スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治19年夏場所9日目 (毎日新聞/明治19.5.26)

○回向院大相撲
・昨日同所九日目の相撲勝負付は左の通り。
・番組のうち廣ノ海はヤグラにて達ヶ関に勝。
八幡山嵐山は、われ人共に待ち構えたる顔触れにて流石人気のある同士、粗忽を取らじと見合いしは一点の隙双方になしと見えしが、暫らくして立上り八幡はただに得意に掛て勝を得んと左を差し右を働かしての差し手を防ぐにぞ、仕合悪ししとはちょっと泉川を極めつつ敵の体を崩しながらやはり左を差し、引立て揉むに八幡は右を伸ばして上手より敵の前袋を引きたり、ソリャコソ得意に行きたりは防ぐ術ありやいかにと気遣い固唾を呑んで見物するうち、八幡は一足フミ込んで例のカワズに渡りつつ引絞むれば敵の得意は以前より心得、それと注文あればジッとこらえて双方が体は共に倒れたり、仕切相撲になりければ団扇は八幡に上りしが物言となって預りは無理ならぬ計らいならん。
鶴ヶ濱伊勢ノ濱は、あたら伊勢の首投がぬけて突張りし時危うき所二三度ありしが、土俵を廻って最後に渡し込ての勝は仕合せよし。
高千穂鞆ノ平は、高千穂余り首を使い過ぎ前へ力の入るを鞆ノ平はカタスカシに掛け勝。
・そこで剣山大達は互いに仕切格好はいつもながら立派なるが、前号に記したる如くドコカラでも立つ大達も当日はそう行かず剣山より立ち掛けたる様なるも大達は容易に立たず、此の春場所が負なれば此の場所には是非勝たんとの望みにてすこぶる念入たり、さて立上るや剣山は両手をハヅ一方に構いすかさず押切て勝たんと心いらてど、こっちも剛力土俵近くに至りしも力を直してまた押返し、左四ツに渡りしが又もや崩れ双方左を脇にのぞませ合うてが再び東の溜りに押行くこの時大達危うく見えしも素早く敵をカッパイで土俵を廻り、入れ違いて押切れば踏切り大達の勝にて場内は割るるばかりなりき、或る人評して曰く、此にて来年の大場所も見物の楽しみありとはさもありなん。
相生黒雲をヒネッて勝もよき相撲。
鬼ヶ谷が渡し込み雷震に勝ちしも見ごたえありし。
真鶴は左を差し、右に前袋を引き櫓に掛て綾瀬川に勝。
知恵ノ矢常陸山は右四ツにて上手下手を引き合い五分の取口、水となりて引分けは全く双方術の尽きたる風情なりき。
友綱一ノ矢は、友綱がいつもの通りマタタビをかぐ猫のように首を振廻してコスリ付けるに、一ノ矢立ちにくく少し堅くなりて立つや否、手ひどく寄り飛ばして勝は随分エラかりし。
大鳴門西ノ海は左四ツより西は泉川に替え時々首投を兼ねて水、後は首投と泉川のチャンポンにて攻め立てしは鳴門も少し閉口の色ありしがついに分けは大相撲と見たり。

○祭典相撲
・右大場所の済み次第、回向院境内にて野見宿禰神社保存相撲を興行するよし。
・また来たる二十八日より本所黒江町にて伊勢ノ濱嵐山の両大関にて十日間相撲を興行し、同興行中は大景物を差し出すとの事、また同日は故伊勢ノ海五太夫の本葬を取り行う筈なる由。

両大関が6点の勝ち越しで幕内最優秀成績です。大達もこの日は待ったが多かったようですが相撲内容はなかなか互角の熱戦でした。それにしてもマタタビをかぐ猫のような仕切りってどういうんでしょうかね(;・ω・)西ノ海の首投げと泉川のチャンポンというのもどんな体勢なのか(;・ω・)写真が無いからこそ想像するのが楽しいです。一ノ矢も一時入院したりして足踏みしましたが今場所は筆頭で勝ち越し、三役への道が見えてきました。

明治19年夏場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/11/29 12:12】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治19年夏場所8日目 (毎日新聞/明治19.5.23)

○回向院相撲
・雨天の為に順延せし同所の相撲は、快晴に付き昨日が八日目にて当日の勝負付は左の通り。
九紋竜は押切て緋縅に、綾瀬川は櫓にて浦湊に、伊勢ノ濱はカタスカシにて桐山に勝。
・さて八幡山真鶴は左四ツとなり、機を伺いては相撲いしかど相撲達者の若同士いづれも油断なく大事を取って水となり後、引分けとなりしかど一体大相撲にはあらざりき。
千羽ヶ嶽常陸山は、千羽敵の二本をキメ足クセに行きたりしが自からツブレて常陸の勝。
鞆ノ平一ノ矢は立上りて小手先に突張り合い、隙のありなば組入らんと双方にらみ合いしがやがて一ノ矢振り放して左を差さんとなしけるを、はイヤダと逃げ身になるを付け入り押切の勝。
大鳴門大達は、大達ちょっとの立後れのように見えしが、どこからでも立つエラ物ゆえ難なく引受けし其の時には大鳴門が押切らんかとうたがいしが、残って暫時いどみ合いしもハタキ込で大達の勝。
廣ノ海竜門は左四ツとなり、が寄り来るを土俵際にて竜門釣出さんとして双方の体流れしが、廣ノ海の踏切り早くまず竜門の勝なりしに団扇はかえって廣ノ海へ上り、物言起りしにぞ場面だけの預りとなりしは東西の力士とも行司の案外に吹出せり。
知恵ノ矢嵐山は立合い知恵が左を差すを、心得たりと泉川を極め放して難なく勝は美事なりし。
鶴ヶ濱高ノ矢は、立上り高ノ矢右を差し三ツを引き釣らんとする時、はマッタマッタと言いけるうち釣出して高ノ矢の勝となりしに、はマッタを言いしに聞き入れざるは不法なりと物音を付けたり、行司は既に立上り三ツに手の移りし以上はマッタをいうも其の効なしと争いしが、時間の遷延を恐れて土俵だけを預りたり。
友綱高千穂は、突掛け中高千穂はヒッカケて鉄砲カマせし其の時に友はよろめき土俵際に至りしが立直りて、組み付きざま高千穂を行司溜まりへ寄倒せしが、初めよろめきし其のみぎり友綱に踏切ありとて行司には高千穂に団扇を上げしに又もやここに争いを生じ、年寄その他の奔走にて行司の預りとなす事に披露せり。
剣山西ノ海は、が突掛る左を泉川にキメ引立ての体行司溜りへ後づさるを付入り、ヤハヅとなせし其の時はの危うく見物はあれあれという内に、そこは大関防いで残り土俵の中央に進み出でちょっと争う時西は足クセを巻きざまスクイ投げを行きたるをは切返して勝を得たり。

日が暮れる前に打ち出せるよう、進行のスピードを気にしていますね。その事自体は良いことだと思いますが、何でもかんでも預かりというのは・・・土俵預かり、行司預かりとのことなので勝っていたはずの力士は白星扱いとして給金は一応上がったことでしょう。力士本人からの物言いを聞いていたらキリが無いので廃止したらどうかと思うんですけどね。

明治19年夏場所星取表
【2006/11/28 10:58】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治19年夏場所7日目 (毎日新聞/明治19.5.19)

