スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治20年夏場所6日目 (毎日新聞/明治20.5.27)

○回向院大相撲
・昨日六日目は中々景気よかりき。
出釈迦山鬼ヶ谷は、出釈迦右を差しヨラんとするを引落しての勝。
伊勢の濱知恵ノ矢は右四ツ、ヨリ切りて伊勢の勝は出来したり。
真鶴綾瀬川は立上り突合い、は右を差したるを泉川にてヨリ切り綾瀬の勝。
高千穂鞆ノ平はいずれも巧者同士なれば如何あらんと思いしに、立上り右を差すを巻き、攻め合い突出しての勝。
大鳴門上ヶ汐は無造作に立上り、ヨイショと上ヶは右にて敵の首を巻き倒さんとせしが残され、今度は足クセに行きたるも掛け倒れて大鳴門の勝。
平ノ戸今泉はいずれも幕下売り出しの相撲なれば中々に人気立ちたり、さて力士は仕切りも充分に立上りて突合い左四ツにて揉合い、投げを打ちたるも残され下手投にて今泉の勝は大喝釆。
雷震龍門は左差し、ヨリての勝。
相生真力は立上り競り合い手四ツとなり、離れては左を差し右をアテてヨラんとするをは敵の差し手を上より絞りて防ぎ、揉合ううちは面倒とや思いけん、足クセに行きしを得たりと切返しての勝。
柏戸千羽ヶ嶽は左差し、ヨリ切りて柏戸の勝。
常陸山八幡山は、勝負如何と見物人は傍目も振らず見てあるうち力士は充分に仕切り、常陸左を差しヨラんとするを八幡は足クセにて防ぎ、離れて揉合い今度は常陸より足クセに行きしにやや同体流れんとする際小手投げにて常陸の勝は中々の出来なりしが、此の相撲は無論物言いならんと見物人は元より八幡も物言を付けんと土俵際にて躊躇し居りしが、剣関が溜りにて無駄なりとの一声に八幡はスゴスゴ下りたるが、贔屓連は失望の有様なりき。
友綱鶴ヶ濱は、の立上りの悪しきは誰も知る所なるが此の日は中々に念入りて、果ては見物人中罵詈するものも多かりき、さてようやくにして立上り右四ツとなりて攻合い、は下手投げに行きしも残され巻き落しての勝。
嵐山剣山は造作なく立上り、は左を差し遮二無二ヨラんとするを剣ためらいスクワンとせしも残し、左四ツ大相撲となり互いに攻合い水入りてのちはしきりに仕掛け、下手投げに行きしも残され揉合しが取疲れて引分は充分力の入りし相撲、是れにて当日は打出したり。
・此の日、佐々木伯爵、徳川公爵、蜂須賀侯爵、芳川内務次官等の貴顕方を見受けたり、また大達海山の相撲は海山が病気にて休みたるは見物人は大きに失望。

○木挽町外国相撲
・一昨日返り初日なりしが、あいにく興行前降雨ありたるため休業し昨日は例刻より興行せり、されど中数日間休みし事なれば見物人はわずか二百名余に過ぎざりし、中入前と打出し前に英人セーネ一人にて同国の手踊りをなせしが、其の振りの可笑みある足ぶみの巧みなるなど大に喝釆を得たり、当日相撲の勝負は左の如し(〇印は勝)。
(1)(スパラー)
セーネ
 ウエルソン
(2)(レスラー)
濱田庄吉
 デキソン
(3)(スパラー)
ベレー
 ピーターサン
(4)
ブラオン
 クリーム
(5)(スパラー)
ブラオン
 ピーターサン
(6)(レスラー)
ジヤンソン
 デキソン
(7)
カムカン
 濱田庄吉
右のうち濱田とカムカンの取組は、濱田最初一番勝ち、後二番とも負けてカムカンの勝となれり。

入幕3場所目の嵐山(あらしやま)は大関剣山と互角の勝負、相当に力をつけてきました。外国相撲というのはレスリングとボクシングの混合興行だったようです。スパラーが今でいうボクサーです。以前に松田寅吉とアメリカ転戦したのち帰国した濱田、国内でこういった興行をしていたようです。当時は珍しかったでしょうね。

明治20年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/12/31 14:43】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
工芸品共進会閉会式 (毎日新聞/明治20.5.26)

○閉場式
・上野工芸品共進会にては昨日閉場式を挙行せり、其の有様を記さんに、后一時渡辺審査官長以下諸員一同式場に先着、高崎府知事御先導にて総裁有栖川三品親王殿下式場に臨ませられ列員一同敬礼終わりて総裁有栖川殿下の演説、次に高崎府知事の演説、出品人総代清水誠氏の答辞あり、おわりて殿下は知事の先導にて御退場一同敬礼し式全く終りたり、余興には海軍の奏楽あり、それより賞品を授与せられし人々の催しにて同所不忍池畔の馬見場に於て相撲あり。
相生平ノ戸は、前回回向院にてが勝を得たれば贔屓連は再び勝たせんと気を揉みし人もありしなるべし、さて力士は立上りは左を差しヨランとするを、は足クセにてこれを防ぎながらモタレ込まんとせしかば、はナンノと切返しに行きしが掛ケ倒して相生の勝は若々しき相撲なり。
野州山竜門はカタスカセにての勝。
鬼ヶ谷若湊は鉄砲をカマせんと突掛け行くを、ナンノとかえって突出しの勝はまだまだ腕には年を取らせぬとの評あり。
知恵ノ矢伊勢ノ濱は右四ツ、モタレ込んで知恵の勝。
綾瀬川出釈迦山は左四ツ、ヨリての勝は当然。
鶴ヶ濱真鶴は面白き相撲なれば見物人はいづれも片唾を呑んで注目するうち、力士は立上りは右を差したるには泉川にて互に競り合いしが、離れて諸差しとなり攻め行くをは極めて防ぎしがヨリ切りて真鶴の勝はいつもながら御手柄御手柄。
八幡山柏戸は立上りは左を差しに行くを、差させながら蹴カエシて八幡の勝。
綾瀬川真力は右差し、ヨリて綾瀬の勝。
八幡山高千穂はいづれも達者ものなれば勝負如何と思いしに、力士は立上り互いに打ち打たれし末カタスカセ引放しにての勝。
鞆ノ平上ヶ汐は愛嬌のある相撲同士なれば何んとなく人気立ちたり、さて力士は立上り突合ううちより足クセに行きしが同体流れ、無勝負。
梅ノ矢立嵐は、タスキに行かんとするをツブレての勝。
鬼鹿毛九十九山は右四ツ、ヨリての勝。
若湊相生は、立上りカタスカセに行かんとしこれを防がんとする際、の胸部に膝が強く当りコロリとやっての勝は僥倖。
真鶴小錦はツヅレての勝。
白梅常陸山は、下手投にての勝。
八幡山鬼ヶ谷は、立上り八幡は左を引張り蹴返しに行きしが残され、左四ツとなりて攻合ううち再び蹴返して八幡山の勝。
平ノ戸鶴ヶ濱は左四ツ揉合い離れて右四ツとなり、は寄らんとするを足クセにて同体流れ、預り。
大鳴門高千穂はカタスカセにて鳴門の勝。
千羽ヶ嶽友綱は、ヨリての勝。
大鳴門常陸山は左差し、ヨリ切りて鳴門の勝。
剣山大達は立上り左四ツ攻合い離れて競り合い、水入りのち突合い左四ツにて揉合いしが、取り疲れて引分。
・右に付き弓取りは預りとなり目出度く取結びたり、此の日同所の楼上には有栖川三品親王、山県伯爵、佐々木伯爵、徳川公爵、蜂須賀侯爵、高崎男爵、芳川内務次官、渡辺帝国大学総長、其の他貴顕方の来場ありき。

