スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治24年夏場所7日目 (毎日新聞/明治24.5.19)

○回向院大相撲
・一昨日同相撲七日目は、朝来曇天なりしが日曜と云い場所も天幕に改良しあれば雨を避けるは容易なりとて見物人はさながら場外に溢るるばかりの好景気なり。
大泉楯甲は、左四ツにつがいは右にて前袋を引き、隙あらば得意の釣り出しに行かんとなせど、も聞こえし剛のものなれば敵の上手を押えて互いに呼吸を狙う有様なりしが、はヨリツツイラッテ釣出さんとせしに、早くも体を廻し下手ナゲを打ちて楯甲の勝。
達ノ矢平ノ戸は、左手で敵の首を巻き足クセマキ倒さんとせしが、一パイに掛け過ぎしを以て難なく釣出して達ノ矢の勝。
谷ノ音緋縅は、右四ツとなりはイラッテ寄らんとせしをは足クセにて防ぎしが、これを戻しツツ手強く突落して谷ノ音の勝。
剣山朝汐は、左四ツにつがいは首を敵の胸部に当て防ぐ一方となり、は胸部に首のあるを兎角うるさくユスリ上げてはこれを外さんとすれども、一生懸命に組付て離れざるうち水入りて、のちは互いに右を引かんと競いたるも果てなければ引分。
響升鬼ヶ谷は立上り例の鉄砲で突掛け行くを、ハタキて響升の勝。
大纒知恵ノ矢は、知恵二本差しは諸に撓め釣り上げしを、足クセにて防ぎ解れて右四ツとなりてよりは互いに仕掛ケ来るを待ちて少しも働く様子なく、水入りてのちも同様にて引分、さながら書きし角觝の如く、結句絵双紙なら風のために動き且つ美麗なりと称せし好角家ありしが、これらは検査役が何とか処置せざれば相撲道の不利益なるべし。
若湊音羽山は、突張りて若湊の勝。
八幡山鶴ヶ濱は、左四ツにつがいそれより合四ツとなり、水入りてのち引分にて打出したり、同相撲も知恵纒の如き感あり。

西方の海山と大戸平までが休場して寂しくなってしまいました。なお海山はこの場所限りで引退、のちに友綱親方として横綱太刀山ら多くの力士を育てる功労者となります。朝汐は雑に攻めて剣山に敗れた先場所の反省か、慎重な相撲に終始して引き分け。大纒知恵ノ矢戦が絵に描いた相撲のように全く動かずに引き分ければ八幡山鶴ヶ濱戦も同様に動かず引き分け、大入りでしたが盛り上がる場面に欠けた一日だったようです。
明治24年夏場所星取表

西前頭4・海山太郎
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/08/31 12:01】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治24年夏場所6日目 (毎日新聞/明治24.5.16)

○回向院大相撲
・昨日六日目は、貴顕方は見受けざるも景気は至極よき方なり。
立嵐大纒は、敵の二本差しを外より絞めながら攻ヨリ来るを、防ぎツツヨリ返せばは泉川に撓めながら躊躇せし内、呼吸を見て左をアテヨリ切りの勝なりしが、に棄身ありと物言付いて預りはたとえ土俵だけといえども大纒に取りては迷惑。
芳ノ山文明は、撓め合い押切らんと一歩進めし所を、得たりと蹴返し文明の勝。
鬼鹿毛出羽ノ海は、左たすきスクイ投げでの勝。
海山平石は、敵の右差しを外より絞り居るうちは得意の右差しなれば会釈もなく押し行くを、もくせもの肩透かしで防ぎしにあくまでヨリ切らんと付入るを、ヨリ返しツツヒネリて平石の勝。
若湊達ノ矢は、の突張りを如何して避けんとしきりに考案を廻らし居る如くなりしが、果して敵より一歩早く立上り押し行くをはエンヤと耐えしまま付入り来るを、はハタキて攻行きし時は充分勝色なりしが、敵も聞こえし剛のものなればこれを開きて直ぐ付入り、押出して若湊の勝は遺憾なる面体なりし。
響升鶴ヶ濱は、左四ツにつがいヨリて響升の勝。
八幡山北海は、左差しで烈しく攻め土俵際まで攻め来りし時、早くも体を変じヒネリて八幡山の勝。
楯甲音羽山は、左四ツは差し替え二本差しとなりて攻上げ、体を斜に縦ミツを引き釣らんと考うるうちは少しもヒルマず上手ナゲを打ちしに、は無頓着にも再びヨらんと出て来るトタン見事上手ナゲで音羽山の勝は大受ケ。
大戸平石達は、右四ツにつがいスクイ投げで大戸平の勝。
大泉平ノ戸は、左四ツ巻き替えんとして右差しとなり左手を撓め合い睨み合いしが、はナンノと云える様子にてヨリ行くをは一寸蹴返して残し、互いに押し合い水入りてのちは金剛力を出し上手をエイと引きたるにはこれを耐えんとせし時遅く此の時早く、逆に投げて大泉の勝ちあっぱれあっぱれ。
朝汐春日森は、スクイて朝汐の勝。
大達鬼ヶ谷は、得意の突張りにて攻め来りしにはほとんど危うく見えたりしが、土俵際で敵の左手を引張り込みウッチャリて大達の勝。
剣山緋縅は、右四ツヨリ来るを押し返しながらヨリ倒して剣山の勝にて打出したり。

