スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治26年夏場所3日目 (毎日新聞/明治26.6.4)

○回向院大相撲
・擧々たる櫓太鼓は細雨のために止んで蕭々入れ掛けとなり、心なき雨を恨みて好角家悄然として帰りしは実に一昨日の三日目なり、されば今日は無論触れ太鼓ならんと思いしに、この煩を省きにわかに昨日開場せしは土曜日なるを以てなりと、相撲社会が近頃営利的改革に熱心なる驚くべしと或る好角家は云えり、それは兎も角昨日の三日目は余り景気よき方にはあらざりしが徳川、近衛、蜂須賀の各貴顕方の来場ありたり。
鬼鹿毛高浪は、首投げを打たんとせしうち左差しヨリ切りて高浪の勝。
若湊小天龍は、突合い押出して小天龍の勝。
出羽ノ海北海は、左ハズで攻め行けり、出羽寄り返したるも突出して北海の勝。
高ノ戸大纒は、シャニムニ突張り土俵際にて危うかりしが、巻込みツツヨリ返したる時には得意の蹴返しに行きしが、は巧みにこれを防ぎなお蹴返したるに充分に行かず、己の体斜めに流れしかばは得たりと付入り左差しヨリ切りての勝は面白し。
知恵ノ矢響升は、右四ツヨリ切りて響升の勝。
谷ノ音大蛇潟は、右四ツにつがいしばらくは毫も動かず単に睨み合いとはなりし、しかるに観客は大いに罵評し素人の子供相撲或いは錦絵の相撲などと喧々囂々の声裡には敵を引付け例のヤグラを掛けしに大蛇はこれを防がんとモガキしも足クセモタレ込んでの勝は咄嗟の働きなりとて満場喝釆。
小錦平ノ戸は、挟み付けヨリ切りて小錦の勝。
西ノ海大泉は、の左差しを撓め極め出して西ノ海の勝。
天ツ風勝平は、左差し挟み付け右を当て無理無体にヨリ切り天ツの勝は力量の程感服。
高千穂響矢は、突合い左四ツヨリ倒して高千穂の勝。
雷山芳ノ山は、右差しヨリ切りて雷山の勝。
大達鳳凰は、いづれも躯幹大にして土俵の有様立派に見えたり、或る人立派なるも勝算なしと云い、記者もまた同意せり、さて力士は立上り左差し疾風の勢いで鋭く攻め来れり、は危うき所を難なく残しヨリ返し左四ツとなり腰を落して觝い、敵は仕掛る能わず兎角するうち攻付けながらヨリ倒して大達の勝は満場どよめき暫くは鳴止まざりし、にしてこの有様なれば大戸平との相撲面白かるべしとの価値にわかに騰貴せしも可笑し。
大戸崎外ノ海は、左四ツスクイ投げを打ちしが大戸これを防ぎ、ヨリ倒して外ノ海の勝。
千年川鬼ヶ谷は、突張り合い押切りて千年の勝。
大砲今泉は、大砲敵の差し手を挟み付けは頭付にてヨラんとするも動かず、は再三度ヨリ身となりしがヨリ返され、水入りてのち締め上げつつヨリ来れり、巧みに廻り込みながら見事にスクイ投げで今泉の勝は目覚しき働き。
鞆ノ平朝汐は、左四つ上手を引きヨリて朝汐の勝。
大戸平大碇は、去る一月の場所には見事に勝ちしが僅かに踏切りのため大戸の勝となりしなれば、今日の相撲如何あらんと観客はいづれも固唾を呑んで待ち居たりしに、力士は立上るやは右をハズに構え左をアテ頭付きにこ攻め押し来れば、大戸はこれを支うる能わず脆くも押切りての勝に満場の喝釆場外に溢れ喧囂のうちに打出したり。

梅雨の時期に貴重な晴天、翌日開催を告げる触れ太鼓を省略して即日開催するのは以前にもありましたね。昔ながらのシステムでは仮に1日おきに雨天だった場合、いつになっても開催できないことになるわけですから仕方のない改革と思われます。小錦が今日から出場、白星でファンはホッとしたことでしょう。結びの一番は今日も大碇の押しが冴えて大殊勲でした。
明治26年夏場所星取表

東前頭5・今泉又市
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/11/30 16:05】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治26年夏場所2日目 (毎日新聞/明治26.6.2)

○回向院大相撲
・昨日の二日目は前日に引替え朝来晴天なりければ、贔屓連より勘進元に贈りし幟は軟風に翻り場内景気付きて見えたり、当日は相変わらず徳川、近衛の二公を始めその他の紳士を見受けたり。
高千穂天ツ風は、右四ツにつがい咄嗟の内に勝負を決せざれば到底覚束なしとの勘定にて、しきりに付入り投げを打ちしが敵は何様今度幕内へ昇進せし程なればビクとも動せず挑み、兎角するうち二本差しとなりて攻めんとするに上手を引いて觝い、水入りてのち再び投げを試みしが充分疲れたれば検査役の機転引分とせしは興味あり。
藤ノ嶽鳳凰は、立上るや挟み付けてヨリ切リ鳳凰の勝は当然。
知恵ノ矢大達は、容易に立上らずの仕切り例の如くなれば知恵怯々その有様の異なるに満場哄笑、さて立上り知恵付入るをヒネリ残りて手四ツとなり、暫時睨み合いしが知恵イラッテ付入らんとするとき早くも片手突きて大達の勝、この時知恵の体飄然飛び去りしは面白し。
鬼ヶ谷響矢は、突張り来るをウッチャリで響矢の勝。
大戸崎北海は、左四ツ大戸勢いに乗じハタキたり時に浮足となりしを、隙かさず土俵際までヨリ来り敵危うく見えし所、見事にウッチャリて大戸の勝は立派立派。
千年川高ノ戸は、突張り合い巧みにも引落さんとせしに、千年付入り今度は蹴返して行きしも千年防ぎつつ攻め付けたり、土俵際で堪えしところ引落して千年の勝。
谷ノ音芳ノ山は、右四ツ上手ナゲでの勝は意外意外。
朝汐平ノ戸は、左差し挟み付けナゲを打たんとせしかば、足クセで防ぎ寄り来れり、は小癪な腕だてと少しく侮りナゲを打ちしに、小手が外れ自身土俵を踏み出して平ノ戸の勝は返す返すも軽挙なりし。
大戸平大蛇潟は、立上るや大蛇付入り右差しとなりたり、大戸立後れすこぶる危うかりしが流石に立直し右四ツとなり、引付け釣り身となり無遠慮にも其のまま土俵外に投出し大戸の勝、大蛇容易に起上りさも遺憾なる体なりし。
高浪雷山は、左四ツ上手ナゲを打ちしを預け物言付いて預り。
鬼鹿毛若湊は、突張りで若湊の勝。
小天龍外ノ海は、突張り合いハタキて寄切り外ノ海の勝。
出羽ノ海大纒は、左四ツスクイで大纒の勝。
大砲大碇は、喝釆声裡に立上るや左をハヅに充てヨリ来れば、は支うる能わず難なくヨリ切りて大碇の勝は満場哄笑。
大泉響升は、左差し右をアテ寄切りて響升の勝、この相撲数回化粧立をなせり響升の咎にあらず彼は攻撃のため昨今その弊を矯めり、大泉かえってマッタの弊を学べり、観客の迷惑検査役は宜しく彼に忠告して可なり。
西ノ海鞆ノ平は、化粧立に西手強く敵の胸部を打てり、吃驚ヨモ殺すにはあらざるべしと毎度ながらの滑稽愛嬌ありと云うべし、しかし力士つとめて滑稽を演ずる無用なるべし、兎角するうち立上り二本差しとなり、諸に極め振り出して西の勝で打出したり。