○回向院大相撲
・昨日(七日目)の相撲は午後より小雨の降りしにもかかわらず来客多く上景気なりき、当日の勝負は左の如し。
廣ノ海九紋竜をアオリ掛け、綾瀬川竜門を釣出して勝。
・さて八幡山一ノ矢は注文を付けし事なるべく、立上るや八幡が左を差すを此方は心得て泉川にキメ我が体を遠ざけながらタメ出さんとの勢いに、八幡少しく逃身に行く途端足クセにて一ノ矢の勝は至極宜しく是れまた満場の愛敬なりき。
鶴ヶ濱嵐山は左四ツにて足クセに来るを、は釣出して勝なりしがこの場所はの仕合せ兎角宜しからず。
千羽ヶ嶽西ノ海はちょっと泉川を試みしが直ぐに左四ツと変じスクイ投げんとするを、千羽は足クセを巻きモタレて勝は大出来と申してよからん。
剣山高千穂は突張ての勝。
黒雲真鶴は左四ツよりスクイ投て真鶴の勝。
鬼ヶ谷高ノ矢は直ぐに押切て鬼ヶ谷の勝。
緋縅伊勢ノ濱は「寄」て伊勢の勝。
大鳴門常陸山は立合直ぐに左四ツとなりしが、鳴門は一番寄て見んと引立て引立て土俵近くに寄り行きしを、常陸は一心ここに防ぎ残って今度は常陸よりタヂタヂと寄り返し、機を伺いて差したる左を引抜きざま鳴門の左を泉川にキメル途端二丁投に行たるに、鳴門は体流れ常陸の勝は満場の大喝釆。
鞆ノ平大達は水入後引分しが、この相撲は始終小手先のせり合に止まりき。

・又一昨日大達友綱が土俵のモツレは、大達にも存外すなおなる了見にて友綱が無法の処置も自ら悟る所あらば咎むべからず、との言葉に仲裁の骨折り甲斐もありて事済となり、本日の顔触にある如く友綱も土俵に上る事となりたり。

八幡山のお株を奪う一ノ矢の足技には場内大喜びでしょうね。今場所一番安定して強いのは剣山で危なげありません。そしてどうやら友綱も許されたようで(;・ω・)大達は意外と寛大な態度です。自分にも責任の一端があることを感じているということでしょうか・・・

明治19年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/11/27 10:32】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治19年夏場所6日目 (毎日新聞/明治19.5.18)

・昨日六日目の相撲勝負付は左の通り。
嵐山鬼ヶ谷は左四ツにて、は遮に無に寄来る所を嵐山打チャリしに、の体転覆し次いでも仰向けに倒れ、団扇はに上りて物言となり預りたり。
高ノ矢緋縅を逆引きに掛けて勝。
相生八幡山は立合い直ぐにいつもの通りにて八幡の勝なりしが、八幡の突きひざ早しとの物言起こり預りたりき。
高千穂大鳴門は、大鳴門金剛力に押切らんと立合うより行司溜りの方に至りし時は高千穂スンデに踏切る所、術を尽くして防ぎたればここは残りしかど後高千穂が二本差して来るをキメ出して大鳴門の勝。
大達友綱は土俵に昇り仕切り合いしが、大達は例の中腰にて拳固を友綱の鼻先へ突き出し居るにぞ友綱立ち得ず、大達の拳固を持ちて地に下ろせよと示すも大達は仕癖となりていっかな下さず、されば友綱は仕切直す事数十度にて、観客は大達よ手を砂に付けよそれにては友綱の立上るべき隙なし大関の処置とは見えず、など様々に雑言し場内湧きかえるばかりに大達を非難せり、かれ是れするうち時間たち友綱は是れまで再三突張たると敵が立ち悪く仕切しとにて立腹やしたりけん、怒気顔色に表れ急に立上ると見えしが直ぐに大達の頭髪をしっかと握り力に任せてひきずり廻すに、大達も無礼なる相手の処置に怒りこれに応ぜんとする時、行司年寄はこれを引分けたるが大達友綱の処分が付かぬうちは土俵を下りぬと四本柱にありし年寄の蒲団へズッと腰を掛けてひかえたるに、友綱も平気にて元の如く土俵に仕切りて敵を待つ有様なるにぞ、衆人これを制して土俵を下ろしたり、今友綱の心中を想像すれば我は謹んで形の如くに仕切り居るに、大達はわが上に位し大関の地位にありながら位下の我に向かって難儀を掛けんは如何にも堪忍なりがたしとのことに他ならざるべし、されども友綱が相撲の法に背きたるは全く土俵の上にて狂乱せしものなりとて、当日の勝負は中には此の取組を掲げず、また本日は友綱西ノ海の顔触なる由に聞きしが友綱は明日より出勤せざるものと見なし千羽ヶ嶽に差し換えたり。
伊勢ノ濱綾瀬川は左四ツにて、が寄来るを土俵際にて伊勢小手投にて敵を打チャリて勝。
九紋竜千羽ヶ嶽九紋竜の首投がぬけて千羽の勝。
常陸山鶴ヶ濱もやはり常陸の首投がぬけての勝。
西ノ海鞆ノ平は、泉川にて攻め倒し西ノ海の勝は力相撲。
一ノ矢剣山は、一ノ矢なかなかに立上らず時間を移せしが、暫くして立ち上るや左四つとなりては釣出して勝を得たり。

来ました乱闘寸前。というか、やっちゃってます(;・ω・)こういうのはちょっと前代未聞です。大達の仕切りは「中仕切り」などと呼ばれますが、腰を割らずに握り拳を相手の顔の前へ突き出す挑発的なスタイルで相手もやりにくかった事でしょう。友綱も相当イライラ来ていた様子です。一応この取組はノーカウント、手を出した方の友綱が出場停止という処分となりました。

明治19年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/11/26 15:31】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治19年夏場所5日目 (毎日新聞/明治19.5.18)

○回向院相撲
・一昨日同所五日目の相撲は追々取組の宜しきより、いよいよ上景気となりぬ。
綾瀬川九紋龍は突落して綾瀬の勝。
相生廣ノ海は左四ツより釣合となりしが、釣まけて相生の勝はよし。
千羽はノッカケて伊勢ノ濱に、鞆ノ平は突落して高見山に勝。
西ノ海鶴ヶ濱は、西泉川より攻め始めついに突張て勝。
剣山常陸山は一息に押切らんとが突張り行くに、常陸は防ぎながら後づさり土俵を廻りて逃げ居たるは厄介の相手を引受けしと思う色の面へあらわれしが、最後にが押切らんとするに常陸はたまり得ず、こうなったら百年目という気込にて捨てバチの首投が見事ハマリての体流れしに、この時団扇のに上りしにぞ、こは不当なる団扇の指し方と場内すこぶるやかましく、相撲は勿論四本柱の年寄も奔走するといえども暫らくは時を移し、ようやくにして預りとなりしが溜りの評によれば十中八九は常陸の勝なり。
嵐山桐山は泉川より右四ツとなり、難なく寄りての勝。
・そこで武隈老にダルマの評ある緋縅は人気すこぶるよく、雌雄いづれに決せんと固唾を呑んでひかえし程にはあらざれども種々の評ありて是れも一しおの取組なりしが、左四ツとなるや武隈は布袋のような緋縅に寄りて勝は面白し。
友綱真鶴は、友綱も大事に掛けて暫く立たざりしが、立上るや存外に早く突張りて友綱の勝は仕合せよし。
・さて八幡山高千穂はいつもながらの人気沢山、名乗と共にどよめきしが八幡左を差し右に前袋を引き大得意の足クセにて勝を得たるはいよいよ感服つかまつる。
一ノ矢大鳴門は、右四ツにて大鳴門が寄りて来る所を打チャリて一ノ矢の勝なりき。

常陸山は殊勲の星かという所でしたが、よく分からない判定で預かり。八幡山は全勝の小結高千穂に土をつけて殊勲です。徹底して足技に行くという異色の力士ですね。「前袋を引く」は現在反則として明文化されてますが、当時はそうではなかったのでしょうか。元・手柄山の武隈はこの日の白星を花道として休場、引退となります。

明治19年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/11/23 11:10】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治19年夏場所4日目 (毎日新聞/明治19.5.16)

