スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治22年夏場所2日目 (毎日新聞/明治22.5.14)

○回向院大相撲
・昨日二日目はなかりの景気にて、貴顕方には吉井伯吉田子等の方々を見受けたり。
千年川知恵ノ矢は、持出して千年の勝。
北海司天龍は、立合烈しくは右をハヅに構いは右を差して互いに仁王立となりし時、の唇より出血せしため預りは遺憾なりし。
嵐山真鶴は、いづれも鋭き力士なれば難なく立上り、は左手を差さんとせしを引張り込んで泉川に極めしが、離れて左四つにて揉み合いは下手投げを打ちしが防いで相四ツ大相撲となり、水入りてのち真鶴はしきりに仕掛るをは防ぎ一方にて、遂に取疲れ引分。
若ノ川八幡山は、当日一二の相撲なれば場内なんとなく騒がしかりき、さて力士は丁寧に仕切りて立上り、早くもは左を差し敵の前袋を取らんとせしが、八幡は泉川に極め満身の力を出して攻めヨラんとするをは此所ぞ大事と堪えたる時、得意の蹴返しにて八幡の勝。
小錦伊勢ノ海は、ヨリ切ての勝。
若湊大泉は、立合いすこぶる堅くなり化粧立ち十数回に及びし後、は勢い込んで突張り行くをはマッタと言いながらスクイ投を打ちしは見事なりしが、己れマッタと言いしため相撲にならざりしは愛嬌、それより又々数回立直しようやくの事にて立上り、左四ツヨリての勝は贔屓は残念なりしならん。
一ノ矢上ヶ汐は、敵の老いぼれしより少しく侮りし体にて、立上るざま無闇と左を差しヨラんと付け入る時、引張り込みトッタリにて上ヶ汐の勝は真に老練。
北國真力は、押切りて北國の勝。
伊勢ノ濱平ノ戸は、左差しヨリ行くを伊勢はステバチにて首投げに行かんとせしが、前袋を取り釣出しての勝。
芳ノ山響矢は、左差し突放しての勝。
大纒鬼ヶ谷は、右差しとなりしをはこれを極めヨリツツ棄てんとせしを、土俵を廻り渡し込みしが残りしゆえヒネリての勝。
常陸山谷ノ音は、左四ツにて互いに撓め合いヤグラ投げにての勝。
鞆ノ平響舛は、左差しヨリての勝。
西ノ海春日野は、泉川にて西の勝。
今泉大鳴門は、立上りは得意の左差しヨラんと攻め付るを鳴門は挟みてヒネリし時、は土俵を廻りツツ敵の前袋を取りて競り合いしが、其のうち水入りは二三席巻落さんとせしを鳴門ようやく防ぎついに取り疲れ引分となりて当日の相撲を終わりたり。

一ノ矢に土、どんな相手でも油断をしてはいけません。大鳴門が今日から出場して引き分けましたが、これは今泉の力量を褒めるべきと言えましょう。積極的に攻める姿勢もいいですね。大泉は今場所新十両ながら筆頭と大躍進、しかし待ったを言いながら投げを打つとはどういう人なんですかね(;・ω・)

明治22年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/04/26 11:16】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治22年夏場所初日 (毎日新聞/明治22.5.14)

