スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治24年春場所6日目 (毎日新聞/明治24.1.16)

○回向院大相撲
・昨日六日目は賽日とて中々の大景気なり。
真力北海は、立上り突合いは右をハヅに当て無闇にヨリ来るを、は此処ぞと体をカワシ土俵を開きたれば敵は一転して背後より腰を預け外スクイにて勝を得たるは近来珍しき極まり手にて、北もまた巧者と云うの外なし。
海山出羽ノ海は、出羽鋭く突掛け行くをはハタきながら付入り二本差しとなりしに、出羽は諸に絞り金剛力にて押出さんとするを防いで大相撲となり、水入りてのち出羽差し替えたるも力すでに尽きて防ぐ一方なりしかば、此処ぞヨリ切る機会なりとは敵を引付けしに出羽も大事と外掛けにて防がんとするも勢いなく、ヨリ倒して海山の勝は受ケタ相撲。
楯甲朝汐は、左四ツにつがいては大袈裟にアオリツツヨラんと土俵わずかに成りしかば、は棄てバチに下手ナゲを撲せしが同体流れて預り。
若湊千年川は、千年左差しにて攻行くをはハヅでより返したるに、千年スクイ投を撲せしが敵は体をかわし残し離れたれば、千年は付入りつつ右手を突き出すを引張り込んでウッチャリし如くにての勝、或いは極り手は外ドッタリとでも言うか。
剣山響升は、左四ツにつがいは引付ながらヨリ来れば、棄て身にて響升の勝は得意の手段に敵を陥し入れしは満足ならん。
西ノ海谷ノ音は、右差しヨリテ西ノ海の勝は立派。
泉瀧高浪は、左四ツは上手を引き一二度上手ナゲを打ち競い合いしが、如何しけんの竪三ツ外れしにすぐに締め直して再びつがいてナゲの打合となりしが、勝負極らずして引分。
達ノ矢鬼鹿毛は、左差しは左より襷となりて一寸とスクイしをはイヤダと言えるをヒネリて見事の勝。
鞆ノ平筑波山は、突合ううち素首落しでの勝は老練と言うの外なし。
知恵ノ矢今泉は、左四ツは上手を引き足クセを巻きしが、ナヤシツツ解き釣出して今泉の勝。
大泉鬼ヶ谷は、はエイの一声と共に左をハヅに突張るを、は暫くと言える体なればもソウカと張りしハヅを緩めしに、敵は其のまま巻込み来り相撲となりしかば、観客の過半はの卑怯なるを呟きつつありしうち、再び突張りて勝を得たるが体が伸び過ぎて倒れたるをはさこそと苦情を唱えたるが、検査役は採用せざりしは当然。
八幡山一ノ矢は、左四ツ足クセ巻き倒して八幡の勝。
小錦平ノ戸は、左四ツヨリながら突放して小錦の勝にて打出したり。

躍進中の大泉ですが、待ったのフリをして相手を騙すとは汚い手です(;・ω・)これでは人気もすぐに落ちてしまうのではないでしょうか。最近平幕上位に定着してきた鬼ヶ谷には実力的にも及びませんでした。十両の高浪(たかなみ)はモロ出しのアクシデントですが相撲を取りきって引き分け。どの程度まで外れたのか分かりませんが、マワシが外れると負けになるルールはまだ無いものと見られます。

明治24年春場所星取表
スポンサーサイト
【2007/07/27 11:26】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治24年春場所5日目 (毎日新聞/明治24.1.15)