○回向院大相撲
・昨日四日目の相撲は総じて取組の宜しき内にも、前日西ノ海に勝ちたる八幡山大達と顔が合いしに人気付きてズッと大入なりし、これはまた前夜より人々評し合い、或は八幡に利あらんなど好事の人のやかましかりしが、記者は思う所ありて人々のよき取組なりと云い囃すにも拘わらず其の顔触れに圏点だに施さざりし、あだし事はさて置き勝負付は左の通り。
・番数のうち、千年川桐山は寄倒して千年川の勝は喝釆。
嵐山は押切て緋縅に、千羽はキメ出して武隈に勝。
常陸山友綱は乱れて突掛け、一しお花々しき立合なりしが後突張て友綱の勝。
・そこで高千穂鶴ヶ濱は仕切見事に立上り、直ぐに右四ツに渡り揉合うてパッタリとなり、少しためらいて高千穂は腰を入れ急に引立て寄る時、は防ぎ得ず後ろ辺に寄られちょっと踏切しも双方心付かずは尚も寄らんとする高千穂を防ぎツツ土俵を廻り、西溜りの前にて高千穂を打チャリしが既に行司は勝負ありしとて前の踏切を証せしにぞ、物言ともならで高千穂の勝は面白き相撲。
高見山大鳴門は押切て大鳴門の勝。
・さてまた大達八幡山は何に致せ待ち設けたる観客多く、一時にドッとどよめき渡り日頃大達と呼ぶ声の多きに引換え当日は大の字も呼ぶ者なく八幡八幡の声のみなりしはさもあるべし、さて大達も例の中腰に仕切り八幡も少しく此の仕切り方の好きなれば幸い中腰同士に仕切合い、声を合せて立上る途端に八幡は左を差し右に前を引かんとの注文を付けたるが、大達もチイサイとて油断のならぬ相撲ゆえやはり得意を防ぐ注文は此方にも付けてあり、差し来る敵の左を巻き体を遠ざけ金剛力に押行く途中、八幡はしきりに右を伸べて敵の前袋を探るといえども太き腹が支えたればなかなか届かず、大達の下腹を引ッ掻きながら踏切しは之れ当然にて別に許する所もなし。
真鶴鬼ヶ谷は格好の組合せにて、力士は右四ツよりパッタリとなりて争いしが、土俵の中央にてヨイショとなるや真鶴のあごより出血したれば引分けたり、此の相撲末まで取りなば随分目覚ましき立合を見るならんに、惜しき事してけり。
相生綾瀬川を逆ひきに掛けて、一ノ矢廣ノ海をスクイ投げ、鞆ノ平伊勢ノ濱を押切り、西ノ海は泉川にて知恵ノ矢をタメ出し、剣山柏戸を押切りいづれもの勝は立合暫時にして記する所なければ省く。

このブログでは省略していますが、毎日その日に行われる予定の取組が載っており、好取組と思われるものには傍点が打たれています。その点のことを圏点というわけですが、確かに前日の大達vs八幡山には点が打たれていません。まだ歯が立たないという記者の読みでしょうか、果たしてその通りになりました。東西の大関が4日間危なげなく勝ち続けています。

明治19年夏場所星取表

14日掲載の取組表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/11/22 10:57】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
明治19年夏場所3日目 (毎日新聞/明治19.5.14)

○回向院大相撲
・昨日三日目の相撲は西郷大臣、佐々木、副島の両宮中顧問官等の来場ありて上景気。
黒雲鳥ノ海は至極面白き立合なりしが、最後に鳥ノ海黒雲をハタキ込まんとして自ら体流れ黒雲の勝。
緋縅は相手が左を差して来るを、しっかとキメ込みエイヤッと双方必死の争い、ついにふり出して緋縅の勝となりしが、其の相手を記さば達ヶ関
知恵ノ矢高見山は直ぐにヒッカケて知恵ノ矢の勝は奇妙。
鶴ヶ濱真鶴は当日屈指の取組にて気入すこぶる宜しかりしが、力士は互いに大事を取って右四ツにタメ合い後ぱったりとなって水入引分けは其の優劣を見分け難し。
綾瀬川一ノ矢は、立上るや一ノ矢左を差して行くを綾瀬は心得て泉川にきめ争ううち、一ノ矢は左を預けて遮に無に寄行き綾瀬は踏切るばかりの時、捨て鉢の首投がハマッて綾瀬の勝は仕合せ。
鞆ノ平武隈は手車引いての勝。
・さて八幡山西ノ海と名乗を上げれば場内は大達剣山との立合に似てどよめき渡り、甲の評には八幡山が如何に術の長けたりとも西ノ海には及ぶまじという、尾に付いてさればなり、まづ判断を下す時は西に七分の勝ありて八幡の方は三分なく、それはまた推量悪し、勝ちほこりたる八幡を引受け西にもなかなか大敵なり、兎角の評を下すより勝負を待つこそよからんなれと八幡びいきが角目立つ折こそ、ヤッと軍配の引くと共に立上り突掛ると見えければ、西は此の手に一キメと敵の左を引張り込み泉川にぞキメつつも腕の折れよと引立れば、体格違いの八幡山こは危うしと思いのほか残りてければ、西ノ海此の手に行かぬと振りほどき左を差して行きざまにタヂタヂ寄るを、八幡は一心土俵の際に体を廻し上手を引て体を寄せ、得意と申さば人も知る足クセにてモタレ込みて見事八幡山の勝は場内割るるばかりにて、人皆思わず声を発しぬ。
剣山は押切て伊勢ノ濱に、龍門桐山を突倒していづれも勝。
鬼ヶ谷常陸山も指折りの取組にて、鬼ヶ谷は立合に押切らんとの勘定違って自分が押切られ常陸の勝。
友綱嵐山は、が敵の左を引張り込て泉川にキメ土俵際に持行きモースコシという所にて足クセを巻きたりしが十分ならず、此の時友綱トッタリ打って勝は危うかりし。
高千穂千羽ヶ嶽を寄倒して勝。
大鳴門柏戸は、柏戸すこぶる元気にて相撲を仕掛け、花々しく乱れ廻り矢筈に行て土俵の際に渡し込まんとなしたる時と既に押切らんず勢いありし時とは大鳴門の体危うく、また大鳴門の寄返しと激しき突張には柏戸ヨロメキ踏切るばかりを残したるなど、実に大相撲にて立合中に見物の喜びしは此の取組と見えたるが、つまり残し合って水入後引分けたり、されど水後引分けの時が早いと大鳴門は後にて苦情を鳴らしたり。
大達廣ノ海を押行きたるに、は土俵に止まり防ぎたれば大達の力入り過ぎ、を押切りながら自分も手を突きしは立派の勝とは褒めがたし。

○これもよからん
・三四年来流行の如き有様にて、各地方より力量人に優れしものや途方もなく丈高き太り男達があっぱれ力士にならんづと出京して各年寄の門に入りたる中には、未だ修行中のもありまた既に番付に出でしもあれど、師の目に見て到底真の力士となるべき見込みなき者へは今より説諭して年老いざるうち他業に転ぜしむる事になしたりという、ちなみに記す、東京相撲にて番付に記名せるものの総計五百四十人、また番付外にも四五十名ある由なり。

登り坂の新入幕、八幡山は西ノ海に勝ち3連勝と大活躍です。勝負前に一方的な展望をするのは喧嘩に繋がりかねませんね。不機嫌だった八幡山ファンもこれで大喜びでしょう。柏戸は前日のケガでどうかという感じでしたが元気一杯に出てきていますね。

明治19年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/11/21 10:31】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治19年夏場所2日目 (毎日新聞/明治19.5.13)