工芸品共進会とは、優れた工業製品や美術品を集めた博覧会のようです。大きなイベントなので、本場所中ではありますが花相撲が開催されました。花相撲なので同じ力士が二番も三番も取ったり、無勝負という判定も出てきています。まだ幕下の小錦が記事に初登場。ツヅレるというのはツブレの誤植かどうか、詳細はよく分かりません。

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/12/29 22:21】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治20年夏場所5日目 (毎日新聞/明治20.5.24)

○回向院大相撲
・一昨日五日目は日曜の事なれば、爪も立たざる大入なりし。
平ノ戸相生は当時売り出しの力士なれば場内は何んとなく喧しく、殊に相生は少し自分より劣りたる敵と見れば無礼にも中腰に仕切り軽蔑する上方相撲なるゆえ、観客中には平ノ戸に勝たせんとて平ノ戸平ノ戸と叫ぶ力声は中々に多かりき、さて力士は立上るや否やは早くも左を差し右を巻き合い寄らんとするを、はナンノという面体にて敵の差し手を絞りためらううちは十八番のチョウナガケにて見事に勝を得たるは末頼もしき力士と言うべし。
真力伊勢ノ濱は、押出して真力の勝。
出釈迦山千羽ヶ嶽は頃合いの相撲なるが、出釈迦は左を差し右をアテ寄らんとするを、千羽は泉川にて防ぎ丁寧に外掛とまで出掛けたるも、例のコシなしゆえヨリて出釈迦山の勝。
鞆ノ平常陸山は、立上り左を差すや否や右手を巻き首投げにて常陸の勝は、得意とは言いながら上手なものと溜りでの評なり。
剣山上ヶ汐は、立上りタメ合い離れて手車となりしに、は掴まえんと仕掛ければ上は最早是非なしとサラう目論見なりしが、モグル所をウンと押さえ突出して剣山の勝。
鬼鹿毛若湊蹴タグリに行きしも残され、突出しての勝。
泉瀧九十九山は、突倒しての勝。
知恵ノ矢真鶴は立上り突合い、は首投げに行きしも残されければ右を差して小手投を試みしに是れも残りて右四ツの攻合いとなり、はまたまた上手投げに行きしも知恵これを残し敵の前袋を取りヨセンとするを解かれ、逆ビネリにて真鶴の勝は面白き相撲と言うべし。
綾瀬川柏戸は右差し、ヨリて柏戸の勝はドーシタ相撲か。
海山高千穂は、今日第一等の相撲なれば観客はいづれも固唾を呑んで注目し居たるうち、力士は充分に仕切り立上り突合い、手四ツとなり離れて右四ツ大相撲となりければ場内はあたかも湧くが如く、海山は始終仕掛けすでに二度まで下手投げを試みしがは大事にこれを防ぎ、水入りてのち再び揉合い取り疲れて引分は充分力り入りし相撲なり。
鬼ヶ谷友綱は、立上りは敵の左手を引張り込まんとせしをはトラレテなるものかと跳ねてこれを解き、互いに土俵を荒れ廻りし後、突出しての勝。
大鳴門嵐山はヨリ切りて鳴門の勝。
大達鶴ヶ濱は本年一月の場所に勝を得たりしかば今度の勝負如何あらんと思いしに、力士は中々に相撲せず丁寧に仕切り立上り、突合ううち押切り大達の勝にて打出したり。
・此の日見物は一ノ矢八幡山の相撲を楽しみ居りしに、休みとなりしは一ノ矢が例の不平病にでもかかりしか出勤せざるゆえなりと。
・此の日徳川公爵、佐々木伯爵、柴原山形県知事等を見受けり、また昨日は朝の降雨にて休みたり。

この日は変な物言いも無く、満員の観客に答えることが出来た内容と言えましょう。あいにく一ノ矢まで休んでしまい幕内は大達以外に好調者がいない状況ですが、この場所は十両に上り坂の力士がひしめいており元気な相撲を繰り広げています。それにしても山形県知事はよく観戦に来ているようですが、地元に帰らなくてもいいのでしょうか。

明治20年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/12/27 10:07】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治20年夏場所4日目 (毎日新聞/明治20.5.20)

○回向院大相撲
・昨日四日目。
鬼鹿毛真鶴は、いづれも巧者なる力士なれば場内は一層かまびすしかりき、さて力士は十分に仕切り立上り突合いざまは得意の左を差したるに、は差されてナルモノカとその手を巻き解かんとなせしも解けざるより蹴タグリを試みしに残されて、揉み合いスクイ投げにての勝。
柏戸知恵ノ矢は立上り互いに右差しとなり攻合いしが、知恵は例の足クセに行かんと始終狙い居たるが、は敵のお得意なる足クセを今日だけちょっと借用と、かえって左足を外掛に行きモタレ込んで柏戸の勝。
出釈迦山八幡山は、左四ツ下手投げにて八幡の勝は是非もなし。
伊勢ノ濱海山は、右差しヨリ切り海山の勝。
相生白梅は、立上りは左を差し下手投げ、白梅の勝は大喝采。
勢力竜門はヒネリての勝。
嵐山真力は当日一二の相撲なれば、いづれも勝負如何と注目せしうち両力士は仕切も丁寧に立上り、突合いは左にて敵の前袋を取りカタスカセにでも行く目論見なりしか、しきりに押し行くをは左手をハヅに構い防ぎながら揉合しに、は左手を十分に差し攻め行きしにこれを防がんと土俵を廻るうち踏切りありての勝。
高千穂鬼ヶ谷は、突合いハタキ込んでの勝。
友綱泉瀧は、左差しヨリ切りての勝は上出来。
大達綾瀬川は立上り左四ツ揉合い、は勝手悪しきと右を差し替え両差しとなりて遮二無二攻め行くを、は諸に極め充分に絞りし後これをちょっと緩めしかばは差したる手の力抜けしを引落しての勝。
上ヶ汐鞆ノ平は、立上り左を差したるにはナンノと右手を充分に巻き、首投げにて上ヶ汐の勝。
一ノ矢千羽ヶ嶽は突出しての勝。
常陸山剣山は立上り手四ツとなり揉合しが、ヨリ切り剣山の勝にて打出したり。
・此の日野村逓信次官、柴原山形県知事、徳川家達君の方々を見受けたり。

○今年の相撲
・一昨日回向院(三日目)を見物せしに、本年は土間桟敷とも改良を加えたれば是れまでの如く雑踏せず見よくなりたるが、これに引替え力士は引こもり多く、また一勝負ごとに兎角物言い起こりて四本柱の年寄と行司三四名づつ土俵の上に臨時会議を開き、しばらくありて行司起立し預りとの声を上ぐ、この煩雑にて時間を費やすため見物人は大迷惑にて、かく物言を付けるなれば別に行司を置くの必要なく行司も進みて勝敗を決する勇気なきが如し、たまたま当日の八幡高千穂の如く面白く取組むあればたちまち水を入れ、またたちまち引分ける等あっけなき次第にて、本年の相撲こそ見物迷惑の値なき興行なりと、或る老人の語りき。

大相撲は現在まで長い年月続いており、その間には少しずつ制度の変更や改革をしながら来ています。この頃はまだまだ近代化前と言えるでしょう。現在では考えられない事も起こっているのですが、特にこの場所は遅延により取組が流れたり、理不尽な預かりや休場者の多さなど色々と重なっており老人の嘆きも仕方ないところですね。

明治20年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/12/26 01:54】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治20年夏場所3日目 (毎日新聞/明治20.5.19)