○回向院大相撲
・昨日五日目黒田、渡辺等の各貴族院議員をも見受けたり。
鬼鹿毛筑波山は、術師だけに面白く立上り筑波が左を差し仕掛け行くを、はこれを挟み手強く絞りながら足クセ下手投を打ちしが敵もスカさず残しツツ打ち返し、離れて再び突合う時筑波の張り手強かりしための面部は鮮血淋漓たりしかバ、は憤然敵の差し手を巻込みつつ見事突出しての勝は目覚しき働きなり。
真力高浪は、突張り合て引落し真力の勝は流石に老練。
鬼ヶ谷出羽ノ海は、無造作に突張りて鬼ヶ谷の勝。
楯甲響升は、当日の見物なれば観客はいづれも固唾を呑んで勝負如何にと力士の立合を睨み居るうち、珍しくも三度目にて立上り左差しヨラんとアセルを、は堪えつつ上より絞りて逃げながらうまく小手投を打ちしが腰砕けて響升の勝は、楯甲の心情気の毒と云うべし。
八幡山千年川は、右差し巻込んで足クセ掛け倒して八幡の勝、八幡前日にかく脆く敵を倒しなばよかりしにと溜りでの評判。
谷ノ音小錦は、突合ううち突倒して小錦の勝は余り無造作過ぎて興なし。
鞆ノ平西ノ海は、差し手を泉川にて西ノ海の勝。
雷山知恵ノ矢は、左四ツにつがいは下よりアオリツツ押し行くを、は防がんと堪えし所をヒネリて雷山の勝は先づ上達と云わんか。
達ノ矢高ノ戸は、右差しを巻込ながらヨリ切りて達ノ矢の勝。
大泉平ノ戸は、左四ツより相四ツとなり、は引付けられしかば得たりと外掛けに行くを、膝を割込み外しツツ上手ナゲにて大泉の勝。
北海若湊は、昨年五月の場所にも敗を取りしゆえ今日は如何との心配はさる事ながら贔屓の人もまた心配顔なりし、さて力士は丁寧に仕切りて立上りより出すべき突張りはかえって北海より突出したる時、敵の体は実に危うかりしも辛うじてこれを残しければ、は突落さんとせしもこれまた防ぎつつ右差しとなりて土俵中央に突立ち大相撲となりし時は場内どよめき渡り暫時鳴りも止まざりしが、はかくあるべきならねば金剛力にて押切らんとする時、早くもスクイ投げにて北海の勝は大喝釆。
海山一ノ矢は、敵の右差しを挟み付けハヅにてヨリ切り一ノ矢の勝。
朝汐剣山は左四ツにつがい、前日来の不出来なればナンノと云える面体にて遮二無二ヨリ行くを、一寸振りて釣出し剣山の勝にて打出したり。

入幕3場所目の北海は好調で前日に続き三役を撃破、若湊(わかみなと)のお株を奪う突っ張りなども見せて見事な勝利でした。復調ままならない剣山ですが朝汐に勝利、相手の油断もあったかも知れませんが得意の左四つなら力が出ます。西方で全勝と奮闘していた谷ノ音ですが小錦に完敗、入幕以来いまだ負けていない全盛時の小錦が相手ですから仕方のないところです。

明治24年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/07/23 00:52】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治24年春場所4日目 (毎日新聞/明治24.1.14)

○回向院大相撲
・昨日四日目の同相撲は前日に倍したる景気にて、池田侯爵その他の貴顕方を見受けたり。
泉瀧筑波山は、が左差しにてヨリ切らんとせき立て来るを筑波は泉川で押返さんとせし時、敵は早くも前袋をサグリ寄り二本差しとなりて下手ナゲを打ちしも極らず、かえッテ打ち返し筑波山の勝。
真力出羽ノ海は、突合ううちは一二度ヒネリたるも出羽辛うじてこれを残したるは巧者の様なりしが、突落されて真力の勝は力足らざるためならんか。
鞆ノ平響矢は、右四ツヨリ倒して響矢の勝。
若湊達ノ矢は待ち設けたる角觝なれば力士が土俵へ上ると等しく場内の喧擾中々なりし、さて力士は丁寧に仕切り立上るやは専売特許と云える例の突鉄砲をカマセけるに、もかねがね期したる事なればソラこそ来たぞイデ防がんとする間もなく手早く付入り、突張りて若湊の勝は目覚ましかりし。
一ノ矢平ノ戸は、右差しスクイ投げで一ノ矢の勝は呆気なし。
剣山大泉は、左四ツにつがいは上手を引き、引付け釣り身にて持行きしはあっぱれなるお手際なりしも土俵際にて釣り返し大泉の勝は、お手際だけに一層目立ちたりと溜りでの評。
鬼鹿毛朝汐は、右四ツヨリ切りて朝汐の勝。
鬼ヶ谷千年川は、鋭く突掛くれば千年も同じく突き返し、果ては互いに突き争いの如くなりしが、は少しの隙を見て右差しに行きしを千年は此のとき付け入りエイと引きしゆえの体転じたるを、背後より突倒して千年川の勝は面白し。
谷ノ音響升は、の化粧立ち十数番に及びたれば観客も倦みて彼響升ヤメヨとの声四方に起こりしかば、も余り観客より罵詈せられしゆえ少しく怒気を含みし体にて立上り、右四ツにつがい憤然たる勢いにて遮二無二引寄せ棄て身になりしが、モタレ込んで谷ノ音の勝はかえりての僥倖なり。
八幡山北海は、右四ツはハヅに構え下より噛付きければ八幡は上より絞りツツ引付け足クセに行きしが、不充分にして掛倒れ北海の勝、当日は北海意外の僥倖ありしこれは柳橋紅裙連の総見物にて、両力士土俵に上ると彼等は八幡無論勝つべしイデ花々しく賞賛せんと幇間らしき坊主、彼方此方の芸妓の羽織帯等を集め待ち構えたるに北海の勝にて呆然たる有様も可笑かりしが他の観客は小気味よしとてに帽子羽織を投げ出したるもの中々多かりし。
海山小錦は、立上り左差しとなりしをは上より挟み、小手投げを二三度打ち敵ヲ振り廻したる時は満場にわかにどよめき渡りたるが、流石には足をハコバシこれを残してヨイショと差し手を預けつつモタレての勝なりしが、海山の働き近年に稀なり立派立派。
西ノ海楯甲は、突合いは左を差さんと付入るを引張り込みツツ突倒して西ノ海の勝にて打出したり。