広角組が幕内で2勝をマーク。全体的に負けが込んでいますが、所々で光るものを見せています。敗れたうちの1人、芳ノ山(よしのやま)は脱走して番付にも載っていなかったのですが、この日から復帰しました。八幡山と剣山は危なげなく勝って星を伸ばしています。

明治24年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/08/28 20:38】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治24年夏場所5日目 (毎日新聞/明治24.5.14)

○回向院大相撲
・昨日五日目は見物人の足早く、午後二時頃は立錘の地もなかりし。
大泉大戸平は、すぐ右四ツにつがい得意の釣リを掛けんと左をサグらんとする時遅くかの時早く、かえって釣出し大泉の勝。
響矢楯甲は、右四ツ無勘弁にも遮二無二ヨリ行くを、手軽に撓めし時は敵の体砂を離る事三尺余、なおヤグラに行きしにも大事と棄て身となりしが、其のままモタレて楯甲の勝。
平ノ戸鶴ヶ濱は、左四ツにつがい出し投げを試みし時、体の崩れたるを幸いヨリて平ノ戸の勝。
緋縅鬼ヶ谷は、がヨイショと出で来るを呼び込み渡込んで鬼ヶ谷の勝。
剣山大達は、力士が土俵に上ると等しく拍手の響は両力士の援声と相和して場内に溢れどよめきたり、力士は丁寧に立上り左四ツにつがいは上手を引き満身の力を出し攻めヨリ、今少し耐えて攻め行かば可ならんに、早まりて下手ナゲを打ちしに(此の時少し腰クダケ)これまでなりとステバチにスクイての勝は満所動揺。
鬼鹿毛文明は、右四ツスクイナゲで鬼鹿毛の勝。
出羽ノ海知恵ノ矢は、棄て身で知恵の勝。
大纒春日森は、突張りて春日森の勝。
北海若湊は、立上り右差しは挟みて小手ナゲを打ち、これを残してヨリ行くはナゲで残したるを、敵は無残に攻め来れば足クセで防ぎつつヨリての勝は満所大喝采。
響升谷ノ音は、左四ツにつがいヤグラを掛けしを足クセモタレ込みしに、同体流れ預りとはなりぬ。
八幡山達ノ矢は、突合い八幡左差しにヨリ行くを耐えて残さんとせしが、素早く足を割込み釣出して八幡山の勝にて打出したり。

○回向院大相撲休業
・露國皇太子殿下御遭難にかからせられしを以て、目下興行中の同相撲は哀痛の意を表するため本日休業せり。

五日目を終えたところで本場所は1日休み、大津事件が日本国内にどれだけの衝撃を与えたかを物語ります。土俵の方はついに東方の三役以上が不在となってしまいますが、新進力士や広角組が頑張り相撲内容も悪くないためか客足は上々のようです。剣山1人が5戦全勝で走り、固さの取れた新大関八幡山も好調です。

明治24年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/08/24 19:54】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治24年夏場所4日目 (毎日新聞/明治24.5.13)