千年川は初日に負傷との事でしたが元気に出場、問題なさそうです。上位陣では朝汐が不覚を取って敗戦。強引に攻めて失敗する相撲は最近影を潜めていましたが、ここは平ノ戸のくせ者ぶりが発揮されました。大砲vs大碇は結構な好取組ですが突進相撲の大碇が圧倒。大相撲の不思議なところだと思うのですが、他の格闘技とは違って勝敗がついた時に観客がみんな笑顔です。これはなぜでしょう。そしてそれは昔も変わらないようです。

明治26年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/11/29 00:14】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治26年夏場所初日 (東京朝日新聞/明治26.5.30)

○大相撲
・去る二十五日に市中へ太鼓触れを廻し、翌二十六日より開場の筈なりし両国回向院境内の出世大相撲は、雨天のため延引し昨二十九日は曇天ながら初日を興行したるが、景気は天候に伴うて中位の見物なりし、さて例に依って当日の勝負及び幕内力士の取り口を左に記すべし。
大蛇潟鬼鹿毛は、双方念入に立上りは合掌にて得意の足クセをかけ巻き倒さんとするを残し、大蛇は充分に左をさし巻き倒して大蛇の勝。
大碇雷山は、無造作に立上り突き倒して大碇の勝。
若湊鬼ヶ谷は、烈しく突き合ううち危うかりしが、引っぱづしての廻らんとするをすかさず送り出して鬼ヶ谷の勝。
外ノ海高千穂は、突き合い突き倒しての勝。
北海大泉は、左をさし寄り倒して北海の勝。
千年川知恵ノ矢は、千年の突張るを知恵はタグリ込まんとするを渡し込んで千年の勝なりしが、この時千年は右の眼下を打ち負傷せり。
響升大戸崎は、春場所以来元気つきし大戸といい、殊に始めての顔触れなれば双方油断なく立上り、が左を差し寄らんとするを大戸は敵の前袋を引き防ぎつつ寄らんとするうち取疲れ、水入後再びつがい大戸は右の上手を引き挑み合ううち引分となりしは大相撲。
越ヶ嶽司天龍は、の左差しを司天は筈に当てシャニムニ寄らんとするを、は土俵際にてウッチャリ団扇はに上がりたれどの体流れしとて物言付きて土俵預り、勝星は越ヶ嶽
西ノ海平ノ戸は、立ち上るや泉川にて突放し西ノ海の勝。
・(中入後)芳ノ山鞆ノ平は、は右四ツにて寄り倒しの勝。
今泉小天龍は、左四ツスクイ投にて見事に今泉の勝。
大達出羽ノ海は、が例の中腰にて仕切り無造作に立ち上り、左四ツに渡りはヒネらんとしばしば相撲を仕掛けたれど、出羽は一心に防ぎつつ水となり、再びつがい挑み合ううち引分。
天津風高ノ戸は、立ち上るやが引き落さんとするを天津は残し突張て天津の勝。
高浪大砲は、一寸立ち後れしがが突張るをハタキ込んで大砲の勝。
響矢谷ノ音は、合四ツに渡りは引き付け釣らんとするをは防ぎつつ挑み合ううち水となり、二三合揉み合い引分。
朝汐鳳凰は、左四ツにて揉み合いが引かんとするをスクイ投げにて朝汐の勝。
大纒大戸平は、双手さしにて釣り出し大戸の勝。
・行司木村庄太郎は廃業して更に角力年寄藤島甚助の名義を相続せり、力士のうち病気引込は幕の内にて小錦八幡山達ノ矢小松山音羽山の五名なれど、いずれも三日目もしくは四日目よりは出勤すべし。

悪天候も重なってようやく開幕の夏場所、今場所はどんな展開になるでしょうか。司天竜(してんりゅう)が西の新小結です。鶴ヶ濱と名乗って入幕したのが8年前、中堅力士として小錦に初黒星をつけるなど活躍していましたが、いま西方がやや弱いこともあって少しラッキーな昇進と言えるでしょうか。新入幕は4人ですが大戸崎が小結響舛と互角に渡り合って引き分け、評判は上り坂です。大事な新三役を全休した大砲は復活の白星。
明治26年夏場所星取表

東横綱・西ノ海嘉治郎

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/11/27 10:35】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治26年夏場所前 (東京朝日新聞/明治26.5.13)

○大相撲の延引
・今年の大相撲は来る二十日頃より興行の筈にて、協会にては既に番付の仕度まで調い居るよしなるが、肝心の西組大戸平八幡山の一行は未だ九州地方出稼中にて二十日過ぎならでは帰京せず、また東組西ノ海小錦の一行は去る九日茨城地方へ出稼ぎし是また二十四五日頃ならでは帰京せざるに付き、初日は来る二十七八日もしくは六月一日頃ならんと。
○浅草公園の花相撲
・同公園第六区にて来る十五日より晴天十日間興行する花相撲は、東の大関驚ヶ濱、関脇荒虎、小結藤ヶ谷、西の大関金生山、関脇出釋迦山、小結大響等にて、木戸大人二銭小児一銭。
○回向院大相撲
・回向院大相撲はいよいよ本日より開場となり、その取組中もっとも見るべきものは朝汐鳳凰響升大戸崎天ツ風高ノ戸等なり、しかるに訝しきは小錦八幡山達ノ矢の三人気力士なり、は病気なりしはかねて聞きしが小錦八幡山は非常に元気なりと云うにその顔触れなきは如何、好角家の失望は元より相撲道関係者も大いに落胆せしならんと思わる。(毎日新聞/5.26)
○力士八幡山危篤に陥る
・西の張出し大関の位置を占めたる力士八幡山は、かねて病気の由なりしも一昨日の噂にては不日小錦と共に本場所へ出勤するとの事なりしゆえ本紙にもこの由を記し、さしたる事とは思わざりしに、あに図らんや昨日に至り聞く所によれば同人は三四日来にわかに病勢猖獗を加え一昨夜の如きは熱度四十度五分の高点に達し、主治医なる神田小川町山龍堂病院長樫村清徳氏は家人に向かい危篤の旨を告げたれば、師匠友綱良助及び海山なども駈けつけて徹夜枕頭を離れず看護を勉め、昨朝は更に医師佐藤進氏を招聘して樫村と共に立会わしめ両氏とも専ら力を尽くすという、今その病原を聞くに、理髪床にて鼻の穴を剃るに際し誤って傷を負い出血おびただしかりしが、それよりその傷口にロースといえる一種の病根を醸すべき徴菌を生じ、その毒しだいに侵延して帰京後面部大いに脹れあがり、昨今にては一目誰なるかを見分け難きに至れりという、ちなみにいう同人は先に病気のため西の大関の位地を大戸平に奪われ、本年の春場所にはこれを挽回せんとの意気込みにて土俵へ上りし甲斐もなく初日の取組すなわち高浪との立合に右手を強く挫かれて遺憾ながら欠勤し、今回の本場所にこそは比類なき働きをせんものをとかねてより開場おそしと待ちいたるに、今また図らざる災厄にかかりて本意を達する事を得ず病苦のほかに更にこれを無念がるの煩悶を添えよその見る目も痛わしく、女房なる翁屋おふさは夫の心思いやり目を泣き腫らしているという。(東京朝日新聞/5.31)