○回向院大相撲
・昨日二日目の相撲は一しお景気付き、米田侍従を始めとして例年の定客も溜りを掛て見え申しぬ。
・今度東京相撲となりし大坂の鶴ヶ濱改め真鶴増位山は、立上るや真鶴左を差して直ぐに敵の左を我が右に握り殺し下端に付て相撲せしを、増位山は勝手悪しと右左殺されたる手を振りほどかんとなせしも、真鶴いかな放しはせず暫らく揉んでありしうち、真鶴殺せし手を放つと見れば増位山ここで突張らんと一際強く突掛るを一度はヨイショと堪え二度目に出て来る其の所を見事ハタキ込んで真鶴の勝は筆紙に尽せぬ取口なり。
九紋龍桐山は左四つ、九紋龍釣り負けて桐山の勝。
伊勢ノ濱廣ノ海は、伊勢によき所ありしが足クセ巻ての勝は案外。
常陸山八幡山は、ヤッと立つや八幡は左を差しざま内ワクに行て八幡の勝は、その敵を自在にせし手並の駿速なる人々舌を巻くばかりなりき。
友綱は直ちに押切て龍ヶ鼻に勝。
・さて高千穂知恵ノ矢は随分見物の気入よろしき顔触れにて、この土俵には一しお雑踏をなしたり、立合は双方より突掛る二三度目に高千穂は右を敵の首に掛け一際強く引出せば不意に引かれし知恵ノ矢はハヅンで出るそこを後ろへ廻って突放しすなわち送り出して高千穂の勝などもなかなかの術を見せたり。
武隈大鳴門武隈防ぎて一時は相撲になりしが、引き落して大鳴門の勝。
大達綾瀬川は寄て大達の勝。
・今度東京相撲となりし相生鬼ヶ谷も観客の気入よく、種々の評ありしが鬼ヶ谷は遮に無に押切り敵に隙を与えずの勝はエライ。
高見山鶴ヶ濱は右四ツとなり互いに三ツを引き、揉みながらは寄て勝たんと土俵際に寄行きしに、誠にわずかの所にて高見山は打チャッて勝なりしが、溜りにありし緋縅千羽ヶ嶽高見山に踏切ありと物言を起こしたり、しかるに中改めの関ノ戸は其の決まりし方の柱に座して此の勝負をよく見しに、高見山に踏切なし物言の方不法なりと彼是れ説き付けしも、承諾の色なくしてついに勝負付を預りとせり。
一ノ矢千羽ヶ嶽は、櫓にて一ノ矢の勝。
柏戸鞆ノ平は、幾度か仕切り直しても立ち得ず双方カタクなりし様子なりしが、其のうちに立上り柏戸右を差すをはキメて持行き、土俵際にてモタレ込みの勝なりしが、柏戸はドウセ負けた相撲ゆえ土俵外の棒杭にて相手の頭でも打たせんと仰向けにヒックリ返りざま鞆ノ平も一緒に来いと引張りしとの事にて、双方重なり合い土俵外に体の落ちしが、両人とも鼻口より出血し柏戸の方に痛み多きは自ら招く災害とや申さんか。
西ノ海緋縅は、土俵に登るや西の桟敷より緋縅をダルマと呼びしが、立上ると西は得意の泉川に極め放せば緋縅はコロリ、記者ここにおいて前の桟敷よりの呼び声を判断せり。
嵐山剣山は、もし相撲にならんかと思いのほか直ぐ押切て剣関の勝は大きい所が如何にも見えます。

内ワクとは内掛けのことでしょうか。中改めは勝負審判のことですが、現在と違い土俵の上、四本柱のところに座布団を置いて座っています。勝負の邪魔にならなかったんでしょうかね。権威もあまり無いようです。それにしても柏戸(;・ω・)本人にそういう考えが本当にあったかどうか分かりませんが、悪党です。立ち合いもいつも汚いし・・・どうでもいいんですが記事、どうして最後だけ「ます」なんでしょう。

明治19年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/11/20 10:53】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治19年夏場所初日 (毎日新聞/明治19.5.12)

・回向院大相撲は昨日を似て開場せり、初日ながらかなりの入りにして景気宜しき方なり。
白梅鳥ノ海はツッパリて鳥ノ海の勝はよし。
知恵ノ矢高ノ矢は、右四ツよりパッタリとなり暫くは機を窺いて双方が思う所ある様に見えしが、高ノ矢は急に一声と共に敵を引寄せ大得意の櫓をつれば、知恵ノ矢はここなりと素早く例の足クセを巻きて攻め立てつつ互いに得意の術を尽くせしが残し合いて後、下手投にて知恵ノ矢の勝、この相撲の心を推せば高ノ矢は不意に出てそこをつらんとの内心を、知恵は敵が櫓つりなれば果して此の手に来るべし、其の際得意に行かんとの勘定を付けたるものにて、双方内心の計画はそれと知られたり。
高見山に、鶴ヶ濱龍ヶ鼻に勝を得しは記するまでなき相撲なり。
鬼ヶ谷一ノ矢は随分よい取組にて、鬼ヶ谷も十分考えを付けて置いた様子にて立上る途端ツッパリ通して一ノ矢踏切り鬼ヶ谷の勝。
鞆ノ平嵐山は左四ツ、寄て勝は存外早かりし。
西ノ海綾瀬川が首投に来るを突落して勝。
・東の大関剣山大達ではない武隈老は直ぐ押切ての勝は成る程。
八幡山浦湊は、浦湊の方より足クセを巻き八幡山がモタレ込で勝は近頃面白し。
増位山綾浪は、綾浪立ち際にヒッカケて出さんと勘定付けしが当らずして右四ツとなり、増位遮に無に寄て勝は仕合せよし。
千羽ヶ嶽柏戸を泉川にて土俵際に持行きしが、ここにて右より柏戸がいたく突上げしとき腰砕けて柏戸の勝は千羽残念に思いしならん。
・二あごと太き腹を突出したる緋縅常陸山は、突張合いより常陸右を差してエイヤッとスクイ投れば緋縅の体流れ見事常陸の勝。
友綱九紋龍は、九紋龍すぐ左を差しただスクイ投んと攻め立て攻め立て相撲せしに、友綱は防ぎ兼ねたる様子にて土俵際に至る折しも、九紋龍は一段強くスクイ投げて勝となりしが東の溜りの大鳴門廣ノ海の両人が九紋龍に踏切ありとの物言いを起したり、此の時四本柱の年寄には関ノ戸境川伊勢ヶ濱等ありてこの物言は無理にして九紋龍には一点の踏切あらざれば正に同人の勝利なりと判決せしが、何様場内やかましければ土俵だけを預りとなして事済みたり。
廣ノ海高千穂は、左を差しスクイ投て高千穂の勝。
大鳴門伊勢ノ濱は大相撲となりしかど、ついに寄て大鳴門の勝。
桐山大達は、馬鹿にしながら突張て大達の勝は当然。

梅ヶ谷独り土俵、と書かばスワ梅関が場所の人気を付けんと今度の回向院へ出るとの早合点も贔屓の目にはもっともならんが、ここに昨今横浜にては毛繻子の販路多く追々好みの新印も出来し中に、甲九十番の品には梅ヶ谷の独り土俵入りという印あり、其の極意は至極上品にして定価よりは決してまけぬと云うにある由、或る商人はこれを聞き店に至りてオイ大達に負けてはどうだと洒落しとぞ。

新聞の名前が毎日新聞と変わりました。しかし現在の毎日新聞とは関係ないようです。さて今場所はさらに成績本位の番付編成ということで3人が新入幕、鶴ヶ濱や一ノ矢等も大きく番付を上げました。それでも先場所大きく負け越した小結の鞆ノ平は据え置きとなっており、この辺はまだ改革の余地ありという事でしょうか・・・おそらくは三役へ上げるだけの適格者が無かったということなのでしょう。三役力士の格というのを求めていたためか、平幕力士の昇降に比べると三役の変動は少ないように思えます。梅ヶ谷の毛繻子というのは良く分かりませんが布地の柄のことでしょうか?
ウィキペディア(横浜毎日新聞)

明治19年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/11/18 10:05】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治19年春場所千秋楽 (東京横濱毎日新聞/明治19.1.23)

○回向院大相撲
・昨日十日目千秋楽の相撲勝負付は左の通り。
千年川鬼鹿毛は、足クセにて鬼鹿毛仕掛け同体にて団扇は鬼鹿毛に上り、物言預り。
白梅矢車は、小手投が残りカタスカシにて白梅の勝。
谷ノ風は寄て平ノ戸に、山ノ音は押切て勢力に勝。
・さて三役中若湊は突張て三吉川に。
龍門雷震は、龍門二本差し右にミツを引き十分となりしを、雷震は上より巻殺してありけるに、龍門も詮方なく右にて疲れ水となりのち分。
鳥ノ海黒雲は、種々ありて後カタスカシにて黒雲の勝、此れにて結びとなり形の如くそれぞれ名乗を受け、弓取の役は木鼠これを勤め千秋万歳を祝し土俵祭も日出たく済んでドドンガドンと打出したり。