○回向院大相撲
・昨日四日目の同相撲は、大達と云える愛嬌力士あるため景気日増しによくなりしが、同日は露国皇太子殿下御遭難のため十日間買い切られたる桟敷だけは流石に貴顕方も遠慮せられ空席、誰殿をも見受けざりし。
大纒鬼鹿毛は、しきりに突掛行くを耐えて敵の仕掛け来るを待つ如くなりしが、果たして突掛けんとするを掻き込み例の足を使い小手ナゲで鬼鹿毛の勝は器用なもの。
平石出羽ノ海は、左差しヨリて出羽ノ海の勝。
海山春日森は、跳ね掛け右四ツにつがいしには勝手悪しとて差し替え左四ツ、揉合い水入りてのち互いに投げの打合い、引分。
鬼ヶ谷大泉は、左を呼び込みければは如何にもしてこれを解かんとアセルも、挟み付け攻立て攻立て遂によりて大泉の勝。
大達若湊の立合いは一層人気立ちて見えたり、さて力士は丁寧に仕切り立上るやいなは二三度得意の突掛けに行くもは少しも動かざるより、是非なく左差しとなりしを挟み付け右を押えて働かさざれば全身の力を出し押せどもヨレども磐石の如く、さらばよりヨルかと思うに万一ヨリて前日の如き失敗を取りてはと容易に仕掛けず、水入りてのちはさながら稽古の如く声を発して攻立るも動かず、も余りの事ゆえコワゴワ攻めヨラんとせしうち引分とはなりぬ。
楯甲響舛は、左差しで攻め押しけるを首ナゲで楯甲の勝。
剣山千年川は、左四ツ下手ヤグラで剣山の勝。
大戸平達ノ矢は、右四ツ釣出して大戸平の勝。
谷ノ音殿りは、右四ツにつがい殿釣り身となりしを足クセモタレ込んでの勝なりしが、がモタレし際斜に体落ちしゆえ物言い付き預り。
八幡山響矢は、左をアテ難なく突出し八幡の勝。
平ノ戸西ノ海は、西左を引張り泉川となりしが、外がけモタレ込んで平ノ戸の勝で打出したり。

露国皇太子の遭難とは大津事件と呼ばれる事件で、新聞の紙面も大きくこのニュースで占められています。さすがに貴顕方の来場は無かったようですね。前場所に全敗してしまった平ノ戸ですが、復活して金星獲得。東方はついに西ノ海まで休場となってしまいます。新入幕大戸平は内容よく3勝目。
ウィキペディア(大津事件)

明治24年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/08/20 23:32】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治24年夏場所3日目 (毎日新聞/明治24.5.12)

○回向院の大相撲
・昨日三日目も前日と稍々同じ景気にて、観客中には徳川公、渡辺貴族院議員等の方々を見受けたり。
外ノ海知恵ノ矢は、立ち上りハタキで直ぐ右差しとなり、難なくヨリて外ノ海の勝。
石達楯甲は右四ツにつがい、いづれも腰を据え押し行くを耐え、かえって付入り角觝ううち水入りて、のち楯甲仕掛けんとすれば上手に防ぎて勝負付かず、遂に引分とはなりぬ。
出羽ノ海真力は、右四ツヨリて出羽ノ海の勝。
千年川鬼鹿毛は、遮二無二突掛け来ればこれを巻き返しながら二本差しとなりてヨリ切リ千年川の勝。
北海殿リは、互いにタメシ合い殿リエイと力を見せしに、手段とは知らずして全身の力を以てウンと堪えしトタン、蹴タグリて殿リの勝は流石大阪方の巧者と聞こえし価値充分。
剣山大鳴門は、立上り鳴門左差しでヨリ行くを跳ね返しつつ、すかさず二本差しとなりたれば鳴門は挟みて出るやいなスクイ投げにて剣山の勝は、余り極まり過ぎて鳴門の体、中を飛んでアワヤ土俵外へ落ちんばかりなりし。
西ノ海大戸平は、立上りは如何なる考えなりしか身を踊らせ西の首へ諸手を掛けしが、西付け入り右四ツにつがいは全力を尽くして攻めヨラんとするを、西は右にて挟み突落したる時体が開きしかばはこれを防ぎてすぐ二本差しとなり、無残にヨリ来るを諸に絞り一ツ振りて極め倒し西ノ海の勝は、横綱の貫目は充分。
大纒文明は、アオリ立て突出して大纒の勝。
響矢平石は、押出して平石の勝。
大泉海山は左四ツにつがい暫く睨合いとなりしが、は勝手悪しとて差し手を巻き替え左上手下手となりて揉合ううち、前袋を取りければは無遠慮にヨリ来るを、体を廻しヨリて大泉の勝。
達ノ矢鬼ヶ谷は、突張り鬼ヶ谷の勝。
若湊春日森は、評判の突張り相撲なれば中々に注意して容易に立上らざりしが、ややありて立上りは巧みに引掛け逃げながら手強くハタキたるに、の体重量なればかえって砂を掴み若湊の勝、しかるに春日は狡猾にも行司及び敵ともにこれを知らずとして其のまま押し行くを、は無礼なる奴カナと満面朱を注ぎ、来りし春日をハジキ付入りて手強く突倒し足にて蹴返しければ春日も起上りの腰部を蹴上げ、アワヤ力士の喧嘩を見るならんと思いしが、其のままにて済みしは幸い。
平ノ戸響升は、左差しヨリて響升の勝。
大達八幡山は、左四ツにつがいは右より上手を引かんと左足を進ませしを、得たりと内ワクにて八幡の勝にて打出したり。