○回向院大相撲
・一昨日の初日はあたかも日曜日にして、殊に当時売出しの力士等の顔ぶれもありしゆえ初日にては近年になき大景気にて、見物の中には毎度ながら徳川公爵、安藤議官その他華族方を見受けたり。
千年川春日野は、千年右差し左を当てヨラんとするを、は泉川に絞り満身に力を込め勢い鋭く攻めヨリし時は千年やや危うかりしが、土俵を開きながら解いて諸差しとなりヨリ返しツツ外掛にて極めんとせしを、は防ぎアビセ掛けんとせしが、すかさず切返して千年川の勝。
山響芳ノ山は、はかねて傲慢に見ゆる力士なれば芳ノ山の人気一層なりし、さて力士は無造作に立上り左四ツにつがい、は無闇に攻め付るをヨラれながら体を斜にして棄てんとせしを撓め見事下手投げにて芳ノ山の勝は喝采。
司天龍北國は、立上り北國は烈しく突張り行くを、は外して右差しとなりはこれを撓めツツ小手投げに行きしが、敵が堪らえしため腰クダケて司天の勝は流石に巧者。
真力常陸山は、左四ツヨリ切りて常陸山の勝。
八幡山響舛は、立上り八幡右差しとなりてタジタジとヨリ行くを、は引張り込んで棄て身となりしが付け入りアビセ掛けて八幡の勝は是非なし。
知恵ノ矢西ノ海は、は勘定を付けて上りしものか立上ると直ぐ敵の首に右手を巻き、なお両足を足クセに巻きし様は喬木に蝉という見得にて、敵が其のまま足を運びなば巻倒す慮見ならんが、そろそろ持出して西の勝は一寸観客を喜ばせり。
今泉若湊は、見物の待ち設けたる取組なれば力士の土俵に上ると等しく喧擾大方ならず、力士は無造作に立上りは例の突張りに行くを敵が防ぎしゆえ無據左差しとなり、攻めヨルをは土俵を開きながら上手にもこれを解き、得意の左差しとなりて揉み合いはこれを解かんとアセれば左様はさせじと争ううちカタスカシ一寸とハタキて今泉の勝は場内破るるばかりの喝釆にて、今度幕の内へ加わりし価値は充分。
若ノ川谷ノ音は、左四ツヨリ切りしと思いしが踏み出しありとの物言にて預り。
真鶴大泉は、左四ツは上手を引き互いにヨリツヨリ返しツするうち水入り、のち揉み合いしが取疲れて引分。
響矢嵐山は、左四ツ巻落しての勝。
北海鬼ヶ谷は、突張りての勝。
小錦上ヶ汐は、突出しての勝。
鞆ノ平伊勢ノ濱は、左差しヨリての勝。
伊勢ノ海一ノ矢は、押切りて一ノ矢の勝なりし。

若湊が東へ廻って新小結になりましたが、新入幕今泉の前に黒星スタート。東は大関剣山が休み、戦力的にやや苦しいです。西は大達がついに平幕へ下がりましたが休場。新小結の小錦は小兵相手に無難なスタートとなりました。大ベテランの千羽ヶ嶽は春日野となって二枚鑑札です。

明治22年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/04/25 01:40】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治22年春場所千秋楽 (毎日新聞/明治22.1.29)

○回向院大相撲
響升大碇は、右四ツは無闇にヨラんとするを残して揉合ううち、二本差にて下より組付き角觝ううち水入り、のち左上手を引き揉合い、取疲れて引分。
大纒谷ノ音は、立合いに右を差しは左にてハヅに当て突落さんとするを残し揉合い、は左を差さんとアセルを巻返しつつこれを防ぐうち、すでに二本差しとなり揉合い水入り、のち取疲れ引分。
北海楯甲は、右四ツ上手を引き釣らんとするを残し、はハヅに当て揉み合い水入り、のち揉合い引分。
大則戸大蛇潟は、則戸の左差しを大蛇上より絞り防ぎ揉合い、水入りてのち挑み合い引分。
高浪響矢は、左四ツ釣出して響矢の勝。
今泉山響は、合四ツに互いに釣合い水入りてのち挑み合い、取疲れ引分にて同場の千秋楽を終わりたり。

○二十日会の相撲
・二十日会員には本日(晴天なれば)両国回向院に於て相撲を催すよし。
○横濱相撲
剣山一ノ矢の一行は来月一日より横濱に於て花相撲を興行するという。

千秋楽はいつもの十両以下の相撲です。水入り引き分けの相撲ばかりですが、この顔触れはのちに幕内・三役で活躍する力士たちがほとんどで実力が拮抗していたのでしょう。新しい時代の到来を予感させます。