○回向院大相撲
・昨日三日日の勝負は左の如し。
泉瀧相生は右四ツ入れ違いて左四ツとなり、互いに攻め合いしが水入りて後は金剛力にて敵を引寄せヨランと心組みしが、寄せられたる相生はかえって幸いとなり其のまま釣出し土俵の外へ置かんとする時、はウッチャリに行きたるも踏越ありて物言付き預りとなりたり。
千羽ヶ嶽伊勢ノ濱は立上り千羽は例の極出しに行きしが残され、左四ツとなり揉合しに千羽は右足を外掛けにしてヨリ行きしに伊勢はステバチにてウッチャりまたまた物言にて預り。
鞆ノ平柏戸は中々面白き相撲なれば観客も勝負如何と気遣いしが、力士は充分に仕切り立上りは泉川に行しもほぐれて左四ツとなり、攻め合いナンノ小癪なとは一端に押行きしには土俵際にて実に目ざましきウッチャリに行き十分に勝を得たるは流石老練と言うべし、と相撲記者はかく評するも勝負の方には預りとあり、是れは全く前号の出釈迦山梅ノ矢の物言より一層無理の苦情起こりて採用せられ土俵だけ預りとなりしものなるが、同社会は紛紜中にて畢竟整理せざる所より、かかる不都合を醸すなるべし。
鬼ヶ谷一ノ矢は立上り突合いしが敵の右手を取り引落しての勝は感心感心。
剣山綾浪は立上り右を差しヨリての勝は器用にもよく働きたり。
朝日川真鶴は、立上りは突然首投げに行きしに残されしかば左を差しスクイ投げにての勝。
綾瀬川出釈迦山は左四ツ、釣出して綾瀬の勝。
海山上ヶ汐は充分に仕切り、立上りて右四ツ釣出しての勝。
八幡山高千穂は無造作に立上り、左四ツにて揉合い水入りて再び攻め合い、取り疲れ引分となりしが、八幡は昨日の怪我あるにも拘わらずかくまで取りこなしたるは流石に八幡山、と場内の人々は感じ居たり。
大鳴門常陸山は右四ツ、タカビネリにて常陸の勝。
知恵ノ矢大達は、突出しての勝にて打出たり。

○離別会
・華族蜂須賀茂詔君の令息正昭君は今度欧州へ留学するに付き明後日より二十四日までのうち親戚朋友の方々を自邸へ招きて離別の会を開き、余興には相撲ありと。
○相撲社会の風波
・同社会は、かの高砂一件より何んとなく始終紛紜の絶えざるが、力士中病気なりとて出勤せざる者二日目より西ノ海及び廣ノ海等あり、また剣山も二三日内には発病すべしと昨今しきりに風説する者あるが、同力士は当場所なかなかの元気にて発病の気もなきがと不審を抱きしに、この病症は不平病にしてすでに発せんとせしをようやく押さえ付け居るなりと、もっとも力士中には類似不平病にかかる者多きよし、この不平病の原因を聞くに昨今同社会に対しある部分の方その他社会外の人が何んの彼のとくちばしを入れ規則などをこしらえ、力士は一字一句も解らずしてこれに調印をなし後にて外の人より何々の事と聞き初めて驚く者もありとか、これらのために境川高砂の間に争論を起こし、その後またまた高砂の争いありしも、行司だけに庄之助が仲に入り難なく事済みとなりたり、高砂はそれより回向院前の高砂屋に来たりけるに尾車放駒大山等の年寄居合せたれバこの争い事を語りしに、年寄仲間はそは親方こそ不都合ならめと少しく罵りたり、しかるに木村庄之助は高砂屋の隣家なるよりこれらの話を洩れ聞き、かくは不埒なる彼等の言状かな高砂はともかく、かの年寄等はのお陰で随分営業上都合よき事ありしにあらずや、ヨシヨシ我は今よりかの人達とは興行せざるべしとて、かくとに通じたり、このときは少しく笑を含み、その立腹はもっともなれど足下が彼等と共に営業せぬとならば彼等の困難非常なるべし、まづまづ聞き捨てにしたまえとの忠告ありしより、木村も承知しようやく穏やかに済みたりという。
・この日、黒田顧問官及び例の副島、安藤二君その他の貴紳をも見受けたり、もっとも副島安藤の二君は十日が十日毎日来場さるるご常連におわせば明日よりは一々来観云々の御断りを致さざるべし、また別項相撲社会の風波中、不平病の類似たる千年川鶴ヶ濱はいよいよ真症となりて昨日の場所より引込み本日は綾浪がこの真症にかかるならんとの噂。

昔の力士は裸芸者とも言われまだまだ身分も低かったため、要人の個人的な余興に駆り出されたり色々と大変です。親方衆の揉め事や外部からの口出しでモチベーションが下がっているらしいことが伺えます。雰囲気も悪かったのでしょうか、闇雲に物言いがつけられるのでは応援している観客も気の毒です。

明治20年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/12/22 10:40】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治20年夏場所2日目 (毎日新聞/明治20.5.18)

○回向院大相撲
・昨日二日目は、前日に倍したる観客にてありき。
若湊朝日川はいずれも突き手上手の力士なれば、ドンナ相撲になるかと思ううち立上り突合しがはハタキ込みて残されしより今度は左を差し右にて敵の前袋を取り、釣出しての勝。
出釈迦山梅ノ矢は立上り右四ツとなりて互いに揉合いしが、はナンノと云う了見にて無二無三に押し行き、土俵際にて美事にウッチャリ出釈迦山の勝は実に此の人にして此の術に出でしは感心なりと衆人思い居たるに、東の溜に居たる朝日川が苦情を鳴し物言付いて預りとなりしは、出釈迦はもとより観客もあまり馬鹿ゲたる事なり彼の四本柱の年寄は何んの為に居るなどとつぶやきし人あり、兎に角かかる勝負に苦情を採用しては、負けたる力士は苦情を鳴さぬが損の如く思うべし。
綾浪綾瀬川は、立上り左四ツにて攻め合う内綾浪は敵の前袋を右にて取りしに、綾瀬は何んのと押行きしが綾浪はシテヤッタリと土俵際にて得意のウッチャリに行かんとせしに、綾瀬は早もこの気を悟り、押しながら右足を掛け其のままヨリて綾瀬川の勝。
真鶴八幡山は同日一二の相撲なれば、観客は八幡と呼びまた真鶴と叫ぶ東西よりの力声は実にかまびすしく暫時鳴りも止まざりしが、八幡は前日鶴ヶ濱に勝ちたる様子といい殊に元気よければ中々に立上らず、五六度目に立上り八幡左手を彼の首に巻きケタグリたるも残され、離れて右四ツとなりしに真早くも諸差しとなり揉合ううち又々左手を差替え釣出さんとせしを、八幡は是れを防ぎしが土俵際にて同体流れ真鶴の勝は初日二日の両日共あっぱれ目覚しき働きなりき、それはさて置き両力士の体流れし際八幡土俵の角にて腹部を打ち、また流れ落ちたるとき鼻を強く打ちし為ウンと言いて気絶せり、スワ大変なりと真鶴は抱き起こし四本柱の関の戸は早くも水を八幡山面に吹き関取関取と呼び叫びしが、ウントモ何んとも答えざるより楽屋へ連れ行きて治療を加えようやく回復したるが、真鶴はもとより八幡贔屓の人々は顔面青色を帯びたるはさもあるべし。
嵐山千羽ヶ嶽は左四ツ、ヨリ倒しての勝は当然と言うべし。
常陸山海山は到底の勝ならんと思いしに、力士は立上り右四ツとなりて揉合ううち、難なくヨリて常陸の勝はどうした訳か、思うに弟分なる八幡の怪我を心配せしゆえならんと海山贔屓の説なりしが、少しく其の情なきにもあらざるべし。
千年川大鳴門は丁寧に仕切り、立上り際は千年は敵の左手を引張り込んで泉川に行きしが、離れて左四ツとなり攻め合ううち鳴門に隙のありしか、千年は諸差しとなりて押行かんとあせりしが、鳴門は差されし敵の二本を諸に極め逆にヒネらんとせしに、早くも右足を外掛けに行きモタレ込んで千年川の勝はあっぱれ感心感心。
大達鬼ヶ谷は、早く立上り突行きければ仕切り直すならんと思いしに、さはなくして相撲となりしよりは少し拍子抜けたる面体なりしが、そんならこうだと金剛力にて敵の右を引張しに流石の大達も東の土俵際までヒョロヒョロと浮足となりしを、得たりとは付け入らんとせしが、早くも体を廻し突き出しての勝は是非もなし。
上ヶ汐竜門はケタグリての勝。
伊勢の濱鶴ヶ濱は左四ツ、スクイ投げにての勝。
相生鞆の平はハタキ込んで相生の勝。
一ノ矢知恵ノ矢は突出して一ノ矢の勝。
柏戸剣山は立上りは諸手を差し押行かんとせしも、極め出して剣山の勝にて打出したり。
・観客中例の通り副島安藤の両君を見受けたり。