先場所好成績を挙げて新関脇となった技能相撲の八幡山、女性人気もかなりのものです。得意の足技を失敗して平幕の北海(ほっかい)に思わぬ黒星、人気をやっかむ観衆?は大いに盛り上がったようですね。当時の大相撲には懸賞金はありませんが、羽織などを土俵に投げると付け人などが拾って返しに来るのでそこで御祝儀を渡す、という習慣がありました。スタンバイしていた芸者さん達はお気の毒様です。
明治24年春場所星取表

西前頭6・海山太郎

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/07/20 17:09】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治24年春場所3日目 (毎日新聞/明治24.1.13)

・昨日三日目は観客出盛りの頃尾張町の出火にて観客も如何あらんと思いしに、かなりの景気にて貴顕方の内には佐々木伯その他の方々及び府知事が好角家なりとのせいにや何時になき郡区長の総見物をも見受けたり、もっとも鈴木、奥倉の二区長は好角家の部分なればあえて珍しからず。
北海鬼ヶ谷は、は例の突掛けに来りたれば何かは以て堪ゆべけん、の体は崩れてヒルム所をは付入り再び突張らんと進み来るを、早くも立直し体を変じて反対に突張りて北海の勝はヨシ。
響升鬼鹿毛は、外掛けモタレ込まんとせしを金剛力にてヨリ倒し響升の勝。
一ノ矢谷ノ音は、立上りは手強く突掛るをは土俵際で踏み止まり諸差しとなりて無二無三に寄せ返したれば、は上より押さえ再び押来るをヒネリて谷ノ音の勝は得意顔に見えたり。
八幡山朝汐は、左差しヨリて八幡の勝。
鞆ノ平小錦は、跳ね廻て突掛るをはヨイショと突出したるにの体は転々して土俵の下へ落ちての勝、は顔をシカメながらかく見事に負ければ心地よし、嗚呼の力量恐るべしと云いしは愛嬌もの。
海山達ノ矢は、立上り突合いは一寸とハタキしがは左差しでヨリ行きしを、敵は防いでヨリ返せしかば首投げを掛けしにはかろうじてこれを防ぎ、なおヨラんとするを押潰しての勝は前日の手際と云いまづ元気なる方なり。
若湊出羽ノ海は、丁寧に仕切り立上り右四ツにつがい出羽は力に任せヨリ行くをはすでに土俵わずかとなりしかば上手ナゲを打ちしが、かえりて下手ナゲで打返し出羽の勝。
大泉楯甲は、当日第一の角觝なれば如何あらんと思ううち、右四ツより相四ツとなりて互いに仕掛け来らばと云える気組みなりしが、いづれも軽々しき挙動なく睨み合いの姿となり、は少しく当りしも水入りてのちは双方大木の如く少しも動かず、其のまま引分は遺憾なりし。
千年川剣山は、敵の二本差しを諸に絞り極めんと持行きしを、千年外掛けに防ぎ解かれては左を差さんとするうちヨリて千年川の勝。
西ノ海平ノ戸は、敵の左差しを引張り込み例の泉川で西ノ海の勝にて打出したり。

尾張町は現在の銀座のあたり、当時から栄えていたようです。火事でもお構いなしで相撲見物の区長連(;・ω・)さて土俵は前日に思わぬ金星配給となった西ノ海がきっちり勝ち、小錦も安定しています。主力となる力士が不足している西方は全体に黒星が目立ち、関脇八幡山と平幕の谷ノ音だけが難敵を破って3連勝と踏ん張っています。
東京尾張町之図(早稲田大学図書館)

明治24年春場所星取表
【2007/07/17 21:23】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治24年春場所2日目 (毎日新聞/明治24.1.13)