場所前に報道されたいくつかのニュースを紹介します。関取衆の巡業が長引いて本場所延期、などというのは現在では考えられない事ですが、天候などの影響で日程の消化がうまく行かなかったのでしょうか?取的たちは遊んでいても仕方ないので花相撲を開催、番付の三役陣はいずれも幕下下位の力士です。そして近年休場がちだった大関八幡山の様子が描かれていますが、不運と言いますか実に気の毒ですね。衛生環境、医療技術ともに未発達な時代です、この分では出場は難しそうですね(;・ω・)

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/11/24 20:05】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治26年春場所千秋楽 (毎日新聞/明治26.1.24)

○回向院大相撲
・一昨日十日目は、例年と異なり幕の内力士の顔触れ等ありしを以て場内立錐の余地なき程にて、珍しくも黒田伯などをも見受けたり、さりながら当日幕の内力士の取組はいづれも無責任なれば戯れながら觝う者多く、むしろ花相撲の方優れるなり。
大碇大蛇潟は、左四ツ離れて右四ツ水入りのち引分。
出羽ノ海響矢は、右差しヨリ切りて出羽ノ海の勝。
鞆ノ平知恵ノ矢は、右四ツヨリての勝
大纒外ノ海はもっとも戯れし如く、トッタリを打つやら小手ナゲで振り廻すやら、結局左四ツドウデモヨイと外掛けで倒れの勝。
鬼鹿毛北海は、左四ツ下手ナゲでの勝。
高ノ戸若湊は、引落さんとするを付入り押切りての勝。
司天龍今泉は、左四ツ投げの打合い同体流れ預り。
平ノ戸外ノ海は、左四ツ上手ナゲでの勝。
大泉達ノ矢は、は稽古でもなす心得にや差し手を外し又はソト掛けをなすに敵の腰に掛けたり、ことに突張りながら倒れての勝は嘔吐を催せり。
響升朝汐は、左四ツヨリての勝。
大戸平谷ノ音は右四ツヨリて大戸の勝。
大達小錦は、左四ツヨりて小錦の勝、時に相生弓取を演じ、それより飛付き五人抜き及び小錦に五人掛りをなしたるに、五人目の越ヶ嶽にウッチャラれの勝。
・右終わりて左の好相撲あり。
大 碇(踏切リ)大 泉
今 泉(ヨリ) 若 湊
大 纒(ヨリ返)響 升
外ノ海(突出シ)高ノ戸
朝 汐(上手投)平ノ戸
達ノ矢(押切リ)司天龍
終わりて打出しとなり、無事に千秋楽の相撲を打納めたり。

改進新聞社が買い切った千秋楽です。西ノ海ら何人か出ていない力士がいるので、予告からはいくらか取組変更になっています。本場所全休の大達がナゼか出てきていますが・・内容的にはまさに花相撲といった感じのようです。給金等に影響が無いことになっていたのでしょう。吐き気がするほどふざけてますか(;・ω・)同じ方屋同士(東vs東、西vs西)の対戦があったりして番外的なので、星取表からは除外して考えるのが妥当かと思います。

明治26年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/11/21 18:30】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治26年春場所9日目 (毎日新聞/明治26.1.22)

○回向院大相撲
・昨日九日目の同相撲は、西ノ海大戸平小錦達ノ矢の両顔触れが非常の呼び物となりて場内は相変わらず景気よく、貴顕方には徳川公、蜂須賀侯、その他末松法制局長官等の人々を見受けたり。
大纒芳ノ山は、右差しはこれを挟み付けし上なおハヅで攻め行くを、土俵際で突付けたるも小手ナゲでの勝、しかるには土俵を下らざるは如何と聞くに、を突付し時敵に踏切りありと誤認して物言を付けたり、されど元よりにも踏切り等少しもなければ検査役はこれを排斥せんとせしが、一旦物言を付けたる上は何とか色を持たせざればも土俵を下る能わざるべしとて盆預りとなし、星及び勝負付はの勝とせしなり、自身が物言を付けてかくの如き審判を下され、力士の本分としては不名誉なれば他の力士も注意ありたき事なり。
雷山響矢は、左四ツ水入りてのち挑む様子なく引分。
天ツ風知恵ノ矢は、突出して天津の勝。
大蛇潟鬼鹿毛は、左四ツ首ナゲを打ちしがヨリ切りて大蛇の勝。
出羽ノ海大戸崎は、左四ツ肩透しで大戸の勝。
小天龍北海は、諸差しヨリて北海の勝。
若湊大泉は、敵の差し手を泉川に撓めしを、は無頃着にヨリ倒さんと付入るを、土俵際で得意のウッチャリで大泉の勝。
高ノ戸響舛は、突出しての勝。
・次は当日の呼び物、西ノ海大戸平なれば場内どよめきたり、大戸は前日に勝を得たればすこぶる気位よく見えたり、両力士はいづれも丁寧に仕切り立上るや大戸は左差しとなり、西は例の泉川を充分にカマセ満身の力を出して撓め出さんと攻め付けしに、敵の体ヂリヂリと逡巡せし時はすこぶる危うかりしが、大戸はようやくに耐え西の力少しく緩む所をみすまし力を込めて差し手を突入れ左四ツとなるや否な、二本差しに変じ勢い鋭くヨリ来れば西は此所ぞと諸に絞りてヨリ返しつつ撓めんとするを、大戸体を引きながら一寸と巻倒さんと仕掛けしかば、西は絞りし手を解きソトより金剛力で突落さんとせし途端、ヨリ倒して大戸の勝は満場騒然として暫時は鳴り止まざりし。
大碇小松山は、突出しての勝。
高浪音羽山は、泉川で撓め出さんとするを突放しての勝。
今泉平ノ戸は、送り出して今泉の勝。
外ノ海鞆ノ平は、ハタキ込んでの勝。
谷ノ音朝汐は、立上り二本差しで釣り身となりしを足クセで防ぎ水入り、右四ツとなり挑みしが引分はよし。
達ノ矢小錦拍手喝采に迎えられて土俵に上り、囂々たる間に立上り一きわ烈しく突掛けたる時にの体危うく見えしが、立て直して右四ツにつがい廻り込むや否なスクイ投げでの勝となりしかば、天心地軸もろともに震動するばかり凄ましき拍手喝釆のうちに打出したるが、実にの働きは咄嗟の内にてありし。

