スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治29年春場所千秋楽 (東京朝日新聞/明治29.2.1)

○大相撲
・一昨日(十日目)は千秋楽の日にて二段目以下の力士ばかりなれど、あたかもよし孝明天皇祭の休日に当りたれば入客相変わらず沢山にて、楽の日らしくは思われざりき。
・相撲取り切りしのち序の口加入の新力士総出にて土俵祭りの式を行い、部屋頭勧進元代理者を胴上げにしてめでたく打出となりぬ。

○相撲社会の者警視庁へ呼び出さる
・紛議づくめの大相撲も表面の仲直りで臭い物に蓋が出来、首尾よく晴天十日の本場所を打ち揚げたれば、改良規約編成の事は一切挙げて委員に託し、東西力士思い思いに地方廻りに出掛けんとて中には一昨夜の東海道終列車に乗り込まんとするもありしが、同日突然警視庁第三部長森田警視より角觝協会へ向け「明三十一日午前九時役員選挙有権者一同出頭せよ」との旨を達したれば、正取締高砂よりこの趣を有権者一同へ報告し、同夜出発せんとせし仲間の者にも足を止めさせ、昨三十一日午前九時には正副取締を始め年寄行司(足袋以上)東西力士百三十余名ならびに仲裁者青木庄太郎、草苅矍翁等の人々警視庁へ出頭したるに、同庁にては先づ一同を総監応接所へ引請し森田第三部長、沼崎第一課長等列席して今度改正すべき規約その他の事につき懇々諭示する所あり、且つ力士一同に対しても粗暴の挙動を誡めよと訓諭したるのち、力士一同その他の人々を引取らせ更に正副取締、仲裁者等をとどめて各自の意見を吐露せしめなお種々協議する所ありしという、いづれ近日その結果を見るに至るべし。
小錦横綱免許となる
・東の大関小錦八十吉が横綱免許となるべしとはかねて聞く所なりしが、いよいよこの程年寄仲間の評議一決し、去る二十七日年寄阿武松緑之助、行司木村庄之助の両名より野見宿禰の後裔なる華族子爵五條為栄氏及び本朝相撲の司二十三代吉田追風代理熊本県士族清田直氏へ宛て横綱免許の願書を差出したるに、翌二十八日の夜願人の元へ「明二十九日午前九時細川侯爵邸内清田直方へ来駕あるべし」との通報ありしかば二十九日午前八時臨場し、清田氏より白木造りの三宝に免状を載せて小錦へ授与したり、免状は左の如し。

    本所区緑町三丁目二十七番地
             小錦八十吉
右者依相撲之位横綱令免許畢以来方屋入の節迄
可相用者也依て免状如件
    本朝行司の司二十三代
    吉田追風代理
明治二十九年一月二十九日 清田 直(書判)
-------------------
    本所区緑町三丁目二十七番地
             小錦八十吉
右者方屋入の節迄持太刀令免許畢依て免状如件
    本朝相撲の司二十三代
    吉田追風代理
明治二十九年一月二十九日 清田 直(書判)

右につき小錦は明年の春場所まで横綱免許の披露をせぬといいおれども、贔屓筋の貴紳方などは是非とも今年の五月場所より披露せよと勧め込み、化粧廻しその他の費用についても寄進を申込むもの極めて多しといえり。

千秋楽は恒例の勧進元胴上げで無事に打ち出しとなりました。紛擾による延期があったり、休場者も結局は結構な人数になってしまいましたが、最後までファンはついてきてくれたようです。そして協会規約の改正を前にして警察や仲介者による調整が続く中、小錦の横綱推挙が決まりました。同じ片屋の西ノ海が現役のままならばこの昇進は無いでしょうから、この時点でもう西ノ海引退は決まっていたものと推測できます。成績は何年も前から横綱級だった小錦、ようやく頂点に上ります。それでも29歳での横綱は当時としては史上最年少です。

明治29年春場所星取表
スポンサーサイト
【2008/08/22 23:07】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治29年春場所9日目 (東京朝日新聞/明治29.2.1)

○土俵のかずかず
大纒雷山は、いづれも不元気同志にて双方立上るや突合にて競い、の寄り来るをは引っ外し泉川に撓めんとせしも極まらず、次では左差しにて西溜りの詰めまで押行き下手投にての勝。
不知火逆鉾は、少し遅れて立ちしが初めは先手争い次いで不知火は右を掛け投を試みしも極まらず、の突き手烈しきに堪り得ず遂に東溜りへ突き落されて不知火の勝。
谷ノ音越ヶ嶽は、左四ツとなりの右差しを泉川で撓め、は両差しにて投を打ち次いで押出さんとせしも手を撓められおれば力足らず、も仕掛けず双方士俵の真中に立往生、水入りてのち左四つとなり双方前袋を取りて勝負つかず引分、つまりが引分を待ちしものなるべし。
今泉小松山は、が左差しで行くを小松は左を巻いて受け右をさして投に行きしも極らず、今は残って一生懸命に寄り行き遂に小松は東の角へ押出されたり。
大戸平小錦は、当日第一の見物とて両力士土俵へ上るや大戸と叫び小錦と呼ぶ声囂々として鳴り渡りぬ、大戸は如何にもしてこの相手を土俵に埋め西方の威勢を示さんと意気込み、小錦はまたこの相手さえやっ付ければ横綱免許の値打ち確かなるより互いに堅くなって念入に仕切り、立上るや大戸は右筈に行くをが巻込み左筈にかまえて押出さんとせしに、大戸は体を突入れて首投に行きはこれを残して体を右へかわし左足を大戸の寄り来る両足の間へ割込んで捻ぢしかば、さすがの大戸堪り得ず行司溜りへ倒れたり、されども大戸は同体に倒れしと思い立ち上って西の方を見たれども物言の付人なきにすごすごとして引取り、は嬉しさの余り大人気なくも両手を挙げてドンドン。
當り矢荒岩は、當り例のハリ手にて相手の肝をひしがんとせしも、は屈せず左四つにてしかと組込み釣出さんとして行司溜りへ寄せしに、當りは全力を以て押返さんとしはここぞと右をかけしも極らず、更に左を外より掛けもたれて相手を倒したれども、にも踏切ありて預かりとなり、は釣った魚を猫に取られた様な顔をして引込んだり。
楯甲勝平は、が左差しで寄るをは巻いて防ぎ左手で首投を行きしも極まらず、は素早くの右の手を引っかけ後ろへ廻って高股を取りトアシにて押倒さんとせしも、は足を踏張りて詰め際より押戻し突き手にてを東溜りへ突落せしは天晴なるの働き、満場大喝采。
一力高浪は、が左筈に行くをは体をすかして一寸捻り、は土俵の上に横たんぼう。
鳳凰天津風は左四ツに組み二もみ三もみの末、腹櫓にかけての勝、これにては西方第一の勝越しなり。
大碇朝汐は、の左四つを取りのけんとするうちは押寄せて東溜りの詰際へ行き、上手投にて脆くもは土俵の外へ飛出したり、この時大碇は自分ながら脆かりしに相好を崩して大笑い、見物も余りの可笑しさにおかめおかめと呼立たり、負けて呼声のかかるはこの人あるのみ。