○給金増加
・頃日十両下の力士が不服の事ありて年寄へ対し申出たる儀は、既に聞済みて請求に応ぜし由、右については是れまで二段目の力士は一同五十銭づつ三段目は二十五銭づつ給金を増加せり、さて是れまでは弱くなりし力士も先功によりて十両の位置に置く等の事ありしが、自今給金は其のままに置くも位置は遠慮なく変更し、下々よりは其の功に依りて位置を進むる事に決したれば、今より番付も大分かわるならん、されどこは正当の事なれば至極宜しき都合と申すべく、或る年寄の曰く、左に改めざる時は老け込みて負けてばかり居る相撲も位置のよきに安心しいつまでも出勤して後進の邪魔をするに困る、とは如何さま。
○祭典相撲
・前号に記せし如く本日は一番町の出雲大社より本所緑町なる新築の社へ宿禰神社遷座式を執行するに付、黒雲勢力甲山ほか七人は先導として番町の大社へ出張し、また年寄始め幕の内力士一同は両國広小路に出迎い順次緑町へ遷座の式を行い、直ぐに同所において奉納相撲を興行す。
○相撲興行
・明くる二十四日より七日間、深川黒江町において上ヶ汐高千穂の両大関にて興行するよし。

力士の待遇改善、番付の合理化など相撲界も近代化の兆しが出てきています。しかしまだまだ不十分で、これからも力士側と年寄側はたびたび衝突していくことになります。現在の相撲界は先人の苦労の上に出来上がったものであるとつくづく思います。

明治19年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/11/17 11:02】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治19年春場所9日目 (東京横濱毎日新聞/明治19.1.22)

○回向院大相撲
・昨日の九日目は幕の内の取り仕舞いにて、其の組合わせも至極宜しく一しおの景気にてありし。
鬼ヶ谷八幡山は念入れて容易には立たず、それというも鬼ヶ谷は此の一番の相撲に負けるは給金五円の相違にて十両相撲となり、勝つに於いては十五両の相撲となる訳ゆえ急に立たれぬも尤もなり、さて兎角に評するうち立上り、鬼ヶ谷は矢声と共に左を差し押切るか寄り切るか早く相撲になさんものと突掛け出る其の時、八幡は後づさり西の土俵に近付くとき鬼ヶ谷が一心力を入れたる左手を押さえ右に力のゆるむ所をいたく蹴返して八幡の勝は鬼ヶ谷の仕合せ悪しく八幡山の上首尾なりき、尤も八幡にある手なりき。
海山は突張て出釈迦山に勝ち。
武隈は寄て緋縅に勝ちしは実に案外。
上ヶ汐高見山は小手先のせり合より双方が術を以て防ぎ水となり後、同様に引分けは上ヶ汐自身を保護して相撲を好まぬに依るなるべし。
鞆ノ平高千穂も先づ前の顔触れ同様に鞆ノ平が相撲を好まず、小手先だけにて水入後引分たり。
・さて数々を取り尽くし中入前となった剣山大達は当日の人気、大達に六分位の強気にてありしが、兎に角二三年前を申さば大達が勝ちたる事のなくニガテたる剣山、殊にいよいよ双方大関となって初場所のみなればも勝つ手を付けて取る事ゆえ面白き相撲ならんと人皆な瞳を据え居たり、両力士は十分仕切て立上る此のとき大達はちょっと立ち後れし様に見えたり、されば剣山は左をヤッとハヅに構い、直ぐ押切らんと突上げる具合にて押行けば、大達は行司溜りへ近づきて早やあとわづかとなりけるに、そこは大変と必死に防ぎここを残りて争いざま今度は剣山が受け身となるを大達はアテガッて前へ前へと出て来るを、剣山はここで宜しと機を伺い、突き落しを試みしに見事キマッて大達の体流れ剣山の勝となり、場所は割るるばかりの騒ぎにて衣類は勿論シャッポまでが土俵へ降りしは勇ましくもまた愉快なる有様なりき、ただ此の相撲剣山は両手をハヅに構いてあれば突落しもちと十分に申されず、又巻落したるの工夫なくいづれ巻落し突落しの中間を以て考うべし。
・中入後、嵐山鶴ヶ濱も申分なき取組にて、が突掛る左を嵐山は心得泉川にキメ一際強く引立て極め出さんとなしたるも、は一心防いで残せば嵐山は此の手ジャ行かぬと左手を伸ばし前袋をしっかと取り、右を差して引立て寄るをは右上手に前袋を引き左を差して揉んだりや、甲乙互いに力量と云い術と申し、いづれ優劣の分なく必死となりし大相撲にて水となり後、双方互角に仕掛ては右上手をさえ引き、又も数度大揉みせしが双方残って勝敗見えず引分けたり、此の立合には好角家が腹を断つの思いありき。
知恵ノ矢一ノ矢は、知恵ノ矢大事を取りしも一ノ矢寄倒して勝を得たり。
柏戸千羽ヶ嶽は、柏戸の左差し手を千羽がきめて持て行こうというを、柏戸は差し手にミツを引き右をハヅに構い、腰を落して防ぎつつかなり大相撲となって水、のち千羽は左上手にミツを引き、後右上手に前袋を引き即ち上手両ミツを引いて是から得意の釣出しをという所なるが、引廻しは左右とも一重なれば追々ゆるみて柏戸の乳の辺までズリ上がりしに、望み叶わずついに分となりしが、先づ大相撲と申してよからん。
常陸山は、友綱が突掛て来る三度目をハタキ込で勝はお手柄。
大鳴門西ノ海は、各場所の取口同様西は泉川一方、大鳴門は右にて極められた手を助けながら寄を試み、大鳴門のきめられたる左が紫色に変ずるまでの大相撲にて、水の分は至極よろし。

○相撲興行
・明くる二十三日、靖国神社境内において回向院同様の顔ぶれにて一日間興行の儀を昨日伊勢ノ海五太夫大嶽門左衛門より其の筋へ出願せり。

鬼ヶ谷は大事な相撲でしたが敗れて負け越し、入幕お預けとなりました。十五両というのは幕内のことでしょうけれどもこういう表現は珍しいです。鬼ヶ谷に勝った足技の名手八幡山は7勝土付かずの好成績で入幕を決定付け、幕内でも平幕の鶴ヶ濱が7勝土付かずで最優秀の成績を残します。両大関も好勝負を展開、決まり手は完全な突き落としとも言えず巻き落としでもなく、その中間だそうです。

明治19年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/11/13 11:02】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治19年春場所8日目 (東京横濱毎日新聞/明治19.1.21)

○回向院大相撲
・昨日八日目の相撲は相も変わらず上景気、観客一杯内に貴顕紳士もまた多かりし、されど如何の訳にや本年は既に八日目という今日に至り、東溜りに侍従米田君の見えざるは少しく事の足りぬよう思われたり、あだし事はさておき当日の勝負付は左の如し。
鶴ヶ濱出釈迦山は、右四ツより寄ての勝はいよいよ仕合せよし。
綾浪鬼ヶ谷は双方売り出し、名打ての力士にて其の格好より術も多くは違うまじとの評判あり、また此の顔触れは当日中屈指のものにて観客の待ちもだえたる土俵なりき、さて力士は仕切十分花々しく立合い暴れて突掛け右四ツとなるや双方早い相撲ゆえ体のよれるばかりに揉合ううち、鬼ヶ谷は引立て引立て寄行くに綾浪の体危うく、ヤヤ大出来鬼ヶ谷ソコデ勝てと此方に呼べば、防げ綾浪ソコデ勝てよと叫ぶもありて大騒動を極めたり、此のとき綾浪は踏止り残りて土俵を廻るを付入りて鬼ヶ谷は又も寄行く其の途端、綾浪は上手を引き打チャリて勝は面白くも勇ましかりし。
一ノ矢柏戸は、寄っておいて打チャリ一ノ矢の勝。
千羽ヶ嶽武隈は存外の大相撲にて、武隈より寄来る所を千羽は寄返して勝。
高見山友綱は、寄て友綱の勝はよし。
高千穂知恵ノ矢は、突掛けて右四ツになり知恵ノ矢付いて仕事をしようと思ううち高千穂釣出して勝は宜しき相撲。
大達大鳴門は、突張られて大鳴門少しく受身に見えしはさもありなん、さりながら防ぎざま隙を伺い突掛け体の付く時、大達押さえ付けて押切の勝はどうも仕方がない。
海山は寄て四ツ車に勝。
八幡山伊勢ノ濱を例の足クセにて見事きめたるは実にいい道具を持った相撲。
常陸山上ヶ汐は、上ヶ汐左を差すやつづいて右に前袋を引き、ズッと得手に行き勝気となるに常陸山は今更何の詮術なく、上よりキメ力にまかせ敵の諸手を殺してたたずみたれば、上ヶ汐は殺されし手に猶予あらばこうして見ようと唯だ敵の隙を窺いたり、常陸はもし組まれし相手の手をゆるめるに至りなばとんだ事になろうものと一心防いで水となり後、上ヶ汐は左差し手を引きぬきざま諸手をハヅに構い突上げ仕掛て分はとんだ力の入りし相撲。
緋縅鞆ノ平は、緋縅にもちょっとよき所ありしが二本差し「寄」って勝。
西ノ海剣山は、直ぐ立って剣山が突掛る左をお得意と出掛けしが、は左をアヅケなお右に上手を引かんという揉合に西は泉川を崩し四ツになろうとする所を巻落して勝、此の相撲寄り戻しという評もありたり。