○黒田伯の祝宴
・黒田伯には無事帰朝の祝宴を昨日三田小出邸において催し、余興には夜に入り回向院一行の相撲ありしという。

無理な物言いは今こうして読んでみても興ざめな感じを受けますね。八幡山は無事で何よりでした。相撲は命懸けです。以前に大達を倒したことのある鬼ヶ谷は今回もチャンスがありましたが惜しい相撲でした。

明治20年夏場所星取表
【2006/12/20 09:11】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治20年夏場所初日 (毎日新聞/明治20.5.17)

・回向院大相撲は昨日初日にて、中々の景気なり。
鬼ヶ谷常陸山は突あううち押出して常陸の勝。
平ノ戸上ヶ汐は場内何となく人気だちたり、さて力士は充分に仕切り立上りは左を差し押出さんとせしに、上ヶこれを泉川に極め揉み返さんとあせるうち解けんとするを上ヶトッタリに行きしが残りし故、今度は小手投を打ちしもは其の手を預け右足にて内掛に行きそのままモタレ込んで見事に平ノ戸の勝となりしより場内は一時に湧き出し暫時喝釆のなりは止まざりき。
鶴ヶ濱真鶴は、前相撲同様定めし面白き事ならんと思いし如く、力士は立上り突合ううちはヒネリを行いしが残され、左を差し押し行く所をは左足を内掛に行き、残して左四ツとなり互いに上手下手投を打ちしが水入り再び揉合うて本四ツとなりは二三度投げを試みしも残されしかば、面倒なりとや思いけん、右上手を引き左足を敵の股に入れ大左股にて真鶴の勝は感心感心と云うばかりなりき。
知恵ノ矢高千穂は突出しての勝。
鞆ノ平伊勢ノ濱は、立上り際一つハタキたるに伊勢はヒョロヒョロとする所を押し出しての勝。
真力一ノ矢は左四ツ、ヨリての勝。
剣山千年川は、押出して剣山の勝。
朝日川嵐山は立上り左四ツとなり、は遮に無に押行きは踏越したらんと思いしに、ウッチャリてに団扇上がりたるも物言い付き預りは当然。
海山若湊は立上り突合ううち、は首投げに行きスッポ抜けとなりしかばはこれを立て直さんと思う間もなく、後ろより突出して若湊の勝は実に望みある力士というべし。
千羽ヶ嶽西ノ海はヨリ倒して西の勝。
大鳴門相生の取組には最早土俵ランプを灯し、四本柱には高張を付けし程なりし、力士は充分互いに隙を狙い立上り突合ううち左四ツとなり、互いに攻合いはカタスカセに行きしを鳴門はこれに掛かりながら敵をネジリ、鳴門は膝をつきは両手をつきたるより物言となりければ、粂川等の四本柱及び行司も残らず出で東西の力士に掛け合い、ついに土俵だけ預となりしが、なお此の勝負につき会所に於て評議を開く事になり此の物言中ほとんど一時間ほどを費やせり。
廣ノ海大達はハタキ込んで大達の勝にて打ち出したり。

・此の日、副島宮中顧問官安藤議官柴原山形県知事を見受けたり、同社会は当場所より改正規則に基くとの事なるより、此の日土俵にランプ高張を灯するまで興行するが第一に改正の規則かなどと観客人中つぶやきたる人ありしが是れ等はほんの悪口、何か事故ありて中頃休み其の後も始終勝負に揉めありし等のため遅くなりしにて二十余年前、旧千羽ヶ嶽國見山の相撲の時にも土俵へ高張を付けし事ありしが爾来高張を付けしかも八時二十分頃ようやく打出しとなりしは昨日が始めなりと、もっとも同社会より其の筋へ出せし規則はいまだ認可あらざるよしにて、認可の上は取締組長の名を改称し実行するという。
・また大達はにわかに千賀ノ浦の養子となり一昨日右の披露をなしたり。
○日本村の力士と俳優
・去る十七年十月中、英国倫敦に赴むき日本村の見せものとなり居たる力士千鳥川(徳島県宮本浪之助)熊ヶ谷(福岡県辻与一)俳優東京府市川幸造の三名は去る八日長崎へ帰着したり、同人等が話しによれば最初六ヶ月間ばかりは大当りにてありしも、のちようようと衰え到底糊口に迫る勢なるを以てこの度にわかに帰朝せしなりという。

この日も物言い等が多くて途中の取組をスッ飛ばしたようですね。それでもランプや提灯を持ち出すくらいに日が暮れてしまいました。当時の照明ではかなり薄暗かったことでしょう。最後のニュースは大相撲とはあまり関係無いかも知れませんが、海外へ一旗揚げに行って苦労した無名の力士達の記録です。

明治20年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/12/18 23:01】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治20年春場所千秋楽 (毎日新聞/明治20.2.8)


・昨日十日目千秋楽の勝負は、若木野矢車は立上り渡し込んでの勝。
四剣萱田川は双方土俵を荒れ廻り、ハタキて四剣の勝。
藤ノ戸鬼鹿毛は、敵の左を引張り込んで小手投げでも打つ目算なりしも、がイヤダと逃げる所を付け入りて寄り切りの勝。
若湊勢力は、若湊左を引張り泉川を極めんと思ううち、は左手を預けモタレ込んで勝は大出来。
九十九山真力は、ヒネッて真力の勝。
雷震平ノ戸は、雷震右を差したるにはこれを引上げ揉合ううちより蹴タグリに行きしを残りて右四ツとなり、攻め行き左の足クセに行きマキ倒して勝はよき相撲。
野州山朝日川は、立上り野州は左を差したるには泉川に行き極め出さんと金剛力を出し寄り行く時、残って左四ツとなり巻き出して野州の勝。
相生山ノ音は立上り二三度跳ね合い左四ツとなりて揉合しが、離れては引掛け左手で敵の右足を取り渡し込んで勝、右に付き弓取の役は山ノ音これを勤め、目出度く大場所を結べり。

○祭典相撲
・本日は本所緑町野見宿禰神社境内にて保存のため同相撲を興行す。
○花相撲
・明後十日より晴天五日間、四ツ谷区練町に於て伊勢ノ濱嵐山両大関の相撲あり、興行中勝負により籤引にて白米反物その他種々の景物を出すと。