○本日の回向院大相撲
・今十日目の同相撲は、改進新聞社の買切席を除くの外は例の如く木戸五銭桟敷十五銭に引下げ、誰にも見物が出来る由にて、昨日同場所へ其の旨を貼出したり。
○似合の取組
・貴衆両院とも定めて相撲好きは多々あるべし、しかれども批評者の技量は必ずしも被批評者の技量に超過するものに非ざるが如く、躯貌肥満力量抜群と見えても存外相撲は嫌いにて、おれを相撲に見立てたとはなど中には御不興もあらんが、引立たぬ会議日の徒然に新聞社連の品定め、もし両院合併相撲でもありたらば其の大関関脇小結と云う時はマアコーモあろうか。
東(貴)川田小一郎 西(衆)星  亨
同(同)安藤 則命 同(同)田中 正造
同(同)松本 順  同(同)粟谷 品三
但し、此の品定め標準中第一には腹の太り塩梅、第二には体格の具合、音潤の加減、第三には頬髭の様子、肥満の度合等を見比べて取り決めました。

幕内最優秀成績は大戸平、特に最後の三日間は目覚ましい活躍でした。体は大きくないものの鍛えられた筋肉質の体、技術とスピードも兼ね備えた立派な大関です。新関脇達ノ矢も小錦を破って勝ち越しは見事でした。ですがこの達ノ矢はこの後なにか重い病気にかかってしまったらしく、何年も出場できないまま土俵を去ることになります。従って結果的には本場所の土俵はこれが最後になってしまう、悲劇の力士です。写真や詳しいプロフィールも全く発見されていないといいます。

明治26年春場所星取表


東前頭12・大纒千代吉、西大関・大戸平広吉、西小結・大砲万右衛門、東前頭11・響矢春吉、西前頭1・谷ノ音喜市、西前頭3・鬼ヶ谷才治(クリックで拡大)

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/11/19 20:34】 | 大相撲 | コメント(3) | page top↑
明治26年春場所8日目 (毎日新聞/明治26.1.21)

○回向院大相撲
・昨日八日目の同相撲は満場立錐の余地なく溢れて力士仕度部屋の屋根にて見物せし人も中々多く、同盟倶楽部の楠本正隆、中村彌六等の諸氏二十三日は衆議院の大場所にて軟派議員との相撲あれば其の間志気を鼓舞せんとてか来場し、其の他徳川公、蜂須賀侯、京極子、米田男等の方々を見受けたり。
小天龍天ツ風は、烈しく突合い遂に突張りて小天龍の勝は大出来。
雷山大蛇潟は、立上り二本差しとなり頭付で攻立るを、大蛇は諸に撓めて挑みしが押切りて雷山の勝は受けた相撲。
音羽山今泉は、左ハズでヨリ切らんと土俵際までジリジリヨリに攻来りしを、廻り込んで挑みしが再び攻め立て押し切りて今泉の勝。
小松山外ノ海は、小松敵のスクイを残してヨラんとせしを、ヤグラ投げで外ノ海の勝。
高ノ戸大碇はいづれも人気力士なれば場内何となく喧しく見えたり、力士は無造作に立上りは烈しく突掛け行くを、はこれを避けて一仕事と思う間もなく咄嗟のうちに外よりハズで攻め、押し切りて大碇の勝は素早し素早し。
千年川大泉は、敵の左手を引張り込み泉川で撓めんとせしを、預けてヨリ倒し千年川の勝。
朝汐鞆ノ平は、右四ツ下手ナゲで朝汐の勝。
西ノ海達ノ矢は、観客いづれも固唾を呑んでこの勝負如何にと注目せり、力士は立上り左ハズでジリジリと押し行きし時は西の体ほとんど危うく西関贔屓はアレヨアレヨと恐々手に汗を握るばかりなりしが、西はナンノとヨリ返して泉川で撓めんとせしを解きて左四ツとなりて挑み合い、大相撲となりし時は数千人の号叫喧すしかりしが、そのうち西はヨリ切らんと攻立ればは此所ぞとナゲを打たんとする途端にヒネりて西の勝となり、西関贔屓は蘇生の色なりし。
大纒高千穂は、ヨリ行く所をヒネりての勝。
響矢知恵ノ矢は、右四ツ足クセ巻倒して知恵の勝。
出羽ノ海平ノ戸は、右差しヨリ切て出羽の勝。
高浪鬼鹿毛は、左四ツ肩透しを試みしがこれを防がんとする所をハタキ込んでの勝。
司天龍響升は、右上手下手につがいハズに当て挑み水入りしのち互いに仕掛くる様子なければ検査役はダメだと引分たり。
谷ノ音若湊は、突合い左差しとなり首を巻き足クセモタレ込まんとせし時、敵は廻り込みての体はやナカリしも、其の以前に突き手ありて行司はに団扇を上げしに、物言い起りて預り。
・次は千万に一番と好角家が初日前より待ち設けたる大戸平小錦なれば、場内にわかにどよめき渡り力士は拍手喝采に迎えられ喧擾の間に立上りたり、大戸は勢い鋭く突掛け来るを跳ね返さんと手強く敵の頬を擲ちたるに、大戸はいよいよ猛りてなお踏込み突掛くるを、も今はこれまでと突返さんと互いに鋭く突合いし有様は実に凄まじく見えたり、兎角するうち左四ツとなり大戸は敵が素早き力士なればと一層烈しく付入りしを、もこれを防がんとせしが遂にヨリ切りて大戸平の勝は、満所総立となりて再びどよめき拍手喝采は百雷の落るが如く、布団を飛ばす事雨の如く、喧々囂々の間に無事に打出したり。

