるも極らず、ヂリヂリ押行き土俵際にて突き放しの勝は手際なり。
小松山逆鉾は互角の相撲、小松は左差しの右四ツ、は左四ツ右は防ぐ一方にて暫時揉み合いしが、双方取り疲れて水になりのち再び組合い挑みしも勝負果てざるより引分となる、この相撲いずれも大骨折り。
小天龍松ヶ関は、互いに突き合いて組む事なく面白からぬ取口なりしが、は隙を見澄まし諸差しにて釣出しの勝。
外ノ海大砲は一見にて段違いの相撲、の突かけはビクともせず押切っての勝は是非なし。
響升鬼ヶ谷はいずれも中老人の相撲、は二本差にて押すを閂に絞り上るを、絞られながら押切らんとするを危うく土俵際にて打ちゃりたれど同体に流れしより軍扇はに揚りしが、物言い付きて預りとなる。
若湊大蛇潟はマッタ十数度、観客倦み果てたるころようやく立ち上りの諸筈を大蛇防ぎしも寄切っての勝はマッタの時間半分に足らず。
千年川谷ノ音は、谷千年の右差しを泉川にて撓め出さんとせしも千年は老功もの、たちまち解きて右相四ツになり暫く揉合いしが、得意なる右の内掛にての勝。
當り矢海山は、當りの右差を上より捲き左ハズにて投を打ちしが、當り残して防ぐをさらに金剛力を極め押切りての勝、の力量確かに見えたり。
源氏山荒岩は当日第一の好取組み、双方気合を測って立上るやは一ト突き源氏も突き来たる出端をの蹴タグリ極まりての勝、源氏は脆く両手を突きしがその勝負は実に一瞬間、多くの観客も十中八九この手を知らぬなるべし。
大纒鳳凰は、諸差しにて何の苦もなく押出しの勝にて打出し。

○太鼓を廻さず
・従来回向院大相撲興行中雨天の折は晴れ次第太鼓を廻す習慣なるが、当場所よりは見物人の便を図り雨の翌日晴天なれば太鼓を廻さずそのまま開場する事に改正したり、ちなみに記す、当興行の席料は正面桟敷十日間売切り一間につき二十四円、東西桟敷同売切り二十二円、日売り桟敷一間につき三円二十銭、同一人につき四十銭、土間十日間売切り一間につき二十円、日売り土間同二円四十銭、同一人につき三十銭と定めこの他余分の代価は一切申受けぬ事に取り決めたりと。

前頭2枚目に躍進して好調の逆鉾は小松山と引き分け、背が高く吊り技のある相手はやりにくかったでしょうか。現在、右四ツというと両者が右を差した組み方のことを言いますので、小松山の左差しで右四ツという状態はありえないのですが、これは左を差してマワシを取らず、右でおそらく上手のマワシを取った状態のことでしょう。「四ツ」というのはマワシを取っている状態を指す言葉であると思われます。新入幕の荒岩は3日続けて上位戦、巧い蹴たぐりで2勝目。海山、大砲は期待に応えて豪快に3連勝です。

明治30年春場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2009/01/27 10:06】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治30年春場所2日目 (東京朝日新聞/明治30.1.12)

○回向院大相撲(二日目)
・一昨日は案外早く雪空の晴れ上りしため予報の如く太鼓を廻さずして開場し、日曜客に満足を与えたれば朝のほどより景気よく近衛、蜂須賀の公侯をはじめ貴顕紳士も多く来観せり。
唐辛雷山は、の諸差しを閂に絞りつつ押出さんとするを、は絞られながら体を落して抜替えんとせし体の浮きへがすかさず突張っての勝。
鬼鹿毛岩木野は、立ち上るや否やの首を引締め合掌捻りにて見事極まり団扇はに上りたるが、に足負ありと物言い付き場所預り、しかし星はが取りたり。
大蛇潟千年川は、大蛇千年の右差しを巻き一時に寄り倒したれど、大蛇に踏切りありと物言い付き場所預り、星は大蛇潟
小松山若湊は、いづれも劣らぬ五分五分の相撲、互いに秘術を尽して闘いしが小松がやや取り疲れたる気色の見えしを、は付け入り得意の突張りにて西溜りへ突き落したるは大手柄。
谷ノ音大纒は、は立ち上りざま右手に敵の首を巻き内掛りにてもたれ込むを、は一寸耐えて体を引き返したればは力余りて掛け倒れの勝。
源氏山高浪は、左四つに渡ると見えしがたちまち下手投にての勝は是非もなし。
海山横車は、例の釣りを試みしがの土俵馴れしにはいかで利くべき、はたちまち左内枠にて寄り出したり。
鳳凰外ノ海は、の右差しをは片閂にて絞上げ、時分は良しと突出したる鉄砲には木の葉の散る如く東溜へ舞下る、片方は売出しの大関ゆえまづ当然なり。
・(中入後)楯甲熊ヶ嶽は、互いに突合い渡り合い投げと押しとに気を急きしが、は病後未だ快復せざるより寄られての勝。
梅ヶ崎越ヶ嶽は、は狡猾にも化粧立ちをそのまま飛び込みしより、は油断にマッタを云う間なくそのまま取組みたれば不勝手なるに引きかえは充分の余力あり、の左手を手繰りつつ廻り込んで左片外しにて押出しの勝は悪し。
小天龍逆鉾は、二三合突き合いしがたちまち突出しての勝。
大砲不知火は体躯長短の差は弓と弦の如く、上より大砲が押潰さん勢いなれど不知火も流石に剛の者、頭を敵の腹へ当て右差しにて押出さんとするを、大砲は小僧めと云わぬばかりに寄りての勝。
響升狭布里は互いにマッタ十数度、観客倦みたる頃立上りエイエイ声も僅かにしては両筈に確と構え、ただちに押切りの勝。
荒岩朝汐は、は幕に入りし元気よく朝汐も威勢よく仕切ての立上りたり、当日中第一の見物にて互いに突合いは隙を見て腕廻しか小手投に行かんと試みしが、は油断なく体を守り居ればは突貫して諸差となり攻め付ける、は閂に受け止めつつ釣出さんと試みる、はコハ仕損じたりと右を抜替えんと体を後へ引く時、はもたれ掛かりの勝は大相撲なりし。
大戸平當り矢は、當り飛上りて敵の気をいらだて呼吸を計って飛込むの得意を試みしが、相手は場馴れの大戸平一向平気にて両筈にて喰い止め、苦もなく押倒して大戸平の勝。
小錦鬼ヶ谷は、何の苦もなく突き出して小錦の勝にて目出たく打出しぬ。

谷ノ音が河津掛けの失敗で敗れた以外は役力士安泰、いずれも強い内容でした。特に荒岩の挑戦を受けた朝汐、堂々たる大相撲で三役の貫禄を示しました。先場所休場でまたも平幕に落ちた大砲、豪快さは健在です。期待されながらも故障が多く、今ひとつ影の薄い感じがありますが、今場所はやってくれるでしょうか?

明治30年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2009/01/19 15:28】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。