○回向院大相撲
・一昨日の二日目は日曜にて観客の足取りも早く、午後一時頃には稍々二千人ばかりにも達し、貴族院議員池田蜂須賀の二侯、渡辺安藤の各議員及び衆議院議員の人々をも見受けたり。
鬼鹿毛大蛇潟は、左四ツは上より少しく絞る気合にて例の足クセ小手投を打ちしが、敵はあわてずウンと足を伸ばし解きければの体少しく浮しを付入りヨリて大蛇の勝。
司天龍達ノ矢は屈指の角觝なれば、あっぱれ花々しき勝負こそ見るならんと満場観客の視線はこの両力士に集まり場内一時蕭然たり、さて力士は丁寧に仕切りて立上り、互いに烈しく突合い荒れ廻るうち司天はハタカれながら付け入るをは土俵を開いて捻りツツ無二無三に寄せ来るを、敵は押されながら首投げに行きし時はの体ほとんど危うかりしが、立直してなおも押切らんと踏込みたれば司天は此所ぞ大事なりイデ防がんと足クセを巻きしトタン敵に充分右を差されアワヤと云う間もなく押倒して達ノ矢の勝は満場大喝采、この時司天は足クセを巻きしまま倒れしゆえ起も上らずさながら気絶せし如くなれば、若湊など出でようやく釣りて溜りへ下し介抱せしに、幸い名倉氏来場しありて直ちに馳せ来り仕度部屋へ連れ行き治療を加えたりと。
平ノ戸綾浪は、左四ツにつがい再び揉合ううちは釣り身にて土俵際まで持ち行きしとき、は足クセにて防ぎしが踏切りありて綾浪の勝。
剣山北海は、右四ツ釣出して剣山の勝。
海山西ノ海は、立上りは右を差し無闇に攻め寄るを、西はあわててこれを防ぐ手段もなさず例の泉川にて極めんとうろ付くうち押出して海山の勝は意外意外。
谷ノ音筑波山は、右四つ三度目のヒネリにて谷ノ音の勝は立派なり。
鬼ヶ谷響舛は、鋭く突合い押出して響舛の勝は興なし。
真力一ノ矢は、左四ツ釣出して一ノ矢の勝。
八幡山大泉は、当日一等の取組なれば力士が土俵に上ると等しく各贔屓贔屓の力士を呼んで暫時はどよめきけり、力士は大事の角觝なれば迂闊には立上らず、暫時互いに気合を見計らいエイと一声すぐに左四ツにつがい、手早く八幡上手を引き互いに腰を落として隙あらば仕掛けて勝を得んと睨み合う体なりしが、はかくていつまであるべきかと勢い込んで踏み込みツツ敵を引寄せ釣りしまま土俵際まで持行きし時は満場アワレ八幡は敗を取れりとの鋭き勢いに驚きたるが、土俵わずかにして見事ウッチャリ八幡の勝となれり、されどは最初持行きしとき勝たりとて容易に承服せざるより検査役は東西に馳せこれを説明してついに其のままとなりしが、今東西の力士中八幡に対しかくの如くに大胆なる働きをなすものはを置いて他にあらざるべし、実に末たのもしき力士と云うべし。
楯甲小錦は、左四ツはヨラんとするを釣りツツ寄せ返し下手ナゲにて小錦の勝にて打出したり。

司天竜は結構な負傷だったのか、翌日から休場となってしまいました。名倉さんというのはおそらく江戸時代から続く名医のことかと思われます。先場所十両で快進撃を見せた大泉(おおいずみ)は新入幕、そのままの勢いで新関脇の八幡山に挑んで善戦を見せましたが惜敗、なかなかの人気です。剣山は久しぶりに力強い相撲、本場所での白星は何と2年ぶりです。
名倉医院(名倉病院関連施設)

明治24年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/07/14 14:58】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治24年春場所初日 (毎日新聞/明治24.1.11)