○改進新聞社の大相撲買切
・同社にては社運の隆盛を祝するため明日の回向院十日目の大相撲を買い切り東京市内新聞直接購読者の観覧に供するよし、当日は大関以下平日の如く残らず出勤し、左の取組ありといえば当日は同場所の賑わい想うべし。
河内山  海 山 
山ノ音  祇園山 
梅ヶ崎  高ノ森 
勝 平  千代崎 
小天龍  大戸崎
知恵ノ矢 小松山
真 力  響 矢
鞆ノ平  出羽ノ海
大 纒  外ノ海
鬼鹿毛  北 海 
高ノ戸  若 湊 
司天龍  今 泉 
平ノ戸  千年川
鬼ヶ谷  響 升
大 砲  朝 汐 
大戸平  谷ノ音
小 錦  西ノ海


ほかに飛付き三人ヌキ五組、また特別好み三番勝負は
野州山  唐 辛 
松ヶ関  玉 龍


稽古 西ノ海  千年川 外ノ海

五人掛 小 錦  升田川 笹ノ島 虹ヶ嶽 芳ノ山 越ヶ嶽

右のほか当日好み数番ありと。

いよいよ場所もクライマックスとなりました。中入り前に西ノ海と達ノ矢の大熱戦で盛り上がったあと、結びは両大関の対決、これはもう何も言う事はなく、記事が全てを語ってくれています。現在は中入りとは十両と幕内の取組の間にありますが、この時代は幕内の取組が中入り前と後に分けられており、こうして中入り前に横綱が登場することもありました。ニュースですが、何と千秋楽の開催を新聞社が買い取って幕内力士を出場させようというのです。これはとても珍しいことでしょう。読者拡大のキャンペーンのようですが、すごい事を考えるものです(;・ω・)

明治26年春場所星取表
【2007/11/16 12:24】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治26年春場所7日目 (毎日新聞/明治26.1.20)

○回向院大相撲
・昨日六日目の同相撲は、大戸崎大碇大戸平朝汐などの取組が呼び物となりて朝来観客の足取り繁く、正午頃に至りては早や普通場所売切りし程にて徳川公、板垣伯、米田男等を始め貴衆両院の議員諸氏をも見受けたり。
響矢小松山は、左四ツ小松は一寸と釣り身を見せしには爪立ててこれを防がんとするを、体を預けヨリ倒して小松山の勝。
大纒知恵ノ矢は、左四ツ首を巻きて隙あらば例の足クセを巻かんとの結構なれば、は上手を引きても容易に付け入らずただ敵の足を恐るるのみにて、更に果てしなければ検査役は水を入れたり、しかして前の如くつがいしが今度もまた挑まざれば観客あくびをなすより其のまま引分とはなれり、力士も相撲半ばに観客のあくびを招きし如きは少しく不名誉ならずや。
今泉鬼鹿毛は、左四ツは上より絞りて足クセを巻かんと仕組みしも、敵が素早く攻め来りしを以て遂にヨリ切りて今泉の勝。
鞆ノ平出羽ノ海は、右四ツ投げの打合いをなして、水入りてのち少しばかり挑みて引分となせしが、老力士なれば観客は疾く合点せり。
響升大泉は、両力士とも立合い汚なく満場の冷罵しきりなりし、ようやくにして立上り左差しヨリ切り響升の勝、同相撲はおよそ二十分にしてすもう時間は二分ばかりなりしとは、観客の迷惑。
達ノ矢若湊は、右四ツソトよりハズで攻付けヨリて達ノ矢の勝。
小錦司天龍は、立上るや司天敵の右を引張り込んだり司天にして此の動作をなすは大になす所ありしならんが、其のまま預けツツヨリ切りての勝。
西ノ海谷ノ音は、立合いに敵の首を巻き足クセ巻き倒さんとせしに、西はいつになく悠然として廻り込みしと思ううち手早く突倒して勝を得しは西関にしての技量か。
大戸崎大碇は、立上りは鋭く例の突掛けで攻め立れば、大戸も二三度これに当りしが敵しがたく剣の峰を渡りて逃げ廻りしを、逃してならじと疾風の勢いで突掛け来るを、敵に廻り込まれ踏切りて大戸崎の勝は満場大受け。
小天龍大蛇潟は、突出して大蛇の勝。
平ノ戸外ノ海は、足クセでの勝。
音羽山北海は、左差しで攻め来るをは一寸と開いて敵の背後に廻りし際、膝突での勝は粗麁な相撲。
大戸平朝汐は、立上るやは右を敵の首に巻きしを、ヤグラ投げ大戸平の勝で打出したり。

・落語家柳亭京枝及び幇間鈴木酒楽は、かねて相撲熱心なりとて昨日相撲協会より両人へ対し終身相撲木戸通券を贈りたり。

終身相撲木戸通券・・いいですね(;・ω・)落語家に幇間(たいこもち)と言うと粋な著名人という感じでしょうか、社会的に地位のある人や人気のある人をうまく招待して相撲界の権威付けや盛り上げに努力してきた功績は大きく、現在まで大相撲が長年続いている礎とも言えるでしょう。さて十両の大戸崎は連勝を重ねて注目を集めてきました、怪力の力士なのですが技術や素早さも兼ね備えた取り口のようです。結びの一番、全勝の朝汐でしたが櫓投げの大技を喰って初黒星。

明治26年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/11/14 13:49】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治26年春場所6日目 (毎日新聞/明治26.1.19)

○回向院大相撲
・昨日五日目の同相撲は、相変わらずの大景気にて午後二時頃に至りては早や立錘の余地なく、貴顕方には近衛公その他を見受けたり。
大蛇潟小松山はいづれもちから力士なれば到底目覚ましき相撲にはなるまじと諦めたるに、果して左四ツにつがい大蛇は一寸肩透かしを試みしが残りて右四ツに変じ、それより互いに仕掛け来るを待ちて毫も動せざれば検査役は水を入れてのち前の如くつがい、少し挑み合いて引分。
鳳凰出羽ノ海は、左差しで付入りしを出羽は上より絞り小手なげを打ちし時は敵の体危うかりしが、残し挑み合いヨリ切りての勝。
知恵ノ矢外ノ海は、突合ううち知恵は敵の鉾先もっとも鋭ければ争って当るべき土俵を開いて逃げとするトタン、踏込み来り突出して外ノ海の勝。
北海平ノ戸は、敵が左差しで来りしを引張り込み例の蹴タグリを試みんと企てしも、はこれを察知して始終予防する有様なればもヤケダと更にヨリ身となりて攻め付るを、土俵際でヒネリ北海の勝は老いたりと云うべし。
大碇大泉は、左差し勢い込んでヨリ来るを土俵際で廻し込み大泉の勝。
朝汐高ノ戸は、立上りは襷に行かんと付入る際、体を変じ小手ナゲで朝汐の勝、朝汐にしてかく臨機の措置は感服。
千年川大戸平は、右四ツ釣出して大戸の勝は是非なし。
西ノ海司天龍は、立上りざまは敵の面部をシタタカ擲ちし途端左差となりしを、西引張り込みし際司天首を巻き足クセモタレんと試みしが、解きて泉川で撓めつつ手強く突放して西の勝。
響矢勝平は、突合ううち腰クダケ響矢の勝。
小天龍高浪は、左四ツ小天右ハズで攻め付けヨリ倒したるトタンウッチャリて団扇はに上りしも、物言い付いて預り。
大纒音羽山は、突張りて大纒の勝は無造作無造作。
今泉鞆ノ平は、左四ツ挑み合い水入りてのち揉み合いしが、下手ナゲで今泉の勝。
鬼鹿毛若湊は、突張りての勝は珍しきかな、が昔日の得意にて勝を得しは本年初めてなりと溜りでの評。
達ノ矢響升は、左をアテ押切りて響升の勝。
小錦谷ノ音は、難なく突出して小錦の勝で打出したり。