さすがに大達に勝った鬼ヶ谷は一気に人気者になって観客の期待感が違いますね。なかなかの力相撲で、負けても観客は満足したでしょう。武隈は三役を長く勤めた手柄山ですが、平幕中位に下がって白星なしの7連敗、いよいよ引退が近いようです。上ヶ汐は本当に素晴らしい健闘、翌場所は鞆ノ平と入れ替わって小結になってもおかしくないのですが・・・この前頭筆頭が自己最高位でした。

明治19年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/11/12 19:56】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治19年春場所7日目 (東京横濱毎日新聞/明治19.1.20)

○回向院大相撲
・昨日七日目の相撲は追々取組もよく成り至極の上景気なりし。
出釈迦山八幡山は、左四つとなり八幡が腕に任せて寄るを出釈迦山は必死と防ぎ一度は残りしが、ついに寄り倒して八幡の勝となりしに物言付いて預りとなりしが、ちと無理の物言と見えたり。
海山知恵ノ矢は立合より跳合ううち、海山は一つハタキて相手の体を崩し入れ替って突張り海山の勝は大出来。
常陸山武隈は立合際に一突張りにて決まり常陸山の勝はよし。
上ヶ汐西ノ海は気合よく立ち、上ヶ汐は早くも右手をハヅに構いたるを西は構わず泉川をきめしも、上ヶ汐は左手に敵の利き手を殺し頭を胸に宛てて上ヶ汐が十分の手となりたれば、或は内ムソウを試みまた振り廻すに西も順よく足を運びて防ぎしが、憐れむべし組み手がほぐれると見る時上ヶ汐は得手の一なるトッタリに掛けて決まり上ヶ汐の勝は近来の働き、感服感服。
剣山高千穂は二ツ三ツ揉み合ううち捻って剣山の勝は此んな物なるべし。
鬼ヶ谷鶴ヶ濱は、かねて右差しの鶴ヶ濱どうがな差して立たんとするも相手は巧練の鬼ヶ谷、なかなかそうはさせず随分念入りし立合なりしが、ついに離れて立ち上り鬼ヶ谷が左からスクウ所を足を運びて廻りざま片閂にて振り返し、もつれて鬼ヶ谷が進む所を右手を引掛け尻を抱えたまま振り出して、は土俵の中へ尻餅をつきしが、誰が見てもの勝。
綾浪四ツ車は、四ツにて寄り土俵際にて行って来いを決めて綾浪の勝。
柏戸緋縅は蹴返しての勝。
一ノ矢伊勢ノ濱は左四ツにて寄り切り一ノ矢の勝。
友綱千羽ヶ嶽は土俵際にてスクイ倒し友綱の勝。
大鳴門高見山は、どうでだめと言う気組で高見が随分達者に働きしがカタスカセにてついに決まり鳴門の勝。
鞆ノ平大達は手先にて競り合い、手車に成りて水入りとて突張り出して大達の勝。

剣山大達の一行は来る二十五日より横浜に赴き七日間の興行を為すという。

勝負がついたと見えてもすぐ物言いがついていつも預かりになってしまうのでは、観客も面白くなかったでしょうに(;・ω・)ありがたくない流行です。上ヶ汐は今日も大敵相手に善戦、しかも勝ちました。2日連続の大活躍と言えるでしょう。鶴ヶ濱は勝負を決めてから勢いで倒れてしまいましたが勝ち、6連勝と好調です。
「行って来いを決める」とはあまり聞きませんが、送り出しのような感じでしょうか。


明治19年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/11/10 10:46】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治19年春場所6日目 (東京横濱毎日新聞/明治19.1.19)

綾浪嵐山は気入十分、左四ツとなって争いついに寄身渡し込で綾浪の勝となり、物言付て預りとなりし。
海山伊勢ノ濱は押切て海山高千穂友綱は引廻しハタキ込で高千穂の勝。
千羽ヶ嶽大鳴門は、大鳴門の左を引張込んで泉川に極め引き立てしは大分の元気なりし、大鳴門は其のまま左をアヅケて争いしが千羽は足クセを巻いてモタレんとするに、大鳴門は右を伸ばして渡し込もうという争いにて双方の体流れ、団扇は千羽に上りて物言付き預りとなりしが、千羽先生曰くどうも此の頃の物言尽くしはトント困る、とはさもありなん。
大達上ヶ汐はヤッと立て泳ぎ込む上ヶ汐をギットと押さえ、押切らんとするを上ヶ汐は一生懸命防ぎに防ぎ其の危うきこと数度なりしが、オヤオヤまた残ッたと感心するうち大達が力に任せてヒネリし時はヒョロヒョロヒョロとよろめきしに、観客を始め大達も是れで大概決まったろうと上ヶ汐の行先を見てあれば、足を運んで踏止まりまだ行かねえとしがみ付きしに、大達も案外にて又も相撲となり上ヶ汐右を差して水となりしは場内上ヶ汐の耐忍を賞せり、されど後暫時にして押切り大達の勝は詮なし。
浦湊は渡し込で武隈に、知恵ノ矢緋縅を寄倒して勝なりしが太い腹を細い体にてよくも寄ったり。
出釈迦山は左を差し、寄て常陸山に勝は上出来。
西ノ海鞆ノ平は左を引張り込て泉川にきめ其のまま捻り倒して西ノ海の勝は大きな相撲なりし。
剣山高見山は押切て剣山の勝。

このブログ開始の時に記事になっていた上ヶ汐(あげしお)、小兵ですがまだ頑張っています。小さい力士が一生懸命に立ち向かう相撲は面白いですね。しかも足腰が良く粘り強いとなると人気があるのも分かります。ところで千羽ヶ嶽は今場所4度目の預かり相撲となり、うんざりしている事でしょう。2日前に長い物言いを拒む発言がありましたし、立派な見解を持っています。

明治19年春場所星取表
【2006/11/08 10:09】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治19年春場所5日目 (東京横濱毎日新聞/明治19.1.18)

