スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治29年夏場所6日目 (東京朝日新聞/明治29.5.22)

○土俵のかずかず
唐辛鉞りは、鉞りのはたきを残し押切ての勝。
逆鉾松ヶ関は好相撲ならんと思いの外、の突手にて苦もなくの負は敵の勢いに呑まれた形。
横車狭布ノ里は互角の力士、狭布の左四ツにて押来るを足癖にて防ぎしも、の十八番なる矢倉にて釣出されたり。
高浪不知火は、の左四ツ掬いにて敵は土俵の外へ倒れたり、年は取りても達者なもの。
荒岩若島は、この相撲一番で場代の値打ちはあると見物が大よだれなりしも無埋ならぬ好相撲、拍手喝釆の声に埋れながら立上るやの左差にて押すをは右上手にて防ぎ、次にの右筈に行くをは防いで二本をさしたれば最早勝利はの物と思う間もなく、は下手投を打てやや極らんとする時、の体の浮きしを見てもたれ込み同体に流れての勝は大喝采、の為には遺憾なりし。
若湊楯甲は、が一本背負か襷掛に行かんとするをは外して逃げ、は後さまに追かけ反りを打ちはなおもこれを逃げながら反りを引き外して倒しくれんと飛びすさる足元すでに土俵を踏切りし時、も自分で後へ倒れたり、よって団扇に上りしをは承知せず物言つきて預りとなりしも、星は
天津風鬼ヶ谷は、の左差を泉川に撓め出して天津の勝。
朝汐海山は、強敵と見てが堅くなりし様子ありしが、やがては左四ツには例の合掌をきめ捻倒さんとするをは堪え、やがて掬を打て極らず遂に上手にて釣出しの勝は見事見事。
大碇源氏山は、源氏の元気に引替えは放蕩に身を持ち崩し財布と共に体量も減じおれば所詮かなわじと思うに違わず、源氏のはたきにはのめッて倒れたるを物言付て預りしが、星は源氏のものなりと。
小天龍高ノ森は、の手取り中々面白く一本背負に行くを小天は引外して左差に行き、はこれを土俵際に体を廻して避けながら襷に掛けて反りを打ちしも、小天が横さまに飛び去りしため極まらずかえってはまた外されて後へどっさり、この手を称して独り反りともいうべきか、何しろ愛敬のある相撲なりき。
梅ヶ崎当り矢は、の烈しき突手を引外して飛び違いにはたき当りの勝は目覚ましかりき。
鬼鹿毛外ノ海は、左四つにて寄切りの勝。
大蛇潟玉龍は、大蛇が左筈にて寄切りしため大蛇に呑まれたり。
大纒響升は、が左筈にて押すをは防ぎながら上手にて首投を打ちしも極らず、揉合ううちに踏切ありての勝。
越ヶ嶽一力は、のはたきを残して押出しの勝。
鳳凰谷ノ音は、の左四ツ右差にて釣出されの負。
小錦小松山は、テンで相撲にならずエイと一声小松は元の溜りへ追返されたり。
・さてまた昨日(七日目)の大相撲は雨天にて途中より休業。

○相撲のかずかず
大戸平は最早病気全快せしを以て本場所打ち揚げ次第鳳凰を大関の相手とし海山大砲を関脇として愛宕下町の花相撲を打ち、それより近県へ赴く。
・この頃力士の三幅対というもの出来たり、すなわち気の早きもの朝汐楯甲若島。気の永きもの源氏山鳳凰高浪。立ちの遅きもの大蛇潟外ノ海越ヶ嶽。立ちの早きもの小錦海山逆鉾。づるいもの不知火唐辛響升。人気もの荒岩梅ノ谷松ノ風。愛敬もの大碇相生帆柱。手取もの勝平谷ノ音高ノ森など是なり。
・力士養成所の若手力士は修業も積まざるうち酒色に耽るもの多しとて年寄連中にてこれが取締法を考案中。

荒岩と若島は新進気鋭、1敗同士でぶつかり注目を集めました。好勝負でしたが一瞬の隙を突いて荒岩逆転勝ち、見事でした。若湊は反り技を連発、後ろ向きのまま攻め切って勝ってしまいました。突っ張り得意の若湊にしては珍しい勝ち方です。業師・高ノ森(たかのもり)も反り技を仕掛けましたがこちらは相手にかわされて自滅。独り反りですか(;・ω・)結びは小錦圧勝、元々実力第一人者ですが今場所はひときわ内容が素晴らしく、初日を除けば過去最高の出来栄えではないでしょうか。最後の記事はそれぞれの力士の個性を分類、なかなか興味深いです。

明治29年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2008/10/29 23:17】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治29年夏場所5日目 (東京朝日新聞/明治29.5.21)