記事の冒頭に五日目とありますが、六日目の間違いです。それにしても近衛さんは一体何回相撲を見に来ているのでしょう(;・ω・)徳川さんと二人でほとんど毎日来ているような印象ですが、とてもうらやましいです。上位陣はいずれも白星先行、特に小錦と大戸平の充実ぶりが目立ち、両力士ともキャリア中の最も全盛の頃と言って良いのではないでしょうか。平幕ではこれといった好成績者はなく、今場所の興味は上位陣、これから東方の三強vs西方の大戸平に注目です。

明治26年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/11/12 00:50】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治26年春場所5日目 (毎日新聞/明治26.1.18)

○回向院大相撲
・昨日五日目の同相撲は、前日の如く場内立錘の地なきに至れり、徳川近衛の二公は貴族院との掛け持ち忙しき間に午後三時頃二公馬車を駈りて来場せり。
大纒雷山は、左四ツは外してしきりと内ワクを試みんとの企てあれど、はかねて敵に此の策ありと知れば少しも働かせず互いに睨合うのみなれば、水入りてのち再び前の如くつがい一寸と挑み合い引分となれり。
響矢音羽山は、敵が付入る所を一本背負を極めしが充分ならざれば、解き送り出して響矢の勝。
大戸崎大蛇潟は、左四ツ大蛇上手を引きて出しナゲを打ちしを、付入り渡込んで大戸崎の勝はあっぱれあっぱれ。
高浪鞆ノ平は、立上るや否や突張りての勝はあっけなし。
若湊平ノ戸は、突合い左差しでヨリ来るを土俵を開きて防がんとせしも、左足を割込み下手ナゲでの勝は極まった相撲。
響升鬼鹿毛は、左差しは上より絞り足クセを巻かんとせし咄嗟の間に、踏込み切返して響升の勝は素早し。
千年川達ノ矢は、左四ツ千年差し替え二本差しで攻めヨルを、挟み付けツツ土俵際で得意のヒネリで勝を得しは満足なるべし。
小錦大泉は、左四ツ釣出して小錦の勝。
西ノ海高ノ戸は、立上りは一寸左差し下より喰い付きたり、西は泉川で撓め上げんとする途端得意の蹴返しで見事の勝は、満場拍手喝采暫時鳴りも止まざりし。
鳳凰大碇は、拍手喝采に迎えられ喧々囂々の間に立上り、はかねてはやりがちの力士なれば無頓着に突掛け行くを、はこれを跳ね返さんとすれど敵の勢い鋭く遂に当り難く、突出して大碇の勝は感服の外なし。
出羽ノ海小松山は、左四ツ釣出して小松の勝。
北海知恵ノ矢は、敵が突張り来る所をスカシて知恵の勝。
今泉谷ノ音は、左差しは右を巻き足クセ倒さんとせしが、同体流れ預り。
朝汐司天龍は、二本ハズで攻め来るをヒネリて朝汐の勝。
大戸平外ノ海は、右四ツ釣出して大戸平の勝で打出したり。

連日超満員の回向院です。元気な力士が多くて内容が良く、引き分け・預かりも比較的少ない気がします。高ノ戸(たかのと)は地道に番付を上げてきた力士ですが見事に金星を取りました。将来性ある新入幕同士の対戦は突進相撲の大碇が勢いで勝りましたが、こうした新鋭の活躍も相撲人気を支える要素と言えるでしょう。上位では小錦と朝汐が気持ちよく勝ち続けています。

明治26年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/11/09 22:01】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治26年春場所4日目 (毎日新聞/明治26.1.17)

・昨日四日目は賽日なれば藪入の子供連中もっとも多く、正午頃に至りては流石に広き同場も立錘の余地なかりし、此の日板垣伯を始め其の他の貴顕紳士を見受けたり。
小天龍響矢は、相変わらず立合い汚なきゆえ数回化粧立の後立上り、突合い小天敵を呼込んで用はないと手強く押切り小天の勝は呆然たり。
知恵ノ矢今泉は、左差し無遠慮にヨリ切らんと攻め来る際すべりて知恵の勝は大幸。
鬼鹿毛北海は、敵が左差しで攻来るを逃げながらハタキたるが、かえって悪しく難なくヨリ倒して北海の勝。
鳳凰千年川は、突合い右差してヨリ来るを土俵際で千年棄て身となりしが極らず、物言い付いて預り。
谷ノ音大碇は、左差していつもながら勢いよくヨリ来るを、右四ツにつがい挑み合ううち釣り身となりしが同体流れ預り。
朝汐大泉は、右四ツ下手ナゲで朝汐の勝。
大戸平出羽ノ海は、右四ツ大戸平は少しく侮りし様にてヨリ行くを、出羽腰を極めて下手ナゲを打ちしに大戸ほとんど危うかりしが、防いで挑み合い大戸再びヨラんと攻め付けしを出羽下手ナゲを打ちしも、悲しいかな老足なればために潰れ大戸の勝は返すがえすも遺憾なり。
西ノ海鞆ノ平は、立上るやハタキ込んで西の勝。
大戸崎天ツ風は、左四ツ大戸上手を引き出しナゲを打ち、残りて今度は遮二無二天津より行きしを、大戸再び出しナゲを試みしに敵も癖ものこれをモリ返さんとせし時、一転して背後を見せしかば褄ドリで大戸の勝は大喝采。
勝平大纒は、種々に働きしが突付けて大纒の勝。
小松山高浪は、右四ツ肩透しで小松の勝。
音羽山若湊は、突張りでの勝。
司天龍大蛇潟は、挟み付けて司天の勝。
響升平ノ戸は、ヨリ切りて響升の勝。
達ノ矢外ノ海は、卑怯にも未練にも立合に手痛くの頬を擲り、左四ツとなり憤怒の余り何の思慮なく攻付けつつヨリ倒したりと見えしかばに団扇を上げしに、は倒れ途端に棄て身を見せたるより物言起こりければ場内にわかに騒然、四隅の桟敷よりは座布団を雨の如く飛ばし、また草履寿司箱などを飛ばすものあり、いづれも総立ちとなりて危険なりと叫ぶもあればこれを鎮めよと号叫するありて一時非常の騒動なりしが、怪我人もなかりしは幸いなりき、爾来警察官は臨場席にのみあらず時々巡邏し桟敷の四隅までも注意ありたき事なり。
小錦高ノ戸は、難なく突張りての勝で打出したり。

