スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治29年夏場所初日 (東京朝日新聞/明治29.5.13)

○土俵のかずかず
若湊唐辛は、が土俵の詰めに押されしを危うく廻って反りを打ち、の体倒れしも踏切ありての負。
大纒横車は、幕下より昇進のの勢い当り難からんと思いの外、場数の左筈にて押切る。
朝汐梅ヶ崎は、の元気回復せしにや敵の出鼻を上手にて捻り関脇だけの価値を見せたり。
高浪谷ノ音は無論の物と思いしに、諸手をの胸に押し当て勢い激しく突かかるを外し得ずしての負。
狭布ノ里小錦は、狭布が勇気激しく小手先にて争うを、はものものしやと思いけん諸手にて一突と勢い込む、狭布は体をかわしながらこれをはたきしためは力負けしてコロリと倒れたり、見物も狭布も意外の事とて暫くは訳が分からず、時経てのちの負けた事を知り喝釆沸くが如く纒頭の品土俵に山を成しぬ、西ノ海も横綱を張って初めての勝負に敗を取り小錦また轍を踏む不思議というも不可なからん、好角家は宜しく記録に存すべきなり、これ元よりの怪我ならんも或いは少し小敵と侮り過ぎしにはあらざるか。
鬼鹿毛松ヶ関は、貧乏神にて血気盛りのほどあって見事左筈にての首を取ったり、今頼光ともいうべきか。
若島勝平は、が本背負に行くを押潰したので勝はとうとう牛太兵衛。
天津風荒岩は、当日の好相撲と見えたるがは必死の働きにて敵を左右に引廻したる末、巻き落したり。
当り矢鬼ヶ谷は、突手にての勝。
海山玉龍は、が絞り腰にて投を打ち団扇はに上りしも物言つきて預かり、勝星は
鳳凰不知火は、一方が未来の横綱と噂あるなれば是非もなし、泉川にて押出されぬ。
大碇逆鉾は場慣れの巧者と血気の若者、面白しとは誰も思いおりたるが立上るやの突手を防ぎなから左筈にて攻め寄り、行司溜りへ押し出したるの手柄は大したもの。

○大相撲の景気
小錦横綱披露のため人気盛んにして両国橋東詰より回向院前まで贔屓筋より小錦及び勧進元へ贈りし幟幾本となく青葉嵐にひるがえり初日より見物山の如し、一昨日の初日も例によって徳川その他の好角貴顕あまた来観せり、因みにいう、従来相撲茶屋の中には見物人を粗略にして不正の席料を貪ぼるものなどありし由にて、相撲協会にては今度の興行より大いに風紀を振粛し左の定価外に余計の席料を取る者などある時はそれぞれ相当の罰を与うる筈なりと。
正面桟敷十日間売切り(一間につき)金二十円
東西桟敷十日間売切り(一間につき)金十九円
敷物代(一間につき)金三十銭
初日より五日目まで一日売切り(一間につき)金三円
六日目より九日目まで一日売切り(一間につき)金三円二十銭
西ノ海年寄となる
・同人は高砂その他の勧告を容れて両三日前仙台にいる年寄中田川の名跡を譲り受け年寄となり、一昨日より場所中十円取りの木戸番となれり、しかし地方興行には前号に記せし如くやはり西ノ海にて相撲を取るという。

かなりの人気のうちに夏場所が開幕したようです。それもそのはずで小錦が新横綱として登場、新関脇鳳凰は将来大関どころか横綱まで見込まれるほどの安定した強さ、朝汐・源氏山・海山といった花形も元気なうえに逆鉾や荒岩など次代を背負う名人力士も頭角を現しています。西ノ海の新横綱は序盤3日を休場したあと平ノ戸に敗れるというスタートでしたが、小錦もまさかの黒星。相当なプレッシャーがあったのでしょう。逆鉾は上手い相撲で大碇に快勝、荒岩は勝ったような記述ですが星取表によると天ツ風の勝ち。記事のミスなのでしょうか?相撲茶屋のボッタクリ防止のため桟敷の定価が決められたというのは面白い記事ですね。十日間買い切ってみたいものです。西ノ海は元幕下・中田川の持っていた年寄名を継承、これは井筒のことのようです。

明治29年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2008/09/11 23:05】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治29年夏場所番付発表 (東京朝日新聞/明治29.5.10)

○大相撲の番付
・明十一日より開場する回向院五月場所大相撲の番付は他社に率先して昨日の欄外にその確定したるものを掲載せしが、今また観客の便利をはかり本年一月場所の番付を出して対照すればすなわち左の如し。