○土俵のかずかず
高浪小天龍はいづれも老功の力士、穏やかに立上るやは左四ツにて掬いを打ちの負。
玉龍鬼鹿毛は、が敵の前袋を取り右にて首を巻き上下より絞りしも利かず、水入後引分け。
外ノ海梅ヶ崎は、が右相四ツにて挑むをが蹴返し体の浮きしに付入り押出しての勝。
若湊小松山は、の突き来るを外しはたき込で小松の勝は綺麗綺麗。
越ヶ嶽谷ノ音は、の右差し左四ツをは右上手巻き左差しにて防ぎ、更にさし替えては二本差しのまま巻落し、は掛けもたれにて同体に落ち団扇はに上りしも物言つきて預り。
朝汐大蛇潟は、が立ち後れて防ぎ手となりしに付け入り、右を胸へ押当ててこれまで土つかずの剛の者を難なく押出した大蛇は健気もの。
小錦大纒は、何の苦もなく突出しての勝。
唐辛升田川は、の引落しを残して左差しに押すを、は体をかわしてもたれ込みしも物言つきて預り。
松ヶ関狭布ノ里は、が右相四ツで行くを狭布内掛にかけたれど利かず、次いで蹴返すも利かず、はただ押手の一点張り水入後引分。
逆鉾荒岩は当日第一の好相撲、が左差しで寄るを敵に防がれ再び仕替えて突かんとする時、は体を外しながら突落しての勝は大喝采。
楯甲響升は、の左差しをは左筈にて右上手を以て殺しつつ攻めたれど、遂に押出されての負。
若島鬼ヶ谷は、の左差しをは巻いて押合い水入後右相四ツとなり、の押しをは一旦残したれど遂に突張を咽輪にかけられて押出されの負。
源氏山海山は、これも当日の好相撲にて大喝采の内に登場し、突合いし後源氏は左四つの右差しにて得意の手に取組たれば、の左四ツ右上手巻も更に功を奏せず苦もなく下手投にて源氏の勝。
鳳凰一力が立ちおくれとなりたれど、とても叶わぬ勝負と諦めてやそのまま取組みしに、果して鉄砲二本にては土俵の外へころり。
大碇天津風は、の左四ツにて押すをは残して右四ツとなり、左筈にて押すをは耐え同じく左筈にて攻めしもは体をかわして防ぎ、水入後引分となる、の出来いよいよ悪く以前とは月鼈の相違あり。

当ブログ開始の明治13年から十両以上にいた力士でまだ残っているのは元常陸山の出羽ノ海だけですが、この日から休んでとうとう引退してしまいました。振り返ればこの16年間で相撲記事も増え、読み取れる相撲場の雰囲気もずいぶん変わってきた感じがします。時代は刻々と流れていきます。さて場所は中盤に入り好取組も増えてきました。逆鉾に荒岩は新入幕vs十両ですが次代を担う名人同士、場内盛り上がりました。源氏山に海山は全盛バリバリの怪力同士、得意な体勢に持ち込んだ源氏山に軍配。大碇今場所は受け身に回ることが多く苦戦しています。

明治29年夏場所星取表

西前頭1・海山太郎

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2008/10/20 15:31】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治29年夏場所4日目 (東京朝日新聞/明治29.5.20)

○土俵のかずかず
唐辛当り矢は別に手のなき相撲にて、ただ突き合いしのち当りが左差しで行くを釣出しての勝。
若島狭布ノ里は、待った数回にて立上るや狭布は壊中を狙うて飛びつくをは受け止め突出しての勝は、待ったの時間よりも短かりき。
楯甲逆鉾は、当日第一の好相撲にて名乗の上るや場中破るるばかりの大喝采あたかも凱旋師を迎うるに異ならず、双方念入に仕切り十五六分も経ちて立上るや互いに突合いの寄せ来るをは廻りながらはたいて逃げんとするを、はすかさず鉄砲にて突行きが危うく残して廻るを、は左四ツにて押行き土俵の詰にて掬い投げをきめの勝は見事見事。
海山越ヶ嶽は中々の大相撲にて、が閂にて左右より絞りしも大兵の相手ゆえ更に利かず、次いでは手早く双手をさして押し行くやは金太郎の火事見舞という顔色でこれを堪え顔に巨浪打たせおりしは気の毒なりし、されどもとうとう堪え通し引分となりしはの仕合せ。
鳳凰大纒は、左さしにて何の苦もなく掬い出しての勝。
大碇若湊立ち後れしも受け答え、しばしは挑み争いしも遂にの鉄砲にての負。
荒岩横車は、が左筈の右四ツにて釣身に行くをの釣は得意なりと合点して一生懸命にこれを防ぎ、隙を狙うて肩透しの勝は大喝采。
梅ヶ崎玉龍の双ざしをが巻込んで釣出すと、さながら木偶をあつかうに異ならず、脆しというも愚かなり。
不知火響升は、が右筈の左四つにて押行くを敵は廻り込んで前袋を引き、内掛にてもたれ込みしための負は面白かりき。
小松山外ノ海は、が素早くもぐり行き右足を取って倒したは余り綺麗でアッけなし。
朝汐一力は、立上るやの横頬を張りしため怒って双手に鉄拳をかためウンと一突き、敵の胸板突きぬくばかり突きたれば何ぞ堪らんは土俵の外へけし飛んで胸の痛みをさすりいたり。
谷ノ音天津風は、の出おそきよりは得意の左四つにて押行き、敵が巻返さんとするをいっかな許さず例の十八番の内掛にての勝、この手にかかりしは不運の力士なり、はこれにて大いに面目を改めたり。
小錦大蛇潟は、が詰より一尺ばかりの所まで土俵を譲って仕切らせんとするに、大蛇も笑い出して仕切り直すなどの大愛敬あり、水呑み百遍の誹りも受けずすぐに立上るやエイエイエイの三声にて敵を突出しの勝は当然なるべし。

