スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明治17年春場所6日目 (東京横濱毎日新聞/明治17.1.12)

・(中入前)井筒友綱は「押切」りて友綱の勝。立田野上ヶ汐は大相撲となりて水入りしが、立田野に痛ありて引分け。
武蔵潟鞆ノ平は、武蔵は両差、鞆ノ平は左に「上手廻し」を引き右に敵の左手を巻いて揉抜きついに「寄」ての勝。
・さて其の次は大達大鳴門、これ当日一の取組なれば名乗の上がると共に場内は大騒ぎなりき、両力士は仕切も見事大達が不意に立ちしも大鳴門は難なく敵を引受け突掛け跳合い、組ませず組まんと双方が金剛力に押しつ押されつ小手先のせり合い中、大達が荒れに荒れて突っ掛かるに大鳴門はたぢたぢと後ずさり、ここを「残って」大鳴門が今度は敵を「押切」らんと突いて来るそこを「はたき込」んで大達の勝は昨今仕合わせよき事共なり。
西ノ海千羽ヶ嶽は「左四ツ」にて西ノ海が一心に寄り来たるを、千羽はようやく残りしもついに「出し投げ」て西ノ海の勝。
勢イ柏戸は「突落」して柏戸の勝。
伊勢ノ濱緋縅は「左四ツ」で緋縅が寄り来るを伊勢ノ濱は「ウッチャリ」しが、既に「踏切」ある為、物言も付かずして緋縅の勝。
高見山高千穂は小手先より「合四ツ」にて水となりしが、高見山に痛ありて引分。
・次は海山梅ヶ谷、これまた観客の気入りよく海山右を差し梅ヶ谷左に「上手廻し」を引き、空き手を殺し合いしは前日鞆ノ平海山の取組と同じく、この手にて梅ヶ谷は遮に無に寄り来るに、あわれ海山が踏切る所を二度まで残し土俵真中に梅ヶ谷を押返せしは、流石に海山と喝采の声四方に鳴り渡りぬ、それよりしばらく此の手にて突立ち防ぎしかば多分水を入るるならんと思いきや、梅ヶ谷が二度荒れ出でついに押切って勝となりしが全国無双の梅ヶ谷と体格違いの海山が是れまで耐忍なしたるは誠に感心の事にして水を入れ引分にしてほしき思いせり、これを思えば一ノ矢梅ヶ谷の引分はまだまだ猶予ありしように思われたり。

・前号に記したる高砂の弟子毛谷村六助は本日幕下の鹿島山と取組みて勝を得たりし、体格はちょっと大達の如き風なりし。

不振の大関楯山は休場となり、このまま引退します。5勝土付かずは梅ヶ谷、鞆ノ平、緋縅の3人になりました。鞆ノ平は武蔵潟を破りましたが、大兵の武蔵潟がモロ差しになりながら寄り切られるとは珍しい体勢です。梅ヶ谷は少し手こずったようですが、どんな時でも攻め込まれるという場面がほとんど無いのは流石です。

明治17年春場所星取表
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/30 21:44】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治17年春場所5日目 (東京横濱毎日新聞/明治17.1.11)

・昨日回向院五日目の相撲は引続いての上景気。
・(中入前)柏戸伊勢ノ濱は「カタスカセ」にて「はたき」込み伊勢の勝。
上ヶ汐は「左四ツ」で「寄」りの勝は感心。
緋縅常陸山は面白からんと思いの外、すぐ「突張」にて常陸山踏切り緋縅の勝。
手柄山高見山は、突掛け跳合ううち手柄は左眼の下へ爪傷を受け出血せしを以て引分となれり。
・其の次は東の小結剣山西の関脇西ノ海いづれ劣らぬ相撲の立て者、名乗上ぐるや場中は崩るるばかりの贔屓声剣山と呼ぶあれば西ノ海と叫ぶあり、さるほどに「シコ」踏みならして両力士は仕切り立派に立声もろとも突掛け跳合い、暫時にして「左四ツ」となり揉んで揉抜き双方猶予のあらざればいずれを勝と知れざる折から、剣山は尚も右に「上手ミツ」を引かんと指先にかかくりしがついに右にも「上手ミツ」を引きぬ、こは是れ剣山得意の手にして西ノ海には迷惑の取組と申すべし、明くれば一昨年五月六日靖国神社境内の立合は寸分違わぬ此の手にて西ノ海は痛みて逃げたり、されば此の度の勝負如何あらんと見てありしに、双方たゆまず揉合いついに水となりしが今度もまた西ノ海に痛みありて引分となりしは如何様是非なきものと思わる。
梅ヶ谷大達は、これも当日観客が指を屈たるうちの取組にてひときわ派手の土俵振り、双方とも中腰よりヨイショとばかり立上り小手先に「セリ合い」しは、術はともあれ体格はさまで違わぬ相撲取り立派というも不可なからん、やがて突掛け跳合いて梅ヶ谷は「左」を差し遮に無に「寄れ」ば後ずさる大達がここを大事と残したり、こは面白し大相撲エンヤエンヤと観客が力を籠めたる折しも、あれついに「押切」って梅関の勝はそうしたものか。
・(中入後)友綱中津山は、中津山至極利口の相撲を取りしも残念ながら術の後れて友綱の勝。
鞆ノ平海山は、海山右を差して「ミツ」を取りは左に「上手廻」を引き、空き手は「殺し合」いて揉抜き水となりしが海山に痛ありて引分。
大鳴門武蔵潟は小手先のセリ合いより「押切」って大鳴門の勝。
高千穂楯山は水入り再度取組みしが勝負なく引分。

さすがの西ノ海も剣山は苦手のようで・・・大達も剣山を苦手にしています。剣山は体も重く、堅実で重厚な四つ相撲なので投げや泉川も効きにくかったことでしょう。梅ヶ谷は58連勝でストップした後また土付かずを続けており、この日も気鋭の大達を下して26連勝。この大達とは場所後の3月に行われた天覧相撲で顔が合い、伝説の引分相撲を繰り広げました。

明治17年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/29 18:54】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治17年春場所4日目 (東京横濱毎日新聞/明治17.1.10)

・(中入前)出釈迦山友綱は押切りて友綱の勝。井筒柏戸は「寄リテ」柏戸の勝。
海山高千穂はかなりの取組にて観客の気合よく、立上り突掛け合う時などは喝采の声場中に鳴り渡れり、其のうち高千穂が左を差して来るを海山は心得たりと右に「巻き投」を打って勝はなかなか見事なりし。
高見山鞆ノ平は仕切も申し分なく立上り、右差にて揉合ううち高見山の右は敵の「ミツ」に移りたり、鞆ノ平も一心に「ミツ」を引かんとあせれども相撲巧者の高見山腰を切りて取らせざりしが、鞆ノ平はやがて左に上手廻しを引き大揉みに揉んで水となり、それより再び揉み出での左手敵の「ミツ」に移るや其のまま遮に無に「寄りて」勝は見ごたえありき。
一ノ矢大鳴門は仕切も十分難なく立上り、ちょっと跳合いて左差となりし時一ノ矢ジリジリ「寄り」て「スクイ投」んとしたれど、エンヤ残りて大鳴門は「寄り」て勝を得たり。
楯山千羽ヶ嶽は、千羽ヶ嶽が左を差して寄り来るを楯山は両手に巻いて防ぎしが、楯山もはや後わづかになりし所を残りて一心に敵を押返さんと前へ出づる時、千羽は「ヒネリ」て楯山の体前に流れ千羽ヶ嶽の勝。
・(中入後)伊勢ノ濱荒飛は大相撲となりて「櫓」に掛けて荒飛の勝。緋縅は「押切」て緋縅の勝。武蔵潟手柄山は水となり手柄に痛ありて引分。
大達剣山は、いつも大達が不覚をとり「カタク」なったる事なれば今日はどうだと気遣う人も多かりし、さても両力士は仕切も立派に立上り、小手先に「せり合い」て或いは「矢ハヅ」で押行けば残ってまた押返し、ついに剣山が荒れて突掛かりし時はすんでの事に大達踏切るばかりなりしも、辛く残りて再び突掛けんとする折しも大達が力限りと突放す途端に剣山は後づさるを、すかさず押切りて勝を得たるは真に出来のよき事と思わる。
西ノ海上ヶ汐は、上ヶ汐が突掛け来る一本を引張り込んで得意の「泉川」を極めんとしたるを、敵はさるものイヤダと云って西ノ海の左手を引張りざま一本「ジョイ」に抜けんとするを、西もすかさず此の手を払い振り向きたる上ヶ汐の背中より一押しおしければ上ヶ汐「踏切」り、すなわち「おくり出し」て西ノ海の勝。
常陸山梅ヶ谷は、常陸山右に敵の首を巻き左を差し、敵の左足へ「足クセ」を巻いて一心に防ぎしはなかなか手間取りヤンヤヤンヤと観客は常陸山の耐忍強きを誉め合えりしが、其のうち梅ヶ谷が首を巻かれし敵の右を外しながら「ヒネリ」て勝は詮方なき勝負なり。
・当日は大入にて貴紳の方々にも見物せられ馬車三四輌を見受けたり。

何年もの間、十両の上位とくに貧乏神に居座っていた勢イ(いきおい)がようやく新入幕、この日初めて土俵に上がりました。負けたとはいえ、その気持ちはどんなものだったでしょうか。先代同士の「梅・常陸対決」は2度目の顔合わせ。こちらはかなり実力差がありました。この常陸山は大酒呑みで通った人物でしたが、弟子の育成手腕は優れていたようで多くの関取を育てました。

明治17年春場所星取表

西前頭9・勢イ力八

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/28 19:33】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治17年春場所3日目 (東京横濱毎日新聞/明治17.1.8)

・(中入前)海山九紋竜は、至極念入りてなかなか立たざりしうち九紋竜は「カタク」なり、暫くしてやっと立上り腹立ち紛れ海山の横面をしたたかに張りしが、海山は別段気にも掛けず押切りて勝はさもあるべし、この海山は大坂にて今度大関に昇進するはずのところ何か故障ありて邪魔をされ不服にて東京相撲となりしやに聞く。
関ノ戸中津山は突掛け中「はたき込」て中津の勝は又しても大出来なり。
鞆ノ平伊勢ノ濱は「寄」ての勝。
剣山武蔵潟武蔵ちょっと立ち後れしも難なく敵を引受けたり、ここにて立つは武蔵のため不利と思われしが案の定見る見る寄られて武蔵潟はここを大事と一心に防ぎ、押かえして「左四ツ」となり土俵際にて「投」を打たんとせしが、ついに剣山の「投返し」に掛かり剣山見事の勝を得たり。
緋縅西ノ海は当日一の取組なり、直ぐに立上りて突掛け合い組まんとしては又分かれ、互いに組入るべき機なく西ノ海は左を敵の右と殺し合い、又右に敵の左を殺して土俵真中に突立ちしとき水となりしが、緋縅に痛ありてソロソロ土俵を下る折しも、西ノ海は後ろの方よりオイもう一番、と戯れながら腕を取りて引張りし時、緋縅が振り返り西ノ海の顔を見てニヤリと苦笑いせしはあの人だけに得も言われぬ可笑しさありき。
・其の次は梅ヶ谷一ノ矢なり、双方念入りて立合いすこぶる手間取りしが数回仕切直し辛うじて立ちたるは無理ならず、敵は無双の梅ヶ谷この相撲に勝ちを取たらば、と一ノ矢が心の中思う様子の自然と表れて観客贔屓の声を増したり、かくて一ノ矢は一生懸命荒れに荒れて突掛け実に必死の振舞いなるにぞ、場内は割るるばかりにどよめき渡りひとかたならぬ騒ぎなり、この時両力士は互いに組みも組まれもせで一ノ矢取り疲れたる様子なりしも、油断せず小手先に突張り合い唯々相撲を大事になすうち水となりしが、一ノ矢に痛ありて引分は、よく此処まで取りしと観客は誰も誉め称えり。
柏戸立田野は小手先の「せり合う」うち水となり立田野に痛ありて引分。
高千穂出釈迦山は「左四ツ」にて高千穂に寄られすでに「踏切」るばかりの所にて「ウッチャリ」出釈迦の勝は出来たり。
友綱大達も立合すこぶる念入りしが、こは大達が馬鹿にしたる「仕切」り方に友綱の気合悪しく容易に立たぬ事と思われたり、もっとも大達の内心は馬鹿にするにはあらずして其の実あくまでも呑んで居る風を見せて敵に臆心を起こさせついには不覚を取らせんとのごく卑怯の策ならん、さて立上り突掛けて友綱は後ずさりせしがまた大達を押返し土俵際に至りて大達が左を差し「スクイ投」を呉れしに団扇は友綱に上がりたり、是は大達が「スクイ」し前にちょっとの踏切りありし故とかにて物言い付き預りとなりしが、正しく友綱の勝なりと或る人は云えり。
手柄山井筒は「踏切」て手柄の勝。千羽ヶ嶽浦風は「寄り」て千羽の勝。
大鳴門常陸山は、なかなかの大相撲となりて揉抜きて後「投」を打ち大鳴門の勝。
上ヶ汐楯山は、楯山が遮に無に「押行」きしに腰くだけて自ら体前へ流れ上ヶ汐の勝となりしが此の時は早や日も暮れて「決まり手」はしかと見分けかねたり。