殿り(しんがり)が見事な技術を見せて広角組の幕内格では初白星。春日森(かすがもり)は負けたうえにひどいマナー違反、乱闘にならなくて良かったです(;・ω・)大鳴門は先場所引退した東京相撲の大関大鳴門とはもちろん別人ですが、豪快にブン投げられてしまいました。剣山は力を取り戻しつつあるようです。

明治24年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/08/18 22:37】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治24年夏場所2日目 (毎日新聞/明治24.5.12)

○回向院大相撲
・一昨日二日目は朝まだきよりの好天気にて、かつ日曜日なりければ大達の回復如何を見んものと回向院に来るもの引きもきらず、午後一時過ぎ頃には流石に広き同場も余地なきばかりにて、蜂須賀東京府知事、白根内務次官、山田福島県知事等をも見受けたり。
大蛇潟立嵐は、当時日の出の力士なれば此の角觝こそ興あらんと待ち設けしだけありて、立上るや否や大蛇烈しく跳掛けしを跳ね返しながら鋭くハタキしに、敵は此所ぞと堪えしトタン飛鳥の如く踊り込み諸手をアテテ遮二無二押し来るを、斜に体を変じつつ左差しスクイ投げを打ちしが踏切りありて立嵐の勝は活発なりし。
平ノ戸石達は、敵が右を差し攻め来るを絞りてナゲを試みしに、浮足を幸い再び攻上げ来るを、内ワクを見せ手強くヨセ返し押し潰して平ノ戸の勝。
達ノ矢平石は、立上ると其のまま諸に挟み付け攻めながらヨリて達ノ矢の勝は、余り酷な仕方なりと溜りでの評ありしが、の元気は恐るべし。
鬼ヶ谷大纒は、互いに跳ね合いは例の突掛けで攻立るをもスカサずハタキて残し、付入り左四ツにつがいはスクイつつ土俵際までヨリ来る時、敵も一生懸命棄て身を打たんとせしに其の罠にかからず咄嗟の間に変じヒネリて鬼ヶ谷の勝は流石に老練、天晴れ天晴れ。
若湊響矢は、二三度突合い突出して無造作にの勝、今若湊に対するに突合う力士は小錦なるべし、しかるにが小癪にも突き合うは誤なり、に勝を得んとならば彼の突手を防ぎて右四ツにつがう事を注意せよ、ゆめゆめ忘ることなかれと評する者ありたり。
響升大戸平は、自身より立上らざれば角觝う力士にあらずとはかねて知るものから更にアセラズ敵の来るを待ちしうち、はエンヤと突掛け来りし時は立ち後れ、これを立て直すうちスカさず二本差しとなり無闇と攻め付るを、諸に手強く極め付けコネ出して大戸平の勝は実に立派なりしが、それに引替え敗を取りしは気の毒。
八幡山大泉は、左四ツヨリ切りて八幡山の勝。
知恵ノ矢熊鹿毛は右四ツ、は敵の下手ナゲを足クセで防ぎしが、はなお釣り身となりしをまた足クセを巻きしが、体を開き上手ナゲで熊鹿毛の勝、当日大坂力士中勝を得しは同力士ばかりなり。
真力文明は、突張りて真力の勝。
大達楯甲と呼出しあるや拍手の響は大達大達の声と相和して場内にわかに騒然たり、力士は立上り左四ツにつがいは下より組み付き防ぐ一方なりしが、も敵がさるものなれば少しも油断せず差し手を殺しツツ二三度ヨリ出さんと手強くコジリしに、鼻より出血せしにはこれを知るも黙然として勝負如何と睨み居るうち、検査役尾車これを認め痛所あり引分くべしとて遂に引分とはなりぬ、同相撲は九分九厘までの勝色なり、わずかに鼻血位にて引分るは相撲社会の不利益なりと或る人は云えり。
春日森北海は、立合に敵の右足をすくわんと来るを、春日数歩飛び去りこれを防ぐと同時にかえっての足を取らんと付入るを、敵が開いて巻込み来るを春日左差しとなり一寸とスクイ、はハズにて攻上げ水入り、のちなおスクわんとせしを手強く攻上げヨリ来るを、敵は土俵を廻りて防がんとせしが遂にヨリ切りて北海の勝。
剣山出羽ノ海は、左四ツヨリて剣山の勝。
西ノ海鬼鹿毛蹴返す考えなりしが、敵の右を引張り込みしをハジキて突出し西ノ海の勝にて打出したり。