○相撲に一千円を賭す
・近日取組むべき海山逆鉾の勝負につき土佐出身の某紳商と鹿児島出身の某豪客とは一千円の賭けを試むるよし。

快進撃の逆鉾は早くも大人気で4連勝を飾りました。この4日間、内容も素晴らしいです。海山は越ヶ嶽を仕留めそこねて引き分け。金太郎の火事見舞とはどれほど真っ赤な顔だったんでしょう(;・ω・)朝汐も豪快に4連勝ですがグーパンチで胸板を殴っても反則にならなかったのでしょうか?仮に反則だとしてもこの時代おそらく反則負けという概念は無く、何かあったら物言いがついて預かりになりますが、この取組の場合は力の差が歴然としていて物言いもつかなかったのだろうと思います。そして最後は公然と賭博の記事(;・ω・)

明治29年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2008/10/14 10:03】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治29年夏場所3日目 (東京朝日新聞/明治29.5.19)

○大相撲
・一昨日(三日目)は日曜日といい、殊に連日の雨天続きにて見物相撲に渇えいたれば今日こそはと朝のほどより詰めかけ詰めかけ、惣見物も五六組あり爪も立たざる大入なりし。
御舟潟出羽ノ海は、双方突き合いしのち御舟の突手に出羽の腰砕けて尻餅をつく。
高浪荒岩は、血気盛りのの左さしを蹴返してはたきしには脆くも土を握りぬ。
横車大蛇潟は、初め大蛇が左四ツで釣るを横車は残して右四ツで釣り返したれど極まらず、捻って大蛇の勝は案外の相撲。
大纒越ヶ嶽は、左差しの上手投にての勝なりしも、同体に流れて手を痛めたり。
玉龍小松山は、小松が左差しにて詰めるをは首を巻いて土俵の真中へ投げ倒したり。
響升谷ノ音は、二日間負け続けたるの事ゆえ少しは華々しからんと思いしも、に巻き落されて団扇もに上り既に負けにならんとせしを、同体に流れしとて物言つけ辛くも負星を逃れたり。
当り矢松ヶ関は、当りの張り手をは防いで左差しに行き、押切って勝利を得たり。
鳳凰狭布ノ里は喝釆の内に立上りしも、難なく突出しての勝。
小錦不知火は、の敵を遇するあたかも大人の小児に対する如く、十分土俵を譲って立上りしもただ一突きにて不知火は土俵の外、自分も笑うて引込みたり。
一力外ノ海は、双方ともこの日が初めての土俵入なれば念入にて立上りぬ、が左四ツにて釣るをは堪え次にが小手を取って引き落すを、落されながら押切ての勝。
天津風唐辛は存外大相撲にて、が泉川をはほどいて左筈に行くを、押出しての勝。
逆鉾鬼ヶ谷は、が素早く仕切って無二無三に押し行くを、堪え切れずしての負、は破竹の勢いなり。
源氏山梅ヶ崎は、苦もなく釣出して源氏の勝。
海山若湊は、一旦組んで解けが泉川に行くをが開いてほどきしかば、今度は海山金剛力を出してトッタリをきめ巧みに勝を制したり。
朝汐楯甲は、前日鳳凰と預かりを取りしの事ゆえ双方とも大喝采に迎えられて登場し、はこの野郎と構えて立上るや左筈にて押すを、は付け入り両差しにてしかと廻しを取りしも、は右を十分さして下手投に行きたれば、さしものも堪り得ず負となりけり。
大碇若島は、相四ツにて互いに釣合いが一生懸命に押し行くをは耐えんとして詰めを踏切りしも双方気が付かず、なおも揉み立てんとする所を行司が止めての勝となりぬ。