海山がついに登場しましたが強いですね(;・ω・)東京では三役までは上がれませんでしたが、のちに友綱部屋を率いて横綱太刀山らを育てた人物です。西ノ海は新関脇。緋縅に逃げられて痛み分けとなりましたが、緋縅は丸い体で見るからにユーモアがあった人なのでしょう、悪く書かれることはなく得をしていますね。

明治17年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/27 22:41】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治17年春場所2日目 (東京横濱毎日新聞/明治17.1.8)

・回向院二日目の相撲は観客前日に倍してすこぶる上景気なりき。
・(中入前)一ノ矢緋縅は当日第一に待ち設けたる取組なれば熱心連中は目を剥き出し手に汗を握りつ呻るもあれば叫ぶもあり、いずれ劣らぬ日の出力士どよめき渡りて囂々たり、さて双方仕切も十分に難なく立上り突掛けざま緋縅が引立て組まんとなしたる時、一ノ矢は腰「クダケ」て防ぎ得ずついに「踏切」緋縅の勝となり、相撲とならで果てたるはいとも残念に思われたり。
中津山高千穂は突掛け跳合う時中津山は機転に「ハタキ」しに高千穂は「ハヅンデ」来る途端なればあえなくも掛かりて両手を砂に付き中津の勝は大出来。
大達荒飛は左差に組み合う折から「カタスカセ」にて大達の勝。
出釈迦山手柄山は気合よく立上りて直ぐに「左四ツ」となりしが、出釈迦山は力に任せて尚も右を「コジ込み」前袋を引きながら遮に無に「寄り」て勝はあっぱれあっぱれ。
浦風友綱(濱ノ音改め)は「相四ツ」にて最初は浦風が寄られてタヂタヂ後ずさりせしが、やがて土俵際にて「投」を打ちしに友綱の体見事に流れて浦風の勝は見事の手際にて、如何様同人が力量の回復は十分に見えたり。
井筒大鳴門は「鉄砲」にて「踏切り」大鳴門の勝。
楯山柏戸は、柏戸敵を「カタク」して万に一ツの勝を得んとの心算なるか、最初手強く突掛けて楯山を土俵より突落としたれば楯山は痛く腰の辺りを打ちし様子なりしは気の毒の事なりし、さても立上るや柏戸が突掛ける左手へ「泉川」を掛けて「極めん」とせしが十分ならざれば、引立て寄らんとして再び柏戸が突掛けるを楯山は力に任せて「はたき込」しに、柏戸楯山の股の間に平這いして楯山の勝となりしは最初の無法によき返報とて心地よく覚えぬ。
・(中入後)九紋龍千羽ヶ嶽は、跳合い中九紋龍は潜りて敵の左足を取り、持ち出して勝ち、是れまた上出来。
常陸山鞆ノ平は念入りて立上りちょっと相撲となりしが「出し投げ」て鞆ノ平の勝。
武蔵潟上ヶ汐は両手を「殺し」合いて水となりしが、武蔵潟に痛ありて引分。
立田野剣山は持出して剣山の勝。
西ノ海関ノ戸は直ぐに「ヒネッテ」西ノ海の勝は呆気なし。伊勢ノ濱梅ヶ谷は押切りての勝は当然。

柏戸は立ち合いに「うるさい」タイプのようですね。先場所は西ノ海に手痛くやられていましたが・・・相撲内容で健闘を見せないといくらでも叩かれてしまいます。先場所客席として張出だった剣山は東小結に座り好調です。持ち出しは吊り出しに近いですが、正面からというよりも横や後ろについて相手を持ち上げながら土俵外へ運ぶといった感じでしょうか。

明治17年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/26 19:40】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治17年春場所初日 (東京横濱毎日新聞/明治17.1.5)

・回向院の春相撲はかねて記しおきたる如く昨日をもって開場せり、案の定早春の事なれば観客の気入りもひとしおにて初日ながらおよそ千四五百もありしなるべし。
・(中入前)芝田山取倉取倉の勝。柏木綾浪綾浪の勝。それより幕の内に移りて柏戸和田ノ森柏戸の勝。
・人気沢山の上ヶ汐井筒は、井筒急に立上りしも上ヶ汐はオット承知と難なく敵を引受け、三ツ四ツ突掛けながら相撲にせんと左を差して「寄来」る途端「巻落」して見事に井筒の勝は案外の出来とや申すべし。
島田川常陸山は、仕切も見事に立上り突掛けながら「左四ツ」となりし時、島田川は「コジリ」てなおも右を差さんとせしが、常陸山は猶予をあたえず「押切」て勝。
千羽ヶ嶽千勝森は「ツリ出シ」て千羽ヶ嶽の勝。
鞆ノ平中津山は至極念入りて、中津山が相撲を大事にせんとするよりちょっとは立たざりしに、は「カタク」なりつつやがて立上り、中津が得意に敵を「かぶらん」とするを無二無三に「寄り」て鞆ノ平の勝はさもあるべし。
荒飛武蔵潟は気合よく立上り突掛けて「左差」となりしが、荒飛は血気盛んの若手なり、勢いに乗じて敵を「極め」んと其のまま「足クセ」を巻いて一心に敵の体に付入り、武蔵は之に応じて堪えしうち双方の体流れしが、武蔵の体先に流れ正に荒飛の勝となりしは大出来の相撲なりし。
剣山出釈迦山は、突掛け合ううち出釈迦の腰「クダケ」て剣山の勝。
入間川西ノ海は提灯に釣鐘ともいうべき取組、案の如く「鉄砲」にて造作もなく西ノ海の勝。
梅ヶ谷立田野は、梅ヶ谷の「ハタキ」にて立田野の体流れしが、梅関の仕方は余りにきびし過ぎて見るさえ気の毒の思いを為したり。
・(中入後)関ノ戸に評判高き一ノ矢は、関ノ戸が立上りざま急に「押切」り、すんでの事「踏切」るばかりに危うく見えしが、一ノ矢はウント堪えて腰を入れ辛く残りて相手を押切りしは仕合わせよき相撲なり。
・布袋どんも三舎を避けるというかの緋縅達ヶ関は、「寄り」て緋縅の勝。
高千穂九紋竜は、「左四ツ」の所へ高千穂右に「上手廻し」を引き「寄り」て勝。
浦湊大達は「押切」て大達の勝。
手柄山忍川は突張り合いちょっと大相撲なりし、忍川は血気に任せ左を差して遮に無に寄り来たり、手柄山の方危うしと思う折しも土俵際にて手柄は巧みに敵を「うっちゃり」て勝ちしは昔取った杵柄と観客は話せり。
長山浦風は「捻ッ」て浦風の勝。
大鳴門伊勢ノ濱は「左四ツ」で「寄り」大鳴門の勝。
・その次は今年幕の内に入りし濱ノ音改め友綱楯山の相撲なり、両力士は仕切申し分なく楯山も目下ながら油断のならぬ若相撲と容易には立たざりしが、辛うじて立上り小手先のせり合いより友綱が力限りに寄来るにぞ、楯山は後の無きを案じ一心に前に出んと同じく力を極めて寄来る敵を押戻さんとする時、自ら腰「クダケ」て斜めに体前へ流れたり、この時友綱の体も同じく前へ流れしが楯山の方先なりしを以て友綱の勝は感心感心。

・両三日内より西京の海山隅田川及び秋田相撲の鳥ノ海もスケにて取るとの事、鳥ノ海というは南部の出にて千鳥川と張り合いし評判の力士なりとぞ。
・また今度高砂の弟子にて毛谷村六助という力士が出来し由なるが、定めてこれもヒレものなるべし。

大関の楯山が敗れましたが、他はほぼ順当な結果と言えるでしょうか。緋縅は布袋さんも遠慮するほどの太鼓腹。毛谷村六助(けやむらろくすけ)は豊臣秀吉の前で相撲35人抜きをしたと伝わる昔の武士で、芝居や講談などの題材としてよく取り上げられていたようです。その人物の名前をそっくり頂いた力士ですが、当時としてはかなり立派な体格で注目されていたようですね。ヒレ者とは体格の立派なことを指します。大阪関脇の海山(かいざん)が明日より登場。スケとは助っ人という意味でしょう。

明治17年春場所星取表

毛谷村六助

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/25 20:13】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治16年夏場所千秋楽 (東京横濱毎日新聞/明治16.6.12)

・(中入前)大ノ川大和錦は引分。藤の森芝田山芝田山の勝。取倉勢力勢力の勝。羽衣鶴ヶ濱は「鉄砲」にて踏切り鶴ヶ濱の勝。岩ノ里菊ヶ濱菊ヶ濱の勝。
九紋竜日下山は難なく立上り、突掛け跳合い暫くして九紋竜は左を差して「ミツ」を取り、右は敵の左を殺し合い日下山は右に敵の上手廻しを引き、大揉みに揉抜くうち日下山には最初より危うき所ありしを残りて尚も揉合いしはいと面白く覚えたり、やがて双方取り疲れたる様子に東西の溜りより水を入れと言い出しを、行司がちょっと油断する折しも九紋竜日下山に押され土俵近くに至れり、此の時行司は初めて気が付きしと見えここにて水なりと云いしも、場面何となく気抜けしたれば更に引分になさんとせしが、双方の望みに任せて再び取組ませしに、また元の手にて勝負なく引分となれり。
・(中入後)栄松二子山栄松の勝。小金山御嶽山は花々しく立上り小金山は無二無三突掛けて先に西の土俵へ寄りし時相手は踏切りしと見えしが、又もや南の方へ突張り行き再度押切りて勝は可笑し。
早虎泉瀧は荒れにあれたる末、泉瀧は「渡し込ん」で勝を得たり、土俵にて痛く脇腹を打ち余程苦痛の体なりしも、さほどの事なくたちまち全快せり。
・(以下三役)柏木大戸崎は仕切も見事に力声と共に立上り、取口いと花々しく荒れ廻りしが、ついに「押切っ」て大戸崎の勝すなわち今日の小結に叶う大戸崎、と名乗を受けたり。
綾浪平ノ戸も至極面白き取組にて、仕切も十分立上り左差にて揉合いし末、綾浪は「渡し込み」しと思いしが団扇は平ノ戸に上がり、物言い付きて引分。
・次は若ノ川増位山、仕切も立派に難なく立上り「左四ツ」にて揉合ううち、増位山はなお上手廻しを引きこの手にて大相撲となりしが、水入り増位山に痛みありて引分となり、目出度く打出したり。

水入りのタイミングは難しいものですね。結びの一番では勝者が出ませんでしたので、弓取りはナシです。この日登場した中では綾浪(あやなみ)はのちに三役まで上がる力士で、米俵を8つ一度に持って歩いたという怪力伝説が残っています。若ノ川(わかのかわ)も似たような伝説を持っていますが、こちらは素行が悪かったようで思うように出世することは出来ませんでした。

明治16年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/24 20:14】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治16年夏場所9日目 (東京横濱毎日新聞/明治16.6.12)