この場所、大阪相撲を脱退して「広角組」を旗揚げしていた力士団体が参戦してきました。通例通りに2日目からの出場となりましたが、十両格の熊鹿毛(くまかげ)が白星を挙げたのみにとどまりました。元大関の大達は病気のためか最近は地方巡業を中心に活動しており先場所は番付にも載りませんでしたが、復帰して結構な人気を集めています。

明治24年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/08/15 20:46】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治24年夏場所初日 (毎日新聞/明治24.5.10)

○回向院大相撲
・昨日より初日となりし同相撲は、改良の天幕なれば土芥に襲わるる思いなけれど周囲を蔽うたるため空気の流通悪しく、大入の場合には到底見物もなりがたく思わる、今少し空気の流通をよくなしては如何、相撲協会はかく天幕とせしゆえ以後は前日降雨にても触太鼓なしに興行する筈なりと。
若ノ森大戸平は、は勘定を付けて上りしものか立上ると等しく手強く跳掛け跳掛け行くを、大戸は更に意とせず巻き返したれば、今度は敵を目迷いせしめんと卑怯にもヒラ手を以て続け打と出掛けたるも、五月蝿しとの面体にて右差し無造作にヨリて大戸平の勝は立派立派。
海山外ノ海は、右ハズで海山の勝。
大達北海は、立上りは左差しとなり右をアテヨラんとするを、は容赦なく敵の差手を挟みナゲを打ちしが、此のときの体危うかりしゆえ贔屓は勿論他の人々も彼また例の無法をなし敗を取るならんと手に汗を握りしうち立ち直り、左四ツとなりが再びヨリ来るを見事スクイて大達の勝となりしが、実に無理な勝にてもし敵が術師ならば体を廻しかえって付入るならん、危うし危うし。
大泉若湊は、左ハズ右をアテ押切りて若湊の勝。
剣山大纒は、跳掛け行くを跳返し、また跳来るを突返し、あたかも稽古の如く遂に突出して剣山の勝。
西ノ海知恵ノ矢は、知恵立合に右差となりしをツリ出して西ノ海の勝。
高ノ戸楯甲は、右ハズ押切りて高ノ戸の勝。
平ノ戸雷山は、敵が右差しヨリ来るをヨリ返したるに、は土俵際にて腰を屈め居反りを打たんとせしが、押潰して平ノ戸の勝。
響矢虹ヶ嶽は、左四ツスクイて響矢の勝。
立嵐達ノ矢は、立上るトタンはエイとの一声と共に左差し、渡込んでの勝はヤッタヤッタ。
鬼ヶ谷出羽ノ海は、左差しにてヨランとするを、出羽はこれを撓め突張り行くを解いてはナタで攻付け、互いに烈しく競ううち遂にヨリての勝。
鬼鹿毛響升は、左四ツは一寸スクイを見せてすぐ体を引きしゆえ流れて膝を付き鬼鹿毛の勝。
八幡山大蛇潟は、左四ツ睨合い水入りのち少し動く様子なく互いに隙を狙ううち引分にて打出したり、或る人八幡大関となりしゆえかは知らざれど余り堅くなり過ぎはせぬかと云いしが、適評なりと思わる。

雨によりたびたび損失を受けている相撲協会、この場所からはテント張りのような形で屋根をつけて天候に左右されず開催できるように改良を試みました。換気の面でまだ改善の余地があるようですが・・相撲界は伝統に縛られているように言われがちですが、こういうちょっとした改革は昔も今もずっと行われてきています。新大関の八幡山は慎重になり過ぎたか、引き分け発進。幕内に休場者が多く、やや淋しいスタートです。

明治24年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/08/12 22:23】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治24年春場所千秋楽 (毎日新聞/明治24.1.20)