○回向院大相撲
・一昨日同所五日目は日曜かたがた大入にて。
柏戸海山は気先よく立合い、左四ツにて寄合ううち海山の流れ足から振り込んで、土俵際にてスクイ柏戸の勝。
友綱緋縅は造作もなく立合い、左四ツと成りて緋縅がまず一息とためらう所を、友綱は一声の力声と共に下手投ゲを打ち緋縅の体宙にひるがえりヅシリとばかり決まりしが、あの体ゆえ随分見栄えある相撲なりし。
武隈高見山は離れて立合い、互いに荒れ合いしが高見は丁度手頃の相手御参なれと散々あしらいし後手車より渡し込て高見山の勝。
鞆ノ平常陸山は、立合いに常陸が押し切て勝は鞆ノ平の立ち後れ。
知恵ノ矢西ノ海は丁寧に立合い、西はどっちか引張り込んで相撲にせむとかい込んでは進むを、知恵ノ矢は組んではかなわじと逃げ身になるを、西がなお付け入りしに知恵ノ矢は右手を抜き左手に相手の首筋を打ち、即ちカタスカセを呉れしが此のとき知恵ノ矢の右足土俵の外輪まで出で、西は膝手ともに砂に付き団扇は知恵ノ矢に上りしが、物言い付きて預りとなりしが、此の物言などが本当の物言なり。
剣山千羽ヶ嶽は立つと直ぐ剣山名代の左四ツとなりしに、千羽の周章一方ならず、どうかなるだろう位の胸算でノッカケ見しが、相手が剣山だから平気の平左で乗掛けられたままヂリヂリと攻め立てし後、土俵際にて諸にアビセ倒して剣山の勝はよき相撲なりし。
嵐山八幡山は右四ツで揉合い水入りてのち分。
上ヶ汐綾浪は左四ツなりしが上ヶ汐の体まだ据わらぬ所を釣り出して綾浪の勝。
四ツ車鶴ヶ濱は、美事突落して鶴ヶ濱の勝。
伊勢ノ濱高千穂は、伊勢ツブレ高千穂の勝。
大鳴門一ノ矢は、一ノ矢が首投げを遣り損ないしを付け入り、押切て大鳴門の勝。
・さて鬼ヶ谷大達は格別人気も乗らず、其れに大達も堅固に仕切りてあれでは大丈夫大達の物だと言う気組で見物もさほど身も入らぬ様なりしが、やがて立って大達が組まんと進む左足を美事鬼ヶ谷が蹴タグリて勝を得たるその早技雷光の如く石火の如く、満場破るばかりの喝采は暫時鳴りを止めざりけり、是れ近来クルイの甚だしきものと申すべけれ、因みにいう、鬼ヶ谷は同社会にて評判者なるが爾後いよいよ其の働きを現すに至るべきか。

大達が奇襲に倒れました、去年も綾瀬川に敗れましたが初顔に弱みがあるのでしょうか?おそらく知らない相手に対しては見下ろしてかかっていたでしょうから、油断による隙が生まれていたのかも知れません。反対に剣山は大関相撲が戻ってきた様子。

明治19年春場所星取表
【2006/11/07 10:45】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治19年春場所4日目 (東京横濱毎日新聞/明治19.1.17)

○回向院大相撲
・昨日同所四日目の相撲は観客一杯にて桟敷土間とも人なだれを打つばかりの大入なりき、内にも山田大臣佐々木宮中顧問官其の他貴顕紳士の来場等ありし、当日一ノ矢剣山の立合は夜に入り土俵には高張を立てて明しとなし、余程打出しの遅くなりたり。
九紋竜立田野は、寄て九紋竜の勝。
海山嵐山は、立上り跳合い暫時押切て嵐山の勝はよろし。
鶴ヶ濱友綱は右四ツ、難なく寄っての勝は引続き御手柄。
常陸山伊勢ノ濱は、常陸が突掛て来るを伊勢は逃げて後ろへ廻り送し出して伊勢ノ濱の勝は近頃のお手際。
高千穂四ツ車も、前番同様の取組にて高千穂の勝。
綾浪大鳴門は人気立ち名乗と共に一大騒動をなせり、力士は仕切宜しく暫くして立上り、左四ツとなり力相撲となって大鳴門引立て寄り来るとき綾浪はここを先途とグッと防ぎ一心に打チャリたり、此の時団扇は綾浪に上りしに東の方には伊勢ノ濱知恵ノ矢等物言を起し、西には高千穂大達等がありて無理の物言なりと争い、年寄の奔走にてついに預りとなれり、其の物言たる大鳴門綾浪が打チャル時すでに体がないという、綾浪は打チャッて後体が流れしとの事にて、つまり物言の起こる相撲なりき。
大達知恵ノ矢は、知恵ノ矢何か術をしようと考えたるも相手が相手ゆえ詮方なく直ぐに踏切て大達の勝。
緋縅上ヶ汐は、立合暫時にして上腹の太き緋縅を巻落して上ヶ汐の勝。
・さて毎年例式となった高見山柏戸は、立つやいな小手先のせり合い中はげしくはり合い殊に柏戸は手ひどき頭突を高見山にカマセたり、此の音桟敷までも聞こえたる程にて高見はサコソ痛からんと察したりき、右の如く無法相撲となって水入り後左四ツに渡り、高見は上手を引いて双方とも必死の争い、溜りにては分けよと云うも高砂は未だ分けるに早しと言い、其のうち暫らく揉みしが高見の方強身に見えたり折柄、溜まりの鞆ノ平は達て分けを請求し、捨て置きなば双方の生命が危ういと云いてついに分となれり。
千羽ヶ嶽鞆ノ平は左を差し千羽ヶ嶽寄りて勝となりしが、寄る時千羽に踏切ありとの物言にて預りとなりぬ、千羽の曰く、取る者より脇に目があるから預けますゆえ早く後の相撲をお取らせなさい、とはおとなしき言い草にて評判よし。
西ノ海鬼ヶ谷はヤッと立ちて鬼ヶ谷は右を差しつつ寄行く時、西ノ海立ちなおり寄り返して西の勝。
一ノ矢剣山は左四ツにて、一ノ矢寄切るばかりの時剣山一生懸命上手を引き得意に渡って上手投の勝は随分大相撲。

鞆ノ平の進言には力士が命懸けで相撲に取り組んでいた事が現れているように思われます。それによほど激しい相撲だったのでしょう。打ち出しが随分遅くなったようですがこの日も幕下あたりで長い物言いがあったのでしょうか。十両の取組がずいぶん飛ばされているようにも見えますが、あるいはこの場所は進行を早めるために十両力士は隔日出場として番数を最初から減らしてあるようにも見受けられます。記事の中では特に触れられてないので詳細は分かりません。高張とは高張り提灯のことのようです。
千代田区HP(祭り用品)

明治19年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/11/05 17:11】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治19年春場所3日目 (東京横濱毎日新聞/明治19.1.15)

○回向院大相撲
・昨日三日目同所の相撲は一際入りも出て景気宜しく、又た此の日の曇りもまぼしくなく却って都合宜かりし。
伊勢ノ濱鶴ヶ濱は逆投にての勝。
出釈迦山高見山は、立上り高見は突張て仕舞おうと急に突いて出でし時、出釈の体危うかりしもエイヤッと残り、入れ違いとなるとき高無双にて出釈迦の勝はよろし。
上ヶ汐千羽ヶ嶽は仕切宜しく立上りて、突掛る上ヶ汐の左を千羽泉川に掛け絞め引立てつつ上ヶ汐の隙に付け入り左を差しざま寄り行しに、上ヶ汐は打チャランとしてツブレ千羽の勝となりしも物言の付て預りとなれり、是れ千羽の為には至極迷惑の物言なれば確か場面を預りて星だけを取るとの話なり。
武隈西ノ海は渡シ込んで西ノ海の勝。剣山緋縅は突張て剣山の勝。
・昨年取上げしも本年故障の為に取直しになりし四ツ車八幡山は随分の人気にて、双方念入り立ちしがちょっと八幡に先を越されし立ち具合にて差し手もならず、殊に八幡の右が入りしゆえこれはとばかり今は捨鉢にもイッテ見んと首投を打ちしが、八幡は心得首を預けつつ持出して勝。
知恵ノ矢綾浪は気入十分、綾浪と呼び知恵ノ矢と叫びいつもの如くなかなかの人気なりし、其のうちにも綾浪は昨日大関剣山をさえキメたれば十に十、綾浪のものの如く評したり、さて双方急には立たず仕切直して立上るや綾浪は一寄りと右を差しざま寄りたるに、知恵の体すでに危うき所ありしも一生懸命しっかと防ぎ残りて知恵の下手を引き、力を直して寄り返しざま下手投を打ちけるに綾浪の体よろめきて土俵を出で知恵ノ矢の勝となりたるは満場大喝采にてありき。
立田野常陸山立田野踏切り常陸の勝、されど大相撲にて見堪えありし。
友綱海山は互いの立後れと申すもおかしいが、海山立て手を広げ友綱も立ち上りて一時見合いたりしが、双方とも取る気になりしより乱れ出し、海山付け入り押切て勝は一場の笑いを生じたりき。
鬼ヶ谷高千穂は、鬼ヶ谷に危うき所ありしが踏切らずして入れ違いとなる時高千穂足クセにて攻め、後鬼ヶ谷寄り行き高千穂打チャリそこないて鬼ヶ谷の勝は上。
鞆ノ平一ノ矢は立合い暫時にして左四ツ釣身、一ノ矢の勝。
柏戸大達は無造作に寄り大達の勝は如何にも。