○相撲のかずかず
・昨日の欄外に記載せし五月場所大相撲の番付を見る者は必ずまづ第一にその名前の見えざるに注意を引くべき東の大関西ノ海嘉次郎は、いよいよ今度土俵を退く事になりたるが、同人は高砂の部屋にて久しく勤労をなし小錦朝汐源氏山その他の大相撲を養成するほどの大功を奏し、これがため高砂の門派をして相撲社会に跳梁せしむるを得たる元勲者にして、今なお横綱大関小錦を稽古にかけては子供の如くに取りあつかうほどの勇気あり、力士養成の上においては実に欠くべからざる必要の人物なれば、高砂も決してこれを粗略にせず自今自分の部屋の大隠居として門派力士の稽古を一任する事に決したるよし、また地方興行の節は西の大関として小錦に対峙せしむる筈なりと。
楯甲は西方有数の力士なるに、負債のために世へ出られず今度の場所へも既に出勤しがたき場合に立ち至りしを、或る人が気の毒に思い目下負債償却の方法を廻らしおれば多分欠勤せざるべし。
・横綱小錦は一昨日靖国神社の土俵にて初めて横綱を張るにつき、あらかじめ西ノ海の指図を受けしきりに稽古をしておりしが、なにぶん背は低し、かかる事には無頓着の性質なり、もししくじらねばよいがと人々密かに心配せしに、流石は大剛の小錦なり、おめず憶せず土俵へあらわれ見事に古式を行い得たれば人々初めて安堵の胸をさすりしよし。
・昨日欄外の番付にありし通り、今泉は師匠の名を継いで「源氏山」と改名し東の小結へ飛上りぬ。
・一月場所には東の力士に病気引き多く、且つ出勤の力士は不元気にて西との権衡保ち難かりしが、今度は日の出の鳳凰が東へ廻りしのみならず朝汐源氏山若嶋逆鉾当り矢横車などは幕内で腕を鳴らし、幕下には松ヶ関高見山鶴ヶ濱万力梅ノ谷という若手の強者威を揮えば少しも引けは取らざるべし、これに反し西方はまづ大関の大戸平が病気と称して出勤せず、幕内では谷ノ音小松山梅ヶ崎楯甲の四人、幕下では荒岩両國松ノ風稲瀬川の四人が元気よきのみ、その他はいづれも頼もしからず、ただ面白きは大碇の持ち直しと清国より帰朝したる高ノ戸大五郎が付出しとなりて出勤するとの二ツなり、されどもまんざら権衡が取れぬというにはあらざるべし。
・人の噂にては、鳳凰は今度の相撲にも勝越して来春は西の大関へ据わるべしといえり。
○幕内力士の給金
・新番付にて改まりたる幕内力士の給金は左の如し。
東の方
小 錦(四十四円)
鳳 凰(二十一円七十五銭)
朝 汐(三十五円七十五銭)
源氏山(十八円二十五銭)
千年川(二十二円)
越ヶ嶽(十三円)
北 海(十八円)
天津風(十二円五十銭)
若 湊(二十七円二十五銭)
響 升(二十二円五十銭)
若 嶋(十四円)
外ノ海(十八円五十銭)
玉 龍(十三円)
高 浪(十四円七十五銭)
出羽ノ海(二十二円二十五銭)
逆 鉾(十二円五十銭)
当り矢(十二円)
横 車(十一円)

西の方
大戸平(三十四円)
谷ノ音(二十一円七十五銭)
大 碇(二十二円五十銭)
大 砲(十八円二十五銭)
海 山(十六円五十銭)
小松山(十二円)
鬼ヶ谷(二十二円五十銭)
大 纒(十七円五十銭)
大蛇潟(十九円二十五銭)
一 力(十一円)
楯 甲(十一円五十銭)
不知火(十三円五十銭)
梅ヶ崎(十円五十銭)
狭布ノ里(十一円)
鬼鹿毛(十四円五十銭)
小天龍(十円七十五銭)
唐 辛(十一円)
高ノ戸(未定)(5.12)

新番付ですが、横綱がまず入れ替わり西ノ海は高砂部屋の部屋付きとして指導にあたることに、小錦は初の土俵入り披露を無事終えたようです。鳳凰が東へ廻って関脇に躍進、脂の乗りきった時期で大関目前の呼び声が高いです。前場所勝ち越した大碇は張出関脇、先場所から大関の肩書きを剥奪されてはいたものの、厳しく降格された感があります。朝汐と並んで張出関脇2人というのは史上初の編成です。今泉が源氏山(げんじやま)と改名して新小結、東は休場力士が多かったためラッキーな昇進です。記事にもあるように従軍から帰還した高ノ戸は2年ぶりに番付に載りました。給金も発表されていますが小錦がトップで朝汐と大戸平が続くのは妥当なところ、積み上げ式のため年功がモノを言います。出羽ノ海は相当なベテランですがそれほど勝ち越してないせいか随分安く収まっている感じがします。元関脇で長く頑張っている若湊も平幕では高い方です。

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2008/09/08 17:50】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。