○回向院大相撲
・好角家の待ち構えたる一月大場所は、いよいよ昨日より初日となりしが今回は出精相撲等もありし事なれば、これを見物せんと初日にしては景気よき方なりし。
北海海山は、左差しに出掛け来るを上より絞り小手投げを打たんとして体の崩れしを付入り、ヨリて北海の勝は海山老いたりと云うべし。
谷ノ音大纒は、勢い込んで右を差したれば敵は一寸挟みて右四ツとなり、早く例のヤグラ投げにての勝。
今泉立嵐は、互角の力士なれば面白き角觝を取結ぶならんと張り肘をなす観客も多く見受けたりしが、力士は立上り突合い立嵐は敵の左差しを上より絞り、なお右をも差さんと種々に小手を働かするも、これ又防いで暫時睨合いの姿なりしが、は遂に二本差しとなり敵は聞こえし剛の者なれば諸に絞り撓めツツ遮二無二ヨリ切らんとする時、は二回まで下手ナゲを打ちしも残して揉合い、水入りてのちは掴みし敵の一重ミツが緩みしかば勝手悪しと小手を伸ばし充分にミツを引かんと少しく体の浮きしを、得たりと体を廻しヨリ切りて立嵐の勝。
高浪鬼ヶ谷は、がハヅンで突張り来るを十八番の引落しにての勝は手に入ったもの。
一ノ矢楯甲は、は力に任せ鋭く突張り来るを、はオサレながら逃げんとするも、其の隙なれば土俵際にて見事首投を打ちて同力士の勝と観客の過半は思いしも、すでに踏切りありて一ノ矢の勝は可笑し。
達ノ矢八幡山は、八幡腰を落しつつ勢いよく左を差さんと踏込み来りし時、はすこぶる危うかりしが一寸とはねて右四ツにつがい、八幡が釣身となりしゆえ防がんと外掛けに行きしも、少しく反り身にて掛けしゆえかえって腰砕け八幡山の勝は達関少しく注意せよ、およそ外掛けに行くは体を少しく敵にモタルル気込なければ能わざるなり。
小錦鬼鹿毛は、尋常の事にては到底勝を占めがたしと、かねて目算して土俵に上りしものか立上るやいな右手で敵の襟首を手強くハタクと同時に蹴タグリしが、敵は名にし負う体格重量の力士なればこれに掛らず、かえってが腰砕けタジタジとよろめく所を突出して小錦の勝は是非もなし。
西ノ海真力は、西左差しを引張り込み得意の泉川で西ノ海の勝。
響矢大則戸は、無闇に突張り来るを土俵際にて一寸とハタキ響矢の勝。
千年川平ノ戸は、立上り左四ツは少しく引付けヨリ来るを、足クセ逆ナゲにて千年川の勝。
朝汐鞆ノ平は、スクイツツヨリて朝汐の勝は当然。
筑波山司天龍は、筑波右差しにてヨリ来るを上より挟み押出して司天龍の勝。
響升高ノ戸は、突張りて響升の勝。
大泉若湊は、当日一二の取組なれば如何あらんと思ううち、は得意に突掛け行くをは少し反り身でマッタと云いながち左差しとなりければ、は構わず攻め付くるをヨイショとスクイ大泉の勝は呆気なし。
綾浪泉瀧は、左四ツヨリて綾浪の勝。
出羽ノ海剣山は、右四ツ引寄せヨラんとせし時、ヨリ返しながら右足を踏込みヨリて出羽の勝にて打出したり。

長年三役で活躍を続けてきた大鳴門ですが、先場所の大関昇進を花道に現役を引退してしまいました。また、最近は病気で休場がちだった剣山が出場。地位は「大関」の文字が消えて三役格の張出となっています。まだ本調子ではないのか、それほど難しい相手ではない出羽ノ海に完敗の様子。初日の殊勲者は立嵐(たつあらし)、十両力士ですが熱戦の末に今泉を破りました。この立嵐は最高位も十両という力士ですが地力があったのか、記者にも今泉と互角であると評されています。2年半ぶりに幕内として土俵に立った達ノ矢はいきなり記者から技術的指導です(;・ω・)

明治24年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/07/12 00:45】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治23年夏場所千秋楽は中止 (毎日新聞/明治23.6.11)

○九日目限りの大相撲
・回向院の皐月相撲興行中は、かねても記せしが霖雨と力士欠勤のため観客の足取り悪く、ために損耗を醸せし金高は三千円余に上り、部方(年寄)七十七人がこの損耗を担当する事に決したるも、年寄中一人にて四十円の出金は到底出来ざれば三十円ずつとなし、余は協会の積金より支出するはずのよし、さて同相撲もようやく九日目まで取り、昨日の十日目にて千秋楽となる都合なりしに同日は雨天にて興行出来ず、さりとて天気次第触れ太鼓を廻して十日目を打つが本文なれば左様すべしと思いしに、かくする時は本日が天気にて明日打つとするも一日八十円、三日にて二百四十円を支出する勘定にて、これ迄の上にも損耗を嵩むる訳なればとて断然九日目を以て千秋楽となす事に決し一昨日打ちしまま立消えとはなりぬ、かく大相撲が途中にて立消えとなりしは年寄伊勢ヶ濱などが覚え居る所にては今度で三回、放駒以来は二回にて第一回の立消は藤島が勧進元の節七日目にて千秋楽にしたりといえば六十年以来今回で兎に角三回、例はあるものの九日間の大相撲とは近年に珍しく覚えたり。