今泉は二日目にも滑って負けていましたが、何とも不運で4連敗。十両の大戸崎(おおとざき)はツマ取りという技を見せてくれました。現在もある技ですがほとんど見かける事はありません。前日まで3連勝の出羽ノ海は大戸平に善戦してもう少しで番狂わせになるところでした、記者も悔しがっていますね。結び前は物言い相撲で大混乱、弁当箱は過去にもありましたが草履まで飛ぶとは(;・ω・)
褄取り(goo大相撲決まり手一覧)

明治26年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/11/08 21:54】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治26年春場所3日目 (毎日新聞/明治26.1.17)

○回向院大相撲
・一昨日三日目の相撲は、日曜と云い朝来微風だもなきいと麗らかなる好天気なれば観客の足取り繁く、午前には早や場内立錘の地を余さざる程なりければ、にわかに桟敷を四隅に建て増し好角家は三四日前より付込みをなしたるも充分なる場所なく、岩崎彌之助氏の如きも割込に席を占めし程なれば普通不時の客には回向院門前より追い帰されし人少からず、実に近来の大景気なりき、貴顕方の内には硬軟貴族院議員近衛、徳川の二公は相睥睨席を占め、赤阪鎮台安藤則命氏は遙か彼方の桟敷にありて二公子の動作を窺うものの如く見えたり、其の他伊達、津軽、渡辺等の各議員はいづれも其の周囲に陣を張れり、衆議院の硬骨連には楠本、丸山、佐藤の各議員其の他米田男、水野書記官長等を見受けたり。
大纒大戸崎は、ヨリて大戸の勝。
勝平外ノ海は、左四ツは引付け釣り身を見せしに、足クセで防ぎしも送り出しての勝は是非なし。
高ノ戸天ツ風は、拍手喝采に迎えられ立上るやは素早く突張り行きしを、天ツ耐えてヨリ返したるとき浮足となりしを得たりと押切りの勝は満場どよめきたり。
若湊知恵ノ矢は、右四ツ知恵差し替えて二本差しとなり、諸に絞り撓め出さんとせしに、足クセを巻きたるを若無慮にも小手ナゲを打ちしが、突手ありて預り。
司天龍高浪は、右四ツ司天は左ハズで無残に攻め付くればは一生懸命に耐え、デバナをヒネりて司天の勝は見事見事。
響升鳳凰は、左四ツ無遠慮にもヨリ倒して鳳凰の勝。
達ノ矢大碇は場内人気立ちて見えたり、立上りは疾風の勢いにて得意の突張りはヒョロヒョロと逡巡一寸と耐えしが、なお進んで攻付け遂に突張りて大碇の勝は満場の拍手喝采場外に溢るるばかりなりし、記者は此の立合について大に不審を抱けり、なるほどの突張りは手強かりしがにしてヨリ返し得ざる事の出来ざる筈なし、又その余地もありし、しかるに難なくズルズルと土俵外に出でしは・・・・・・ハテナ。
小錦音羽山は、左四ツ下手ナゲでの勝。
西ノ海平ノ戸は、立上り西は敵の左を引張り込んで泉川で攻立てしも解いて二本差となり無闇とヨリを見せしに、西は耐えて撓めんとするをヒネりての勝は大受け、西の贔屓はいう、西関平ノ戸に於ける実にニガテなればなりと、呵々。
小天龍出羽ノ海は、一本背負いで出羽の勝。
小松山北海は、北海がヨリ来るをヨリ返して小松の勝。
鞆ノ平千年川は、右四ツスクイ投で千年の勝。
大蛇潟谷ノ音は、右の合四ツ大蛇釣らんとせしを足クセ防ぎたるも甲斐なく、ヨリ倒して大蛇の勝。
鬼鹿毛朝汐は、挟み付けてヨリの勝。
大戸平大泉は、左四ツヨリ切りて大戸の勝で打出したり。

岩崎彌之助さんは彌太郎さんを継いだ三菱の二代目社長ですね。日曜のためかなり多くのお偉いさんが来ています。西ノ海は平ノ戸に不覚、内容的にも完敗ですが相当な苦手なのでしょう、横綱昇進以後の対戦成績はこれで2勝3敗です。朝汐は好調で東方の三番手としての地位を確立しつつあります。
岩崎彌之助物語(三菱グループHP)

明治26年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/11/05 21:22】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治26年春場所2日目 (毎日新聞/明治26.1.15)

○回向院大相撲
・昨日二日目は午前のうち客足はかばかしくなかりしが、午後二時頃よりふつふつ来場者ありてほとんど前日に劣らざる景気となれり。
勝平天津風は、方今頭角を現したる幕下力士中もっとも錚々の聞こえある力士の立合なれば場内おのずから人気立ちて見えたり、さて力士は無造作に立上り勝平左差しこれを絞りて右をハズに当て押し切らんと攻付るを、は解いて一仕事せんと体を逃がしてモガケど前日谷ノ音さえ取挫いたる天津なれば勝平などはものともせず、挟み付けしままネジリ倒して天津の勝は末たのもしき力士と云うべし。
鞆ノ平北海は、突合いは右差しヨラんとするを、巧者にも肩透かしを見せて防ぎ右四ツとなりしに、にわかにの顔変じてさながら赤鬼の如く、観客は此の早変わりに一驚しアレヨアレヨと云い居るうち高砂は行司をして引分けしは、全く立合の際突合うはずみに打ちしものかの面部より出血したる次第なり、はこの出血に少しく驚きしが何時になく渋面を作りて土俵を下りしが、かえって愛嬌となりて大受け。
大泉出羽ノ海は、右四ツヨリ倒して出羽ノ海の勝。
鬼鹿毛千年川は、敵が左差しで攻め来るを上より巻き込み足クセ・・・・・・小手ナゲを打ちしに充分ならざればかえって体を崩したり、時に得たりと渡込み千年川の勝は僥倖。
谷ノ音高浪は、左差しヨリ来るを少しく立ち後れたれどかねて汚なびれし力士ならねばヨイショと耐えし時はほとんど危うかりしが、一寸と撓めてこれを防ぎしには一生懸命勝を占めんと攻め来るに、首を巻き内掛けモタレ込んで谷ノ音の勝。
鳳凰朝汐は、当日屈指の相撲なれば好角家はいづれも張り肘して其の立合に注目せり、力士は丁寧に仕切り立上り左四ツにつがい、ヨリ来るを上手を引き釣り身となり得意の上手ナゲにて朝汐の勝は関脇の価値充分。
西ノ海音羽山は、左を引張り込み形の如く泉川で西の勝はお役目ご苦労。
今泉小天龍は、突張り合ううち如何しけん滑りて小天龍の勝はの粗忽粗忽。
高ノ戸外ノ海は、右差しで土俵際まで攻め来る時ヒネりての勝。
若湊小松山は、互いに突合い左四ツヨリ切らんとするを小松は廻り込みてこれを残し、差し替え諸ハズ遂に押出して若湊の勝は大相撲なりし。
司天龍響矢は、足クセモタレ込んで司天の勝。
知恵ノ矢響升は、左四ツは右をアテ難なくヨリ切らんとせし時は敵の体危うかりしが、は例の足クセを巻きて防ぎしをは少しく侮りし様子にて一切構わずなおヨリ倒さんとせしを、かえって巻き倒し知恵の勝はあっぱれあっぱれ、実に知恵の足は侮れずと力士は呟けり。
大纒達ノ矢は、左四ツヨリ倒しての勝。
大戸平大蛇潟は、右四ツにて大蛇付入りしを、差し替え二本差し釣出して大戸の勝。
小錦平ノ戸は、右ハズ押出し小錦の勝で打出したり。