・一昨日回向院九日目の相撲は、まず可成りの景気にて。
・(中入前)濱ノ音一ノ矢は当日一の取組だけに観客の気入もすこぶるよし、両力士は至極念入りて立上り荒れて突掛け跳合い、ついに「左四ツ」となりて揉んで揉抜き互いに危うき所を残し合ううち、濱ノ音が一心に寄り来たりしにぞ一ノ矢はここぞ大事と西の土俵に踏止まり相手を「うっちゃ」らんとせしが、自分の体先に流れ濱ノ音勝を得たるは大出来。
荒飛常陸山は難なく立上り、突掛て後左差にて土俵真中央に突立ち双方隙を伺ううち、常陸山の口より出血しすなわち痛にて引分。
廣ノ海浦風は二ツ三ツ跳合い「相四ツ」となりて揉抜きしが、廣ノ海は東の土俵際に押され来てあわれ踏切らんと思いの外、金剛力にて浦風を西の土俵に押返し「渡し込ん」で廣ノ海の勝は毎度ながら感心感心。
鞆ノ平武蔵潟は見事に立上り直ぐに左差となりしが、鞆ノ平は尚も敵の差手をコジて右を差し前袋を引いて大揉みせしが、ついに土俵際にて「出し投」を喰い武蔵潟の勝。
梅ヶ谷楯山は流石に関の取組だけ仕切も一きわ立派にて、互いに粗相なき様となかなかに立たざりしが、再三仕切直して後エイとばかりに立上り楯山が最初突掛け離れて二度突掛けし時、梅ヶ谷ははたき込みければ難なく楯山の手は砂に付き梅ヶ谷の勝となりしは是非もなし。
・(中入後)鶴ヶ濱稲ノ花は、鶴ヶ濱左を差し稲ノ花を押切って勝は妙なり。
柏戸大達はすぐに「はたき込ん」で大達の勝。
大鳴門手柄山は難なく押切り大鳴門の勝。剣山磯風高千穂高見山の両取組は休なりき。

「前袋を引く」は現在反則として明記されていますが、当時は良かったんでしょうかね?一ノ矢は十両の濱ノ音に敗れて2敗目となりましたが幕内最優秀成績。他には廣ノ海、磯風、剣山など京阪力士の活躍が目立ちました。大阪相撲・京都相撲としてはこうして有力な力士が東京へ流出していったことが、のちに実力的に東京相撲に差をつけられることになる一つの要因になったのでしょう。ただし磯風はこの場所限りでまた京都相撲へ帰り、のちに吉田司家より横綱免許を受けたといいます。現在公認の横綱には数えられていません。

明治16年夏場所星取表

西前頭10・一ノ矢藤太郎

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/23 17:25】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治16年夏場所8日目 (東京横濱毎日新聞/明治16.6.10)

・雨天にて延引せし回向院八日目の相撲は昨日の天気につれて開場せり、景気はまず可なりというべし。
・(中入前)若ノ川千草山の勝。九紋竜朝日嶽九紋竜の勝。岩ノ里入間川の勝。忍川御所櫻忍川の勝。藤ノ戸の勝。井筒出釈迦山は「寄」て出釈迦の勝は出来たり。稲ノ花柏戸は難なく稲ノ花の勝。高見山千羽ヶ嶽は休。
武蔵潟上ヶ汐は仕切も見事に立上り、跳合いざま左差となり上ヶ汐は一心になおも右を差して敵の前袋を取りしに、武蔵潟は上より敵の体を殺しつ防ぎたれば流石手取りの上ヶ汐もかの大男の武蔵潟を上よりかぶりて今更何と詮術なく、其のまま土俵の真中央に突立て動く気色の見えざりしが取り疲れてついに水となりしに、武蔵潟に痛ありて引分は武蔵潟に似合わぬ卑怯の振舞いとこそ評すべけれ。
大鳴門磯風は是れぞ当日一の面白き取組なれば、名乗の上がると等しく詰掛けたる観客は大鳴門大鳴門と呼び磯風磯風と叫びて暫しどよめき渡りける、かかりし程に両力士は仕切も十分見事立派に立上り、ちょっと突掛け直ぐに右差となり揉みに揉んで一度は大鳴門が東の土俵に押され来りアレアレと言わんばかりに危うかりければ、大鳴門もここぞ大事と一生懸命金剛力もて今度は西の土俵へ磯風を押返し、左手に敵の「ミツ」を引きながらジリジリと寄るにぞ磯風も暫時は堪えしもののついに寄られて土俵を出で大鳴門の勝、此のとき満場喝采の声起こりて、ために天地も崩るる程なりき。
・次は剣山楯山なり、いかなる勝負を見るやらんと皆々固唾を呑んで見物す、やがて楯山が立ち際に突掛け出るを剣山はすかさず「はたき込」しにぞ、楯山は両手を砂に突いて造作もなく剣山の勝となりしは余りにあっけなく思われたり。
一ノ矢荒飛は「渡し込」んで一ノ矢の勝は当然。
常陸山廣ノ海も随分面白かりし、最初常陸山が直ぐと相手を突倒したるより廣ノ海はちょっと「堅く」なり、いざ返報返しと今度は常陸山の頬ペタを痛く「張り」たれば双方「堅く」なりて幾度ともなく仕切直し、廣ノ海は腹立ち紛れに中腰になり大手を広げて仕切しに、常陸山はエイとばかりに立上り突掛けざま押行きしに、廣ノ海の後わずかにて踏切るかと思いの外、ここを「残」して押返しついに「左四ツ」となりし時、常陸山は「掛投げ」んと左足を敵の右足に掛けしに、廣ノ海はこれに応じて堪えしかば常陸山は「掛け負け」て廣ノ海の勝。
濱ノ音清見潟は立ち際に「はたき込」て清見潟の勝。
浦風高千穂は、高千穂ちょっと立ち後れし様子なりしが難なく引受けて右差しとなり、浦風を東の方に押行きし時浦風は「スクイ投」を呉れたるに高千穂の体流れて浦風の勝。
大達鞆ノ平は休。手柄山立田野は左差にて防ぎ合い水入りしが、立田野に痛ありて引分。

痛み分けは当時もやはり勝負を逃げる手として卑怯に思われる事があったようです。記事の論調からすると「実力の劣る側が痛みを申し出るのは仕方ないこと、実力の勝る側が痛みを申し出るのは卑怯なこと」という感じに見受けられます。武蔵潟は先場所の休場以来調子が悪いようで、今場所も負けた相撲は内容が良くない感じですね。

明治16年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/23 02:01】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治16年夏場所7日目 (東京横濱毎日新聞/明治16.6.5)

・昨日同所七日目の相撲は、前日に劣らぬ上景気。
・(中入前)立田野一ノ矢は、難なく立上りしも立田野寄られて一ノ矢の勝。
濱ノ音常陸山は仕切も十分立上り「左四ツ」となりしが、濱ノ音は其のまま揉みながら遮に無に「寄り」て勝を得たり。
廣ノ海清見潟は間もなく押切りて廣ノ海の勝。
高千穂大達は釣合いよき相撲なれば、さぞ面白からんと思いの外すぐに押切りて大達の勝。
鞆ノ平浦風は立上るや否や「渡し込ん」で鞆ノ平の勝。
千羽ヶ嶽手柄山は仕切も十分気合よく立上り、小手先のセリ合いより「左差」となりて手柄山が一心不乱に寄り行く時、千羽ヶ嶽は「小手投」くれて勝を占めたり。
・次は当日一の取組なる梅ヶ谷磯風なり、前日の剣山西ノ海の取組同様名乗の上がると等しく場内は割るるばかりの騒ぎなり、やがて両力士はエイとばかりに立上り、手と手に渡り合いつつ暫時は土俵の中央に突立ち上り組みも組ませもせざりしが、ややありて磯風は「蹴返し」を呉れたるに梅ヶ谷の体ちょっと危うきよう思われしも全国無双の梅関なり、断然残りて突掛けつ又も小手先にてセリ合ううち磯風が荒れ出る折から梅ヶ谷は敵の手首を引張る途端に右手を伸ばして敵の首筋を「はたく」よと見えしが、此の時磯風は両手を砂に突き見事梅ヶ谷の勝となれり、こは「そ首落し」という妙手なり。
・(中入後)荒飛稲ノ花は見事に立上り、稲ノ花が左を差して寄り来る時荒飛は土俵際に踏止まり「うっちゃり」て荒飛の勝。
柏戸高見山は小手先のセリ合ううち水入り、柏戸に痛ありて引分。
剣山武蔵潟は是れまた当日の見物ゆえ観客は脇目も振らず見てありしに、両力士は仕切も立派に立声上げて突掛るや直ぐに左を差し合ううち、剣山は寄ると見えければ武蔵潟も一心不乱敵を引受け揉んで出で、ただに寄りて勝を得んものと金剛力にてジリジリ寄り来るを、剣山は機を見すまし「スクイ投」を呉れたるに武蔵潟の体流れて剣山の勝。
上ヶ汐西ノ海は、上ヶ汐ちょっと立ち後れと見えしが難なく引受け突掛るを、西ノ海は敵の左を引張り込み例の「泉川極め放し」にて勝。
大鳴門楯山は互いに「ハヅ」を構いて揉合ううち楯山は無二無三押行きしが、ついに押切りて楯山の勝。

割と順当な結果に終わった1日でしょうか・・・とはいえ3人いた西方の土付かずが全員黒星、この場所は最終的には新入幕の一ノ矢が幕内最優秀の成績を収めるわけですが、この時点でトップに立ちました。江戸時代からこの頃の時代までは新入幕で優勝相当成績を挙げる力士がたびたび見られますが、開催日数が短いことや、年2場所しか無いため出世が遅くなりがちで、入幕の頃には三役級の実力を付けている力士がいたりすること等が要因でしょうか。

明治16年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/20 23:34】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治16年夏場所6日目 (東京横濱毎日新聞/明治16.6.5)

・回向院六日目の相撲は日曜にもあり天気もよし、また面白き顔触れなれば早天より詰め掛けし観客五千人の上に出でたり。
・(中入前)稲ノ花濱ノ音は若相撲の取組なり観客の気入も至極よし、双方見事に仕切り、立上りざま荒れて跳合い互いに小手先にてせり合いしが、ついに濱ノ音稲ノ花を押切りて勝。
井筒長山も押切りて井筒の勝。
清見潟柏戸清見潟ちょっと立ち後れと見えしが、難なく敵を引受け柏戸が左を差して寄り来るを「うっちゃり」て清見潟の勝。
磯風高千穂は諸人待ち設けの取組なり、両力士は仕切も十分尋常に立上り突掛け合ううち高千穂は両差となり、磯風は上手に敵の両手を巻いて揉合いしが、また離れて小手先のせり合いとなり今度は高千穂が右を差せしを磯風は左にて此の手を巻き我が右手を敵の胸に構い無二無三寄るよと見えしが、是れなん一時の計略にて相手が寄られじと前へもたれさするの為なるべし、思いし如く高千穂は寄られじものと差手に力を籠めて防ぐにぞ、此の時なりと磯風は少しく体を後ろへ引きつ「投」を打ちて見事の勝を得しはまさしく四十八手投の内にて「寄り戻し」という妙手と知られたり。
西ノ海剣山当日第一の取組なれば名乗の上がるや場内は暫時どよめき渡りけり、さても両力士は静々とシコ踏み鳴らしつ仕切合いしはいずれも優さず劣らざる立派の力士なりき、そうこうするうち気合よく立上りちょっと突掛けて「左四ツ」となり揉合う中、剣山が右手に「上手廻し」を引かんとアセるを西ノ海は腰を切りて取らせざりしが、ようやくにして剣山の右は敵の「上手廻し」に掛かりたり、スワ千番に一番の大相撲にならんかと又もや場内騒ぎ立つうち双方取り疲れ水となりしが、西ノ海に痛ありて引分は残念至極に覚えたり。
高見山大鳴門は直ぐに大鳴門の「鉄砲」にて踏切り大鳴門の勝。
楯山千羽嶽は間もあらせず千羽を押切り楯山の勝。
・(中入後)一ノ矢竜ヶ鼻は、一ノ矢左を差し右に上手廻しを引き「持出し」て一ノ矢の勝。
常陸山立田野は「ヤハズ」を構いて押切り常陸山の勝。
大達廣ノ海も中々に見所のある相撲なりしが大達は又もや敵を呑み最初は痛く突倒し二度の仕切も馬鹿にせし様子にて廣ノ海も立ち具合の悪しきより三四度仕切直し今度は中腰よりすぐ立上りしに、大達は何のという気組にて引受け、寄らせながら「うっちゃ」らんと思いしが廣ノ海は寄行きながら内掛にて「モタレ込」みしにぞ大達は意を達せず敗を取りしは是非なし、廣ノ海の勝は感服感服。
浦風上ヶ汐は片手突張り片手殺し合いて揉合ううち水入り、上ヶ汐に痛ありて引分。
手柄山鞆ノ平は押切りて鞆ノ平の勝。
武蔵潟梅ヶ谷は至極気合よく立上り、梅ヶ谷は左を差し右を差さんとするを武蔵潟は差させじと左にて此の手を殺しつありしが、梅ヶ谷は無二無三にコジりて右を差し「ミツ」を取りなお左をも「ミツ」に渡して力限り寄るにぞ、武蔵潟は寄られながら上手に敵の「ミツ」を取り一心不乱に堪えしが、ついに土俵まで寄られしに詮術なくただ「うっちゃ」らんとする時、おのれ早く踏切りて梅ヶ谷の勝とはなりぬ。