新勢力が出てきた十両、千年川・相生・若湊・平ノ戸などが期待されます。場所後は恒例になってきた宿禰神社奉納相撲です。他にも巡業は色々ありますが、景品付きの興行は珍しいですね。

明治20年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/12/17 23:16】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治20年春場所9日目 (毎日新聞/明治20.2.8)

○回向院大相撲
・一昨日九日目の相撲は、大風の厭いもなく日曜の事ゆえ随分人足付き、およそ四千方も来たりしならん。
鬼鹿毛伊勢ノ濱は手先に揉合い、伊勢は烈しく突張り引張り込みてナタを極めて進む途端、アシクセにてもたれこみ鬼鹿毛の勝。
廣ノ海稲ノ花は、が二本差せしを構わず上手から釣り出しての勝。
嵐山綾瀬川は右四ツに揉合い、嵐山は寄り身で持て行き一ツ投げを打ちてまた寄り、いやだと廻る所を切っ返しての勝。
出釈迦山高見山は丁度手頃の相手なりと充分に構え、まづ跳ね合って隙を見済まし、片手車にて押合い出釈迦が出て来るを待て手車を引き、右手にて相手の襟のあたりをしたたかに打ちしに出釈迦山の体前へ流れ、手を砂に突き高見の勝。
八幡山友綱は気合よく立ちて、双方廻し引きの左四ツとなりし時八幡は例の通り四ツのまま左足を上げて相手の右膝を蹴ながら反り身となるを、友綱はじっと受けてアビセ倒したるは八幡が雉を割くに牛刀を用いし故のみならず、相四ツにて五分の時この手にてはもろに落ちるは知れた事なり、と溜りの評なりし。
一ノ矢千羽ヶ嶽は力の入るまでもなく下手投にての勝はもっとも千万。
大鳴門大達は立合より大荒れに荒れ出し、土俵も崩るるばかり跳ね合いしが、鳴門が大喝一声突掛るに流石のもタヂタヂとばかり土俵を割ると思いの外、美事にハタキ込んでの勝は実に天下に敵なき振舞なり。
山ノ音雷震は立合に雷震が声なくして敵の手を押さえしに、木村喜与次ハッケヨイと言うとき雷震は後へ足を運びながらマテマテマテと言いしが、もとより立ちたる相撲なれば雷震が踏切る時勝負ありと山ノ音に団扇上がり、物言い付きて渋々預かりとなりしは無理なる物言いと思わる。
朝日川九紋龍は甲は大事の出世時、乙はドウデはやと言う向き、不見押して呉れんとの目算で立つや否、一文字に進む所を引っ挟まれナタを喰い例の威嚇声を出してヤッと免れし時、朝日が打出す鉄砲を受け損じ朝日の勝は随分賑やかな相撲。
龍門綾浪は左四ツ、見たようになり龍門がスクイ投げにでも行く様に見えしが腰砕けて潰れ、綾浪はぬれ手で粟。
真力常陸山は、真力常陸の大投げを恐れてか始終左をはづに構い沈着待長主義で取りしが、常陸山も互角に取り水入りて組直し、ついに攻め抜きて常陸が廻る所を横ざまになぐり倒して真力の勝は余程力の入った相撲。
知恵ノ矢柏戸は四ツにて知恵が持ち行きざま柏戸がいやだと振り向く所をアシクセに極めんとせしに、どういうはずみかアベコベに柏戸からもたれ掛けしに例の達者モノなればそっちで否なら此っちへ来いと右手に相手を引張り出し勝を得たる知恵ノ矢の働き、その早技目にも止まらざりき。
海山上ヶ汐は痛手ながらも(前日大達にナタを喰い)海山は右四ツに組み、ためらううち上ヶ汐が進む所を突落して海山の勝。
高千穂鶴ヶ濱は手先にて競合う途端、巻落しての勝は大出来大出来。

待ったをしたつもりで勝負続行されてしまうケースは現在でもまれに見られます。当時は声を出しながら立つのが標準だっただけに、黙ったまま受けて立ったのは行司の目にはケレンと映ったのかも知れません。九日目を終えて新小結の一ノ矢が1敗のみ、幕内最優秀の成績を収めました。勝ち方にも風格が出てきているようです。

明治20年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/12/15 01:23】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治20年春場所8日目 (毎日新聞/明治20.2.6)

○回向院大相撲
・昨日八日目の相撲は昨同事とも言うべき場況なり。
綾浪真力は気合よく立って二ツ三ツ跳ね合い、綾浪は二本差し真力は絞り、綾浪が進む所を捻って真力の勝。
常陸山出釈迦山は左四ツとど突張って常陸の勝。
友綱知恵ノ矢は跳ねて友綱の勝。
大達海山は丁寧に立合い、二ツ三ツ跳ね合い手四ツとなりまた右四ツにて海山が進むを、大達は挟んで持て行く途端に海山よりカタスカセを試みしが到らず、大達は挟んだ手にナタを極め激しくきめ付けるに海山も必死と防ぎ、またカタスカセを出せしがためかえって体崩れ、大達は得たりと敵の右手を極め上げ我が右手に突張りて極めだし大達の勝。
伊勢ノ濱梅ノ矢は右四ツにて揉合い、伊勢のカタスカセが利き梅ノ矢に突き手ありて伊勢の勝。
嵐山相生は双方日の出力士、随分人気の乗った取組なり、さて仕切りもあっさりと立合いざま相生はまづ頭捻りを引きしが決まらず、残りて右四ツとなりし時、如何なるはづみにや嵐山の縦マワシが抜け嵐山の国産越前の名物のヌッと出でたるに、行司木村龍五郎大いに狼狽し、まづ力士にはマワシだと声を掛け四本柱の年寄にドウ致しましょうと相談せしに、勿論包み直して取らせよとの事に其のままブラブラと溜りへ下り、締め直して取り直しとなり、水まで入りしが勝負付かず引分とは随分愛敬ある立合なりし。
上ヶ汐八幡山は、上ヶ汐少しく立後れありしか寄られアワヤ土俵を割るばかりの所で上ヶ汐は河津に行きしが、体かわらずしてもろに落ち八幡山の勝。
高千穂綾瀬川は右四ツから綾瀬川が二本差しとまでなりしが、高千穂に充分取りこなされ危うき所を残られ、水となりまた引分。
一ノ矢廣ノ海は立合ざまが大胆にも河津に行きしが、深すぎて利かず一ノ矢は巻かれた足を芯にして一つ廻り、サマタにて送り出し一ノ矢の勝。
高見山大鳴門は、順当に跳ね負け鳴門の勝。
・此の日、貴顕中には副島宮中顧問官、蜂須賀公使、楠本、安藤の両元老院議官、高崎府知事、徳川家達、池田茂章の二君等をも見受けたり。

来ました、モロ出し(;・ω・)当時のルールでは別に負けになるわけでもなかったようです・・・観客の様子が書かれていませんが、それほど騒がずに淡々と片付いた感じがしますね。四本柱というのは勝負審判のことで、現在と違い土俵上の四隅に座布団を敷いて柱を背にして座っていました。現在のように土俵下から見上げる形になったのは昭和5年夏場所からです。勝負の邪魔にならなかったんでしょうかね。

明治20年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/12/13 09:59】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治20年春場所7日目 (毎日新聞/明治20.2.5)