当り矢(あたりや)という力士は30歳を過ぎての新入幕、禿げ頭で愛嬌があったため人気だったといいます。四股名もちょっと変わっていますね。今場所は相手も強くなかなか苦労しています。新横綱の小錦は初日に不覚を取るも本来の相撲を取り戻して連勝、小錦自身が小兵なのに相手を子供扱いしているわけですから力量の差は相当なものでしょう。朝汐も久しぶりに元気なところを見せて新鋭楯甲をねじ伏せ3連勝しました。

明治29年夏場所星取表

新聞掲載の勝負付け

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2008/10/09 23:08】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治29年夏場所2日目 (東京朝日新聞/明治29.5.16)

○土俵のかずかず
当り矢荒岩は、当りが釣身に行くを内掛にてもたれの勝。
大蛇潟天津風は余程立ちにくかりしが、行司の励声で立上るや二三合突合いしのち左筈にて押切り大蛇の勝。
響升鬼ヶ谷は、が右四ツで押すを危うく残し右差しにて掬い出したるの手柄はきついもの。
狭布ノ里源氏山は、初日に小錦を倒したる狭布の事とて場中破るばかりの大喝采に迎えられて登場したれども、相手は名に負う大剛の源氏山狭布が隙なく突くを突返し左筈にてウンと一押し、狭布は脆くも腰砕けて押出されたり。
海山若島は、好相撲とて双方注文をして立上るやは双手を敵の首に巻きつけて拝み絞りに絞りしまま、ウンと一捻りに捻り倒したるは天晴れ大力の海山なり。
朝汐不知火は、よりしばしば仕掛たれども相手は狡猾にもの油断を狙うて容易に応ぜず、見物は叱るは立腹して横頬をはたきしもなお応ぜず、見物倦み果てのち立上るや苦もなく押出しての勝、不知火は負けた上に馬鹿野郎と罵られたり。
大碇玉龍は、苦もなく釣出しての勝。
両國横車は、右四ツになるや手足の長いなればの必死も効を奏せず釣出されたり。
松ヶ関唐辛は、激しく突合いしのちが泉川にて撓めんとするをは右にて防ぎ、次にが襷に掛けて投げを打つを押し潰しての勝。
若湊大纒は、が突いて来るをはたいての勝。
小松山高浪は、が左四つにて釣出すを危うく廻って捨て身の投げをきめ小松の勝は危うかりし。
鳳凰楯甲は大喝采のうちに立上り、少し遅れしも流石は関脇受け答えて突き戻すをは右差しにて押行き、敵が残さんとするを左の足癖にて捻りしに同体に流れてしかも団扇はに上りぬ、されどもたちまち物言つきて預かりとなり、勝星は五分五分というに決し、やっと見物の鳴り静まりたり、かかる大相撲はおそらくまたとあるまじ。
谷ノ音逆鉾は、これも大喝采の中に仕切るやは右を巻き左を敵の前袋に当てて突張りたればが得意の足癖も利かず、は難なく押行きて一寸と引寄せ腰を崩させ上手投にてズテンドウとを投出したはが新橋の土俵に勝の込みたる結果ならんか、この時満場大喝采。
小錦梅ヶ崎は、が前日の敗に堅くなりし様子なれば見物固唾を飲んで見ておりしに、立ちおくれしにも驚かず一突きトンと突けばはたちまち浮足となり、たぢたぢとよろめく所を直ぐに突出しての勝は是非もなし、これにて小錦の度胸も極まるべし。

○相撲のかずかず
・この程出京の大坂力士は一昨日(二日目)より土俵へ上りぬ、その内高砂の部屋へ入りしは荒鷲島の川高汐(以上二段目)竹割小松島(以上三段目)の五名、千賀ノ浦の部屋へ入りしは大星綾の戸(以上二段目)の両名。
・今度の本場所打揚げの上は小錦朝汐大戸平大砲鳳凰大碇の三組に分かれて地方へ興行に行く筈なるが、この内小錦の一行には西ノ海が付出しとなり横浜を打って一旦地方へ行き、それより切返して芝公園の花相撲を打つという。

初日に大金星の狭布里でしたが源氏山には通用せず、やはりマグレだった感があります。怪力の海山は両手で相手の首を絞り上げてひねり倒す、徳利投げか首投げか?とにかくとんでもない荒技です(;・ω・)新入幕逆鉾は何と関脇谷ノ音が得意とする必殺の足技を完全に封じて快勝、なかなかすごいです。襷反りを仕掛ける唐辛など個性的な業師も多く、汚い立ち合いへのヤジあり、同体預かり相撲あり、最後は横綱が締めて明治の大相撲らしい充実した内容の一日でした。

明治29年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2008/10/07 10:14】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。