大相撲開催は十日間ですが、それが短縮されるケースは江戸時代には何回かあったものの明治期では非常に珍しく、これが唯一のケースです。回向院時代、相撲場では炊き出しといってご飯や漬け物、味噌汁などの食事を用意し、力士達は皆そこで食事を済ませました。この費用が1日80円、現在でいう50万円くらいでしょうか。このお金は興行収入から出るのですが雨の日も炊き出しは行われるため、雨天が続くほど支出だけが増えて興行の勧進元である年寄が損をしていくわけです。千秋楽は幕内力士も出ず大した観客収入が見込めないため、異例の決断となったようです。

明治23年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/07/08 01:06】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治23年夏場所9日目 (毎日新聞/明治23.6.10)

・昨日九日目勝負は左の如し。
鬼鹿毛外ノ海は、左を引張り込み挟み附けて例の得意に極めんとするを、はこれを預け右をハヅに当てヨラんとするとき、は足クセ小手投げを打ちしもはかねてかくぞと知るものから開いて防ぎツツ切り返したるが敵も流石に挑み合い、水入りてのちは双方睨み合いの姿にてありければ引分とはなりぬ。
楯甲平ノ戸は、右四ツにつがい下手ナゲにて楯甲の勝。
朝汐鞆ノ平は、立合い付入る所を避けながらハタキ込んで朝汐の勝は無残なり。
今泉司天龍は、右四ツにつがい挑み合ううち差し手をハヅに替え押切りて今泉の勝。
八幡山千年川は、右四つ八幡左手を敵の首に掛け巻落さんとせしもこれを残しければ足クセモタレ込んで八幡山の勝は是非なし。
大泉瀧ノ音は、当日第一の觝うなれば勝負如何と思ううち念入りて立上り、は遮二無二押行くを振り返し左四ツとなりて、は釣り出さんとせしも敵の体重量なれば容易に釣れざるうちは足クセモタレ込みし時、棄て身となりしが敵より早く体の落ちしゆえの勝なりと団扇はに指したるも、物言い付いて預り。
春日野真力は、諸ハヅ押切りて真力の勝。
芳ノ山大纒は、立合い烈しく左四ツは敵の出し投げを防ぎしとき体崩れ、右差しは上より巻きて撓め觝ううち水入りて、のち挑み合いしが取り疲れ引分。
出羽ノ海鬼ヶ谷は、エンヤと互いに立上るやいなは手早く突張りしとき腰が浮きしかば出羽は待ッタと云いしに、行司もに団扇を指さざるより一場の紛議となり、出羽が一端立ちながら勝手悪ろしと待ッタと云うは卑怯なりと、検査役阿武松の言を容れ且つ力士中には突張りの早きあれば又遅きもあるにこれを一括して行司がに団扇を指さざるは不都合なりと種々審議のうえ預りとなりて打出したり、さてこの紛議は如何に審議せしやと言うに、は素早き力士なるに一端立上り負けんとして声を掛けたるは出羽の卑怯行司機転のなき所なれば勝星は鬼ヶ谷に付する事に決したりという。

○横濱の相撲
・明十一日より晴天五日間、横濱雲井町の空地に於いて大阪の力士が加わり大興行をなす由、東京の両関は小錦大鳴門、大阪の両関は一ノ矢大鳴門なりと。

色々と大変な場所でしたが幕内の全取組が終了、小結八幡山が6勝1敗1分1預という成績で幕内最優秀でした。あとは土つかずで5勝した谷ノ音や役力士を2人倒した新入幕朝汐の活躍が目立ったくらいで、全体的に低調だった感は否めません。素早い突っ張りが身上の鬼ヶ谷(おにがたに)、会心の立ち合いをしてもこんな物言いをつけられたのではたまりませんね。
明治23年夏場所星取表

東前頭5・千年川政吉

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/07/05 23:48】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治23年夏場所8日目 (毎日新聞/明治23.6.10)