○回向院大相撲
・昨日七日目の相撲は大達出勤、且つ取組も追々よき故か観客も前日に比すれば幾分か多きを加えたり。
千年川播磨洋は跳合って押し切り千年川の勝。
伊勢の濱千勝森は寄って伊勢の勝。
真力高見山は、高見が一杯に出て来る所をハタキ込んで真力の勝。
嵐山知恵ノ矢は、相四ツになり知恵が押す加減で出て来る所を振切っての勝はよい勝。
上ヶ汐綾瀬は立つや否、綾瀬は体に任せ差して寄るを上ヶ汐は程よくあしらい十分力の乗った所で後ろを見せ一本背負いにて見事上ヶ汐の勝とは幕の内で此様な相撲は両國梶之助以来の事にて場中割るるばかりの大喝釆。
高千穂八幡山は、高千穂が左差しで組む所を八幡山西ノ海気取りで泉川と出掛けたれど、高千穂は反対に差し手を深くして進むにぞ八幡はたまらず蹴タグルはづみ、差し手を揉み上げ渡し込んで高千穂の勝は見事。
一ノ矢大鳴門は双方大事を取らず、進んで差し競をして居るうち一ノ矢が差し勝ちて進む所を、ヤッと声掛け突き落して鳴門の勝は大受け大受け。
・(中入後)龍門柏戸は、右四ツになるが早くスクイながらヤグラにて龍門の勝、是れで当五月の番付は無論幕なるべし。
廣の海常陸山は、常陸山十八番のうち下手投げで常陸の勝。
友綱は片閂にて梅の矢に勝。
・さて例のは、有名なる右差しのなるにも関わらずは掻い込み絞りて相撲にするつもりか、しきりに引張り込む所を右からスクう、大達は得たりと持って行く所をまたスクッて押返したるには踏み切りの勝、此の分にては本日の海山にも油断ならずご用心ご用心。
・当日海山西ノ海鞆ノ平綾浪は休。
・また貴顕中には副島、土方二宮中顧問官、徳川家達君などあり、副島氏はすこぶる不興の体なりしは全くの失敗せしゆえなるか。

休場明けの大達は相撲が大きすぎて不覚を取りました。怪我の影響はどうなんでしょう。五日目に一旦流れた海山との対戦が八日目に改めて組まれました。全勝の一ノ矢も土。上ヶ汐が例えられている両國梶之助は幕末から明治初期に関脇で活躍した小兵のワザ師のことでしょう。記事の中で入幕確実と書かれた龍門は貧乏神で勝ち越しましたが昇進を見送られ、結局入幕できずに終わった不運な力士です。

明治20年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/12/12 11:07】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治20年春場所6日目 (毎日新聞/明治20.2.4)

○回向院大相撲
・昨日六日日の相撲は、海山一ノ矢の一番があるゆえか中入後より少しく人足付き、まづ中等の場況なりき。
若湊山の音は、左四ツをほどき引掛けて送り出しの勝とは日々あっぱれの働き。
増位山泉瀧は左四ツにて揉合い、元気盛んの泉瀧は十分に揉みて相手の体を崩し寄っての勝。
四剣龍門は随分激しき相撲なりしが、ついに龍門の高ムソウが利いて龍門の勝。
柏戸綾瀬川は、骨の折れた相撲なりしが水にて分。
綾浪八幡山は左四ツとなり、かなりに揉合いしが八幡は沈着泰然と機を見すまし土俵をヂリヂリと攻め、トド振り切って勝は綺麗綺麗。
友綱鶴ヶ濱は、ウンと突張ッての勝。
常陸山鞆ノ平は双方投ゲが得手の力士ゆえ、左四ツになるや否や投ッ競となり常陸が外へ廻った所を一ツ投げを打ち、横様に体を預けどうでもしろとアビセ倒しの勝はよし。
西の海出釈迦山は、勘弁なく目茶目茶に押し寄て西の勝などは剛気なもの。
・(中入後)嵐山真力は、押切りての勝。
上ヶ汐知恵の矢は、右四ツにてまづ蹴たぐりしが届かず、出て来る所でヅブネリを試みしが相手がそれ者ゆえ仲々決まらず、ソコデ水入り分け。
一ノ矢海山は双方土付かずの贔屓力士、名乗りの上がったばかりで場中どよめき渡り、およそ二十分ばかりにて立上り、少しく海山は立後れて見えしが其の如く一ノ矢は右手をあてて押切って一ノ矢の勝。
高千穂大鳴門は相四ツなりしが、寄られて大鳴門の勝は至極順当の勝負と申すべし。

・当場所は剣山といい千羽緋縅と云い兎角力士に病気多く、ことに大達も五日目の海山との組合せに休みたるより、海山贔屓はの逃げたるならん又は事故ありて脱走せしならんなどと種々の説を構え囃したるが、は去る一日の朝、神前に拝せし後甚だしく腰の痛む所より医師を招きて診断を請い、治療を加えしに全快したれば本日より出場す、又当場所よりは力士病気なれば早速医師の診断を請う事に定め、例の仮病を防ぎたりと。

一ノ矢は引き続き好調。それでも仕切り二十分というのは現在の感覚では長すぎですね。期待の割には勝負もあっけなかったようです。大達は腰痛だったらしいですね、それにしても仮病ってそんなに多かったのでしょうか(;・ω・)休場の時に医者の診断書を必要とするというのは良い考えですね。

明治20年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/12/10 11:25】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治20年春場所5日目 (毎日新聞/明治20.2.3)

○回向院大相撲
・昨日の五目目は天気の都合とは言え少しく気の抜けた所に、力士中に休み多くなかんづく両大関とも病気とは近来になき事にてかたがた観客の足も薄らぎしやに見受けたり。
廣ノ海上ヶ汐は突張て苦もなく上ヶ汐の勝。
八幡山嵐山は大相撲となりしが、八幡例の外掛けから寄り倒したれど体早く物言い付きたるは無理なき物言というべし。
鶴ヶ濱一ノ矢は、右を差して寄り切り一ノ矢の勝は益々強い。
知恵ノ矢西ノ海は、知恵ノ矢が例の足クセをやりしに高すぎて利かず、上から押潰され西の勝。
大鳴門常陸山は跳合いて大鳴門右を差し、預けて押し切り鳴門の勝。
真力若湊は、真力が立ち後れての勝はもっけの幸い。
鬼鹿毛鷹ノ矢は、未だ鷹ノ矢が幕下の分際で相手を舐め中腰に仕切りなどしてかたくせんとせしを、は実地に取りしが案に違わず投げを激しく打たれ、最後の投に足を運びかね土俵詰まり見苦しくの負けとなれり、ソコデ若き力士に忠告す、必ず相手を舐める心を出すなかれ負けた時見苦しし。
出釈迦柏戸は、出釈迦が高ムソウに潜りしに手はずれ後ろを振向いた所を後ろから抱出しての勝。
龍門友綱は、遮に無に寄って友綱の勝はお手柄。
鞆ノ平高千穂は、寄っての勝。
綾瀬川綾浪は随分人気の乗った相撲なりしが、立合際綾浪が下へ潜って廻しを探りに来た所をちょっとスカセて綾瀬の勝はとんだ僥倖。
海山大達は左四ツとなり、海山が下手投げにてついに大達の勝ならんと想像説もありしが、休みとは残念残念。
・また昨日は佐々木、副島、土方、三宮中顧問官を始め吉井宮内次官、高崎府知事、其の他海軍将校も大勢見受けたり。

ついに2月に入ってしまいました。日数が空いてしまうとやはり気が抜けるものでしょう。客足が減り、大達は何の病気なのか休場してしまいました。天覧相撲以降、客席に来る要人が増えたためか名前がよく出ています。毎日のように来ている宮中顧問は相撲好きの明治天皇へ速報を届ける任務なのでしょうか?