○昨日十日目千秋楽の相撲
大碇鬼若は、ヨリ返して鬼若の勝。
大則戸藤ノ嶽は、右四ツ下手ナゲで藤ノ嶽の勝。
立嵐野州山は、突放して立嵐の勝。
大戸平大纒は、右を巻込み押し倒して大戸平の勝、五月の場所は幕の内昇進は受け合い。
知恵ノ矢高ノ戸は、右四ツつがい水入りてのち引分。
鏡山猫又は、ハタキ込んで猫又の勝。
山ノ音柏森は、腰クダケ柏森の勝。
・是より三役、音羽山大蛇潟は左四ツ下手ナゲにて音羽山の勝。
唐辛外ノ海は、極出して外ノ海の勝。
梅垣高浪は腰クダケて高浪の勝、この日弓取は桂川演じ、まづ本場所の興行を終わりたり。

○横濱の相撲
・昨十九日本場所を打上げたる大相撲の一行は、横濱に繰込み明二十一日より同市足曳町に於いて六日間興行す、両関は小錦剣山なりと。

大戸平はこの日で8戦全勝、記事の通り入幕確実です。大碇ものちの大関ですが、2勝5敗と負け越し。立嵐は5勝1敗の好成績を収めましたが入幕見送り、この後も幕内に上がれずじまいなのですが、明治大正期の番付編成は幕内から十両への陥落があまり活発でなく、そのために生まれた不運と言えるでしょう。

明治24年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/08/11 20:23】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治24年春場所9日目 (毎日新聞/明治24.1.20)

○回向院大相撲
・一昨十八日は九日目の上に日曜なれば前日に劣らざる上景気にて、徳川公、池田侯等の各貴族院議員方を見受けたり。
大戸平大蛇潟は、当日第一の取組なりとて一層人気付き力士も念入りて立上り、左四ツにつがい右をハヅに当て金剛力にてヨリ切り大戸平の勝は予想より見栄えなしと観客は呟けり。
小天竜外ノ海は、突出して小天竜の勝。
楯甲高浪は、左差しはこれを引張り込み無造作に撓出して高浪の勝は意外なり。
泉瀧出羽ノ海は、右四ツ上手を引き出羽は直立となりて揉合い水入りてのち、再び一寸と体を動かし取疲れたりとて引分はツマラヌ相撲。
達ノ矢平ノ戸は、左四ツより合四ツにつがいは引付けながら下手ナゲを打ちしが、敵は防ぎツツ反リ上手ナゲにて達ノ矢の勝は、贔屓は満足満足。
海山今泉は、左差しは右をハヅに構え上手を引き得意の出しナゲを打たん考えなるも、はこれを推して少しも油断せず互いにヨレばヨリ返す、打てば打ち返すと種々取結び、水入りてのち揉合い取疲れて引分。
谷ノ音綾浪は、立上るやいなは勢い込んで引掛けしを預けツツヨリて綾浪の勝は、少しくあわてし様子なり。
八幡山西ノ海は、立上るや八幡は鋭く付入りて左を差さんと見せければ、西は引張り込んで例の泉川に極め付けんと乗り出すを八幡はこれを引払えり、敵はシナシタリと首ネジリに行きしが手強くはね除け手早く左差し、ヨリて八幡の勝は場内破るるばかりの喧擾八幡かかる技量を持ちながら小錦との立合は如何にも不活発なるがの技量に恐れてのゆえなるかと呟きし人ありしに、否々アレハ・・・・・・ソレ・・・・・・ナール程と溜りでの呟き咄し。
野州山知恵ノ矢は、カケ倒して知恵ノ矢の勝。
大泉立嵐は、右四ツにつがい立内ワクにてヨリ行くを、は大事と投げを打ちて防ぎたるもサマタビネリにて立嵐の勝。
北海高ノ戸は、立上り蹴返したるが相手に残され今度はカブリてヅブネリを打つ積もりなりしも押え付けられ、一本背負いに抜け右四ツになり、ヨリツツ突放して北海の勝は是非なけれど高ノ戸の巧者なるは満場これを賞せざるはなし。
朝汐真力は、ナタでヨリ切り朝汐の勝。
若湊響升は、例の突張で難なく若湊の勝。
小錦鬼ヶ谷は、勢いよく突掛るを突返さんと持込み来り、土俵際にて鋭く突出し小錦の勝にて打出したり。

大戸平(おおとひら)と大蛇潟(おろちがた)の一戦は十両同士ですが、ともに期待の新進力士として注目されていたようですね。大戸平はのち大関、大蛇潟も長く幕内を勤めることになります。この時点でも大戸平が強く、あっけない勝負となりました。八幡山は西ノ海の泉川を封じて見事に勝利、西の大関は大鳴門が引退して空きましたので翌場所の昇進は確実になりました。小錦とは毎回引き分けとなるようで、色々憶測が飛んでいます。平ノ戸は珍しい9戦全敗、相撲内容はよく奮闘していたのですが不名誉な記録となってしまいました。