腫れ物のために休場していた梅ヶ谷が戻ってきました。現在ならば大関が初日から休んで途中出場するという事はまず無いのですが、当時はやはり顔触れによって1日1日の客足に大きく影響が出たわけなので、出場できるなら出てくれという依頼が年寄連から出るものでした。復帰早々の力強い相撲はさすがですね。

明治16年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/19 19:05】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治16年夏場所5日目 (東京横濱毎日新聞/明治16.6.2)

・昨日回向院五日目の相撲は相変わらずの上景気。
・(中入前)嶽ノ越中ツ山嶽ノ越の勝。大和錦若ノ川大和錦の勝。芝田山伊勢ノ濱伊勢の勝。
出釈迦山一ノ矢は、花々しく立上り突掛け跳合いし末左差しとなり、揉んで揉み抜き大相撲となりしがついに「寄り」て一ノ矢の勝。
竜ヶ鼻清見潟は直ぐに踏切り清見潟の勝。
濱ノ音武蔵潟は仕切も十分気合よく立上りしが、間もなく「振り出」して武蔵潟の勝。
剣山大達は当日中の見物なれば、観客の気入すこぶるよく名乗の上がるや場内はどよめき渡りて囂々たり、やがて両力士は念入りて立上る折しも、大達は突掛けざま頭を剣山の面部の左方へ痛く打ち付けたるにぞ剣山は左眼たちまちに腫れ上がれり、こは大達が相手に後れを取らせんとの策と覚えたり、されば剣山もウヌという気組にて敵を引受けながら返報返しに「張り手」を呉れ双方「堅く」なりてあたかも喧嘩同様の相撲となり、荒れに荒れて突掛け跳合い一度は剣山に危うき所ありしも残りて、ついに左手を差し今度は大達を東の土俵際に押行き右に上手廻しを引くよと見えしが此の時得意の「投げ」を打ちて剣山の勝となれり、しかるに大達は一度土俵を下りたるも何か考え付きし有様にて土俵へ上がり物言いを付けたり、其の故は取組中溜りにて水を入れんと云いしより少し猶予せしなれば断然負けたるにはあらずと言い張りしかば、年寄中にても奔走しついに場面を預り勝点は剣山の方に付けしという、大達がかかる卑怯の振舞なせしは是れまで剣山とは田舎興行の相撲にても始終苦手にて勝ちし事なき故なりとぞ。
・次は上ヶ汐手柄山、是れもまた上手同士の相撲なれば面白からんと思いの外、立上るや手柄山が突掛け来るを上ヶ汐は土俵際にて敵の左を「ヒッカケ」ながら体をかわして手柄山を土俵外に出し、すぐに勝を得たり。
鞆ノ平高見山は見事に難なく立上り、ちょっと小手先のセリ合いより直ぐに右差となりて揉合い押しつ押されつ大相撲となり中々に見所ある取組なりき、かくて鞆ノ平は左に上手廻しを引きすぐに投げを打ちしも、流石は高見山際どき所を残して「投げ返」し見事の勝を得たれば場内の騒ぎひとかたならず。
・(中入後)千草山九紋竜千草山の勝。長山忍川は押切りて忍川の勝。千勝森の勝。浦湊勝ノ浦は「カタスカセ」に掛けて浦湊の勝は出来たり。
荒飛井筒は、荒飛が「投」を打つ途端「ツブレ」しが団扇は荒飛の方に上がりしを、物言い付いて預り。
廣ノ海常陸山は(休)。立田野磯風は押切りて磯風の勝。
柏戸西ノ海は、柏戸が敵を「カタク」して勝を取らんとするより最初は力に任せて相手の「マッタ」も聞入れず突掛けし或いはショッて投げるなど種々に工夫せしが、西ノ海はさまで「カタク」ならず十分仕切りて敵の立上るを待ち受るも、柏戸は幾度となく仕切直し三十分も時移りてようよう立上り突掛るを、西ノ海は一「弾き」せしに柏戸がよろめく途端また力限りに突張れば柏戸は土俵外に飛出し西ノ海の勝となりしにぞ、西ノ海は土俵を下りつつ彼の重き口より「何にも芸のねえ癖にトンだ暇を取ラセヤガッタ」とつぶやきしは、いと可笑し。
・次は千羽ヶ嶽浦風の取組にて浦風が左を差し右に上手廻しを引き、「投」を打ちて勝。
高千穂楯山は仕切も十分勇々しく立上り、二ツ三ツ跳合ううち高千穂は右を差し左を「ハヅ」に構いまた楯山は同じく左を「ハヅ」に構い右に相手の左手を巻きて揉合い、楯山より相撲を仕掛け荒れ出さんとする時高千穂は「巻き落と」して見事の勝を得。

大達はなりふり構わないというか、完全にヒールです(;-ω-)いきなり相手の顔面を狙った頭突き、勝負がついた後は水入りの声が聞こえたから力を抜いたんだとアピールしています。しかし強い悪役というのは場所の盛り上がりには大きく貢献するかも・・・西ノ海の一言もなかなか辛辣で面白いです。この日は大鳴門の取組が無く、前日の新聞に掲載された割を見ても最初から割が組まれた形跡がありません。特に記述が無いため理由は分かりませんが、ちょっと珍しいです。

明治16年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/18 17:48】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治16年夏場所4日目 (東京横濱毎日新聞/明治16.5.31)

・昨日回向院四日目の相撲は観客前日に一倍せり。
・(中入前)増位山常陸川増位山の勝。綾浪千草山綾浪の勝。音羽山平ノ戸平ノ戸の勝。忍川菊ヶ濱は預り。浦湊は押切りての勝。
九紋竜濱ノ音は互いに突掛け合ううち、九紋竜は左を差し揉んで揉み抜きついに「スクイ投」を打ちし時、双方の体流れしに団扇は九紋竜に上がり場中割るるばかりの騒ぎなりしが、物言い付きて預りとなれり。
稲ノ花出釈迦山は花々しく立上り、跳合いてのち左差となり大揉みに揉んで中々面白き相撲なりし、ややありて稲ノ花が右に「上手廻し」を引き遮に無に寄り来るを、出釈迦山しばらくは堪えしもののついに踏切りて稲ノ花の勝。
長山勝ノ浦は押切りて勝ノ浦の勝。井筒千勝森千勝森踏切りて井筒の勝。
高見山入間川は、高見山既に踏切るばかりなりしも残りて「ウッチャリ」高見山の勝。
竜ヶ鼻浦風は小手先のせり合いより左差しとなりし時、浦風は右を敵の首に巻き「投げ」を呉れすなわち「首投」の手にて見事に勝を得たり。
磯風荒飛は立上るや荒飛は両差、磯風は上手に敵の両手を殺して其のまま押切りしが、荒飛は押切らるる前に磯風が既に左足を踏切りたりと言い張りて止まず、ついに物言い付きて預りはチト無理のように見受けたり。
西ノ海千羽ヶ嶽は仕切も見事に立上り、左差にて揉抜くうち千羽は一心に押切らんと力限りに土俵際まで寄りし時、西ノ海は上手に敵の左「ミツ」を引き「投」を打たんとせしにぞ、千羽は一生懸命一度は此れを逃れしものの再び此の手に掛かり西ノ海の勝となりしは中々に見ごたえある相撲なりき。
常陸山鞆ノ平は、相変わらず鞆ノ平は最初より敵を侮る色ありて、立上るやただ一息に押切らんと左を差し常陸山を土俵の上まで持行きたり、此の時常陸山は一生懸命に踏止まり敵の差したる左へ両手を巻いて「うっちゃ」りしに、鞆ノ平の体土俵を出て常陸山の勝はあっぱれ大出来。
楯山柏戸は間もなく楯山の「巻き投げ」にて柏戸の体流れ楯山の勝。
・(中入後)一ノ矢廣ノ海は、是れぞ当日の見物にて体格さえ釣り合いたる若力士の取組なれば、さぞや面白き勝負ならんと皆々固唾を呑みつ見てありしに、双方至極念入りて容易には立たざりしが、やがて立声もろとも突掛け跳ね合い互いに右を差して揉合い、大相撲となりければ場内は贔屓贔屓の名を呼びてすこぶる騒がしかりし、兎角するうち廣ノ海一ノ矢を土俵際に押行きついに「渡し込」みて廣ノ海の勝となりたれば満場またもどよめき渡りぬ。
・次は相撲中の大男武蔵潟にまた相撲中の小男立田野の取組なり、ただ一掴みと思いきや立田野は下手に両手を差し武蔵潟は上より敵の両手を巻いて無二無三持ち出す気色なりしを、流石は立田野踏切る途端に武蔵潟を「うっちゃ」り団扇は立田野の方に上がりしが、武蔵潟は相手が既に踏切りたりとて物言い付き預りとなりしは、なかなかに際どき相撲なりき。
剣山清見潟は仕切も十分立上り、剣山が突掛るを此方は後ずさりて防ぐうち、清見潟は隙を窺い右を差すと等しく押切らんと金剛力に寄り行きし時は、さしもの剣山も土俵まで押されて来て此を大事と防ぐものからスワ清見潟に勝なりと思う折、清見潟は左を伸ばし敵の足を取らんとして腰砕くると一時に「うっちゃ」られて剣山の勝は清見潟の残念思いやられたり。
手柄山高千穂は、手取り同士の相撲なれば面白き事ならんと思いし通り仕切も見事に立上り、荒れて突掛け跳ね合いしがついに「左四ツ」となり手柄山は右を敵の左手に巻いて其のまま力一杯高千穂を押切らんと土俵七分に至る頃、高千穂は横に逃げざま敵の右を一本ショい「トッタリ」に行きてブッ放したるにぞ、手柄山高千穂の体を越えて前へ流れ見事に高千穂の勝は絶妙絶妙。
大達大鳴門は観客の気入よく双方とも尋常に仕切りエイとばかりに立上り、二ツ三ツ跳合いちょっと左差となりしもまた離れて小手先に渡り合い、或いは押し或いは押され、実に大相撲となりしが互いに危うき所を残りて大鳴門が最後に突張り行きし時、大達はちょっと踏切りしも互いに大事の相撲なれば夢中となり勝ちたるもまた負けたるも知らざりしが、ややありて行司式守与太夫は勝負ありと大鳴門へ団扇を上げし、其の途端ちょうど大達大鳴門を押切りしが最早あとの祭りに詮方なく大鳴門の勝となれり、観客中贔屓の多かる中にも蜂須賀君の喜びはさぞかしと推せられたり。

どうもこの時代は勝負検査役の権威が弱いというか、力士本人の発言力が強すぎる感じがしますね。蜂須賀氏は旧阿波藩主の蜂須賀茂韶という人のようです。江戸時代の力士・大鳴門も阿波藩の抱えでしたが、藩が無くなったこの時代も淡路出身の大鳴門を特に贔屓として目をかけていたようです。
とくしまのたからもの・大鳴門灘右衛門

明治16年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/17 16:34】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治16年夏場所3日目 (東京横濱毎日新聞/明治16.5.30)