明治22年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/04/25 01:39】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
二十日会大相撲 (毎日新聞/明治22.1.30)

○二十日会の相撲
・華族方の設立に係る同会は、昨日回向院大相撲の場所にて相撲を催せり、当日は新旧華族の方々及び知己等来観し中々の景気なりき。
真力阿武松は、右四ツ出し投にて阿武の勝は老練。
小錦若湊は如何あらんと思う間もなく、立上るやいな突倒して小錦の勝は興なし。
平ノ戸真鶴は、立上り左四ツにつがいは上手を引き寄り付け釣らんとする時、は外掛け防ぎ揉み合い水入りてのちは再び釣りを試みしが極まらずして、互いに挑み取り疲れ引分。
司天龍海山は、立上り右合四ツとなり解れて右上手下手となりて、は例の出し投を試みしが司天も巧者にこれを防ぎつつ左手を首に掛け巻落さんとする際、掛け手外れて体を敵より先に落したればの勝と思いしに、物言い付きて預り。
鬼ヶ谷綾浪は、左四ツにつがい釣出して綾浪の勝。
常陸山綾浪は、左差し肩スカシにて綾浪の勝は続いての功名感服感服。
鞆ノ平若ノ川は、立合い左をアテ寄り来るを、体をかわしながら左差しスクイて若ノ川の勝。
大鳴門西ノ海は、立合いに烈しく突張り合い離れて鳴門二本差しとなりしを、巻き変え泉川にて極めんと金剛力を出し攻め寄るを、敵も流石に体を振りて残し挑み、水入りしのち前の如くつがい解れて西は巻き落さんと残し一寸と右四ツ揉合い、取り疲れて引分は好し。
剣山一ノ矢は、立合いに左四ツにつがいは前日の敗を廻復せんとの意気込にて、右をハヅに充てヨラんとせし時、少しく危うかりしがヨリ返し難なくヨリ切りての勝は是非もなし。
響升平ノ戸は、左差しヨリ切りて響升の勝は元気元気。
綾浪今泉は、立上り左差し遮二無二ヨリ来るを土俵際にて体を廻しツツ、ヤグラにて今泉の勝。
大泉谷ノ音は、右四ツ出し投にて谷ノ音の勝。
若ノ川若湊は、立合に若ノ川左を差しスクイ投に行きしが残り、揉み合い無遠慮に突張り行く時、腰クダケテ若湊の勝。
司天龍真鶴は、突合い離れて再び突合わんとせし時、腰クダケて真鶴の勝は僥倖。
大鳴門鬼ヶ谷は、左差しヨラんとせしも離れて一寸とハタキ突き合い上手下手となり、上手投にて鳴門の勝。
小錦真鶴は、立上りは左を差さんとヨリ来る時、左を浅く差しヒネりての勝は呆気なかりし、右にて同会の相撲を終りたり。

○ニシノウミニゲタ
・昨日回向院の相撲取組中、西ノ海小錦の勝負を見んものと行きしは見物人の半を占めしなるべきが、サテ番数も数々取り尽くしましてカタヤ西ノ海コナタ小錦と行司が披露するならんと観客は待ちに待ちたる甲斐もなく、西ノ海は先に大鳴門との取組の時千変万化の働きではなく例の泉川を極め鳴門を締め上ぐる程の勇気ありしにも係わらず、カタヤ小錦は土俵の上に出でたれどもコナタは西ノ海にあらずして真鶴なりしかば見物人の失望一方ならず、取り組むや否や一捻りには倒されたれば一向に見栄えもなき事なりし、ソコで或る相撲熱心家は直ちに両國の電信局に行き大坂の或る相撲博士の所へニシノウミコニシキノクミニシノウミニゲタと電報したる由、小錦の人気盛んなるものと云うべし。

千秋楽がまだ残っていますが、ここで突然花相撲です。花相撲ではおなじみ、同一力士が何番も登場します。小錦と西ノ海は高砂部屋同士でまさに夢の対戦でしたが実現せず・・電話の無い時代、電報は離れた地への最も早い通信手段だったのでしょう。電話の開通はこの翌年になります。