明治24年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/08/08 19:44】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治24年春場所8日目 (毎日新聞/明治24.1.18)

○回向院大相撲
・昨日八日目は当場所第二の大景気にて、貴顕方には徳川公、吉田子、本田男、其の他の方々をも見受けたり。
大泉鬼鹿毛は、左四ツは例の合掌にて首ナゲを打ちしも防がれしかば今度はスクワンと試みるも、敵は始終腰を落しスナオにこれを受けて残し右を引かんとアセルうち水入り、のちは早や初度の勝気に引替え疲れし体にてしきりに防ぐ一方なれば、は大喝一声逆ヒネリを掛けしが辛うじて残し、取り疲れ引分。
知恵ノ矢北海は、立上りは右をハヅに構え少しく侮りし体にてヨリ行きしが、土俵際で引落し知恵ノ矢の勝。
平ノ戸朝汐は、は左差しこれを上より絞りてヨラんとするを、はこの時なりとて足クセを巻きしも体を反らしツツ小手ナゲにて朝汐の勝は、老い込みしと溜りでの評は適当。
谷ノ音千年川は、泉川でも試みる心得なりしか敵の右を引張り込みツツ立上りしが、は取られし手を伸ばし右四ツとなりて千年はヨラんとひしめくを引き付けヤグラ投げを打ちしに、体はかえって敵より先に落ちたるも行司は団扇をに指したり、しかるに千年はもとより溜りの一ノ矢も苦情を唱えたるが高砂四本位にありて手をフリこの苦情をしりぞけたるは暗々裡に方へ花を持たせし如くなり、しかし相撲はの勝が当然と思わる、それはたとえ体が落ちたるにもせよすでに千年の体は土俵外にありしなり。
一ノ矢鬼ヶ谷は、烈しく突合いは敵の突出す右手を引張り込まんとする時、早くも突出して鬼ヶ谷の勝は活発なる働きなり。
泉瀧外ノ海は、二本差しヨリ切りて泉瀧の勝。
達ノ矢真力は、立上りはヨイショと出掛くる所を素首落しにて達ノ矢の勝は余り脆き敗なりし。
楯甲出羽ノ海は、右四ツにつがい動かずして水入り、後はからくりの木像の如く眼ばかり動き果てしなければ、見計いて検査役が分けヨとの号令にて引分。
鞆ノ平今泉は、立上りはハヅを構い突張りしをは身を変じ残しつつヨリ来るを、はハタキたるもヒルマズなお付入るより巻倒さんとするもこれまた残り、二本差しとなりて押来るをは撓めツツ防ぎ左四ツ大相撲となりし時は満場の働きを賞せざるものなかりし、それより力士は一寸揉合い水入り、のち競り合いしが何時果つべきとも思われざれば観客は分けよ分けよ最早充分なりとどよめきければ、衆望を容れ引分しは相撲社会もまた進化せりと云うべし。
海山響舛は、左差しは上より絞り小手ナゲを打ちしが、水入り揉合いてまた引分。
小錦八幡山は、ソラこそ引分ぞとは観客の予想なり、力士は無造作に立上り左四ツにつがい睨合いとはなりしかば、いよいよ引分なりとの評しきりなりしが其のうち水入り、のち互いに釣合いと書き来りし時「オイ引分けカ」ト他の編輯員に先を越されたり。
西ノ海若湊は、前日の失敗あれば今日こそと云える意気込みにて、とみて仕切るや化粧立にて西の面部を手強く打ち、西また次に咽喉を締付けし時観客は今度は真面目の相撲を見るなりとかえって此の挙を賛したり、さて力士は立上るやは左を突出すを、手早く引張り込み泉川にて土俵際まで攻め行き突放して西ノ海の勝にて打出したり。

鞆ノ平は幕内生活10年を越える大ベテラン、三役を長く務めた全盛期の力は既にありませんが人気は高いですね。千年川は高砂部屋の力士ですが師匠は物言いを付けず、高砂と言えば後年には自分の弟子に有利になるよう強引な物言いを付けてくることで悪名高くなってしまうのですが、ここは公平でした。さて星の方は全勝の小錦が引き分けで一休み、横綱西ノ海は1敗をキープ。同じく1敗の平幕北海でしたが、十両落ちしていたベテラン知恵ノ矢に敗れてしまい惜しい星を落としました。
明治24年春場所星取表