○回向院大相撲
・一昨日の日曜は、是迄の損耗埋めくさを為さんと待ち設けたるだけありて興行以来第一の景気なりし、観客の内には吉田枢密顧問官、府知事蜂須賀侯、その他常に見受けざりし府下二三の区長、府庁各課長属官等も大分来りし、現任知事は好角家の一人なればその僚属も随って好角家の仲間入りを為せしものか如何。
大泉外ノ海は、左差し付入り来りしをは右上手を引き左を巻きヂリヂリ押しに攻め付るを、は土俵際で防がんとせしも甲斐なくヨリて大泉の勝。
谷ノ音高浪は、左差し釣り身となりしが振り解きて右四ツにつがい、果ては合四ツとなりて一寸と睨み合いの姿なりしが、はかねて活発なれば他の力士の如く合四ツとでもなれば睨み合い限りで引分を望むような卑怯心なければ、出しナゲを打たんか或いはヤグラに掛けんとしきりに注文の様なりしが、とみてヨリ身となりしをは必死に防ぐ途端、得意の下手ヤグラにて谷ノ音の勝は愉快なりし。
真力芳ノ山は、突張り合ううちは左を差さんと付け入りしが、難なく突張りて真力の勝。
鬼ヶ谷綾浪は、無造作に立上り烈しく突掛くれば突返して逆突中々面白く觝いしが、は到底突張りは無駄と思いしものか右を差さんと付入り、遂に四ツとなり縦ミツを引きつつヨラんと攻め付るを、は振り解かんとせし様見えしがヨリ切りての勝なりと行司は団扇を同人に上げたるに、は敵に踏越しありと苦情を鳴らして一場の紛議を起せしかば、検査役玉ノ井佐野山等はこれを公平に審判せんとせしに、は見事に勝ちしかば直ぐに仕度部屋に引込み審判し難く、を再び溜りへ呼び寄せ審議の上ついに土俵限り預りとなしたるが、星は鬼ヶ谷の方なりと、実にかく華美なる勝負に苦情を鳴らすはかえって力士の不名誉なれば綾関少しく注意せよ。
鬼鹿毛瀧ノ音は、いづれも今年幕の内へ昇進せし出世相撲なれば場内は一寸景気よく騒ぎたり、さて力士は立上りは得意の突張りに行くを受け身となりしが蹴返しハタキ込んでの勝は府知事の満足。
平ノ戸朝汐は、立上り右差しに付入るをは引掛け足クセ小手ナゲを立打ちしも、体はかえって先に落ち朝汐の勝。
若湊出羽ノ海は、立合いに出羽は右を差し手強く付入るを、右四ツはの不得手なれば外して突張らんと体を逃るとき踏切りありて出羽の勝は幸い。
西ノ海八幡山は、突合ううち西は左手を引張り込んで泉川にせんとするを、巧者ナ八幡更にはまらざればやむを得ず左差し合四ツにつがい、西は首を巻きて落さんとせしが八幡下より喰い付きて離れず釣身となりしとき西少しく危うかりしも立直し、挑み合て水入りのち前の如くつがいて釣合い大相撲となりし時は場内破るるばかりの喧擾なりしが、遂に取り疲れ引分にて打出したり。

当時は「東京府」だったので府知事と言えば現在の都知事のことですが、職員や区長を大勢引き連れて相撲見物ですか(;・ω・)おおらかな時代です(笑)土俵の方は主役級が多く休んで寂しい状況ですが、結びの熱戦は見ごたえがあったことでしょう。

明治23年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/07/04 22:57】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治23年夏場所7日目 (毎日新聞/明治23.6.6)

○回向院大相撲
・今回の大相撲は雨天続きのため年寄の損耗はさる事ながら、小錦一ノ矢大達響升その他幕の内力士に病気ありて景気いつもより悪しきため相撲茶屋の困難また少なからず、そのうえ去る一日は掻き入れの日曜にて興行をなせしも前日の暴風雨ゆえ好角家は控え景気思わしからず、かたがた来る八日の日曜には面白き顔触を出し出来るだけ損を埋めんとするに十日目なれば致し方なきを、茶屋中より昨日相撲協会に事情を述べ今日休業のうえ太鼓となし、九日目を日曜に延ばし出来るだけ損耗を埋めんとていよいよその事に決したり。
春日野達ノ矢は、春日は敵の左差しを泉川に攻めヨラんとアセル際、は二本差しとなりて釣らんとするを春日諸に絞り撓めて防ぎしが、スクイ投げにて達ノ矢勝。
瀧ノ音平ノ戸は、立上りは得意の突張にて極めんと仕掛くるを、は体を避けつつしきりに巻き込まんと注文せしが、果して注文通り左差しとなりしを得たりと巻込みしかばは全身の力を尽してよらんとする時、足クセ小手なげにて平ノ戸の勝は勘定通りはまりて満足ならん。
千年川谷ノ音は、立上るやいな右差しとなりは敵の前袋を探りようやく取ると等しく一寸振り廻しツツヒネリて谷ノ音の勝。
北海真力は、突張り合ううち北海は敵のヒネリを防ぎたるも第二のヒネリにて真力の勝。
今泉若湊は、の烈しき突張りに来るを防ぎ挑み合いしが、は左手をアテ押切らんと全力を出し付入りければ、は此所ぞと耐えし途端、引落して若湊の勝。
西ノ海鬼ヶ谷は、左を引張り込み泉川にて西ノ海の勝。
大泉楯甲は、当時日出の力士にして初日以来土の付かざる強の者にてこの日の主眼とも云うべき組合せなりければ、力士が土俵に上ると等しく場内は鼎沸の有様にて各自贔屓贔屓の力士を呼んで励ましければ両力士は勇気自ら凛々として見えたるが、仕切りも念入りて立上り左四ツにつがい、寄せば寄り返し暫時土俵の中央にありて互いに隙を伺う様なりしが、この時溜りではソラコソ引分なるぞ最早望みなしなどと、殆んど失望の体なりしがは腰を落し上手を探らんとするもは腰をヒネりて防ぎしが、ついに探り得て引付け無残に付入りヨリて大泉の勝は場内再びどよめき渡りたり。
高浪鬼鹿毛は、の左差しをより巻き小手ナゲを打ちしが、内ワクスクイ投げにて高浪の勝。
朝汐司天龍は、突張りて司天龍の勝。
八幡山綾浪は、右四ツにつがい揉合ううち八幡二本差しとなりて釣り身にて土俵際まで攻付けしかば、は足クセで防ぎしも其のまま持出して八幡の勝。
出羽ノ海大鳴門は、右四ツヨリて大鳴門の勝にて打出したり。