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/04/22 08:20】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治22年春場所9日目 (毎日新聞/明治22.1.29)

○回向院大相撲
・今回の大場所は中頃より幕の内中に病気の力士多く、随分肝心の取組を休みたるが、流石に贔屓強き小錦が欠勤せざるゆえ近年まれなる大入りを取り、一昨日の九日目は日曜なりければ昨年一月の九日目とは同日の論にあらず中々の大入にて、貴顕方の内には副島、吉田、佐々木の各枢密顧問官、徳川公爵其の他の方々も来場せられしが、当日の取組中いづれも面白からんと目的にせし平ノ戸若ノ川鬼ヶ谷千年川八幡山芳ノ山の三組その他幕下にも休みありて観客はすこぶる不満足の体なりしは理ある事に思われたり。
響矢石部川は、左四ツ釣出して響矢の勝。
大則戸今泉は、立合い右を差したれば敵は得たりと引張り込み一本背負を試みしが、今は丈高きゆえ背負われながら防がんと腰を突きたるも極ッて大則戸の勝は受けた相撲。
谷ノ音若湊は造作なく立上り、は右を差し左を当ててヨラんとの注文なるが、も流石に上より絞り敵が当てんとするを巻返しツツかえりて右をハヅに当て揉合ううち、一寸と撓めしがは烈しく攻めヨルゆえも此処ぞと防ぎしが、左を手強く突きヨリ倒して若湊の勝。
西ノ海伊勢ノ濱は、立上り伊勢左を差さんと付入るを引張り込んで泉川に極めツツ邪険にも手強く突放して西ノ海の勝はすこぶる酷なりとの評あり。
剣山一ノ矢は、立上り左四ツにつがい難なくヨリて剣山の勝は当然。
響升四剣は、釣出して響升の勝。
知恵ノ矢大纒は、右四ツにつがい揉合ううち二本差しとなりしかばは右を首に掛け足クセを巻かんとする時、敵は早く釣出さんとの体を二尺余釣上げしがも大事なりと足を使い上手く残し、再び揉合い釣出しての勝。
海山綾浪は、立上り右四ツとなりては遮二無二ヨリ行くをは土俵際にて捨て身となりしが、行司がに団扇を揚げしより苦情起こり検査役など東西に掛合い預となりたり、行司は団扇の揚げ様一ツにて力士の名誉に関係する事なれば充分注意ありたき事なり。
常陸山小錦は、立上り左差し難なくヨリ切り小錦の勝にて打出したり。

小錦は序盤モタついたものの新入幕から2場所連続の幕内最優秀成績でした、これは江戸時代の雲龍以来。人気は呼びましたが終盤の休場者続出は場所全体の盛り上がりに水を差しました。若湊も攻撃相撲が冴えて好成績、世代交代の波を感じさせる場所でした。

明治22年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/04/14 01:49】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
明治22年春場所8日目 (毎日新聞/明治22.1.27)