・昨日回向院三日目の相撲は観客およそ四千人。
・(中入前)大和錦岩ノ里大和錦の勝。芝田山中ツ山芝田山の勝。鶴ヶ濱若ノ川鶴ヶ濱の勝。菊ヶ濱九紋龍は預り。浦湊伊勢ノ濱は泉川にて極め放し伊勢ノ濱の勝。
廣ノ海磯風は仕切も見事に立上り二ツ三ツ跳ね合いて「左四ツ」となり揉合いしが、ついに廣ノ海は踏切り磯風の勝。
高千穂武蔵潟は立派に仕切て立上り、手と手に渡り合い土俵真中央に突張り合ううち高千穂は「突張」を外しながら左手を伸ばして相手の足を引掛けたるに、武蔵潟の体流れ見事に高千穂の勝となりしは前号にも記せし「渡し込」に類せし手と見受けたり。
剣山一ノ矢は当日一の取組なり、名乗の上がるや場内はどよめき渡りて騒がしかりしが、やがて双方シコ踏鳴らすに従ってわめき渡りし数千人水を打ったる如くにて静まり返って見物す、両力士は仕切も十分、立声もろとも立上り双方突掛け難なく右差しとなり、押しつ押されつ揉合ううち一ノ矢は気遣わしき所ありしも直してついに剣山を土俵六分まで押行き、ここにて差したる右手もて敵の「ミツ」を掴み釣り上ると見えしにぞ、剣山はここぞ大事と釣られざま「足クセ」を巻きて防ぎしを、一ノ矢は巻かれながら体を反り、櫓に掛けて捻りし時双方の体流れしが、剣山は下となりければ無論一ノ矢の勝となりし、初日以来の働きを何と評してよからんか、実に末たのもしく思われつ感ずるに余りあり。
千羽ヶ嶽清見潟は、突張り行く時千羽の腰砕けて清見潟の勝。
柏戸手柄山は立上ると直ぐ「鉄砲」二ツ呉れたるに、柏戸踏切りて手柄の勝。
大鳴門常陸山は仕切も勇々しく立上りちょっと跳合ううち常陸山は右を差したり、大鳴門は上手に此の差し手を巻き右にて敵の左を殺しつ防ぎしに、常陸山は荒れに荒れ出して揉み抜きしが、ややありて大鳴門に押され土俵際に至りし時常陸山はウンと堪えて左に「上手廻し」を引き、投げを打ちしにぞ大鳴門の体流れ常陸山の勝は大出来。
・(中入後)出釈迦山木曽川は寄りて出釈迦山の勝。日下山忍川日下山の勝。長山は引分。千勝森勝ノ浦は小手先のせり合い中、水となりし後また此の手にて引分。入間川井筒は右を差して押切り井筒の勝。
・次は濱ノ音大達にて観客の気入り満ちたる取組なり、大達は目下ながらも油断のならぬ濱ノ音なれば堅くせんと思いしものにや、或いは突掛け又は仕切を戯れたり、濱ノ音は気合を測りて立上り大達は押さるるままに一足後へ下がりしにぞ、濱ノ音は相手がもしや「待った」を言うならんとちょっと力を抜くよと見えしが、此の時大達は体をかわして突き出したり、濱ノ音は案外と思いしが互いに「マッタ」を言わぬとなれば今更何と詮術なく大達の勝となり、苦笑いして引込みしは気の毒にも是非なかりし。
荒飛浦風は左を差して「投」を打ち浦風の勝。
竜ヶ鼻高見山は仕切りも十分立上り、ちょっと突掛けながら右差しとなり揉合ううち土俵際にて竜ヶ鼻は「投」を打ち高見山の体いと危うかりしが、残りて投げ返し高見山の勝。
西ノ海若山の取組は休。鞆ノ平稲ノ花は仕切の時より鞆ノ平は敵を侮る様なりしが、立上りて突掛け合うとき稲ノ花は例のはたきを呉れしに残りたれば尚右手を差し、遮に無に押行き一生懸命力限りに「投」を打ちたれば鞆ノ平の体流れて稲ノ花の勝は案外の大出来、小敵なりとて侮るべからず。
立田野楯山は立上るや直ぐに立田野は両差しとなり右にて「ミツ」をしかと取りしが、楯山は上手に敵の両手を殺し土俵に止まりて暫時は動かず、こは全く立田野が引分を待ち又楯山は敵が相撲を好まぬのみか体格違いの立田野なれば十分猶予を与えしなり、さればついに水入り立田野に痛みありて引分となりしは、よく計らいし相撲と申すべけれ、もっとも立田野は相手が相撲にせざりしを謝する気色ありし。

新入幕の一ノ矢が3連勝、大達も怪調?に3連勝。大達の仕切りはしばしば挑発的な態度で臨むことで有名でした。待ったを連発したり色々やって相手の調子を狂わせていたようですね。実は濱ノ音(はまのおと)もかなり気性の荒いタイプで、今回は苦笑で済んでいますが、数年後にはこの対戦がとんでもない騒動につながります。結びの一番、相撲を好まないというのは勝負に出ないということですが、小兵の立田野に対して大関楯山は全力を出すことなく痛み分け、これも武士の美学でしょうか。

明治16年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/16 21:21】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治16年夏場所2日目 (東京横濱毎日新聞/明治16.5.29)

・昨日回向院二日目の相撲は観客およそ三千人、いよいよ益々上景気。
・(中入前)大ノ川日下山日下山の勝。増位山千草山増位山の勝。綾浪藤ノ戸藤ノ戸の勝。忍川出釈迦山は「突落とし」て出釈迦山の勝。入間川は「スクイ投」て入間川の勝。常陸山長山は難なく押し切りて常陸山の勝。大達千勝森も同様にて大達の勝。
高見山荒飛は、念入りて立上り双方突掛けまたは跳ね合ううち、高見山は相手にはたき込まれちょっと危く見えしも残りて、左差しとなりまず中相撲なりしが取疲れて引分。
武蔵潟廣ノ海(スケ大阪相撲にて旧名高ノ戸)は仕切も見事に立上り、廣ノ海は直ぐに両差しとなりて無二無三に押し行きければ、武蔵潟も一心不乱上より敵の両手を巻いて堪えしが、相手は血気の廣ノ海その金剛力に耐えかねてついに踏切り廣ノ海の勝は大出来大出来。
勝ノ浦千羽嶽は造作もなく押切りて千羽の勝。
楯山濱ノ音は仕切も十分立上り、直ぐに左差しとなりて三ツ四ツ揉合いしばらくは堪えしものの、いかんせん一方は大関の楯山なり、間もなく踏切て楯山の勝は是非もなし。
・(中入後)司雲龍嶽ノ越嶽ノ越の勝。
野州山芝田山は幕下同士の面白さ、立上ると直ぐに荒れ出してなかなかの大相撲となりしが、野州山は相手に寄られスンデの事に踏切る所をやっと土俵に踏止まり、負けるか勝つかの道境ここを大事と一生懸命、残してならじと芝田山「河津」を掛けて決めんとするうち野州山は相手に猶予のありければ残りて「ウッチャリ」勝を得たるは妙なり妙なり。
若ノ川菊ヶ濱の勝。伊勢ノ濱鶴ヶ濱の勝。稲ノ花浦湊は「持出し」て稲ノ花の勝。
浦風柏戸は仕切も見事立派に立上り、土俵の真中央に突張り合い小手先にてセリ合ううち、浦風よりしきりに相撲を仕掛るも柏戸は一向好む気色なく唯に防ぎてありけるうち水入り、再び取組しも同様の取り具合にて引分となりしが、柏戸は始終引分を待つの色十分なりしと。
磯風竜ヶ鼻は押切りて磯風の勝。清見潟高千穂は最初より清見潟に危うき所多かりしが案の定押切りて高千穂の勝。
・サテ其の次に土俵に上りしは西の関脇手柄山に当本場所より幕の内となりし若力士の若山なり、人気はあれど兎に角に及ばぬ相撲と思いきや、互いに念入りて立上り手柄山は隙もあらせず押切らんと両手を伸ばして「ハヅ」を構い遮に無に押行けり、押されて若山は後もわずかに見えし折、手柄山はこいつ一突張りという気組にて一層力を籠め突落とさんとなせしを、若山を折を見済まし妙に体をかわしたれば手柄山は空を突いて土俵外に流れ若山の勝は大した出来にて、観客喝采の声場中に鳴渡りぬ。
・次も、是れや此の金剛力の聞こえある一ノ矢に東の関脇大鳴門、前日の働きでは今日もどうかと案じる観客わき目も振らで見てありしに、双方至極念入りて容易には立たざりしが辛うじて立ち上り、右差しとなりながら一ノ矢大鳴門を西の土俵に押行きければ、アレアレと気遣ううち左を伸ばして敵の右足を「引掛」け差したる右を抜きざま「ハヅ」に直して突張り、すなわち「渡し込み」という手にて見事に一ノ矢の勝となりし、前の若山といい又この一ノ矢の働きはどうした事と舌を吐く観客衆が喝采の声一ノ矢一ノ矢と鳴り響く、櫓太鼓の音もろとも相撲はハネとなりにける。

この日から大鳴門が出場、やはり三役力士が出なくては盛り上がりません。また大阪相撲の幕内力士であった廣の海(ひろのうみ)も東京相撲に加入、番付外なので二日目からの登場でしたがいきなり大物喰いをやってのけて場所に活気を加えました。もう一人新入幕、若山(わかやま)も手柄山を倒して人気を博しますが結果的にこれが最後の土俵となり、この後に一身上の都合で廃業してしまったのは惜しまれます。

明治16年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/15 16:18】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治16年夏場所初日 (東京横濱毎日新聞/明治16.5.26)

・かねがね市中大評判の回向院大相撲はいよいよ昨日より始まりたれば、例の通り続々其景況を読者に報道仕つるべし、当初日の景況は何がさて京大阪の両大関も取組むとなれば早朝より押し合いへし合い詰め掛けしは千二三百人もありて、初日より大入の姿を現せり。
・中入前、大和錦中津山は突落して大和錦の勝。芝田山若ノ川は押切て芝田山の勝。菊ヶ濱伊勢ノ濱は「小手投」呉れて伊勢ノ濱の勝。
浦湊井筒は立上るや互いに突掛け合ううち、井筒は敵の左手を引張り込み「泉川」を極めながら足を運んで寄行きしが、浦湊は隙を見済し右手を伸ばして「外無双」を出掛けしにぞ何條こらゆべき、井筒の体は仰向に流れて浦湊の勝は出来たり。
長山清見潟清見潟の勝。立田野浦風は仕切も十分難なく立上り、小手先のセリ合よりついに「左四ツ」となり解けてまた小手先に突張り合い、なかなかの大相撲となりたり、この時溜りにては水を入れんとの評議も起こりしが、高砂の指図に依りて引分とはなりぬ。
竜ヶ鼻武蔵潟は見事に立上り、直ぐに左差となりつ、武蔵潟は無二無三に寄行きたり竜ヶ鼻はあとわずかになりし時、足踏止めて「うっちゃ」らんとせしも相手は名代の大男、なかなかに動かばこそついに「つぶれ」て武蔵潟の勝はさもあるべし。
稲ノ花上ヶ汐は無論団扇も上ヶ汐関と人波打って勝負を待ちしに、案に相違の取り具合、稲ノ花は左を差し敵の「上手ミツ」を引き其のまま寄て勝となりければ満場の鳴は暫時が間やまざりき。
入間川手柄山は「左四ツ」にてグッと寄り手柄の勝。
千羽ヶ嶽一ノ矢(本場所より幕の内)は、当今日の出の一ノ矢ゆえ観客は一層気入りて勝負のほどを待ちたるに、両力士は仕切も申分なく立声もろとも突掛け合い、千羽ヶ嶽は一向に油断せず敵の隙を狙いて得意の「釣」を掛けんとジリジリ寄行きけり、此の時一ノ矢は押されながらに左手を差しなおも右を差さんとするにぞ、千羽は上手に釣らんとなす其の折、ちょっと隙のありしを突込みて一ノ矢は「スクイ投げ」あっぱれの勝を得たりしかば、場内は割るるばかりの騒ぎなりし。
・(中入後)千草山忍川千草山の勝。日下山の勝。若山大達は左差しにて押切り大達の勝。千勝森高見山千勝森踏切りて高見山の勝。勝ノ浦柏戸はスクイ投げて柏戸の勝。出釈迦山磯風出釈迦山踏切りて磯風の勝。
・次は今度貧乏神となりし若相撲の濱ノ音に小結となりし西ノ海の取組なり、とても及ばぬ事と思いのほか至極念入りて立ち上がれり、濱ノ音はやがて左手を差せしを西ノ海は件の「泉川」にて極めんとせしが、濱ノ音は一心不乱其のままヂリヂリと寄行きて西ノ海のあと僅かになりければ、西ノ海はいら立ちて一振りせしが力余りて腰砕け、見事濱ノ音の勝となりぬ、げに勝負は時の運とは言いながら濱ノ音にはこよなき出世の糸口なるべし。
高千穂常陸山は仕切も十分立上り二ツ三ツ跳ね合いしが、常陸は左を差しすかさず寄りて勝。
楯山荒飛は「首投」にて楯山の勝は是非もなし。
・一方の大関梅ヶ谷は腫物のため昨今の両日とも休。大鳴門剣山の両関も休。
右に付き本日の取組は昨夜集議の上ようやく決定したる筈にて、読者に報道の叶わざるはいと遺憾の事共なり。