○相撲と芝居
・東京といえば訳もなく繁昌の様に一口にいえど、其の実は我等二人が東京を二分して其の繁華を保つぞよという顔付きの相撲と芝居、昨今は博覧会をあわせて東京の繁華はこの三者が受け持ちと一寸見はすれど、其の実は博覧会を除けば芝居が得たり、頻五月以来は相撲支配の天地となまじいに予想せしが今は仇なり、五月三日の初日が霖雨と共に延び延びになりて二十五日に初日の櫓太鼓音も湿りしが前兆かや二日目より又の雨にて、常なれば随一の景気という八日目頃にヤッとの思いで開きし二日目、これも天気ゆえなり肝心の大場所を六月に持ち越させソレで夜な夜な拝むまでに翌日の天気を祈りし我等に対しスマウと思うかと空を睨みて洒落どころではなし、年寄の腹一向肥えぬに気の毒やかれこれとの心配天気祭りや茶屋の相談と騒ぐ此方には博覧会の繁昌、改めては云わず歌舞伎座新富座出揃わぬうちに大入りを掛けギッシリとして不景気はどこへやらの繁昌、西関の横綱ようやく二日目に張り、間が遠のきしに気が折れてか雁次郎が乗り込みほどの評判なし、自分物の四十八手も永の損耗を埋めるの手なく、西関の泉川もこれには差されずそのうちに打つともなし打たぬともなしに興行の日数は経ちて残るはタッタ今日と明日の二日限り、相撲道熱心の人々はいうに及ばずいやしくも勝負付の売り声に耳を留むる人々この二日に繰込みてせめてはその尾を揮わしたまえ、さすれば相撲道忠義の臣なるぞや。
西ノ海の土俵入
・同力士が片屋土俵入は、其の適当を失わざらんため病気全快のうえ評すべしと好角家に約しおきたるが今やその期に達せり、一昨日は相撲場出張も例より早く回向院の門を入りたるに、土俵入の拍子木聞こえければ急ぎ桟敷に登りて見たるに、花道より千年川露払いとして先に立ち西関悠然として綾浪の太刀持と共に出で土俵に登りたる有様は、げに日の下開山、力士の巨檗なりと思わしめたり、殊に西関は身幹高く肥満の上全身いわゆる綺麗なる方にて一点の痛跡なければ立派というの他なし、さて横綱の締め方その他ともいづれも法にかない土俵際より三足進み四足目に正面に向い、右より始めて二回四股を踏み三度目に左にてこれを止めたるその動作大きくして美事なり、もっとも右を踏出して手を上げる時は今少し体を屈みしならば一層の出来栄え見ゆるなるべし。(6.7)

新横綱という目玉があった場所でしたが肝心の横綱が体調不十分、小錦ら人気力士の休場も多く、さらに雨続きと散々な場所のようです。せめて最後は会場に足を運んであげましょう、とほとんど同情的です(;・ω・)おそらく普段の相撲記者とは別の人が書いたのだと思いますが・・勝負付の売り声と書いてありますが、江戸時代から大相撲の勝負結果を印刷した紙を売る人がいたそうで、「勝負付け勝負付け」と言って走って売っていました。西ノ海の横綱土俵入りは堂々たるもので評価もなかなかですね。

明治23年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/07/01 20:52】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。