○回向院大相撲
・昨日八日目も中々の景気にて黒田、佐々木、副島の三伯。吉田子、折田警視総監、徳川公の各貴顕方をも見受けたり。
大纒鬼鹿毛は、突合い左四ツにつがいは右をハヅに当て攻め行かんと攻め付るを、一ツ揉んでは得意の合掌となりてスクイしに、これを残さんと土俵際にて防ぎしも、突付けて鬼鹿毛の勝。
北國知恵ノ矢は、突張りて北國の勝。
千年川伊勢ノ濱は、立上りざま左差し難なくヨリて千年川の勝は余り興なし。
綾浪鬼ヶ谷は無造作に立上り、突合い離れて手早く敵の右を引張り土俵を廻しながら落さんとするも敵は巧者にも腰を落し引き外しつつ左差し、渡込んで綾浪の勝は大受け。
海山小錦は、立合いに突合い直ぐ左四ツ揉合い、一寸スクイ突き手ありて小錦の勝は是非もなし。
剣島響矢は、左四ツにつがい下より噛み付きヨリながら渡込んで剣島の勝は好し。
八幡山黒雲は、立上り突合い離れて左を差し、続いて右手敵の前袋を取らんと探り行くを、八幡はこれを防ぎツツやや体の崩れんとする機会に肩スカシにて見事黒雲の勝は案外。
今泉常陸山は、立上り常陸は得意の突張を試みしがは少しも意とせずムズと左を差しければ常陸これを絞りしもは無遠慮にも踏込みツツヨラんとするを、敵も堪えず土俵を廻りて防がんとすでに体を変ぜんとする時、早くヨリて今泉の勝は感心。
若湊平ノ戸は、立合に遮二無二突ッ張り行くを残して右四ツにつがいしが、ナタをカマセ突張り若湊の勝はキイタ相撲。
剣山西ノ海は、二三度突合い離れて手四ツとなりて互いに睨み合い、解れて左四ツにつがいは上手を引き、引寄せざまに行かんとするを西はこれを防ぎツツ敵の前袋を取らんとアセルも、体を斜めにしてこれを防ぎ互いに揉合い、水入りしのち再び揉合いしが取疲れ引分にて打出したり。

結びの一番は熱戦でしたが、これから一番盛り上がる終盤戦で休場者が増えて少し寂しくなりました。こういうのは客足にモロに影響することが多いですが・・病気休場中の大関一ノ矢は9日目剣山との大関決戦が組まれました。客の入りを心配して半ば無理矢理に引っ張り出された感があります(;・ω・)

明治22年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/04/11 17:00】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治22年春場所7日目 (毎日新聞/明治22.1.26)

○回向院大相撲
・昨日七日目は近年まれなる大入にて、午後一時頃は木戸に客止めの札を貼りし大景気にて、貴顕方には副島吉井の二伯、徳川公、芳川内務次官、其の他の方々を見受けたり。
千羽ヶ嶽千年川は、千年立合いざま右差し、千羽泉川に絞り極めんとするも渡込んで千年の勝。
芳ノ山鬼ヶ谷は、いづれも立合の烈しき力士なれば仕切りも無造作に立上り、突張り合いは右をハヅに当てヨラんとするを残し競り合い、突落して芳ノ山の勝はキイタ相撲。
海山若ノ川は、立上り突張り合い巻返して左を差しヨラんとアセル際、一寸小手投を打ちしも残しなお足を使いし時、浮足となりしを得たりとは押さんと攻め付るを、は堪らず体を変じ逃げんとせしもヨリ倒して若ノ川の勝は勉強の甲斐あり。
若湊八幡山は、立上り左を充分に差し敵も浅く差し一寸揉み合ううち、勝手悪しと八幡は差し手を抜き、撓めながら蹴タグりしが極らず、ヨリ倒しての勝は好し。
小錦剣山は、当日第一の組合せなれば如何あらんと観客はいづれも片唾を呑んで注目せり、力士は丁寧に仕切りて突合いは得意の左差しとなりて右をハヅに当て無残に踏み込みヨラんとする時、アワヤは負けるならんと思いの外、引外し逃げながら一寸とハタキ左四ツにつがい無遠慮にも押行きしに、も此処ぞと防ぎしが右上手を引き見事釣出して小錦の勝となりしかば、満場数千の観客は一同ドッと立上り拍手喝釆帽子衣類等を投出し其の働きを賞賛せり、此の時東桟敷の三に一人の婦人あり他人はを賞賛して止まざる中に独り悄然として愁を催し居たるは新橋辺の芸妓とか聞きしが、シンにご愁山の様に見えたり。
知恵ノ矢黒雲は、右差しヨリて黒雲の勝。
今泉真力は、立合いて左差しとなりてヨラんと攻め行くを、敵はハヅにてこれを防ぎ揉合ううち、一寸とヒネりしも極らざれば立て直さんとする際、肩スカシにて今泉の勝。
綾浪真鶴は、左四ツにつがいは引寄せ釣らんとせしも残し、揉合いヨリて綾浪の勝。
西ノ海常陸山は、立上り互いに突合ううち常陸は進んで首投に行きしも腰クダケて西ノ海の勝にて打出したり。