・此の度の本場所は出来山が勧進元となりしに付き、柳橋を始め向島吉原等の芸妓中より同人へ幟数本を贈れり、ついては近々のうち総見物として右の連中が出掛るよし、当日は取組のほかにこれが何よりの見物なるべし。

大阪大関の剣山(つるぎざん)が加入、三役格の張出「客席」として番付に載りました。先場所参戦の磯風も西の客席。十両筆頭を貧乏神と呼ぶのは今も残っていますね。十両としての給金しかもらえないのに対戦相手は幕内力士ばかりで割りに合わない、というのが語源のようです。出来山は一応現役として番付に名を連ねてはいますが実質的にはもう年寄専任なのでしょう、取組には出てきません。勧進元は興行の最高責任者という大役ですが、江戸っ子の元人気力士だけに贔屓筋にも恵まれ、客入りも良く順調なスタートです。
小野コレクション(明治16年夏場所番付)

明治16年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/14 16:57】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治16年春場所千秋楽 (東京横濱毎日新聞/明治16.1.21)

・昨日回向院千秋楽の相撲は観客およそ五百人。
・(中人前)芝田山若山は、取組のよきより観客の気入よかりしが、双方立上るや突張り或いは跳ね合いようやくにして取組みしが、其のまま動かずついに取疲れて引分。
早虎鶴ヶ濱鶴ヶ濱の勝、増位山取倉は乱れて揉合い勝負付かずして引分。
・(以下三役)一ノ矢黒縅は十分念入りて立上り、互いに小手先にて揉合い中々取組まざりしが、一ノ矢はもどかしくや思いけん、たちまち敵の後ろに廻りて抱付き押行きしかば黒縅は詮術なくタジタジと押さるばかりゆえ、ついに踏切り一ノ矢の勝はいと面白き勝負なり。
出釈迦山菊ヶ濱は、菊ヶ濱ちょっと危く見えしが、取直して出釈迦山を「うっちゃ」り菊ヶ濱の勝。
伊勢ノ濱日下山は仕切も十分花々しく立上り、暫時手と手にて渡り合ううち伊勢ノ濱は下へ潜らんとしきりに敵の隙を窺う様なりしが、日下山は始終相撲を大事になしついに二本とも入れてジリジリと寄り行きければ、伊勢ノ濱はついに踏切りて日下山の勝、よって弓取の役は日下山之れを勤め今日の大関に叶う日下山と名乗を受け、其の他の式も滞りなく相済みて目出度き打出となりたり。

先場所もそうでしたが、結びの一番の取組の直後に弓取りがあってその後に勝ち名乗りを受けていますね。現在とは順序が違います。しかも代理を立てずに結びの勝ち力士本人が弓取りを行っています。なかなか大変そう。一ノ矢(いちのや)はこの場所の地位が西の二段目11枚目ですが、翌場所は一気に新入幕となります。幕内の定員が増えたり十両の好成績者が少ないという幸運に恵まれたわけですが、10枚目以内(十両)を経ずに入幕というのは異例の昇進です。

明治16年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/13 17:59】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治16年春場所9日目 (東京横濱毎日新聞/明治16.1.20)

・昨日回向院九日日の相撲は観客およそ二千人。
・(中入前)若山稲の花は双方人気ある若手相撲なれば面白き取組なりし、相互に仕切も見事に花々しく立上り突掛け跳ね合い乱れて揉合しが、若山稲の花に押されて後ずさりしつ土俵際に至りし時、若山は上手に敵の「右三ツ」を引きしかば、辛く「残」らんと思いの外、稲の花は相手を「出し投」げて稲の花の勝。
出来山九紋竜は立上り二ツ三ツ跳ね合ううち、出来山は左を差して無二無三に寄り行きければ九紋竜の後僅かになりし時、九紋竜は捨鉢にも「投」を打たんとして「ツブレ」出来山の勝。
高千穂磯風は仕切も十分、念入りて立上り小手先にせり合いつ土俵の中央に立止り、高千穂は敵の隙を窺い組入らんず気組なりしも、磯風は敵を呑んでさまで大事に取らざりしが、其のうち高千穂は突張り合いたる手を外しながら下へ潜り敵の右足を取りて押行きしに、磯風踏切て高千穂の勝は全く磯風の油断によりしならん、とにかく高千穂は大出来大出来。
千羽ヶ嶽西ノ海は難なく立上り、跳ね合いつつ千羽ヶ嶽が左を差さんとする時、千羽ヶ嶽の口中より少しく出血しければ引分となれり。
鞆ノ平清見潟は休。
・(中入後)日下山岩ノ里日下山の勝。長山司雲竜長山の勝。大和錦和田森大和錦の勝。
入間川忍川は似合しき相撲にて、双方立上るや手と手に渡り合いしが、兎角相撲を大事になし突張合いては又ほどくことしばしばなるうち水となり再び取組みしが、此のとき双方は何とも言われぬおかしき顔付にて揉合いければ場内はどっとばかりに笑い出せしが、ついに相撲とならずして引分。
千勝森千藤森の勝。立田野常陸山はすぐに「左四ツ」となり常陸山は「ヒッ立ちて」敵の「ミツ」に渡らんとするを、立田野は一生懸命腰を切りて防ぎつ感心にも堪えたり、さて此の手にて大揉みに揉合いジリジリと立田野が寄行きしが土俵七分にて水となり、再度取組しもなお勝負なく引分となりしは面白き相撲なりし。
上ヶ汐浦風は、上ヶ汐ちょっと立ちおくれしが直ぐに敵を引受け手と手にて渡り合い、暫時にして水となりしも浦風に痛ありて預り。
大鳴門井筒緋縅手柄山の両相撲は休。

前日、紙面に載った割りでは鞆ノ平に高見山とありましたが、この日の記事では鞆ノ平に清見潟と書いてあります。取組変更があったのか記事のミスなのか分かりません。上位に休場者が多く今一つ盛り上がらない九日目となってしまいました。高千穂はこの日も勝って7勝目、土付かずで幕内最優秀成績。西方は磯風の参入や西ノ海・浦風の奮闘があったものの戦力不足の感は否めませんでした。来場所は各力士揃っての好取組を期待します。

明治16年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/12 21:01】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治16年春場所8日目 (東京横濱毎日新聞/明治16.1.19)

・昨日回向院八日目の相撲は、観客およそ三千人。
・(中入前)忍川日下山日下山の勝、入間川入間川の勝。
磯風上ヶ汐は取組のよきより観客の気入もよく、双方立上るや贔屓声場内にかまびすしかりき、さて両力士はやがて左差しとなり上ヶ汐は隙を窺い得意の「河津」にて決めんとせしが、意の如くならざるより大事に取りてあるうち、磯風が寄り来るに堪えかね上ヶ汐踏切りて磯風の勝。
浦風大鳴門は仕切も十分見事に立上り、互いに突掛け合いすぐに「左四ツ」となり揉んで揉み抜くうち浦風がジリジリ寄り来る折しも、ちょっと双方の差し手ほぐれしと見えしが、浦風は其のまま「首投」を試みしに十分届きて大鳴門の体流れ浦風の勝はでかしたり。
手柄山鞆ノ平は是れまた面白き取組なりしが、間もなく「スクイ投」にて手柄山の体流れ鞆ノ平の勝。
・(中入後)出釈迦山泉瀧泉瀧の勝、野州山若山若山の勝、伊勢濱菊ヶ濱菊ヶ濱の勝、常陸山出来山は「投げ」を打ちて出来山の勝。
西ノ海高千穂は仕切も見事に勇々しく立上り、跳ね合いざま高千穂はただ技をもって相撲を取らんと、或いは突張り或いははたきしも西ノ海は中々動かざりしが、ややありて高千穂は左を差せしに西ノ海はこれ幸いと此の手へ得意の「泉川」を掛け無二無三極めんとはやりしが、流石は高千穂一心不乱に防ぎ暫時動かざりしが、ついに取り疲れて水となり、高千穂に痛みありて預り。
井筒緋縅は押切られて井筒踏切り、緋縅の勝。
稲ノ花千羽ヶ嶽は花々しく立上り、稲ノ花は突掛けながら二本とも差し一生懸命相手を押切らんとせしに、千羽ヶ嶽は既に踏切りしと見えしに稲ノ花を「うっちゃ」りしが、行司の団扇は千羽ヶ嶽に上がりぬ、されば稲ノ花は中々に承知せず既に敵を押切りたりと言い、また西の溜りにありし西ノ海井筒千羽ヶ嶽が踏切りたりとてついに物言い起こり、また観客は土俵を取巻きて稲ノ花の勝と叫びつ一時は余程の騒ぎなりしも、年寄の奔走にてようやく預りとなりしが、此の行司は木村庄三郎なりき。
梅ヶ谷高見山は休。

揉み合うという表現がよく出てきますが、お互いに圧力をかけ合って色々せめぎ合うという感じでしょうか。この頃の相撲、ガップリになって胸を合わせて両マワシを取るという相撲よりも片方は差し、片方は相手の差し手にあてがう感じで投げや足技に備えるといった取口が多いような印象を受けます。最後の物言いはどのくらいの時間で決着したのか書いてありませんが、結構大変そうです。

明治16年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/11 20:10】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
明治16年春場所7日目 (東京横濱毎日新聞/明治16.1.18)

・昨日回向院七日目の相撲は、前日と同様上景気にて。
・(中入前)立田野伊勢ノ濱は、押切りて伊勢ノ濱の勝。
西ノ海緋縅は気入も十分、見事に立上り双方突張り合いて動かず、しばらくして取り疲れ水となりしが、再び取組て揉み出るや西ノ海の左手敵の腋に入りければ緋縅も一生懸命同じく左を差し入れて揉合ううち西ノ海は前日の勝ち手すなわち「スクイ投」に掛けたるに緋縅の体流れて西ノ海の勝。
千羽ヶ嶽常陸山は「釣り出」して千羽ヶ嶽の勝。
上ヶ汐高見山は互いに相撲を大事になし「マッタ」「マッタ」で度々仕直せしが、ようやくに立上りて跳ね合ううち高見山は「両差し」となり上ヶ汐は是れに「閂」を掛けて防ぎつ揉合いしが、高見山は差したる左に敵の「右ミツ」を取り一層荒れ出でしも、流石は上ヶ汐一心に防ぎてありしとき水となり、上ヶ汐に痛みありて預り。
梅ヶ谷浦風は休。
・(中入後)御所櫻九紋龍九紋龍の勝、千勝森稲ノ花千勝森踏切りて稲ノ花の勝、井筒入間川は水となり入間川に痛みありて預り。
出来山は立上るや出来山は敵を「ハタキ」しに、の体危うかりしも「残り」て、暫時突掛け合いしが出来山かえってに「はたき」込まれの勝は大出来。
高千穂忍川忍川「踏切」りて高千穂の勝は当然、関ノ戸清見潟は難なく押切りて清見潟の勝。
鞆ノ平磯風は、名乗の上がるや前日西ノ海との取組に異ならず場内どよめき渡りて割るるばかりなり、さても両力士は仕切も立派に勇々しく立上りしが、磯風は立上りざま右手をもって痛き「張り手」を呉れたれば鞆ノ平はちょっと「堅く」なり、うぬという気込みにて「メッタ打ち」に磯風へ張り手の返報をしながら突掛かるを、磯風は一心に得意の「鉄砲」にて突いて出でしに鞆ノ平こらえかねて踏切り磯風の勝。
手柄山大鳴門は仕切も十分、見事に立上り双方荒れに荒れて突掛け合いしが、大鳴門は突掛けながら左を差しければ観客喝采の声一時にかまびすしかりき、かくて手柄山も同じく左を差して暫時土俵内を廻るうち大鳴門は金剛力を出してグッと「寄リ」、手柄山「踏切」りて大鳴門の勝。