○愛宕下の花相撲
・横浜にて五日間、横須賀にて三日間の興行を打ち揚げ次第芝愛宕下町三丁目二番地の空き地にて興行する花相撲の幕の内及び幕下七枚迄の顔触左の如し。




幕内の最終日です。大関対決はいい勝負でした。最後は柔道の内股のような技でしょうか。小錦も万歳でドンドンですか(;・ω・)当時の力士は天真爛漫というか奔放ですね(;・ω・)大碇はやはり組んでの相撲は苦手とみえて連敗、丸顔でおかめと呼ばれていたそうですが愛嬌があって人気者です。鳳凰は安定した強さで8勝1敗という好成績でした。十両では兵役から復帰の横車が土付かずの活躍。

明治29年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2008/08/08 12:04】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治29年春場所8日目 (東京朝日新聞/明治29.1.28)

○大相撲
・一昨二十六日(八日目)は日曜といい取組が面白いといい、充分客足を引くべき価値ありしには依るべけれど、近年無比の大入にてその数五千余人に達し、去る十八年梅ヶ谷大達が両大関なりし時分よりほとんど絶無の盛況なりき、また昨二十七日は雨天のため休業。
唐辛勝平は、左四つとなりは左筈にて押切らんとしは残って二本差しとなり、次いでは泉川を掛けたれど効かず更に外掛を試みたれどは詰め際で廻り込みもたれて遂に勝となりぬ、いくらよい手を出しても細工の悪いは是非もなし。
楯甲當り矢は双方名代の人気力士、當りは左筈は右を差し押しと釣りの二手で揉合いしのち水入り、取り疲れて引分。
小松山天津風は、小松が左四つに行くをは全力を注いで下手投に行き、次いで寄り行くを小松は右手を引いてうまく引落したり。
大戸平朝汐は、先年大戸が倒されし例もあれど、元気弱りし朝汐なれば無論大戸の物ならんと思いしに違わず、ヤッと立上るやすぐに押出して大戸の勝。
大纒高浪は、初めより五分五分の勝負と思いしに違わずは右四ツの左筈、は右を巻き左をさし互いに釣らんとして水入り、引分。
大碇今泉は、大相撲とて見物ワヤワヤ騒ぎ立て双方の掛け声四本柱もゆるぐばかりの有様なりしが、やがて二人は立派に仕切りは左四ツで釣出さんとしは何のと釣舟に行くを押寄せられアワヤと見えしを、詰めを廻って反対に押寄せしがは双手にて廻しをしっかと握り、やぐらに掛けて釣出したは天晴大手柄、暫時は鳴りも止まざりき。
大蛇潟逆鉾は、例の仕切にぐづぐづする大蛇の事とて見物初めより嫌がりおりしが、果して仕切に十余分間を費やしイザ立上るやわづか一分もたたざるに難の苦もなく大蛇ははたかれて行司溜りへ突落とされぬ。
鳳凰若島は双方人気力士、殊には土俵入にも声かかるほどの勢いなれば土俵へ上るやニコニコとして何となく嬉しそうに見え、双方立上るや突合い二三合にしてたちまちは東溜りへ突落されたり。
谷ノ音小錦は、前日大碇に負けたる小錦なれば七三位の見込なりしが、如何しても小錦は強いもの双方仕切の早い同志とて何の苦もなく立上り、手先争いの末の左手を取って引落さんとしは引かるるまま突落さんとするを、は体をかわして首尾よくを突き出したれど、力余って己れも共に東溜りへコロコロ転び落ち、逆に手をつき腰を打ち立ちも得やらず倒れおりしを、谷ノ音今泉とが引き起こして勝ち名乗を受けさせたり。

好取組が多い終盤戦、超満員となりました。ここまで好調の鳳凰、新進の若嶋を難なく退けて1敗を守ります。土付かずの谷ノ音は小錦のスピードについていけず後退。大碇は今泉に敗れて2敗、廻しを取れば腕力に勝る今泉が圧倒的に有利です。釣舟とはどういう技なのか分かりませんが、釣り技の一種でしょうか?大戸平は不調の朝汐を破って5連勝、序盤はどうかと思われましたが大関として意地を見せています。

明治29年春場所星取表
【2008/08/04 16:52】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。