大関八幡山は前日の負傷で休場となってしまいました。鞆ノ平は流血による痛み分け、この鞆ノ平は常にその表情を描写されて愛嬌者と呼ばれています、現代の高見盛にも通じる人気ぶりだったのでしょう。この日は響舛は敗れたものの他の役力士たちは堂々たる相撲で勝ち、観客も満足したことでしょう。

明治26年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/11/04 17:30】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治26年春場所初日 (毎日新聞/明治26.1.13)

○回向院の大相撲
・昨日より開場せし回向院の大相撲は、初日とは云いながら出世力士の多きと取組中面白きもの数番ありしより意外の大景気にて、貴顕方もかなりに来場せしが好角家の近衛徳川二公の見えざるは全く貴族院開会のためなりと、相撲社会はもっとも恨めし気に呟き居れり。
小天龍外ノ海は、二三度突合いしが無造作に突出しての勝は流石に貫目あり。
今泉高ノ戸は、左を差さんと立合に付入りしを呼び込んで廻り込みツツ引き付けしを、がイヤダと堪えし途端得たりと突放して高ノ戸の勝は咄嗟の策略、感心のほかなし。
若湊鞆ノ平は、立上り突合い右四ツにつがい無残にヨリ切らんと攻め立てれば、防ぐに術なく止むを得ず体を引きつつ差し手を抜替えんとする時、は此所ぞとハタキたればの体崩れて土俵を泳ぎ出せしを微笑しツツ付入り押出して勝を得しは、いつもながら滑稽的の愛嬌力士なり。
越ヶ嶽司天龍は、右四ツ難なくヨリ切りて司天龍の勝。
響舛音羽山は、左差しヨリ切らんと攻め付るを防がんと逃げる時、ナンダ面倒ナと云える様子にて突落して響舛の勝は立派なるが、落されし音羽山は気の毒。
大蛇潟達ノ矢は、大蛇の汚き立合は疾く観客の知るなるに、殊に当日は達ノ矢と云える剛敵なれば中々に立上らずも余りの事なれば充分土俵を譲りて仕切りしに、大蛇エイとの声と共に敵の頭部をシタタカに打ち擲きたり、兎角するうちようやくに立上り手車となり互いに競う様子なりしが、大蛇は敵が下手に付入ると見るより狼狽の体にてこれをハタキしため、かえってが左をハズに当てヨリ来るを、大蛇も一生懸命これを防ぎしが遂に押切りて達ノ矢の勝。
小錦鳳凰は拍手喝采に迎えられ喧囂の間に立上り、は無遠慮に突張り来るを突返し、かくする事二三回難なく突出して小錦の勝は是非なし。
西ノ海知恵ノ矢は、突落して西ノ海の勝。
響矢大戸崎は、左四ツ大戸は敵を二三度出しナゲを試み又は押出さんとするもは単に防ぐのみにて更に仕掛けず、検査役も見かねて水を入れ、のち又々大戸の為に二三回振り廻されほとんど危うく見えし時、行司は引分と声を掛けし際は東の溜りへ振り落されたり、しかし行司が声を掛けしのちなれば引分とはなりぬ。
鬼鹿毛出羽ノ海は、立上るやいな合襷につがいが一寸呼込みし時出羽左差しとなりし途端、エイと首ナゲを打ちしが敵は疾くに左を差してあればかえって自身の腰砕け出羽の勝はヨシ。
北海勝平は、立合には無造作に敵を土俵際まで突張り来りしに、は素早く巻込みて逃げつつ肩透かしを打ちしにはなお付入らんとするを、ハタキ込んで勝平の勝は満場どよめきたり。
大纒大泉は、左四ツ挑み合い水入りてのち揉み合いしが、果てしなければ引分。
千年川小松山は、左差しヨリ切りて千年川の勝。
天津風谷ノ音は、観客の待ち設けたる相撲なればいづれも固唾を呑んで勝負如何にと思ううち力士は立上り、は右を差し金剛力にてヨラんとするを、はこれを撓めんとせしも撓むる事の出来ざれば足クセにて巻倒さんとせしも、敵は容易にこれを防ぎ止むを得ず首ナゲを打ちしが体を預けて天津風の勝は満場の喝采破るるばかりなりし。
朝汐平ノ戸は、上手ナゲで朝汐の勝。
八幡山高浪は、左四ツヨリ倒して八幡山の勝、時に八幡右手を痛めしばらくは立ち得ざりしのみならず自宅へは人に助けられて帰りしと云えば今日より八幡の出勤如何あらんか。
大戸平大碇は、右四ツにつがいしと思うや疾風の勢いにては敵を土俵際まで攻行きしに、大戸は何の小癪なとこれまた勢い込んでヨリ返し来るを、が廻り込みければ咄嗟の間に大戸は敵をウッチャリたるが、行司は大戸に踏切ありと団扇をに上げしより物言い付いて満場総立ちとなり、喧々囂々の間に預りと決し打出したり。

今場所は昇進力士が多く、新鮮な番付となりました。新大関の大戸平は新入幕大碇の猛攻に苦しんで預かり。朝汐と達ノ矢は東西の新関脇で、揃って白星。達ノ矢は東方から西方へ異動となりましたが、これで東西の力の差が少しは埋まるでしょうか。大砲は先場所3勝6敗という成績でしたが新小結、これほど幸運な昇進も珍しいですね。西方力士の総崩れに助けられた昇進でしたが、今場所は休場してしまいます。一躍新入幕の鳳凰はいきなり小錦との対戦が組まれましたが、まだ力の差が大きかったようです。

明治26年春場所星取表

西前頭7・鬼鹿毛清七

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/11/01 21:37】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。