上ヶ汐に痛みありて預かり、と記事にはありますが星取表的には痛み分けですね。この日より梅ヶ谷が休場します。客足を心配してか、一応八日目の割りの中にも梅ヶ谷は組み込まれていますが・・・記事からは休場の理由は分かりません。この日もなかなか熱戦が多かったようです。張り手の応酬、メッタ打ち(;・ω・)しかし京都大関の意地を見せましたね。

明治16年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/10 21:46】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治16年春場所6日目 (東京横濱毎日新聞/明治16.1.17)

・昨日回向院六日目の相撲は、賽日と顔触れのよきとにて早天より場内は立錐の地なきまでに人々詰め掛け、十年以来の入りなりとぞ。
・(中入前)勝ノ浦出来山は至極面白き取組にて双方気合よく立上り、跳ね合う間もなく「左四ツ」となり揉んで揉みぬくうち出来山の差し手敵の「右ミツ」に掛かりしとき水となりしが、出来山に真の痛ありて預り。
稲ノ花高千穂は双方若相撲の事なれば花々しく立上り、高千穂は無二無三に突掛け行きしに稲ノ花踏切りて高千穂の勝。
常陸山上ヶ汐は難なく立上りしが、上ヶ汐間もなく敵を押切って上ヶ汐の勝。
浦風鞆ノ平は仕切も見事に念入りて立上り、ちょっと小手先にてセリ合ううち浦風は隙を窺い相手の後ろへ廻りてしかと抱付き、其のまま一心不乱に押切らんとするにぞ、鞆ノ平は前に敵なく後ろより押さるるとなれば防ぐ術なく踏切て浦風の勝は中々面白かりし。
手柄山関ノ戸は立上りざま手柄山より突掛け行きしに、関ノ戸踏切りて手柄山の勝。
緋縅清見潟は見事に立上り、緋縅は左手を差して寄り行きしに清見潟踏切りて緋縅の勝。
西ノ海大鳴門は是れ当日一の相撲なり、名乗の上がるや観客はソレ両関の取組ぞよと前へ前へと詰め寄りければ押されて倒るるものもあり、足を踏まれてうめくもあり、げに一方ならぬ雑踏なりき、さて両力士は勇々しく立上り、すぐ「左四ツ」となりて土俵の真中に立ちたる時は嗚呼立派なりと人々褒め賛せり、やがて双方息を入れて揉合ううち大鳴門の差し手敵の「ミツ」に移りしかば、西ノ海危ないぞ腰を切れと観客一同わめき立つる事しきりなりしが、この時西ノ海は後ろわずかになりしより一生懸命左手に力を入れて「スクイ投」を呉れしに、十分届きて大鳴門の体前に流れ西ノ海の勝はあっぱれの出来。
高見山千羽ヶ嶽は、千羽ヶ嶽寄り来るを高見山は「かぶらん」として腰「くだけ」千羽ヶ嶽の勝。
磯風梅ヶ谷は是れまた観客の気入りよかりしが、双方十分に仕切て立上りちょっと突掛けて「左四ツ」となり暫くは動かざりしが、梅ヶ谷の差し手敵の「右ミツ」に移ると其のまま「スクイ投」を呉れて梅ヶ谷の勝。

藪入りで大いに盛り上がっています(`・ω・´)観客の様子が詳しく描写されていると面白いですね。梅ヶ谷は勝ちっぱなし。東方は大鳴門に土が付いたものの平幕で緋縅と高千穂(たかちほ)が土付かずで走っており、休場の多い西方との戦力差を見せています。

明治16年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/09 16:37】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治16年春場所5日目 (東京横濱毎日新聞/明治16.1.16)

・昨日回向院の五日目の相撲は観客およそ四千人、日に増し上景気なり。
・(中入前)荒飛伊勢ノ濱伊勢ノ濱の勝、竜ヶ鼻忍川忍川の勝、立田野中津山中津山得意に敵を「かぶらん」とせしが「潰れて」立田野の勝、柏戸勝ノ浦は休み。
大鳴門磯風は諸人待ち設けの相撲なれば、名乗の上がるや場内は喝采の声にて割るるばかりなりし、やがて両力士は仕切も見事に立上り二ツ三ツ突掛け合ううち大鳴門は右を差しなおも左を差さんとするにぞ、磯風は差されし敵の右を巻き左手を一心に殺して暫く土俵の真中に突立ちしが、大鳴門は始終相撲を仕掛け揉みながら差し手を抜きて手を換えんとするを、磯風はそうはさせじと振払い今度は小手先にて突張り合いつつ、互いに大事を取るうち取り疲れて水となり、再び取組しが又もとの如くにてついに引分とは惜しき事なり。
高見山関ノ戸は水となり、関ノ戸に真の痛みありて引分。
梅ヶ谷清見潟は念入りて立上り、清見潟より突掛け行くを「首捻り」に掛けられて体前に流れ梅ヶ谷の勝。
・(中入後)長山九紋竜は水となり、再び取組しもついに引分。
出来山井筒は気合よく立上り、出来山は右を差し井筒はこれに「泉川」を掛けて極めんとするも出来山は其のままジリジリ寄り来れば、井筒は一生懸命「足クセ」を巻きて「ヒネリ」しに出来山の体流れて井筒の勝。
上ヶ汐稲ノ花は、案外早く決まり稲ノ花は踏切りて上ヶ汐の勝。
緋縅常陸山は、常陸山しきりに敵を「堅く」せんと立上りざま緋縅に「はたき」を呉れながら荒れて立ちたるに、緋縅はちょっと立ち後れしと見えたるが、敵の立上り無礼なるより「堅く」なり、其のまま敵を引き受け二ツ三ツ突掛け合いしが、押切りて緋縅の勝。
浦風高千穂は花々しく立ち上り、高千穂は見る見る両差しとなりしに是非なく浦風は両手「閂」を掛け、揉んで揉み抜きしが、高千穂は思いあり気に両手を抜きつつ一心に突張りて押切り、高千穂の勝。
鞆ノ平西ノ海は是れぞ当日一の組合せなれば人々脇目も振らで見てありしに、双方相撲を大事になしちょっとは立たざりしが、ようやくに立上り暫時手と手に渡り合いしが、鞆ノ平は左を十分に差し西ノ海は一心不乱に此の左手を上手に巻いて防ぐうち、鞆ノ平は又もや無二無三に右を差して敵の「左ミツ」を取りしかば、ヤアとばかりに観客は西ノ海の危うきを推しはかりてぞ鳴り渡りぬ、さても西ノ海は其のままタジタジと押されて土俵際に近づきしが、遮に無に左手を敵の体にコジ入れしと見るより「スクイ投げ」を呉れしに、鞆ノ平の体土俵外に流れ見事に西ノ海の勝となりしは感服の至りにて喝采の声場を動かせり。
千羽ヶ嶽手柄山は難なく立上りしが、手柄山は立上りながら相手を「矢ハヅ」にて押切り手柄山の勝はお手柄お手柄。

相手を堅くするという言葉が出てきますが、立ち合いに牽制して相手に色々考えさせる、あるいはじらして冷静さを失わせるなどといったところでしょうか。磯風は白星はまだありませんが大鳴門とも渡り合い、実力は結構あったようですね。西方の上位陣が休場していますが熱戦も多く、観客なかなか集まっています。ここまで梅ヶ谷がただ一人の5連勝。

明治16年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/08 19:13】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治16年春場所4日目 (東京横濱毎日新聞/明治16.1.14)

・昨日回向院四日目の相撲は観客三千の上に出で、すこぶる上景気なりし。
・(中入前)稲ノ花出来山は、立上り二ツ三ツ跳ね合ううち稲ノ花は敵を「スクイ投」げんとやにわに左を差し掛るを、出来山は「足クセ」を巻きて決め、見事に出来山の勝。
磯風緋縅は小手先にて「タメ合う」うち水となり再び取組みしが勝負付かずしてついに引分となりし。
浦風千羽ヶ嶽千羽ヶ嶽に真の痛みありて引分、常陸山鞆ノ平は「四ツ」に渡ると其のまま「寄り」て鞆ノ平の勝。
手柄山上ヶ汐は当日一の取組なれば、名乗の上るや場内はどよめき渡りて勝負の程ぞ待たれける、さても双方気合よく仕切も立派に立ち上り手と手に渡り合いて相撲を大事にせしが、上ヶ汐はやがて敵の間隙を窺い「ケタグリ」しに手柄山は余程危うく見えしを辛く「残り」て、今度は双方とも大いにいら立ちて突掛け合ううち、手柄山は右手を差し上ヶ汐は此の手を巻きながら遮に無に寄り行くとき水となりしが、手柄山に痛ありて預り。
・(中入後)井筒竜ヶ鼻は立上ると直ぐさま「右差し」となりて揉み合いしが、井筒の二の腕に痛ありて引分。
高千穂清見潟は互いに念入りて立上り、小手先にて突掛け合ううち清見潟は唯に押切らんと無二無三に突掛け行き、アワヤ高千穂は踏切らんとせしが際どくも踏止り、土俵内を一廻りせし時、清見潟は又も力に任せて押行きしが高千穂は土俵際にて体をかわし敵を後ろより突き出して高千穂の勝となりしは何等の巧手ぞ。
勝ノ浦大鳴門は、見事に立上り跳ね合ううち勝ノ浦は左手を差せしに、大鳴門はこれに「泉川」を掛けしかば、一心不乱に堪えしもついに「タメ出さ」れて大鳴門の勝とは是非もなし。
柏戸高見山は是また当日の見物なれば勝負や如何と見てあるに、両力士はとかく相撲を大事になし此方が立てば彼方は待ッタと二三度仕切を直せしが、ついに立たずして或いは突倒し或いは砂を打ち付るなど、さながら喧嘩と一般、双方カタクなりて又々八九度も仕切を直せし後、ようやくに立上り大荒れに荒れて突掛け合う時、高見山は少しく喀血なしけるにぞ、行司はすぐさま中に入り分けを示すも聞かばこそ両虎相闘うの勢にてなおも突掛け合いしが、かくて捨て置くべきにあらねば行司は無理に引分となしたり。
梅ヶ谷西ノ海は、立上るや否や土俵の真中に突張り合いて立ちたるは実に立派の相撲なりしが、間もなく西ノ海は突出されて踏切り梅ヶ谷の勝。

磯風の東京本場所デビューは緋縅と引分け、可もなく不可もないといった所でしょうか。柏戸vs高見山は慎重すぎるというか立ち合いの駆け引きをし過ぎてエキサイト、なかなか荒っぽい場面を見せてくれます。相撲らしくはない勝負ですが観客は結構楽しんだかも知れませんね。

明治16年春場所星取表

西前頭2・高見山宗五郎

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/07 21:00】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治16年春場所3日目 (東京横濱毎日新聞/明治16.1.13)