○地方出稼ぎの力士
・昨今興行中なる回向院大場所出勤の力士の中剣山一ノ矢西ノ海大鳴門の一行は同所打上げ次第横濱に赴き同地にて一興行ののち、再び立戻り木挽町に於て興行し更に剣山西ノ海は小田原地方に、一ノ矢大鳴門は常陸地方へ赴き、又右残余の力士中にて東大関を小錦、関脇を八幡山、小結を阿武松、前頭を千羽ヶ嶽とし西大関は常陸山、関脇は綾浪、小結は真鶴、前頭は千年川として房総地方に赴き、又大達熊ヶ嶽の一行には嵐山若湊伊勢ノ海などと合併して来月三日より四ツ谷荒木町にて興行すると云う。

副島さん、吉井さんの出席率はすごいですね。そんなに暇なんでしょうか(;・ω・)枢密顧問官・・あるいは勝敗速報を明治天皇に届けるために派遣されているのでしょうか?相撲の方は小錦と大関剣山の大一番、相当な人気ですが期待通りの熱戦を見せてくれました。
副島種臣(近代日本人の肖像)
吉井友実(山下校区にゆかりのある人々)

明治22年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/04/08 21:49】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治22年春場所6日目 (毎日新聞/明治22.1.25)

○回向院大相撲
・昨日六日目は前日に倍したる大景気、中入後などは見物人浪を打ちし位の大入にて、貴顕方には山田、榎本の二大臣、副島、吉井、佐々木の各枢密顧問官、徳川、毛利の二公、伊達侯、等を見受けたり。
黒雲真力は、突合い左をハズに充て押出して真力の勝。
阿武松伊勢ノ濱は、立合ざま左四ツにつがい左を充て伊勢ヨリ行くを阿武小手投を打ち残して、敵もまた負けずに投を試みし際、敵は体を斜にして防がんとせしも突き付けて伊勢の勝。
綾浪鞆ノ平は、立合い一寸と諸手に突張りしをはヨイショと堪えし機会にハタキ込んで綾浪の勝。
小錦大鳴門、と呼出しの声と諸共場内は自ら人気立ち、小錦と呼ぶ声いと喧しかりしが、力士が仕切ると同時に今まで喧しかりし場内もにわかに静まり各々この立合いに注目せり、さて力士は無造作に立上り鳴門は得意の右差し左をアてタジタジと押行く時、首投にて見事の勝は大喝采。
響升真鶴は、立合い左を浅く差しこれを極める間もなく二本差しとなりヨリて響升の勝は感心。
千年川平ノ戸は、右を差しこれを巻き上げ右を働かさんと狙ううち千年は左手にて敵の左足を外より押さえ外ワクに行かんとせしが、防ぎ解れて突き付けヨラんとせしも逃げながら出し投ゲ千年川の勝は好く出来た相撲。
伊勢ノ海千羽ヶ嶽は、右差しヨリ来るを泉川にて撓めウッチャッて千羽の勝。
若湊鬼ヶ谷は、突張りての勝ちはに立遅れあれば立派の勝負とは思われず。
芳ノ山常陸山は、常陸立合いに遮二無二突掛け行きしが左差しヨリ返され押出しての勝。
西ノ海海山は、立合い左を差したるを敵は泉川にて撓みツツ、ヨリ来ればは防がんと敵の前袋を探りしもヨリて西の勝は詮なし。
嵐山剣山は、立上り左四ツにつがい揉合い、が下手投を打ちし時はもやや危うかりしが防ぎ、右上手を引き左を充て攻め行くを外掛けにて残し再び揉み、ついにヨリ倒し剣山の勝にて打出したり。
・当日は若ノ川司天龍並びに一ノ矢八幡山の顔振れありしが一ノ矢司天龍病気のため休みなりしかば観客中いづれも不平を鳴らしたるは至極もっとも。

