スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治30年春場所初日 (東京朝日新聞/明治30.1.6)

○大相撲の取口(初日)
・昨五日勝負のうち主なるもの、三浦潟淡路洋は突き出しにての勝。
玉風梅ノ谷は、双方立ち上るや否や両手を突出しての勝。
嶽ノ越笹島は、の左差しを右泉川にて振出しの勝。
高見山両國は、互いに立上るやが小手投げに行くを乗りかかり圧し潰しての勝。
御船潟増田川は、双方立上りさま御船左を差さんとするを突出しての勝。
岩木野小松山は、互いに立上りさまが左を差したるに小松ハタキ込んで釣出さんとせしまま倒れて岩木の勝。
越ヶ嶽大蛇潟は、寄出しにて大蛇の勝。
逆鉾楯甲は、が引掛けに寄り付くを引はづしヒネリ投にての勝。
當り矢大砲は、互いに暫し押合いしも遂に突出しにて大砲の勝。
響升小天龍は、小天が両ざしをかけしを引ぱづし押切りての勝。
朝汐梅ヶ崎は、双方立合いよりハタキしをわずかに残せしが、またまた外ワクに掛けんとせしを二本差しにての勝。
不知火鳳凰は、鳳不知の右へ泉川を掛けたるを土俵際にて不知がトッタリにて共に倒れしゆえ、点は不知の勝なれど場所は預り。
小錦荒岩は、この取組こそと満場の観客いづれも手に汗握りて見つめるうち双方立上りさまが右を差しに行くを廻りながら素早く小手投げを極め見事にを投げたので場中割るばかりの大喝采の勝は大出来。
・中入後、熊風毛谷村は互いに立合い暫時揉合いしが寄り倒しにての勝。
黒岩唐辛は、双方とも暫時揉合い容易に勝負付かず中途水を入れ再び取組せしが結局引分け。
雷山高浪は、スクイ投にての勝。
千歳川鬼ヶ谷は、突き倒しにての勝。
大纒天津風は、互いに立合い天津泉川寄り出しにて天津の勝。
若湊鬼鹿毛は、が二本差しに行くをカンヌキ絞りにての勝。
横車谷ノ音は、掛け倒しにての勝。
松ヶ関海山は、双方立上りさまの下手投げ極りての勝。
外ノ海大戸平は、互いに立上り暫時揉み合い大戸一寸危うく見えしが、遂に寄り倒し大戸の勝にて打出し。

○相撲検査役の選挙実行せらる
・紛議中なりしこの選挙も、遂に昨日午後より本所なる相撲協会事務所において検査役員八名の記名投票をなしたるに、その結果
百二十七点 武蔵川
百二十七点 若 藤
百二十五点 友 綱
百十六点  阿武松
百十四点  八 角
百〇一点  関ノ戸
五十八点  伊勢ノ海
五十七点  井 筒
にて右八名が当選となり、次点者は四十八点中立、三十三点清見潟等にして開票の際少しく紛紜を起こせしが、たちまちに話が分かり午後三時三十分頃めでたく選挙を終わりたり。(1.5)

年が明け、明治30年代に入りました。新入幕に荒岩、松ヶ関。新十両には梅ノ谷がいます。荒岩はのち名大関、摩利支天と呼ばれ自在の取り口で活躍します。梅ノ谷はのちの横綱二代目梅ヶ谷、入門時から怪童と騒がれ満18歳10ヶ月の新十両。早くも新時代の息吹きが聞こえるようです。荒岩はいきなり横綱小錦との対戦、素早い投げが決まり大金星となりました。横綱は新入幕が相手でかえって硬くなったのかも知れません。新大関鳳凰は黒星こそ喫しませんでしたが取りこぼしとも言える預かりで苦い初日でした。

明治30年春場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2008/12/11 22:48】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治29年夏場所千秋楽 (東京朝日新聞/明治29.5.31)

○力士拘引せらる
・年寄千賀の浦大達の改名)の弟子宮の浦こと松岡由松(二十五)は去る二十八日徴兵忌避罪として東京地方裁判所へ拘引せられ目下鍛冶橋監獄に繋留中なるが、同人は明治十五年中石川県能美郡宇佐美村宇佐美の家を飛び出し爾来某鉱山の鉱夫を勤めたるのち、去る二十六年三月中を以て出京し大達の弟子となり、翌二十七年力士の鑑札を受け今度の大場所へも出勤せり、然るに原籍地にては同人の他行を以て徴兵忌避罪を犯せしものとし重禁錮一月罰金三円の宣告を言い渡し、爾来その踪跡をたづねおりし由にて、さてこそ今回の拘引とはなりけるなれ、されども同人はこの欠席裁判に対し不服の旨ありとて昨日故障を申し立てたり。
○相撲のかずかず
・西方幕下の毛谷村は、一月場所にほとんど全敗の悪成績を表したるに似ず、今度は首尾よく勝ち通し時事新報の賞牌をもらいたり、西方の土つかずは只この一力士あるのみ。
小錦朝汐両大関の一行は昨日出発にて横濱へ赴きぬ、同地打ち揚げの上は横須賀戻州各地を興行してひとまづ帰京し、来月十七八日頃より麹町区平河町天神境内に於いて八日間興行。
鳳凰大碇両大関の一行は木更津へ赴きて興行の後、今三十一日より駒込白山社内にて興行の大砲谷ノ音両大関の一行と合併して愛宕下の花相撲を打ち、それより東海道地方を巡行す。(東京朝日新聞/5.31)

千秋楽の相撲内容についての記述は見あたらず、他紙より探して後日掲載とします。時事新報からの賞ですが幕内に限らず各段土付かずの力士に贈られていたようですね。さて宮の浦という下位力士が逮捕されていますが徴兵忌避罪とのことです。地元で行われた徴兵検査に出なかったという事なのでしょうか。鉱夫から力士に転向というのが時代を感じさせます。各力士は巡業に散り次の本場所は翌年1月、年6場所制に慣れた現代の感覚ではずいぶん間があき過ぎるような気がします。

明治29年夏場所星取表
【2008/12/01 15:32】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。