大関も倒した綾浪、新進の力士に人気が集まるのはいつの時代も同じですね。そして期待されながらも未熟のためそれほどでもない相手に負けてしまう、これも現在と変わりません。3日間勝ちっぱなしは大達1人、とにかく圧勝の連続です。

明治19年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/11/04 23:28】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治19年春場所2日目 (東京横濱毎日新聞/明治19.1.14)

○回向院大相撲
・昨日二日目の相撲は、日を追て観客多く上景気なり。
・目今売出しの高ノ矢鬼ヶ谷は、突張て鬼ヶ谷の勝は早い相撲。
一ノ矢出釈迦山は左四ツ、一ノ矢はげしきスクイ投にて見事の勝。
常陸山知恵ノ矢は宜しき取組、其の名に背かぬ知恵ノ矢なれば常陸も百方注意の様子にて先づ右四ツになり、知恵上手を引き折を見て得意の足クセに行かんとするに、常陸は左に敵の差し手を殺し腰を引て逃身となり、互いに伺う事しばらくにして水となりしが、其の後も双方大事を尽して引分たり。
八幡山友綱は、相手が術者ゆえ早く突張てでも仕舞うと思いしが、立上ると共にはげしく突掛け来るを八幡はちょっと後れたるが、付いて直すを友綱は猶予与えてなるものかと今度は左を差して寄来る所を、八幡心得ケカエシて勝は実に感心の働きなり。
海山鞆ノ平は仕切り十分立上るや右四ツとなり、上手を引き海山も差し手にミツを引かんとするに、腰を切て取らせず此の時より相撲を仕掛けしは上手を引きし強身にて、海山が機を伺うはミツを引ての其の上とひたすらミツを取らんとするに、ついにのミツジリを取りしかば海山よりも揉出て花やかに揉合しが、取り疲れて水となり後、揉抜いて勝負なく引分もよし。
大達武隈はヤッと立上り突掛て、武隈左を差し大達同じく左を差して一時相撲になりしは誠に武隈の老練にて人皆賞しおりしも、後突張て大達の勝。
緋縅増位山は左四ツ、緋縅上手増位山下手にて揉合い水まで入りしが、緋縅寄て勝。
千羽ヶ嶽伊勢ノ濱は、右四ツ寄って千羽の勝。
高見山立田野は、高見が突掛る時立田野踏み切らん有様なりしが残って突掛出るを、今度は高見がハタキすんでのこと立田野が砂を嘗めんとする所、足腰達者の相撲なればよくも残りて泳ぎ込み左四ツとなりたり、此のとき観客は立田野が耐忍を賞して止まず、折から双方の体離れ手車より又も泳ぎ込まんとする時高見山のハタキにてとうとう体流れしは面白かりし。
・さて鶴ヶ濱上ヶ汐は人気、十分前日と分を取ったのがズッと景気立ち、人みな瞳を据えて見物せり、力士は気合叶い引く軍配ともろともに立上るや鶴ヶ濱は勝手を付けし事なるか上ヶ汐が差す間あらせずズッと押切て勝は満場大喝采を博したり。
西ノ海柏戸は、西が中腰に仕切りし拳骨を地に下ろせよと下へ手を引張りながらヤッと立上りしに、西もこの相手ならと否や云わずに応じて立ち、痛き目見せんと泉川に行きたるも柏戸はしっかとシガミついて、攻めて立てるたびごとに動かネーぞ動かネーぞと言いたるは我慢を見せたり、されど泉川十分に極まらず、ために西も存外骨を折り水となりて引分けたりなれども、この引分は既に決まらんとするの勢ありし時なりき。
・そこで綾浪剣山は、剣山がヤッと突掛るを心得て受け、敵の左を引掛て引張りながら体をかわし送り出して勝は是の当日のクルイにて案外というも余りあり、溜りの評に曰く勝目の時はおそろしい物なりと人皆驚けり。

剣山は新大関として最悪のスタート、記事の通り番狂わせなのですが綾浪も新入幕ながら結構な実力です。また西ノ海が勝ちを取れなかったのはほとんど取りこぼしに近いでしょうか、しかし柏戸も相手に力を出させない技術を発揮したと言えるでしょう。鬼ヶ谷(おにがたに)は大阪相撲の前頭ですが十両格で加入して初登場。この時30歳になっていますが今後約20年活躍することになります。

明治19年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/11/03 10:13】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治19年春場所初日 (東京横濱毎日新聞/明治19.1.13)

○回向院大相撲
・かねて記せし如く本所回向院の大相撲は昨日が初日にて、場所の拵えは近頃賑わしく横浜魚河岸より高砂へ贈りし大のぼり其の他積み樽等あり、当日の勝負付は左の通り。
綾瀬川千羽ヶ嶽は立上ると直ぐに右四ツになり、機を伺いて綾瀬がタヂタヂ寄来たり土俵わずかになりし時、千羽は足クセにて防ぎながらモタレしに、此の時綾瀬の体廻るを千羽モタレ込みて勝の如くなりしが、突き手の早きより団扇綾瀬に上り物言となりて預り。
伊勢ノ濱緋縅は、伊勢勝ち気の様子にて左を差して一息に寄来るを緋縅は寄返して勝。
増位山高見山は、すかさず押切りて高見の勝。
・さて上ヶ汐海山は至極人気ありて、力士は先づ右四ツとなり上ヶ汐横身になりて上手を引き、海山上手を引き隙を伺いて相撲を仕掛けたるも、双方大事に取りしばらくは防いで動かずついにパッタリ四ツとなって、なお揉み出でしが取り疲れて水となり後、勝負なく引分はよし。
剣山鶴ヶ濱は矢声と共に立上り、右四ツとなるやは一生懸命急に乱れて寄らんとせし時、の体浮き出で今踏切らんとなせし時は其の案外に観客思わず声をぞあげたりける、されども大関だけついにここを残して土俵中央に至り、二三回を争いて水となり勝負なく引分はのお手柄大出来と申すべし。
嵐山一ノ矢も気入十分、双方仕切宜しく立上り難なく左四ツとなりし時、一ノ矢は釣出さんと急に攻めるを嵐山も心得て双方釣合い土俵の際にてクルクルとキワドキ場所を廻りたるはいずれに団扇の上るならんとなかなかに気の揉めたりしが、一ノ矢ついに釣り負け嵐山の勝もよき相撲なりき。
知恵ノ矢八幡山は、知恵が下体に喰い込み相撲を仕掛けるを、八幡は敵の体を引立てつつ寄倒して勝。
柏戸は寄りて常陸山に、友綱は突張て桐山に、高千穂は押切て武隈に勝。
鞆ノ平綾浪は左四ツに暴れ廻る時、鞆ノ平自ら腰をついて綾浪の勝は仕合せ。
・そこでアラビヤ馬に似た大達と南京鼠の如き立田野は、左を差し寄て大達の勝は当然。

東西に新大関が座り新鮮な顔触れとなりました。大達は快勝、剣山は苦戦して白星を取れませんでした。新入幕は怪力の綾浪で、これはラッキーな勝ちでしょうか。死亡説も流れた一ノ矢は元気に回復して際どい相撲。相手の嵐山も十両では伸びてきている期待の新鋭です。

明治19年春場所星取表
【2006/11/02 01:52】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。