明治20年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/12/08 12:47】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治20年春場所4日目 (毎日新聞/明治20.1.30)

○回向院大相撲
・昨日の四日日は、長雨のため人々待ち受けし所なれば非常の大入なりし。
若湊泉瀧は突張ッて若湊の勝。
高ノ矢梅ノ矢は相四ツから釣ッ競となり、寄っての勝。
柏戸真力は初めての顔合せゆえか柏戸も丁寧に取りしが、ついにアシクセをやり損じて柏戸の腰砕け真力の勝。
綾瀬川一ノ矢は、差し寄って一ノ矢の勝はアッケなし。
大達知恵ノ矢は案外の大相撲、左四ツにて揉合いしが知恵は長く取らば勝手悪ししとアシクセに行きしも利かばこそ、は平気で股を広げ悠々と持ち出しての勝は強いもの。
藤ノ戸朝日川は潔く立ち、出て来る所を「河津」に掛けて美事の勝はちょっと利いた相撲。
千年川矢車は、立合に引掛け渡し込んで千年の勝。
桐山龍門は、大ノ川以来のヤグラに掛けて容赦なく龍門の勝。
綾浪廣ノ海は相差しで揉合い、が一杯に進む所をスクイながら振り向いて綾浪の勝は此様な物なるべし。
高千穂海山は巧者同志の立合ゆえ、見巧者の観客は静まり返って見物せり、高千穂は差し負けて左を伸ばし前袋を探しに行く所を肩スカせで敵を匍匐せ海山の勝、この時この力士と同産地の某貴顕は思わず桟敷に突立ち上り拍手喝釆、大御喜悦の様に見奉れり。
嵐山鶴ヶ濱は念入りて立合いしが、双方右を嫌って左四ツとなるが早く掻い込みは引張り込んでナタを極めしに、も仲々の剛の者ウンと踏ん張る所をは逃がさず外から足をかけ、もたれ込みて重なり落ちの勝は当日の勝負にてあり。
西ノ海八幡山はかねて目算のある事と見え、八幡は余程練って居たる様に見えたり、やがて八幡の手が八寸ばかりも差せしと思う時、得たりと西は例の手を極めしを引抜きざま八幡山身を反らし両手を以て相手の左手を巻き左足を上げて敵の膝のあたりをしたたかに蹴たれば西の体前に流れ右手を砂に突き八幡の勝はあっぱれの働き、末頼もしく思うなり。
上ヶ汐大鳴門は、跳ね負けて鳴門の勝。
・此の日は相生白梅常陸山緋縅友綱千羽ヶ嶽高見山鞆ノ平の四組は休みたり。
・貴顕紳士の来場も多く、佐々木副島二宮中顧問官、蜂須賀公使、徳川家達君をも見受けたり。


木村誠道は今度式守秀五郎という年寄株になり、行司の方にては式守鬼一郎と改名の披露ありし由。

三日目から10日以上経過していますが・・・ずいぶん降ったものです(;・ω・)日が延びると、力士の食費など経費がかさむので年寄連には頭の痛いところでしょう。それでも大入りなのがありがたい事です。この日は八幡山のワザ師ぶりが光りました。

明治20年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/12/07 09:05】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治20年春場所3日目 (毎日新聞/明治20.1.18)

・昨日の三日目はいよいよ盛なる景況にて。
出釈迦山友綱は造作なく立ち「左四ツ」にてちょっと揉合い、一声の力声と共に「上手投」にて友綱の勝はお手柄。
海山柏戸は左差しにて、柏戸は四ツになる気、海山は引掛けて小手投げを試みたるも至らずして、柏戸が堪える所を差し手から寄り戻して海山の勝。
鶴ヶ濱綾浪は双方若手の秀力士、立派に立合いしがは相手の出て来る所を一と「ハタキ」呉れて泳がせ、体をかわして突出しの勝は利いた相撲。
綾瀬川西ノ海は双方仕切り清き力士ゆえ難なく立ち、綾瀬が差せし左をかい込み西極めんとするを、はわざと差込んで「パツタリ左四ツ」水入りて引分。
大鳴門嵐山は左四ツとなり、は始終相撲を仕掛け廻しへ左手の届くや否「ヒタ投げ」に「投げ」を打ちしが、鳴門は達者に足を運びて三四度危き所を免かれ土俵の中に廻りて一息という時、水入り勝負付かず引分。
緋縅高千穂は、此方は土付かず彼方は反対なれば自然呑むともなしに仕切り勝ちし如く見ゆるうち、立つか否や蹴返して高千穂の勝。
千羽ヶ嶽常陸山は、常陸山名代の首役げにて三段ばかりに区切りを付け、投げるとなく引くともなくつまり倒して常陸の勝は妙な相撲なりし。
知恵ノ矢一ノ矢は、立ち際に知恵河津に行きしを釣り上げてあわや持出さんとするに、たまらず知恵は両足を搦みて反らんとすれど一ノ矢は動かず、「手ナタ」にて相手の首を防ぎ足を運べば、危しと体を「アビセ」掛けて倒し込み一ノ矢の勝は目覚し。
上ヶ汐鞆ノ平は双方贔屓力士、土俵一杯の愛敬にて立合いしが、何だか寄るともなく出るともなく勝負付きの勝は感心せず。
八幡山大達は、八幡が例の足クセに行きしに腰崩れ、手到らずして潰れの勝。

・本場所打上げ次第、大達剣山の一行は横濱より横須賀に出掛け、帰京の後木挽町にて興行するよし、此の興行は多分二月下旬頃の見込なりという。

技がキレイに決まった相撲は記者に絶賛されますが、よく分からないうちに勝負がつくとあまり良く書いてもらえませんね。寄るともなく出るともなく勝ったってどういう状況ですかね(;・ω・)一ノ矢の元気と最後を締めた大関大達の安定感が目に付きます。

明治20年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/12/06 11:09】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治20年春場所2日目 (毎日新聞/明治20.1.18)