・昨日回向院三日目の相撲は追々取組のよくなるに連れ、観客もおよそ二千五百人に上れり。
・(中入前)荒飛一ノ矢一ノ矢の勝、竜ヶ鼻伊勢濱伊勢濱の勝。
上ヶ汐西ノ海は、是れや此の日の見物ならんと観客は固唾を呑みつ見てありしに、両力士は仕切も見事に花々しく立上り、三ツ四ツ「跳ね合」ううち上ヶ汐は突掛けながら左手を差せしかば、西ノ海はここぞと得意の「泉川」を掛けてジリジリと攻め寄るにぞ、流石の上ヶ汐も一生懸命しばしは堪えてありしかど、取直す術もなく其のまま「タメ出」されて西ノ海の勝となりしは、げに面白き勝負なり。
千羽ヶ嶽は「左四ツ」にてグッと寄り千羽ヶ嶽の勝。
大鳴門清見潟は仕切も十分に立上り、互いに突掛け合ううち清見潟は左手を差し、大鳴門は右にて此の手を巻き左に相手の右を防ぎつつ揉んで揉み抜くにぞ、場内は割るるばかりの騒ぎにていずれを勝とも知らざりしが、此の時大鳴門は金剛力を出して遮に無に振りたれば清見潟は腰「砕け」て体前へ流れ大鳴門の勝となりしは是れ「振り投げ」(一名掴み投げ)という妙手にて観客喝采の声も一時は大鳴門なりき。
高千穂高見山は、高千穂二本差しグッと寄りて勝、もっとも高見山は昨今、身体常にあらずと気の毒の事なり。
緋縅勝ノ浦は「小手投」にて緋縅の勝。
関ノ戸稲ノ花は、見事に関ノ戸を「はたき込み」て造作もなく稲ノ花の勝はあっぱれあっぱれ。
出来山浦風は、気合よく立上り直ぐに「左差し」となりて浦風は押切らんと寄り行きしが、エンヤ「残っ」て今度はアベコベに出来山が押行き「足くせ」を巻きたるに、浦風の腰砕けて出来山の勝。
鞆ノ平井筒は押切りて鞆ノ平の勝。
手柄山柏戸は、柏戸しきりに敵を「堅く」せんとて三四度も突立上りちょっと暇取りしが、やがて立上りて小手先にせり合い或いは押しつ或いは押されつ何分埒の付かざりしが、柏戸は一心不乱に突張り合いし手を外しながら左を差し、すかさず押切りて勝を得たるは手柄山も自分の名に対して面目なかりしならん。

・今日より西京の大関磯風も取るとなれば一層の面白味を加うべし。
・また当相撲に西の大関なる楯山は瘧病にて昨今もっぱら療養中、また花形相撲の小武蔵は何か都合ありて廃業するよし。

泉川(いずみがわ)は相手の片腕をこちらの両手で極めあげて攻める技ですが、そのまま土俵の外へ出すと撓め出し(ためだし)となります。現在の決まり手にはありません。「喝采の声が大鳴門」というのは大きく鳴り渡ったということか、あるいは渦潮のように大きく渦巻いたという意味か・・・いずれにしろ力士名に掛けていて洒落ていますね。瘧(おこり)は熱が出る病気で、昔から日本国内で見られたそうです。高見山もいつもの体調ではないようですね。京都相撲の大関磯風(いそかぜ)が参戦して四日目から割が組まれました。この時代はまだ関東関西の実力格差はあまりなく、磯風の実力にファンも期待したことでしょう。

明治16年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/06 23:30】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治16年春場所2日目 (東京横濱毎日新聞/明治16.1.12)

・昨日回向院二日目の相撲は中々の上景気にて観客二千の上に出でたり。
・(中入前)一ノ矢若山一ノ矢の勝、出釈迦山入間川出釈迦山の勝。
九紋竜緋縅は難なく立上りしが九紋竜は突掛け行く途端、腰「砕け」て緋縅の勝。
西ノ海荒飛は、仕切も見事に立上り直ぐに「左四ツ」となりて揉合いしが、西ノ海はもどかしくや思いけん、差せし左手を抜きながら敵の左へ「泉川」を掛け其のまま遮に無に押切りて西ノ海の勝とは、さもあるべし。
勝ノ浦関ノ戸は当日一の面白き勝負なるべしと見てありしに、双方とも立合申し分なく互いに突掛け合ううちやがて土俵の真中に相撲大事と立ち止まり、たゆむ気色もあらざりしが、其のうち双方取り疲れし有様にて水となり、再び取組しが又もや前と同じ手にて更に埒の付かず引分となりしは、いとも残念に覚えたり。
浦風柏戸はすこぶる上気合に立上り小手先にてせり合う中、柏戸は両三度「蹴たぐり」を呉れしも意の如くならず、やはり突張り合いつつ暫時動かざりしが、ついに水となり浦風に痛ありて預り。
鞆ノ平は、押切りて鞆ノ平の勝とは無論無論。
高千穂手柄山は仕切も立派に勇々しく立上り、二ツ三ツ「跳ね合う」うち双方左差しとなりて揉合いしが、高千穂より両手を差しければ今は油断ならじと手柄山は此の両手へ「閂」を掛けて持出さんとせしが、ドッコイそうは行かぬと高千穂は堪えながら無二無三に押行きしに、手柄山は踏切らんず有様なりしを一心不乱に体をかわして敵と共に土俵外に倒れし時、団扇は手柄山に上がりぬ、サテサテかような勝負に物言い付かぬはどうしたものかと観客一同見てありしに、案の定ここに東の溜より物言い起こりて騒ぎとなり、二時間も経ちて漸く預りと事決まれり。
千羽ヶ嶽井筒は気合よく立上り、井筒は右を差して押切らんとするを、千羽ヶ嶽は「泉川」を掛けて「タメ出」さんとせしに、井筒は差し手を抜きて相手の左をかつぎ「一本ジョイ」に抜けし時、井筒の腰つぶれてへたばり千羽ヶ嶽の勝。
上ヶ汐清見潟清見潟に余程よき所ありしが、上ヶ汐名代の「河津」にて上ヶ汐の勝。
大鳴門常陸山は双方「左差」しとなりて揉合いしが、やがて大鳴門は差手を抜き右に前袋を引きて「肩すかせ」を呉れ大鳴門の勝。
高見山出来山は、高見山が「首投げ」をやり損ない出来山の勝。
稲ノ花梅ヶ谷は、相手が関の事なれば稲ノ花は別段勝ち気も見えずただ花やかに取りしが、ついに梅ヶ谷の勝。

来ました物言い。記事ではあっさり書いてますが二時間・・・観客はどうやって時間潰したんでしょう(;・ω・)または土俵上でなく協議したのかも知れませんが・・・立合いに時間をかけたり、当時の相撲は現代の目からすると不合理ですが、まだ武士の時代が終わったばかり、負けるという事を極端に嫌っていたのかも知れません。勝負に執念を見せる割にはすぐ休場する・・・これも、小さなケガでもそれが原因で負けてはいけないという慎重な考え方なのかも知れません。その辺は個人差もあると思いますが・・・

明治16年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/04 19:26】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治16年春場所初日 (東京横濱毎日新聞/明治16.1.11)

・かねて記し置きたる如く回向院の大相撲はいよいよ昨日より興行なりければ、恒例により続々取組の景況を報道すべし、さて昨初日は観客およそ千余名、上景気の方にて。
・(中入前)千勝森常陸川常陸川の勝、荒飛中津山荒飛の勝。
柏戸常陸山は念入りて立上り直ぐに「相四ツ」となりしが、常陸山は一生懸命其のままグッと寄りて勝。
上ヶ汐九紋竜は、仕切も立派に立上るや九紋竜はちょっと下手に両手を差さんとせしかば上ヶ汐はそうはさせじと一心不乱に上より敵の両手を「殺し」つ堪えて暫時動かざりしが、ついに上ヶ汐は無二の力にて相手を押切り勝。
千羽ヶ嶽忍川は前と同じく段違いの相撲なれば、勝は無論千羽ヶ嶽と思いし観客も多かりしが、両力士は力声もろとも立上り、突掛りざま忍川は相手の左足を取りて持出さんとせし時、千羽ヶ嶽の体前へ流れ忍川の勝となりしはあっぱれの出来。
出来山清見潟は、押切りて清見潟の勝。
大鳴門稲ノ花は仕切も十分に立上り、稲ノ花は二本とも十分に差し大鳴門はこれに「閂」を掛けて揉み合ううち、大鳴門は手をほどきながら左手を差すよと見えしが、すかさず「スクイ投」を呉れて大鳴門の勝となりしは是非もなき次第なり。
高見山竜ヶ鼻は押切りて高見山の勝、梅ヶ谷梅ヶ谷の勝。
・(中入後)長山綾浪は押切りて綾浪の勝、高千穂出釈迦山高千穂「左四ツ」にてグッと寄りて勝。
緋縅伊勢濱は、緋縅に一寸危うき所もありしが「残り」てついに押切り緋縅の勝。
若山西ノ海は是また段違いの取組ゆえ、西ノ海は何のという気組にて引張り込みつつ「うっちゃ」らんとする途端、若山は「うっちゃ」られながら右足を伸ばして後ろより敵の右足を「スクイ」しに、西ノ海は力はづんで体前に流れ若山の勝となりしは、ただ案外と言わんのみ。
関ノ戸井筒は水となり、関ノ戸に痛ありて預り。
浦風入間川は、押切りて浦風の勝。
勝ノ浦鞆ノ平は花々しく立上り、勝ノ浦が突掛け行くを鞆ノ平は引張りながら「うっちゃ」らんとせしが、勝ノ浦はそうはさせじと無二無三に突張りしに鞆ノ平の腰砕けて勝ノ浦の勝となりしはあっぱれの功名手柄。
手柄山達ヶ関は難なく立上りちょっと突張り合いしが、達ヶ関は「潜」りながら相手の右足を取りしかば、又もや狂いになるかと見てありしに、流石は手柄山ついに「アビセ込」みて手柄山の勝。

「狂い」とは番狂わせのことですね。稲ノ花(いねのはな)は先場所十両で負け越しでしたが、幕内に引退者が何人かいた関係でラッキーな新入幕。楯山、武蔵潟、大達と西方の主力が初日から休場して少し寂しい幕開けです。唯一残った西の三役手柄山、番狂わせ続きの初日を辛くも締めくくりました。

明治16年春場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/03 13:43】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明治15年夏場所千秋楽 (東京横濱毎日新聞/明治15.6.14)

・昨日回向院千秋楽の相撲は、此の程よりの雨天にて日合いの立ちしと幕下の取組なる事にて三役前までは観客も数うる程なりし。
・中入前にてやや面白かりしものを記さんに、泉瀧出釈迦山は双方立上ると等しく突張り合いしが、泉瀧の力や勝りけん、ついに出釈迦山は相手に持ち出されて泉瀧の勝。
朝日嶽司雲龍は双方とも中々勝負付かず預りとなれり。
鷲ノ森日本錦日本錦の勝。
野州山石ノ川は、間もなく野州山は相手を抱き上げて土俵外へ持出し野州山の勝。
増位山伊勢ノ濱増位山病気につき休み。
・(中入後)黒瀧器械舟器械舟の勝。
鹿島山千草山は暫時揉み合いしが、土俵際にて千草山は「投げ」に掛かり鹿島山の勝。
信夫嶽菊ヶ濱は立合申し分なく互いに突張り合いし末、菊ヶ濱は相手を「スクイ投げ」土俵外に出さんとせし其の機に自分の足も土俵際へ掛かりしため双方とも倒れしが、菊ヶ濱が下になりしにて信夫ヶ嶽の勝。
・(以下三役)此の時観客はにわかに前に倍し、都合二百名ばかりと見受けたり。
若ノ川芝田山は立上ると間もなく「片閂」にて若ノ川の勝。
日下山一ノ矢はとかく立合に隙取りしが、ついに取組となりて日下山は相手を「引っ掛けん」とあせる所を、付け込みて一ノ矢は相手の右足を取り、持出して一ノ矢の勝。
若山三隈山は立上ると等しく三隈山は「ワタシ込み」の妙手に掛かり若山の勝、それより弓取の式ありて、若山は当初晴天十日の間今日の大関に叶う若山、と名乗を受け目出度く打出しとはなりぬ。

・芝神明前の東京大坂合併の相撲は、梅ヶ谷剣山が大関にていよいよ明日が初日なりと。

増位山(ますいざん)、やはり九日目のダメージがあったのでしょうか(;・ω・)あれから5日経過していますが・・・弓取り式は現在は場所中毎日行われていますが、この当時は千秋楽のみです。結びの勝ち力士が行うのが本式ですが実際には誰か代理人が行います。今回も本場所が終わってすぐに花相撲が始まるようですね。大阪衆が来てくれるので本場所より客入るかも(;・ω・)

明治15年夏場所星取表

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

【2006/08/01 20:21】 | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。