小錦の調子が上がってきたようで関脇大鳴門に快勝、ここのところの大相撲人気の担い手であることは間違いないでしょう。速攻を得意としていますが場面によっては足技や首投げなど、思い切りの良さが光ります。新十両の響升は初日以来の幕内での相撲でしたが、またしても殊勲の星です。ここ数年は番付の変動が活発になり、力のある若手が昇進しやすくなっているのも相撲人気の要因ではないでしょうか。

明治22年春場所星取表

西前頭4・綾浪徳太郎

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/04/07 23:02】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治22年春場所5日目 (毎日新聞/明治22.1.24)

○回向院大相撲
・昨日五日目は流石に広き同場も立錘の余地なく、貴顕方には副島、吉井両枢密顧問官、徳川公、蜂須賀侯等を見受けたり。
真鶴千年川は、突合い千年は敵の首を巻かんとするも外れたるより逃げながら手段を変えんとする時、踏込み来り突出しての勝。
鬼ヶ谷若ノ川はいづれも鋭き力士なれば、難なく立上るやいなは得意の諸鉄砲を突出したるに、は堪えて巻返したるをは再び手強く突掛け来りしにぞ、アワレは踏出すならんと思いのほか腰を落とし付入り、左四ツにつがいたる時は満場大喝釆、さて力士は揉み合いは上手敵の縦ミツを引きたればも同断互いに攻合い、水入りしのち行司は前の如くつがわせんとせしが、元来縦ミツを引くは同社会の禁ずる所なれば互いにこうではナイなどと争ううち、高砂出来山関ノ戸の三検査役が出張りようやく元の如くつがわせたり、力士は再び揉み合いが投げを試みしが残り引分は大受け。
阿武松真力は、突張り合いつつヒネリを見せて腰クダケ真力の勝。
嵐山鞆ノ平は、立上り左差しヨリ行き、は一寸と撓みしが其のままヨリての勝。
八幡山西ノ海は、いづれも堅くなり化粧立ち数回の後ようやく立上り、八幡が左を差さんと付け入るを敵はこれを引張り込んで泉川にて絞りければ、堪えかねて巻返し二本差しとなりしを、西は諸に極め揉合い解れて左四ツ、大相撲となりて水入りのち離れて八幡諸差し、西は絞りてヨラんと互いに競いしが取り疲れ引分は充分。
剣山若湊は、右差し渡込んで剣山の勝、此の時観客の内に盗賊ありとて騒ぎたるより満場の人々一同にどよめきしが、臨場の巡査出張して難なく賊を取り押さえたるが、一時は中々の騒動なりし。
千羽ヶ嶽阿武松は、泉川で千羽の勝。
伊勢ノ濱北國は、ハズにてヨリ切り北國の勝。
谷ノ音黒雲は、右差し仕掛くるをはこれを押さえ右にて敵の前袋を取り、揉合い水入りしのち再び攻め合い引分。
平ノ戸芳ノ山は、立上りは左差し踏込み行きしをは避けんと体を変ずる時、突出しての勝。
常陸山伊勢ノ海は、左四ツ下手投にて常陸の勝。
司天龍小錦は、立合に突出して小錦の勝。
大鳴門綾浪は、立合に引掛け残して左四ツ、下手ヤグラにて鳴門の勝。
海山一ノ矢は、右差しヨリ行くときは此処ぞと防ぎしが、腰を預け一ノ矢の勝にて打出したり。

場所も中盤に入ってずいぶんと人気が出てきたようです。人混みと言えば、現れるのはスリでしょうか(;・ω・)盗賊というと強盗のようなイメージですが、警備の警官も年寄も力士もいる中でそんな連中が堂々と出てくるとは考えにくいです。土俵の方は海山も敗れて全勝がいなくなりましたが、全体に熱戦が多かったようですね。

明治22年春場所星取表

西前頭2・嵐山捨吉

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2007/04/04 11:04】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。