○回向院大相撲
・一昨日二日目の相撲は日曜と宿下りとを兼ねし上、風は激しかりしもまづは上天気、殊に二三番請けた顔触れもありし故か、およそ七八杯も観客ありければ大層なる二日目との評なりし。
若湊吉ノ山は、一本差して寄りの勝は感心、此の働きなれば幾分か直せると溜の評判。
白梅大則戸は、白梅は上手左に廻しを引き右に相手の左を殺し、其のまま持出して勝。
鬼鹿毛雷震は、左四ツに渡り合い美事「スクイ」「高投ゲ」ての勝は目覚しき働き。
増位山梅ノ矢は差して寄り、振切って増位の勝は段に似合わぬ大きな相撲。
山ノ音九紋龍はツカツカと寄ての勝は九紋龍名代の立ち後れ、久しい物だと師匠高砂に叱られしなるべし。
相生黒縅は、いずれも出世の晴れ土俵と丁寧に立合い、黒縅右を差したを相生は抱えて撓め出し、即ち泉川を極めて手を抜かせ一ツ跳ね付けて左四ツと成り、黒縅が揺り込んで進む所を「下手投げ」て相生の勝。
真力高ノ矢は、押して真力の勝。
智恵ノ矢常陸山は随分念入りて立合い、合い四ツにて揉合い常陸が足を運びて進む所をちょっとと出し投げて知恵の勝。
千羽ヶ嶽柏戸は左差しとなりし所、千羽は例の通りどうかなるだろうと泉川を極めしを、柏戸は早くもこれを免かれ右と差し替え、揉上げて寄る所を千羽はたぐって廻るはづみ「アシクセ」にてもたれ掛かり、柏戸の勝は骨の折れたよい相撲。
出釈迦山高千穂は、振切て高千穂の勝。
一ノ矢八幡山は、諸人待ち設けたる顔触れ、観客のどよみ半ばにて立ち上り二ツばかり跳ね合って左四ツに渡り、双方廻しを引きたる大相撲一ツ振ってためらうかと思いきや一ノ矢は少しも猶予せず、えいとばかりに敵を釣りながら寄りしが、八幡は右足の親指を俵に掛け「打チャリ」て相撲にせんとの機を見て取り、一ノ矢は取りし廻しを放し「手ナタ」を呉れて極め付け、美事一ノ矢の勝はあっぱれ本日の働きエライと申します。
嵐山鞆ノ平は気合よく立合い、左四ツにて揉合い鞆ノ平は一杯に寄り「アビセル」気にて行く所を、は土俵をすさり右足を俵に止め上手に引きたる廻しを引っ立て体を捨てて自ら倒るる如く見えし時、鞆ノ平の体は相手の体を越えて転倒し、の体上となりて落ち重なる、是れなんは右足を柱にして「打チャリ」たるにて美事が勝を得たるは実に非凡の働きなり。
綾瀬川大達は左四ツにて渡り合い、綾瀬は敵の首に手を掛けて揺り込む途端体崩れ、大達はぢりぢりと寄て勝。
・(中入後)友綱廣ノ海は離れて跳ね合い、は例の気合にて勇んで突掛るをは土俵を廻りながらきわどく「ハタキコミ」ての勝はご苦労、此の上とも御養生御養生。
上ヶ汐鶴ヶ濱は右四ツになり、は得意と落着くを上ヶ汐は振るヤラ釣るヤラ、どうヤラこうヤラ持ち行き、ついに下手投げて上ヶ汐の勝は満場大喝釆。
西ノ海緋縅は二ツ三ツ跳ね合い、緋縅がエンヤラヤッと進むを一ツ「ハタキ」て体を崩し、ぬっと寄て西の勝。
・結びに綾浪大鳴門は、至極綿密に立合いしが左四ツ双方廻しを引きて挑む途端、大鳴門は釣りに行く綾浪は引き付ける出合い頭大鳴門の腰くだけ膝きまりての勝となりしは天然の「腰クヂキ」とでも申さんか、何にせよ綾浪の功名賀すべし。
・昨日雑踏を制するため警官も常より多く出張し、観客中には副島佐々木の二宮中顧問官を見受けたり、また此の大場所より各新聞社員のため向う土間一間を其の席に供し、行司一名付き添いて案内を為し、接遇いと丁寧なりという。

「宿下り」は藪入りと同様、奉公人の休日のことです。「七八杯」にはナゼか「さんしせん」とカナが振ってあるのですが、七~八分の入りで三~四千人の観衆ということでしょうか。新小結一ノ矢や嵐山らが元気な相撲です。十両では真力と黒縅が東京相撲に参戦、通例通り二日目からの出場です。

明治20年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/12/04 08:01】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治20年春場所初日 (毎日新聞/明治20.1.14)

・回向院大相撲はいよいよ昨日初日なりしが、まづ充分の景気にして観客も二三千は入りたるべし。
海山綾浪は難なく立ちて、綾浪が進んで右を差すを捻って海山の勝は美事。
泉瀧友綱は、四ツにて揉合い友綱は四ツならばという気組みでゆっくり差し替える所を寄っての勝は初めから感心感心。
鶴ヶ濱千年川は丁度頃合の相撲、気合よく立ち双方右差しの力士ゆえ嫌って左四ツになりて釣合い押合い、ついに双方土俵際にて体落ち預り。
廣ノ海西ノ海は、元来位の違う相撲ゆえ例の泉川も出ずはどうでだめだと言う心にや、蹴タグリなど出せど西は泰然動かずぢりぢりと攻め寄るを、は一かバチかと首投に行きしかどスッポ抜けて腰崩れ西の勝は是非もなし。
大鳴門真鶴は、二三度跳合いて左四ツとなるやグッと寄って鳴門の勝は、負力士には気の毒ながらちょっと立派な相撲だった。
山の音増位山は、押しての勝。
鬼鹿毛九紋龍は、九紋龍の勝は拾い物。
藤の戸黒雲は、の勝。
白梅嵐山は丁寧に立合い直ぐ左四ツにて、釣れば足クセ、寄れば振ると双方達者の腕前、なかなか力の入った相撲なりしが、ついに白梅は金剛力一杯に寄りつつ振切って白梅の勝。
梅ノ矢上ヶ汐は少しく立ちこじれしが、上ヶ汐は後れを構わず立ちたれば右を差され、あわやと思うとき早くもハヅを構い右にて敵の左を受け体にも構わず押したりしが、梅ノ矢はハヅを免れん目算か受けられた手を引きしが失策にて、敵が敵ゆえ付け入られ上ヶ汐の勝は昔取った杵柄。
知恵ノ矢相生は左四ツになり、相生が差し手を起して知恵がいやだと踏ん張る所を美事突き落として相生の勝は今日の妙手、此の後も勉強を祈るなり。
綾瀬川常陸山は造作もなく立合いしが、首投げが抜けて突き付けられの勝。
千羽ヶ嶽高千穂は、左四ツになり掛かって千羽は無性に土俵を踏んで逃げしが、高千穂は足の流れを見、突落して高千穂の勝は老練。
出釈迦山一ノ矢は、遮に無に取崩して一ノ矢の勝はさもあるべし。
鞆ノ平高ノ矢は左四ツにて揉合い、が差し手をこぢるゆえは挟み込んで相撲にせんとする所を、差し手を抜いて引倒しの勝ちたるはカタスカセと見えたり。
・さて結びの大達緋縅は、最初から緋縅は張合いのない今日はドウデと言う顔付き見え、不承不承立合いしが、案に違わずグニャグニャと決まりの勝。

本人にそのつもりは無くても、相手が強すぎると最初から勝ちをあきらめているように見られてしまうことはありますね。緋縅は十両時代から入幕した頃までは花形、廣ノ海も東京相撲に登場した頃は西ノ海と同じくらい期待されて活躍しましたが、すっかり差を付けられてしまった感があります。

明治20年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/12/02 10:40】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治19年夏場所千秋楽 (毎日新聞/明治19.5.27)

○回向院大相撲
・昨日十日目の相撲勝負付は左の如し。
野州山三芳川は、靖国神杜の奉納相撲に野州山三芳の痛き頭突きに逢い、つら憎しと思う折柄、一生懸命なかなかの骨折りにて寄って勝は面白かりし。
一ノ谷鷲ノ森に勝ちしは、立上る途端小ヅマ取りの極早きものならんが、敵の足に手の移ると見れば早や勝負ありき。
相生朝日川朝日二本差してミツを引き、相生は右上手にミツジリを取りて揉合い、立水入りて勝負なく引分け。
雷震黒雲は、雷震左にミツを引き右に前袋を取り必死の争い、同じく立水入りてのち雷震寄て勝はよろし。
・(以下三役)若湊響升は、右を差し寄て若湊の勝。
龍門祇園山は同じく寄て龍門の勝。
真鶴芳ノ山は突落して真鶴の勝なりしが、芳ノ山は此の一番にて十両になる所、さこそ残念ならん。
・さて形の如くそれぞれ名乗を受け弓取の役は玉椿が勤めて目出たく打出しぬ。

「小づま取り」という技は現在でもあるのですが、なかなか決まるものではないでしょうね~小兵の多い昔の方がやりやすいとは言え、立った瞬間に決めるとはすごいものです。今場所の十両は大阪相撲から真鶴、京都相撲から相生が加入しましたが共に勝ち越して上方相撲の実力を見せました。先場所加入した鬼ヶ谷も好成績で、惜しくも逃していた幕内の座へ大きく前進しました。
goo大相撲決まり手(小褄取り)

明治19年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/12/01 11:18】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。