東横綱・西ノ海嘉治郎

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/08/06 20:54】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
明治24年春場所7日目 (毎日新聞/明治24.1.17)

○回向院大相撲
・昨日七日目は力士の顔触れと云い、殊に物日なれば午後一時頃は場内立錐の余地なき程にて一時は人浪打ちてどよめき、又は争闘を始めて巡査が制するなど非常の景気なりし。
達ノ矢泉瀧は、は敵が無遠慮にも突き入るを土俵を開いてヒネリつつ防ぎ、左四ツにつがいはナゲを打たんとせしも難なくヨリて達ノ矢の勝。
大泉真力は、右を差し踏み行くをは首を巻きて落さんとでもする手段なりしか、されど敵は差し手をハヅに当てければは腕に力ありと云える真力得意のハヅにかかりたれば、かくは一大事と巻きし手を差し替えんと少し後ずさりするうち、ヨリ身にて真力の勝は大出来と云わんよりはむしろ僥倖と云うべし。
出羽ノ海鞆ノ平は左差し、よりて鞆ノ平の勝はエライの声四方に起これり。
平ノ戸今泉は、左四ツにつがい今一寸と投を打ち、残して上手を引き引付けて外掛けモタレ込まんとするを反り身下手ナゲを打ちて今泉の勝は大受ケ。
八幡山響升は、相変らず立合い汚なく十数回化粧立の上ようやく立合い、八幡の左差しを引張り泉川に絞り揉合ううち、二本差しとなり八幡は諸に挟みて撓め出さんと土俵際まで来るを、スクイ投げて響升の勝。
小錦若湊は、の元気に引替え不出来なれば到底相撲にはならざるべしとて観客中すでに星をに付けたる人ありし、さて力士は無造作に立上り互いに烈しく突合い一寸右四ツとなりしが、離れては得意の突掛に行くをはこれに当りてはと手強くハジキたれば、は泳ぎながら敵の背後にノメリツツ後に廻りて左足をスクイしに、は何を小癪なと云える体にてハタキ小錦の勝なりしとて行司は団扇をに上げたり、しかるにをスクイし時敵はすでに腰を落したりとて土俵を下らざれば、行司及び検査役は溜りなる八幡に勝負如何にと尋ねたるに、同力士は強いて苦情を唱えざれば検査役はかかる出来事ある場合には溜りの力士が行司の指し違い如何を主張せざれば本人のみにては判断し能わざるなりとて遂に小錦の勝となり、次なる角觝を呼び上げさせしにたちまち気色を変え憤然として土俵の中央に安座して、我意の貫徹せざる以上は一歩も退かじと四方を睨みたる時は満場の観客中にはさなりさなりヨ下るな立派に物言が付くぞよなどと煽動するものあるより、いよいよ下る機会を失いいつ果つべしとも思われざりしが、検査役若藤阿武松佐ノ山なんど様々に諭してようやく下らしめたるに場内は再び鳴り声、不公平の判定なりとて火入れを土俵に投げ付けしものもありて一時は余程の騒ぎなりし、記者云う、この相撲は小錦の勝ちは当然と思えどがスクイてハタカレ肘が砂に付きし時の腰も土俵に落ちたれば自身が苦情を唱うるはあえて無理ならぬ様思考したるに、八幡苦情を唱えざるは本人の不幸と云うべし。
北海鬼鹿毛は、右差し付入るを押返しヨリて北海の勝。
千年川楯甲は、二本差し引付てヨラんとするを上手ナゲにて楯甲の勝。
谷ノ音朝汐は、左差しにて攻め行くをは残し左四ツにつがい、はナンノト押行きは押返さんと付入るを、後ずさりして小手ナゲをうちて朝汐の勝。
海山綾浪は、は左差しにて出掛けるをは首なげを打ちしが、防ぎ切返して綾浪の勝。
一ノ矢剣山は、左四ツ右ハヅにて一ノ矢の勝。
西ノ海鬼ヶ谷は、立上りは敵の突出す手を引張りしが突出して西ノ海の勝にて打出したり。

八幡山と響升は1敗同士の好取組、待ったの多さではナンバー1の響升ですがうまくモロ差しに持ち込んで勝利。小結の若湊は小錦を相手に善戦しましたが自分一人で物言いを付けても無理だったようです。角度によっては同体くらいに見えたのでしょうか、物言いを希望する観客までいて若湊としては珍しく強硬な態度でした。

明治24年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/08/03 13:17】 | 大相撲 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。